山本 敏央

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/23 21:46
 
アバター
研究者氏名
山本 敏央
 
ヤマモト トシオ
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
次世代作物開発研究センター
職名
ユニット長
学位
博士(農学)(北海道大学)
その他の所属
東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻

プロフィール

民間企業での水稲品種開発業務を経て、イネゲノム情報を活用した遺伝研究や育種素材の開発に長く従事しています。

研究分野

 
 

所属学協会

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター 稲形質評価ユニット長
 
2014年4月
 - 
現在
東京大学新領域創成科学研究科 応用生物資源学講座 客員教授
 
2011年4月
 - 
2016年3月
国立研究開発法人農業生物資源研究所 農業生物先端ゲノム研究センター イネゲノム育種研究ユニット長
 
2006年4月
 - 
2011年3月
独立行政法人農業生物資源研究所 QTLゲノム育種研究センター 主任研究員
 
2006年1月
 - 
2006年3月
独立行政法人農業生物資源研究所 応用遺伝研究チーム 主任研究官
 
2004年1月
 - 
2005年12月
株式会社ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン
 
2002年3月
 - 
2003年12月
株式会社本田技術研究所
 
1999年10月
 - 
2002年2月
株式会社オリノバ
 
1994年10月
 - 
1997年3月
社団法人農林水産先端技術産業振興センター 農林水産先端技術研究所
 
1991年4月
 - 
2002年2月
日本たばこ産業株式会社
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本育種学会  運営委員(会計)
 
2016年4月
 - 
現在
日本育種学会  代議員
 
2016年4月
 - 
現在
日本育種学会  編集委員
 

論文

 
Nakano H, Yoshinaga S, Takai T, Arai-Sanoh Y, Kondo K, Yamamoto T, Sakai H, Tokida T, Usui Y, Nakamura H, Hasegawa T, Kondo M
Scientific reports   7(1) 1827   2017年5月   [査読有り]
Characterization of a genomic region that maintains chlorophyll and nitrogen contents during ripening in a high-yielding stay-green rice cultivar
Yamamoto T, Suzuki T, Suzuki K, Adachi S, Sun J, Yano M, Ookawa T, HirasawaT
Field Crops Research   206 54-64   2017年   [査読有り]
Adachi S, Yoshikawa K, Yamanouchi U, Tanabata T, Sun J, Ookawa T, Yamamoto T, Sage RF, Hirasawa T, Yonemaru J
Frontiers in plant science   8 60   2017年   [査読有り]
Ookawa T, Aoba R, Yamamoto T, Ueda T, Takai T, Fukuoka S, Ando T, Adachi S, Matsuoka M, Ebitani T, Kato Y, Mulsanti IW, Kishii M, Reynolds M, Piñera F, Kotake T, Kawasaki S, Motobayashi T, Hirasawa T
Scientific reports   6 30572   2016年7月   [査読有り]
Endo T, Chiba B, Wagatsuma K, Saeki K, Ando T, Shomura A, Mizubayashi T, Ueda T, Yamamoto T, Nishio T
TAG. Theoretical and applied genetics   129(3) 631-640   2016年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Genomics of Plant Genetic Resources
Yamamoto T, Uga Y, Yano M (担当:分担執筆, 範囲:Genomics-assisted allele mining and its integration into rice breeding)
Springer   2014年   
光合成研究と産業応用最前線
安達俊輔, 山本敏央 (担当:分担執筆, 範囲:作物の光合成速度を向上させる自然変異遺伝子の解明)
(株)エヌ・ティー・エス   2014年   
Rice Biology in the Genomics Era
Yamamoto T, Yano M (担当:分担執筆, 範囲:Detection and Molecular cloning of genes underlying quantitative phenotypic variation in rice)
Springer   2007年   

Misc

 
バイオマス増大に向けたイネ次世代育種法の開発と利用
山本敏央
JATAFFジャーナル   45(5) 65   2016年
山本 敏央, 髙井 俊之
明日の食品産業 = Food industry for tomorrow   2014(7) 35-39   2014年7月
多収稲の光合成能力に貢献するGPS遺伝子を発見
山本 敏央
ニューカントリー   64(8) 50-51   2014年
QTL analysis of leaf photosynthesis in rice
Takai T, Ohsumi A, Arai Y, Iwasawa N, Yano M, Yamamoto T, Yoshinaga S, Kondo M
Japan Agricultural Research Quarterly   47(3) 227-235   2013年
山本 敏央, 長崎 英樹
農林水産技術研究ジャーナル   34(4) 35-39   2011年4月

受賞

 
2013年3月
日本作物学会 論文賞 Identification of chromosomal regions controlling the leaf photosynthetic rate in rice by using a progeny from Japonica and high-yielding Indica varieties
受賞者: Adachi S, Nito N, Kondo M, Yamamoto T, Arai-Sanoh Y, Ando T, Ookawa T, Yano M, Hirasawa T
 
2012年3月
日本育種学会 論文賞 Detection of a QTL for accumulating Cd in rice that enables efficient Cd phytoextraction from soil
受賞者: Abe T, Taguchi-Shiobara F, Kojima Y, Ebitani T, Kuramata M, Yamamoto T, Yano M, Ishikawa S
 
2010年3月
日本育種学会 論文賞 A novel quantitative trait locus, qCL1, involved in semi-dwarfism derived from Japanese rice cultivar Nipponbare
受賞者: Hori K, Yamamoto T, Ebana K, Takeuchi Y, Yano M
 
2006年3月
日本育種学会 論文賞 Construction and evaluation of chromosome segment substitution lines carrying overlapping chromosome segments of indica rice cultivar ‘Kasalath’ in a genetic background of Japonica elite cultivar ‘Koshihikari’
受賞者: Ebitani T, Takeuchi Y, Nonoue Y, Yamamoto T, Takeuchi K, Yano M