來生 知

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/24 10:44
 
アバター
研究者氏名
來生 知
 
キオイ ミトム
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30545059.ja.html
所属
横浜市立大学
部署
大学院医学研究科 医学部口腔外科
職名
准教授
学位
医学博士(横浜市立大学)
科研費研究者番号
30545059

プロフィール

米国FDA, スタンフォード大学を経て現職では口腔癌の診療と基礎研究、およびトランスレーショナルリサーチを行っています.転移や再発などの難治性癌の新規治療法の開発、創薬に関する共同研究や口腔粘膜炎やコンパニオン診断などの動物モデル確立も行っています.また国際顎顔面口腔外科専門医として外国人の口腔外科診療を担当しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
横浜市立大学大学院医学研究科顎顔面口腔機能制御学 准教授
 
2010年4月
 - 
2013年3月
横浜市立大学大学院医学研究科顎顔面口腔機能制御学 講師
 
2006年7月
 - 
2010年3月
スタンフォード大学放射線腫瘍学 サイエンティスト
 
2001年7月
 - 
2006年7月
米国FDA細胞生物製剤評価センター ポスドク
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2002年3月
横浜市立大学大学院医学研究科博士過程(医学博士)  
 

委員歴

 
2016年7月
 - 
現在
The Open Access Journal of Science and Technology (subject; oncology) Editorial Board Member
 
2013年7月
 - 
現在
Advances in Medicine (subject; Oncology)  Editorial Board Member
 
2013年4月
 - 
現在
New Journal of Science (subject; Oncology)  Editorial Board Member
 
2008年4月
 - 
現在
International Journal of Radiation Oncology Biology Physics  査読委員
 

受賞

 
2011年10月
日本口腔外科学会総会 優秀口演賞
 
2011年4月
横浜医学会 研究奨励賞
 
2010年9月
Radiation Research Society SIT Award
 

論文

 
Okubo M, Kioi M, Nakashima H, Sugiura K, Mitsudo K, Aoki I, Taniguchi H, Tohnai I
Scientific reports   6 27548   2016年6月   [査読有り]
Sato I, Umemura M, Mitsudo K, Fukumura H, Kim JH, Hoshino Y, Nakashima H, Kioi M, Nakakaji R, Sato M, Fujita T, Yokoyama U, Okumura S, Oshiro H, Eguchi H, Tohnai I, Ishikawa Y
Scientific reports   6 24629   2016年4月   [査読有り]
Shimizu M, Mitsudo K, Koike I, Taguri M, Iwai T, Koizumi T, Oguri S, Kioi M, Hirota M, Inoue T, Tohnai I
Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology   121(3) 239-247   2016年3月   [査読有り]
Increase of peripheral blood CD57+ T-cells in patients with oral squamous cell carcinoma.
Iida M, Takayama E, Naganawa K, Mitsudo K, Adachi M, Baba J, Fujimoto-Muto M, Motohashi M, Mizuno-Kamiya M, Kawaki H, Kioi M, Ichinose M, Sumitomo S, Muramatsu Y, Shikimori M, Tohnai I, Kondoh N
Anticancer research   34(10) 5729-5734   2014年10月   [査読有り]
Sato I, Umemura M, Mitsudo K, Kioi M, Nakashima H, Iwai T, Feng X, Oda K, Miyajima A, Makino A, Iwai M, Fujita T, Yokoyama U, Okumura S, Sato M, Eguchi H, Tohnai I, Ishikawa Y
The journal of physiological sciences : JPS   64(3) 177-183   2014年5月   [査読有り]
Mitsudo K, Koizumi T, Iida M, Iwai T, Nakashima H, Oguri S, Kioi M, Hirota M, Koike I, Hata M, Tohnai I
Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology   111(2) 306-310   2014年5月   [査読有り]
Mitsudo K, Koizumi T, Iida M, Iwai T, Oguri S, Yamamoto N, Itoh Y, Kioi M, Hirota M, Tohnai I
International journal of radiation oncology, biology, physics   83(5) e639-45   2012年8月   [査読有り]
Barber MF, Michishita-Kioi E, Xi Y, Tasselli L, Kioi M, Moqtaderi Z, Tennen RI, Paredes S, Young NL, Chen K, Struhl K, Garcia BA, Gozani O, Li W, Chua KF
Nature   487(7405) 114-118   2012年7月   [査読有り]
Kuo AJ, Cheung P, Chen K, Zee BM, Kioi M, Lauring J, Xi Y, Park BH, Shi X, Garcia BA, Li W, Gozani O
Molecular cell   44(4) 609-620   2011年11月   [査読有り]
Etodolac improves 5-FU sensitivity of head and neck cancer cells through inhibition of thymidylate synthase.
Murata S, Adachi M, Kioi M, Torigoe S, Ijichi K, Hasegawa Y, Ogawa T, Bhayani MK, Lai SY, Mitsudo K, Tohnai I
Anticancer research   31(9) 2893-2898   2011年9月   [査読有り]
Kioi M, Vogel H, Schultz G, Hoffman RM, Harsh GR, Brown JM
The Journal of clinical investigation   120(3) 694-705   2010年3月   [査読有り]
Han J, Kioi M, Chu WS, Kasperbauer JL, Strome SE, Puri RK
Head & neck oncology   1 27   2009年7月   [査読有り]
Kioi M, Shimamura T, Nakashima H, Hirota M, Tohnai I, Husain SR, Puri RK
International journal of cancer. Journal international du cancer   124(6) 1440-1448   2009年3月   [査読有り]
Novel role of IL-13 in fibrosis induced by nonalcoholic steatohepatitis and its amelioration by IL-13R-directed cytotoxin in a rat model.
Shimamura T, Fujisawa T, Husain SR, Kioi M, Nakajima A, Puri RK
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   181(7) 4656-4665   2008年10月   [査読有り]
Liu SC, Ahn GO, Kioi M, Dorie MJ, Patterson AV, Brown JM
Cancer research   68(19) 7995-8003   2008年10月   [査読有り]
Lee HC, Kioi M, Han J, Puri RK, Goodman JL
Genomics   92(3) 144-151   2008年9月   [査読有り]
Kioi M, Seetharam S, Puri RK
Molecular cancer therapeutics   7(6) 1579-1587   2008年6月   [査読有り]
Michishita E, McCord RA, Berber E, Kioi M, Padilla-Nash H, Damian M, Cheung P, Kusumoto R, Kawahara TL, Barrett JC, Chang HY, Bohr VA, Ried T, Gozani O, Chua KF
Nature   452(7186) 492-496   2008年3月   [査読有り]
Shimamura T, Royal RE, Kioi M, Nakajima A, Husain SR, Puri RK
Cancer research   67(20) 9903-9912   2007年10月   [査読有り]
Kioi M, Seetharam S, Puri RK
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   20(13) 2378-2380   2006年11月   [査読有り]
Kioi M, Kawakami M, Shimamura T, Husain SR, Puri RK
Cancer   107(6) 1407-1418   2006年9月   [査読有り]
Kawakami K, Terabe M, Kioi M, Berzofsky JA, Puri RK
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   12(15) 4678-4686   2006年8月   [査読有り]
Convection-enhanced delivery of interleukin-13 receptor-directed cytotoxin for malignant glioma therapy.
Kioi M, Husain SR, Croteau D, Kunwar S, Puri RK
Technology in cancer research & treatment   5(3) 239-250   2006年6月   [査読有り]
Yamamoto K, Higashi S, Kioi M, Tsunezumi J, Honke K, Miyazaki K
The Journal of biological chemistry   281(14) 9170-9180   2006年4月   [査読有り]
Kioi M, Takahashi S, Kawakami M, Kawakami K, Kreitman RJ, Puri RK
Cancer research   65(18) 8388-8396   2005年9月   [査読有り]
Kawakami M, Kawakami K, Kioi M, Leland P, Puri RK
Blood   105(9) 3707-3713   2005年5月   [査読有り]
Evidence that IL-13R alpha2 chain in human glioma cells is responsible for the antitumor activity mediated by receptor-directed cytotoxin therapy.
Kawakami K, Kioi M, Liu Q, Kawakami M, Puri RK
Journal of immunotherapy (Hagerstown, Md. : 1997)   28(3) 193-202   2005年5月   [査読有り]
Kawakami K, Kawakami M, Kioi M, Husain SR, Puri RK
Journal of neurosurgery   101(6) 1004-1011   2004年12月   [査読有り]
Kioi M, Kawakami K, Puri RK
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   10(18 Pt 1) 6231-6238   2004年9月   [査読有り]
Kioi M, Kawakami K, Puri RK
Cellular immunology   229(1) 41-51   2004年5月   [査読有り]
Kioi M, Yamamoto K, Higashi S, Koshikawa N, Fujita K, Miyazaki K
Oncogene   22(54) 8662-8670   2003年11月   [査読有り]

Misc

 
進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法 頸部リンパ節転移に対する治療効果
光藤 健司, 小泉 敏之, 飯田 昌樹, 岩井 俊憲, 中島 英行, 小栗 千里, 廣田 誠, 來生 知, 藤内 祝
日本口腔腫瘍学会誌   28(2) 27-32   2016年6月
われわれは頸部リンパ節転移を有する進行口腔癌に対し逆行性超選択的動注化学放射線療法(以下動注CCRT)を施行し、転移リンパ節に対する治療効果につき検討したので報告する。対象は2007年2月から2010年11月までに進行口腔癌(T2-4bN1、2M0)に対し根治的動注CCRTを施行し、原発巣がCRのため原発は手術回避、頸部郭清術のみを行った20症例である。N分類はN1:5例、N2b:10例、N2c:5例であった。治療は浅側頭動脈、後頭動脈より逆行性に腫瘍の栄養動脈に動注カテーテルを留置し、動...
小泉 敏之, 光藤 健司, 小栗 千里, 岩井 俊憲, 光永 幸代, 飯坂 友宏, 來生 知, 廣田 誠, 近津 大地, 藤内 祝
頭頸部癌   39(4) 443-448   2013年12月
進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学療法は,放射線療法との連日同時併用が可能となることから高い抗腫瘍効果が期待できる。今回われわれは,上顎歯肉扁平上皮癌(T3,4)の一次症例17例に対して根治的逆行性超選択的動注化学放射線療法を施行し,治療効果について検討した。治療は逆行性超選択的動注化学放射線療法(DOC:60mg/m2,CDDP:150mg/m2,60Gy)を6週間行った。治療終了4週間後に画像検索および原発部位の生検にて治療効果判定を行ったところ,CRが14例(82.4%),PR...
口腔癌に対する超選択的動注分子標的治療法の開発
來生 知
医科学応用研究財団研究報告   32 243-245   2015年2月
癌再発に関わる微小環境ニッチと骨髄単球細胞の役割
來生 知
横浜医学   62(4) 539-544   2011年10月
腫瘍血管が癌進展と転移に大きな役割を果たしていることから血管新生阻害療法は新たな癌の治療法として高い注目を集めている。しかしながら従来の血管新生阻害薬は一過性の効果しか得られていないのが現状である。最近の研究で筆者らは局所に既存する腫瘍血管からの血管新生が放射線照射や抗癌剤などによって抑制された際に骨髄由来細胞の著しい腫瘍内への誘導が起こることを見出した。さらにこれらの骨髄由来細胞により脈管形成が引き起こされることが明らかとなった。骨髄細胞が誘導されるメカニズムには低酸素などの癌細胞周囲の...
化学放射線療法後の救済手術 進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学療法、放射線同時併用療法後の救済手術
光藤 健司, 岩井 俊憲, 馬場 隼一, 光永 幸代, 小栗 千里, 小泉 敏之, 渡貫 圭, 來生 知, 廣田 誠, 松井 義郎, 藤内 祝
日本口腔腫瘍学会誌   22(3) 102-106   2010年9月
進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学療法は、放射線療法との連日同時併用が可能となることから高い抗腫瘍効果が得られる。われわれは進行口腔癌に対し超選択的動注化学放射線療法を施行し、術前治療としての効果および原発の手術回避について報告してきた。しかし、治療後に腫瘍が残存した症例、再発症例に対しては救済手術が必要となる。今回われわれは本療法を施行し、救済手術が必要であった症例につき術後合併症、予後につき報告する。2006年8月から2009年7月の3年間に横浜市立大学附属病院歯科口腔外科を受診...

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 來生 知
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 來生 知
本年度は、骨髄細胞と腫瘍の再増殖の関連性について解析を行なった。まず最初に横浜市立大学付属病院口腔外科にて2006年6月から2010年11月の間に化学放射線治療を行った口腔癌患者から採取した治療前後の組織標本を用いて治療後に腫瘍内へ誘導される骨髄細胞のうちCD11bを発現する単球細胞群について免疫染色を行なった。同一患者から採取された治療前および治療後(再発時)における腫瘍内のCD11b+細胞の陽性率を比較したところ、約72%で治療後の単球細胞の陽性率の上昇が認められた。次にOSC-19細...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 來生 知
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 小泉 敏之
平成19年から平成22年までに横浜市立大学附属病院歯科・口腔外科で加療した口腔扁平上皮癌患者のうち、本研究の対象となったのは56症例であった。これらの症例について、臨床病理学的因子(年齢、性別、UICC分類、腫瘍サイズ、リンパ節転移の有無、病理組織分化度、喫煙歴など)を取りまとめた。症例のまとめと並行して、口腔扁平上皮癌に対するaPKCλ/ι免疫組織学的染色法のプロトコールの確立を行った。抗体の濃度調整などで試行錯誤を繰り返したのち、プロトコールが確立された段階で56症例についてaPKCλ...
転移に関わる癌幹細胞のエピゲノム解析と標的因子の探索
武田科学振興財団: 研究奨励
研究期間: 2013年       代表者: 來生 知
頭頸部癌幹細胞と微小環境を標的とする低侵襲性新規治療法の開発
鈴木謙三研究振興財団: 研究助成
研究期間: 2012年       代表者: 來生 知
口腔がん治療後に起こる微小環境変化に伴う腫瘍血管の再形成メカニズムの解明と新規標的薬物薬の開発
横浜総合医学振興財団: 推進研究助成
研究期間: 2012年       代表者: 來生 知
歯周病と発癌性に対する疫学的調査とその分子メカニズムの解析
神奈川県歯科保健賞: 研究奨励
研究期間: 2012年       代表者: 來生 知
がん再発に関わるCD11b+骨髄単球細胞の腫瘍血管再形成における役割
ノバルティス科学振興財団: 研究助成
研究期間: 2011年       代表者: 來生 知
口腔がん治療後に起こる微小環境変化に伴う腫瘍血管の再形成メカニズムの解明と新規標的薬物薬の開発
横浜総合医学振興財団: 推進研究助成
研究期間: 2011年       代表者: 來生 知
癌微小環境変化における骨髄ミエロイド細胞の役割
佐川がん研究振興財団: 研究助成
研究期間: 2011年       代表者: 來生 知
微小環境ニッチに潜む癌幹細胞のエピゲノム変化と骨髄細胞のリクルートメント
第一三共株式会社創薬プロジェクト: TaNeDS
研究期間: 2011年       代表者: 來生 知
口腔がん治療後に起こる微小環境変化に伴う腫瘍血管の再形成メカニズムの解明と新規標的薬物薬の開発
横浜総合医学振興財団: 推進研究助成
研究期間: 2010年       代表者: 來生 知
癌の転移に関わる骨髄細胞とpremetastatic nicheの解析
かなえ医薬振興財団: 研究助成
研究期間: 2010年       代表者: 來生 知

特許

 
特願EP2649995 : Inhibition of post-radiation tumor growth.
Kioi M, Ahn GO, Brown JM.
特願WO2009108360 : Inhibition of post-radiation tumor growth by an inhibitor of vasculogenesis
Kioi M, Ahn GO, Brown JM.

その他

 
日本口腔外科学会専門医
日本がん治療認定医(歯科・口腔外科)
国際顎顔面口腔外科専門医
診療修練指導歯科医