小野林太郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/28 14:45
 
アバター
研究者氏名
小野林太郎
所属
東海大学海洋学部
部署
海洋文明学科
学位
博士(地域研究)(上智大学)

プロフィール

東南アジア・オセアニアを主なフィールドとする海洋考古学者です。島嶼遺跡や海底遺跡を対象に、人類の海洋適応や海産資源の利用、海の移動・移住ネットワークを研究しています。

研究分野

 
 
  • 地域研究 / 地域研究 / 東南アジア・オセアニア研究
  • 史学 / 考古学 / 海洋考古学

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東海大学 海洋学部海洋文明学科 准教授
 
2010年4月
 - 
2015年3月
東海大学 海洋学部海洋文明学科 専任講師
 
2008年2月
 - 
2010年2月
日本学術振興会 オーストラリア国立大学 海外特別研究員
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
日本オセアニア学会  庶務理事
 
2014年4月
 - 
現在
日本動物考古学会  編集委員
 
2012年4月
 - 
現在
東南アジア考古学会  運営委員
 

受賞

 
2013年11月
東南アジア考古学会 東南アジア考古学会奨励賞
 
2006年10月
アジア・太平洋フォーラム・淡路会議 第5回井植記念「アジア太平洋研究賞」 佳作
 

論文

 
Discovery of Iron Grapnel Anchors in Early Modern Ryukyu and Management of Underwater Cultural Heritages in Okinawa, Japan
Ono, R, C. Katagiri, H. Kan, N. Nagano Y. Nakanishi, Y. Yamamoto, F. Takemura and M. Sakagami
International Journal of Nautical Archaeology   45(1) 75-91   2016年   [査読有り]
ミクロネシア・ファイス島におけるサメ・マグロ類の利用と時間変化
小野林太郎・印東道子
動物考古学   30 83-104   2013年12月   [査読有り]
Development of Regional and Long Distant Maritime Networks during the 16th to 19th Centuries in the Celebes Sea: Archaeological Perspective based on Bukit Tiwing Site in Talaud Islands.
Ono, R, S. Soegondho, and J. Siswanrto
People and Culture in Oceania   29 1-33   2013年   [査読有り]
八重山における水中文化遺産の現状と将来-石垣島・屋良部沖海底遺跡を中心に
小野林太郎・片桐千亜紀・坂上憲光・菅浩伸・宮城弘樹・山本祐司
石垣市立八重山博物館紀要   (22) 20-43   2013年   [査読有り]
ウォーラシア海域における人類の移住史と海洋適応
小野林太郎
古代文化   64(4) 63-75   2013年   [査読有り]
The case for complex fishing technologies: a response to Anderson
O'Connor S and R. Ono
Antiquity   87 885-888   2013年   [査読有り]
O'Connor S, Ono R, Clarkson C
Science (New York, N.Y.)   334(6059) 1117-1121   2011年11月   [査読有り]
Island of pelagic fishermen: temporal change of prehistoric fishing on Fais, Micronesia
Ono Rintaro, and Michiko Intoh
Journal of Island and Coastal Archaeology   (6) 255-286   2011年   [査読有り]
A 2500-year record of marine resource use on Ulong Island, Republic of Palau
Ono Rintaro, Geoff Clark
International Journal of Osteoarchaeology   22(6) 637-654   2011年   [査読有り]
Changing marine exploitation during Late Pleistocene in northern Wallacea: Shellfish remains from Leang Sarru rockshelter in Talaud Islands.
Ono Rintaro, Santoso Soegondoh, and Mirnoru Yoneda
Asian Perspectives   48(2) 318-341   2010年   [査読有り]
Ethno-Archaeology and the early Austronesian fishing strategies in near-shore environments.
Ono Rintaro
Journal of the Polynesian Society   119(3) 269-314   2010年   [査読有り]
Ethno-Ecology and Tokelauan fishing lore from Atafu atoll, Tokelau
Ono Rintaro, David Addison
SPC Traditional Marine Resource Management Knowledge Information Bulletin.   26 3-22   2009年   [査読有り]

Misc

 
鉄多加志, 小野林太郎, 木村淳, 坂上憲光, 中西裕見子, 片桐千亜紀
東海大学海洋研究所研究報告(Web)   (37) 7-14 (WEB ONLY)   2016年3月
坂上憲光, 小野林太郎, 李銀姫, 片桐千亜紀, 山本祐司, 中西裕見子
工学教育   64(1) 1.54-1.59 (J-STAGE)-1_59   2016年
坂上 憲光, 李 銀姫, 山田 吉彦, 川崎 一平, 仁木 将人, 小野 林太郎, 石川 智士
工学教育   62(3) 3_47-3_52   2014年
This paper reports an ocean environmental education conducted in Ishigaki Island through the cooperation with Ishigaki city and Junior Chamber International Japan Yaeyama. The purpose of this educational activity was to create the opportunity for ...

書籍等出版物

 
Applied Studies of Coastal and Marine Environments
Ono Rintaro (担当:分担執筆, 範囲:Human History of Maritime Exploitation and Adaptation Process to Coastal and Marine Environments – A View from the Case of Wallacea and the Pacific)
InTech   2016年   
Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Paleolithic Asia
Ono, R, N. Nakajima, H. Nishizawa, S. Oda and S. Soegondho (担当:分担執筆, 範囲:Maritime Adaptation and Development of Lithic Technology in Talaud Islands during the late Pleistocene to the early Holocene)
Texas A&M University Press   2015年   
Prehistoric Marin Resource Use in the Indo-Pacific Regions
Ono, R. A.Morrison, D. Addison (担当:編者)
ANU E Press   2013年   ISBN:9781925021264
小野 林太郎
京都大学学術出版会   2011年4月   ISBN:4876989958

競争的資金等の研究課題

 
パレオアジアの人類史:ユーラシア東部におけるホモ・サピエンス定着プロセスに関する総合的研究
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 西秋良宏
ウォーラシア海域と環太平洋域における人類移住・海洋適応・物質文化の比較研究
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 小野林太郎
東南アジア・ネットワーク型海民社会の形成過程:民族考古学を軸とする複合的研究
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 小野林太郎