河合 望

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/28 15:26
 
アバター
研究者氏名
河合 望
 
カワイ ノゾム
eメール
nozomu.kawaigmail.com
URL
https://kanazawa-u.academia.edu/NozomuKawai
所属
金沢大学
部署
新学術創成研究機構
職名
准教授
学位
学術博士 Ph.D.(ジョンズ・ホプキンス大学), 文学修士(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年7月
 - 
現在
金沢大学 新学術創成研究機構 准教授
 
2017年2月
 - 
2017年3月
カリフォルニア大学バークレー校 近東学科 客員研究員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
早稲田大学大学院 文学研究科 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2016年7月
金沢大学 国際文化資源学研究センター 客員准教授
 
2013年4月
 - 
2016年3月
早稲田大学 高等研究所 准教授(任期付)
 
2007年4月
 - 
2016年3月
早稲田大学 文化構想学部 非常勤講師
 
2006年4月
 - 
2016年3月
早稲田大学 国際教養学部 非常勤講師
 
2015年2月
 - 
2015年6月
カイロ・アメリカン大学 人文社会科学部 客員教授
 
2012年8月
 - 
2013年3月
筑波大学 人文・文化学群 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2012年3月
早稲田大学 理工学術院 客員准教授(専任扱)
 

学歴

 
 
 - 
2005年
ジョンズ・ホプキンス大学大学院 近東研究科 エジプト学専攻
 
 
 - 
1999年
早稲田大学大学院 文学研究科 考古学専攻
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
日本オリエント学会編集委員
 
2013年
 - 
現在
日本西アジア考古学会  企画担当役員
 
2017年3月
 - 
現在
ICOM(国際博物館会議)  京都大会運営委員
 
2015年
 - 
現在
Journal of Ancient Egyptian Interconnections (University of Arizona, USA)  編集委員
 
2014年
 - 
現在
Journal of Egyptian History (Brill: Leiden) 編集委員
 

受賞

 
2000年
第22回日本オリエント学会奨励賞
 
2000年
米国サミュエル・クレス財団研究助成
 

書籍等出版物

 
エジプト学研究セミナー
河合 望 (担当:分担執筆, 範囲:「トゥトアンクアメン(ツタンカーメン)王時代のエジプト」)
関西大学国際文化財・文化研究センター   2017年3月   
黄金のファラオと大ピラミッド展
河合 望 (担当:分担執筆, 範囲:「ピラミッド時代のファラオ列伝」「作品解説」)
TBS   2015年10月   
Joyful in Thebes: Egyptological Studies in honor of Betsy M. Bryan
Nozomu Kawai (担当:分担執筆, 範囲:The Administrators and Notables in Nubia under Tutankhamun," in)
Lockwood Press   2015年   
Quest for the Dream of the Pharaohs: Studies in Honour of Sakuji Yoshimura
Nozomu Kawai (担当:分担執筆, 範囲:The New Kingdom Tomb Chapel of Isisnofret at Northwest Saqqara)
Ministry of Antiquities, Egypt   2015年   
Archaeobotany of Two Middle Kingdom Cult Chambers at North Saqqara, Egypt
Ahmed Fahmy, Nozomu Kawai, Sakuji Yoshimura (担当:分担執筆, 範囲:Archaeology of African Plant Use)
Left Coast Press (University College London Institute of Archaeology Publications)   2014年   ISBN:978-1-61132-974-2
Nozomu Kawai (担当:分担執筆, 範囲:Some Remarks on the Funerary Equipment from the tomb of Amenhotep III)
University of Arizona Egyptian Expedition   2013年8月   ISBN:0964995816
『永遠に生きる-吉村作治先生古稀記念論文集』
河合望 (担当:分担執筆, 範囲:「スメンクカラー王に関する覚書,)
中央公論美術出版社   2013年   ISBN:4805506989
Abusir and Saqqara in the Year 2010
Nozomu Kawai (担当:分担執筆, 範囲:The Tomb of Isisnofret at Northwest Saqqara)
Czech Institute of Egyptology   2012年   ISBN:978-80-7308-385-4
Handbook of Pottery of the Egyptian Middle Kingdom, vol. II: Regional Volume
Nozomu Kawai, Kazumitsu Takahashi, Ken Yazawa
Verlag der Österreichischen Akadmie der Wissenschaften   2012年   ISBN:978-3-7001-6607-8
河合 望
集英社   2012年7月   ISBN:4087206491

論文

 
埃及学指南のための覚書
河合 望
エジプト学研究   (22) 205-228   2016年3月   [査読有り]
岡山市立オリエント美術館所蔵テーベ西岸、ディール・アル=バフリー「王のミイラの隠し場」出土の3体のシャブティ像について
河合 望
岡山市立オリエント美術館紀要   (29) 1-13   2015年
ABE Yoshinari, HARIMOTO Rodan, KIKUGAWA Tadashi, YAZAWA Ken, NISHISAKA Akiko, KAWAI Nozomu, YOSHIMURA Sakuji, NAKAI Izumi
J Archaeolog Sci   39(6) 1793-1808   2012年6月
Nozomu Kawai
Journal of Egyptian History (Leiden: Brill)   3(2) 261-292   2010年12月   [査読有り]
Abe Y, Nakai I, Takahashi K, Kawai N, Yoshimura S
Analytical and bioanalytical chemistry   395(7) 1987-1996   2009年12月   [査読有り]
河合 望
オリエント   51(2) 27-56   2008年   [査読有り]
ON SITE ANALYSIS OF GLASS BEADS (AROUND 16TH CENTURY B.C.) FROM THE EXCAVATION SITE AT ABUSIR IN EGYPT USING A PORTABLE XRF SPECTROMETER
I. Nakai, N. Kato, A. Hokura, A. Nishisaka, N. Kawai and S. Yoshimura
AIHV Association Internationale pour l' Histoire du Verre      2006年
第18王朝末の王子ナクトミンをめぐって
河合 望
エジプト学研究   (14) 13-30   2006年   [査読有り]

Misc

 
CIPEG(エジプト学国際委員会)
河合 望
ICOM大会報告書(第24回 イタリア・ミラノ大会)   62-64   2017年4月
河合 望・三井 猛・吉村作治・近藤二郎・柏木裕之・高橋寿光・梅田由子・米山由夏・石崎野々花
エジプト学研究   (23) 145-181   2017年3月
河合 望・吉村作治・近藤二郎・高橋寿光・米山由夏・石崎野々花
(23) 127-144   2017年3月
吉村作治・河合 望・近藤二郎・高宮いづみ・柏木裕之・高橋寿光・米山由夏・石崎野々花
エジプト学研究   (23) 114-126   2017年3月
近藤二郎・吉村作治・菊地敬夫・柏木裕之・河合望・高橋寿光・福田莉紗
エジプト学研究   (23) 43-65   2017年3月
Discovered, lost, rediscovered: Userhat and Khonsuemheb
Jiro Kondo, Nozomu Kawai
Egyptian Archaeology   (50) 22-16   2017年3月   [査読有り]
富岡重徳コレクションの古代エジプト資料
近藤二郎、河合 望、平原信崇
早稲田大学會津八一記念博物館研究紀要   (18) 15-23   2017年3月
古代エジプト史研究の最前線ーツタンカーメン(トゥトアンクアメン)王時代の歴史を再構築する
河合 望
歴史と地理 世界史の研究   (701) 49-52   2017年2月
ICOMレポート ICOM第24回大会エジプト学国際委員会(CIPEG)参加報告
河合 望
博物館研究   (平成29年1月) 26-28   2017年1月
日高遥香, 阿部善也, 中井泉, 菊川匡, 四角隆二, 高橋寿光, 河合望, 吉村作治
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   33rd 154‐155   2016年6月

講演・口頭発表等

 
Northwest Saqqara: An Multiple burial of the early Eighteenth Dynasty [招待有り]
河合 望
Second Intermediate Period Assemblages The Building Blocks of Local Relative Sequences of Material Culture   2017年6月23日   Institute for Oriental and European Archaeology
A Preliminary Study of the Manufacturing Techniques of the Tutankhamen Ritual beds and chariots based on X-ray Radiography [招待有り]
OKADA Yasushi, ABD EL-HAMID Medhat, KAWAI Nozomu, KURIMOTO Yasuji, MATSUSHITA Tomohide, TAWFIK Tarek, KAMAL Hussein
The Third International Tutankhamun Conference   2017年5月8日   
古代エジプト新王国時代の墓地の調査-エジプト、北サッカラ遺跡の踏査(2016年)
河合 望、高橋寿光
第24回西アジア発掘調査報告会   2017年3月26日   
古代エジプトの聖なる丘の発掘調査-エジプト、アブ・シール南丘陵遺跡第25次調査(2016年)-
河合 望、高橋寿光、吉村作治
第24回西アジア発掘調査報告会   2017年3月26日   
The Lioness goddess statues from the rock-cut chambers at Northwest Saqqara [招待有り]
河合 望
Sekhmet Omnipresent   2017年3月26日   
Excavating a Sacred Outcropping at Northwest Saqqara: The Ramesside Tomb of Isisnofret [招待有り]
河合 望
Egyptological Lecture, Department of Near Eastern Studies, UC Berkeley   2017年3月9日   
The unusual New Kingdom Tomb-Chapel of Isisnofret on a rocky outcropping at Northwest Saqqara [招待有り]
河合 望
Lecture, Department of Near Eastern Languages and Cultures, UCLA   2017年3月3日   
エジプトの世界遺産ルクソールの古代遺跡とともに生きる人々と地域
河合 望
世界遺産とともに生きるー地域と人々の視点から   2017年1月28日   
エジプト、サッカラにおける新王国時代の墓地について
河合 望
日本オリエント学会第58回大会   2016年11月13日   
エジプト、アブ・シール南丘陵遺跡出土、イシスネフェルトの石棺の保存修復と研究
河合 望、柏木裕之、高橋寿光
日本オリエント学会第58回大会   2016年11月13日   

担当経験のある科目

 

Works

 
カイロ・エジプト博物館におけるツタンカーメン王墓出土遺物の調査(大エジプト博物館合同保存修復プロジェクトの一環としての遺物の考古学的調査)
河合 望   その他   2016年12月 - 現在
エジプト、サッカラ新王国時代の墓地の調査
河合 望   その他   2016年5月 - 現在
エジプト、アブ・シール南丘陵遺跡発掘調査
2001年 - 現在
エジプト、ルクソール西岸岩窟墓第47号墓の再調査
2007年 - 現在
アメンヘテプ3世王墓出土遺物の資料調査(科学研究費補助金基盤研究(B))
2008年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 河合 望
フランス国立科学研究センター: 国際共同研究
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: Marc Gabolde
Après l’épisode « monothéiste » d’Akhenaton, le temple de Karnak a été l’objet de profondes restaurations destinées à rétablir le culte du dieu principal, Amon, et renforcer la légitimité incertaine des pharaons de la XVIIIe dynastie qui ont succé...
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 河合 望
古代エジプトにおける聖地の形成と展開について発掘調査から得られた考古資料と文字史料の双方から実証的に明らかにすることを目的とする。現在、早稲田大学古代エジプト調査隊によるエジプトのアブ・シール南丘陵遺跡の発掘調査に携わっており、本研究は当該地区の出土資料を分析する。
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 柴田 大輔
本年度に実施した研究活動はつぎの三部に分けられる。(1)古代メソポタミアにおける「政教」研究、(2)古代エジプトとの比較研究、(3)マクロな西アジア史全体における「政教」研究の根本的な問い直し。(1)は柴田が実施。主な成果として、前一千年紀バビロニア文書の語彙分析に基づいたバイリンガリズムと政治神学に関する研究、前二千年紀後半アッシリア行政記録の分析による王家結婚戦略ならびに地方官僚教育に関する研究など。これら研究のため柴田が8月ハイデルベルク大学に滞在。成果の一部は7月3~5日と12月5...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2007年 - 2012年    代表者: 吉村 作治
本研究は、エジプト・アラブ共和国の世界遺産メンフィス・ネクロポリスの遺跡整備計画を提示することを目的とする。「遺跡の重要性の理解」、「将来的に遺跡に及ぼす要素」の調査を行い、遺跡保存整備計画の策定を提示した。この整備計画は考古学、保存科学、建築史学、地質学、観光学、衛星画像解析などの学際的成果がベースにあり、メンフィス・ネクロポリスの各遺跡の具体的な整備方針に資するモデル・ケースとなるものである。
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 河合 望
古代エジプト新王国時代の王墓の副葬品を発掘調査の遺物と世界の博物館・美術館に所蔵されている遺物を合わせて集成し、全体像の復元に努め、新王国時代の王の葬制の一端を明らかにする。