坂 智広

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/15 11:36
 
アバター
研究者氏名
坂 智広
 
バン トモヒロ
通称等の別名
Tomohiro
ハンドル
Tomohiro Bn
eメール
tbanyokohama-cu.ac.jp
URL
http://pgsource.sci.yokohama-cu.ac.jp/
所属
横浜市立大学
部署
国際総合科学部 生命環境コース 生命ナノシステム科学研究科生命環境システム科学専攻
職名
教授
学位
博士(農学)(岐阜大学)
その他の所属
木原生物学研究所

プロフィール

木原生物学研究所は、コムギ約6,000系統とトウガラシ約400系統の広範で貴重な遺伝資源を保有しています。植物遺伝資源科学部門では、これらを類型的に増殖・管理・評価して有用形質の遺伝子を探索し、画期的品種開発や地域ブランド創生に向けた遺伝資源の活用と遺伝育種学的研究をしています。また植物遺伝資源の収集・維持管理、評価と解析の植物ゲノムと育種への応用に向けた植物遺伝資源科学研究を通じ、地域・国際社会へ貢献と、国際舞台で活躍できる若手人材の育成を行っています。

研究分野

 

学歴

 
 
 - 
1987年
岐阜大学大学院 農学研究科 農学
 
 
 - 
1985年
岐阜大学 農学部 農学科・遺伝育種学専攻
 

受賞

 
2011年3月
横浜市立大学 公立大学法人横浜市立大学「理事長賞」 SATREPS事業によるアフガニスタンの食料問題の持続的解決に寄与し大学の国際貢献が国内外から大きく注目され、大学としての評価を高め他の教職員の模範となった
 
SATREPS事業によるアフガニスタンの食料問題の持続的解決に寄与し大学の国際貢献が国内外から大きく注目され、大学としての評価を高め他の教職員の模範となった

論文

 
PLoS ONE   12(1)    2017年1月   [査読有り]
Profiling elemental contents in wheat grains and clarifying the underlying genetic systems are important for the breeding of biofortified crops. Our objective was to evaluate the genetic potential of 269 Afghan wheat landraces for increasing eleme...
Youichi Kondou, Alagu Manickavelu, Kenji Komatsu, Mujiburahman Arifi, Mika Kawashima, Takayoshi Ishii, Tomohiro Hattori, Hiroyoshi Iwata, Hisashi Tsujimoto Tomohiro Ban and Minami Matsui
Breeding Science   66(5) 676-682   2016年12月   [査読有り]
This study was carried out with the aim of developing the methodology to determine elemental composition in wheat and identify the best germplasm for further research. Orphan and genetically diverse Afghan wheat land­ races were chosen and EDXRF w...
Alagu Manickavelua, Reem Joukhadar, Abdulqader Jighly, Caixia Lan, Julio Huerta-Espino, Ahmad Shah Stanikzai, Andrzej Kilian, Ravi P. Singh, Tomohiro Ban
Plant Science   252 222-229   2016年8月   [査読有り]
Mining of new genetic resources is of paramount importance to combat the alarming spread of stripe rust disease and breakdown of major resistance genes in wheat. We conducted a genome wide association study on 352 un-utilized Afghan wheat landrace...
Emdadul Haque, Aziz Ahmad Osmani, Sayed Hasibullah Ahmadi, Shigeyuki Ogawa, Kazuteru Takagi, Mineyuki Yokoyama, Tomohiro Ban
Biocatalysis and Agricultural Biotechnology   7 67-75   2016年5月   [査読有り]
In this study the application of α-ketol derivative of linolenic acid, KODA, was investigated in terms of root growth, plant development and crop production in response to CaCO3-imposed high pH (8.5) and drought, two major abiotic stresses for whe...
エムダヂュル・ハク、アジス・アフマッド・オスマニ、サイド・ハシブラ・アフマディ、坂 智広
Breeding Science   66(5) 808-822   2016年12月   [査読有り]
アフガニスン天水地域コムギの根系特性の改良を増強するために、パイプ栽培による効果的な擬似干ばつ耐性評価システムを開発した。底面吸水による潅水圃場の地下水位を想定した1m長パイプを対象区に対して、2m長パイプで地下水位が1m低下した擬似干ばつ区を設定し、生育途中に間断的に上部より補助潅水を与えて (T1) 木原アフガン在来コムギ (KAWLR) 360系統の乾燥ストレス耐性を評価した。そこから乾燥ストレス下で根長の特性の異なる>200 cm (LR)、100-150 cm (MR)、20-1...
Marta S. Lopes, Ibrahim El-Basyoni, Peter S. Baenziger, Sukhwinder Singh, Conxita Royo, Kursad Ozbek, Husnu Aktas, Emel Ozer, Fatih Ozdemir, Alagu Manickavelu, Tomohiro Ban, and Prashant Vikram
Marta S. Lopes, Ibrahim El-Basyoni, Peter S. Baenziger, Sukhwinder Singh, Conxita Royo, Kursad Ozbek, Husnu Aktas, Emel Ozer, Fatih Ozdemir, Alagu Manickavelu, Tomohiro Ban, and Prashant Vikram   66(12) 3477-3486   2015年3月   [査読有り]
Climate change has generated unpredictability in the timing and amount of rain, as well as extreme heat and cold spells that have affected grain yields worldwide and threaten food security. Sources of specific adaptation related to drought and hea...
Ayumi Kosaka, Alagu Manickavelu, Daniela Kajihara, Hiroyuki Nakagawa, Tomohiro Ban
Toxins   7(2) 604-620   2015年2月   [査読有り]
Fusarium graminearum is responsible for Fusarium head blight (FHB), which is a destructive disease of wheat that makes its quality unsuitable for end use. To understand the temporal molecular response against this pathogen, microarray gene express...
Quahir Sohail, Alagu Manickavelu, Tomohiro Ban
Genetic Resources and Crop Evolution   62(8) 1147-1157   2015年1月   [査読有り]
Alagu Manickavelu, Abdulqader Jighly, Tomohiro Ban
BMC Plant Biology   14 320   2014年11月   [査読有り]
Niwa Sayaka, Kubo Katashi, Lewis Janet, Kikuchi Rie, Manickavelu Alagu, Ban Tomohiro
Breeding Science   64(1) 90-96   2014年5月   [査読有り]
Fusarium head blight (FHB), caused by Fusarium graminearum, is a serious disease of wheat (Triticum aestivum L.) associated with contamination by the mycotoxin deoxynivalenol (DON). The FHB-resistant wheat cultivar 'Sumai 3' has been used extensiv...
Alagu Manickavelu, Niwa Sayaka, Ayumi Kosaka, Komatsu Kenji, Naruoka Yukiko, Ban Tomohiro
Plant Genetic Resources: Characterization and Utilization   12(S1) 32-35   2014年   [査読有り][招待有り]
Kenta Shirasawa, Kohei Ishii, Cholgwang Kim, Tomohiro Ban, Munenori Suzuki, Takashi Ito, Toshiya Muranaka, Megumi Kobayashi, Noriko Nagata, Sachiko Isobe, Satoshi Tabata
Molecular Breeding   31(1) 101-110   2012年8月   [査読有り]
Capsicum spp. are widely cultivated for use as vegetables and spices. The Kihara Institute for Biological Research, Yokohama City University, Japan, has stocks of approximately 800 lines of Capsicum spp. collected from various regions of Central a...
Insaf Bahrini, Motoki Sugisawa, Rie Kikuchi, Taiichi Ogawa, Hiroyuki Kawahigashi, Tomohiro Ban and Hirokazu Handa
Breeding Science   61(2) 121-129   2011年6月   [査読有り]
The WRKY transcription factors belong to a large protein family characterized by the conserved WRKY domain. These factors have been identified to play biological functions in various plant developmental processes. WRKY proteins are also known to b...
特性表示した品種育成系譜図を簡単に作成するソフトウェア--EvoTree
竹崎あかね、坂智広、勝田真澄
育種学研究   13 19-24   2011年3月   [査読有り]
Hao Bing Li, Guo Qiang Xie, Jun Ma, Gui Ru Liu, Shu Min Wen, Tomohiro Ban, Sukumar Chakraborty, and Chun Ji Liu
Theor Appl Genet   121(5) 941-950   2010年6月   [査読有り]
Fusarium head blight (FHB) and crown rot (CR) are two wheat diseases caused by the same Fusarium pathogens. Progress towards CR resistance could benefit from FHB-resistant germplasm if the same genes are involved in resistance to these two differe...
異なったレベルの赤かび病抵抗性をもつ春コムギ系統の小麦粉及びふすまにおけるデオキシニバレノールの分布
坂 智広
Plant Disease   94(3)    2010年
パンコムギにおける赤かび病抵抗性とFusarium株枯れ病抵抗性の遺伝的関連
坂 智広
Theoretical and Applied Genetics   121    2010年
Zenta Nishio, Kanenori Takata, Miwako Ito, Masahiko Tanio, Tadashi Tabiki, Hiroaki Yamauchi, and Tomohiro Ban
Plant Disease   94(3) 335-338   2010年
The level of the fungal toxin deoxynivalenol (DON) in milled flour and its partitioning between flour and bran of 15 spring wheat (Triticum aestivum) lines with different levels of Fusarium head blight (FHB; mainly caused by Fusarium graminearum) ...
Subbarao, G.V., Kishii, M., Nakahara, K., T. Ishikawa, Ban, T., Tsujimoto, H., George, T.S., Berry, W.L., Hash, C. T., and Ito, O.
Breeding Science   56(5) 529-545   2009年12月   [招待有り]
The natural ability of plants to release chemical substances from their roots that have a suppressing effect on nitrifier activity and soil nitrification, is termed ‘biological nitrification inhibition’ (BNI). Though nitrification is one of the cr...
Golkari, S., Gilbert, J., Ban, T. and Procunier J.
Genome   52(5) 409-418   2009年2月
Fusarium head blight, predominantly caused by Fusarium graminearum (Schwabe) in North America, is a destructive disease that poses a serious threat to wheat (Triticum aestivum L.) production around the world. cDNA microarrays consisting of wheat E...
Buerstnayr, H., Ban, T., and Anderson, J.
Plant Breeding   128 1-26   2009年1月   [招待有り]
During the past decade, numerous studies have been published on molecular mapping of Fusarium head blight (FHB) resistance in wheat. We summarize the relevant findings from 52 quantitative trait loci (QTL) mapping studies, nine research articles o...
コムギ赤かび病抵抗性のQTLマッピングとマーカー選抜:総説
坂 智広
Plant Breeding   128    2009年
コムギ赤かび病抵抗性に関する蘇麦3号と罹病性準同質遺伝子系統のQTL特異的マイクロアレイ遺伝子発現解析
坂 智広
Genome   52(5)    2009年
小麦新品種「トワイズミ」の育成.
坂 智広
九州沖縄農業研究センター報告   51    2009年
製パン適性の良い硬質コムギ新品種「ミナミノカオリ」の育成
坂 智広
九州沖縄農業研究センター報告   51    2009年
小麦品種「トワイズミ」育成
坂 智広
官報      2009年
生物的硝化作用(BNI)---コムギ連の遺伝的改良の可能性は?
坂 智広
Breeding Science   56(5)    2009年
Rodomiro Ortiza, , , Kenneth D. Sayrea, Bram Govaertsa, b, Raj Guptaa, G.V. Subbaraoc, Tomohiro Bana, David Hodsona, John M. Dixona, J. Iván Ortiz-Monasterioa, Matthew Reynoldsa
Agriculture, Ecosystems and Environment   126(1-2) 46-58   2008年6月   [査読有り]
Climate change could strongly affect the wheat crop that accounts for 21% of food and 200 million hectares of farmland worldwide. This article reviews some of the approaches for addressing the expected effects that climate change may likely inflic...
Handa, H , Namiki, N., Xu D.H., and Ban, T.
Molecular Breeding   22(1) 71-84   2008年1月   [査読有り]
Colinearity in gene content and order between rice and closely related cereal crops has been a powerful tool for gene identification. Using a comparative genomic approach, we have identified the rice genomic region syntenous to the region of the s...
異なる遺伝資源からの赤かび病抵抗性QTL集積のためのDNAマーカー分析
坂 智広
Genetica   133(1)    2008年
日本におけるコムギ赤かび病抵抗性育種の進捗と今後の展望
坂 智広
Cereal Research Communications   36(6)    2008年
コムギの赤かび病抵抗性QTLマッピングとマーカー選抜
坂 智広
Cereal Research Communications   36(6)    2008年
グローバルフザリウムネットワークの構築
坂 智広
Cereal Research Communications   36(6)    2008年
コムギ2DS染色体上の赤かび病抵抗性複合抵抗性QTLとその草丈との関連性について
坂 智広
Cereal Research Communications   36(6)    2008年
コムギ及びオオムギにおける赤かび病抵抗性とマイコトキシン蓄積性を効果的に選抜するリアルタイム定量的PCR法の評価
坂 智広
Cereal Research Communications   36(6)    2008年
比較ゲノム手法によるコムギ2DS染色体上の赤かび病抵抗性QTLの解析:QTLから候補遺伝子へ
坂 智広
Molecular Breeding   22(1)    2008年
気候変動:コムギは温暖化を打破できるか?
坂 智広
Agriculture, Ecosystems and Environment   126    2008年
Evaluation of a real-time quantitative PCR assay for an effective screening of genotypes with FHB resistance and low mycotoxin accumulation in wheat and barley.
Murakami, J; Ban, T; Egusa, M; Gargouri, S; Kodama, M; Lewis, J; Duveiller, E.
Cereal Research Communications   36(Suppl. B) 147-148   2008年   [査読有り]
Multiple traits QTL for Fusarium head blight resistance on the wheat chromosome 2DS, QFhs.kibr-2DS, and its relationship with plant height.
Ban, T., and Handa, H.
Cereal Research Communications   36(6) 83-84   2008年   [査読有り]
Global Fusarium networking.
Duveiller, E., Mezzalama, M., Murakami, J., Lewis, J., and T. Ban
Cereal Research Communications   36(6) 11-19   2008年   [査読有り]
QTL mapping and marker assisted selection for Fusarium head blight resistance in wheat.
Buerstnayr, H., Ban, T., and Anderson, J.
Cereal Research Communications   36(6) 1-3   2008年   [査読有り]
Progress and future prospects of resistance breeding to Fusarium head blight in Japan.
Ban, T., Kawada, N., Yanagisawa, A., and Takezaki, A.
Cereal Research Communications   36(6) 23-29   2008年
J. R. Shi, D. H. Xu , H. Y. Yang, Q. X. Lu, T. Ban
Genetica   133(1) 77-84   2008年   [査読有り]
A pyramided FHB resistance line of wheat (WSY) was previously developed from three FHB resistant cultivars (Sumai 3, Wangshuibai, and Nobeokabouzu) in the Jiangsu Academy of Agricultural Sciences, China. In the present study, we analyzed the genet...
G. V. Subbarao , Ban Tomohiro, Kishii Masahiro, Ito Osamu, H. Samejima, H. Y. Wang, S. J. Pearse, S. Gopalakrishnan, K. Nakahara and 3 more
Plant and Soil   299(1) 55-64   2007年9月   [査読有り]
Using a recombinant luminescent Nitrosomonas europaea assay to quantify biological nitrification inhibition (BNI), we found that a wild relative of wheat (Leymus racemosus (Lam.) Tzvelev) had a high BNI capacity and releases about 20 times more BN...
多年生Leymus racemosusからの生物的硝化抑制遺伝子はコムギ生産における硝化作用を軽減できるか?
坂 智広
Plant Soil   299    2007年
坂 智広
CGIARにおけるマイコトキシンに関する研究開発      2007年
坂 智広
CGIARにおけるマイコトキシンに関する研究開発      2007年
Naoki Yamanaka , Masrom Hasran, Dong He Xu, Hiroshi Tsunematsu, Salma Idris, Tomohiro Ban
Genetic Resources and Crop Evolution   53(5) 949-954   2006年8月   [査読有り]
We used AFLP analysis to explore the genetic relationship and diversity between and within 4 Mangifera species. We analyzed 35 accessions comprising 8 cultivars and 3 landraces of M. indica L., 11 landraces of M. odorata Griff., 7 landraces of M. ...
Nobuyoshi Watanabe , Youko Fujii, Noriko Kato, Tomohiro Ban, Petr Martinek
Journal of Applied Genetics   47(2) 93-98   2006年6月   [査読有り]
The brittle rachis character, which causes spontaneous shattering of spikelets, has an adaptive value in wild grass species. The lociBr 1 andBr 2 in durum wheat (Triticum durum Desf.) andBr 3 in hexaploid wheat (T. aestivum L.) determine disarticu...
Jian-Bin Yu, Gui-Hua Bai , Shi-Bin Cai, Tomohiro Ban
Theoretical and Applied Genetics   133(2) 308-320   2006年5月   [査読有り]
The major quantitative trait locus (QTL) on 3BS from Sumai 3 and its derivatives has been used as a major source of resistance to Fusarium head blight (FHB) worldwide, but resistance genes from other sources are necessary to avoid complete depende...

書籍等出版物

 
国際協力のためのグローバル・フザリウム・イニシアティブ
2006年   

講演・口頭発表等

 
アフガニスタンの穀物持続的生産に向けたコムギ育種システム復興支援計画JST/JICA SATREPS scheme [招待有り]
坂智広 (横浜市立大木原生研)
、日本作物学会第231回講演会ミニシンポジウム「第5回国際交流作物セミナー アジアの平和のための作物科学 Crop Science for Peacemaking in Asia」東京農業大学(第一講堂)、2012年3月30 [http://www.asnet.u-tokyo.ac.jp/?q=node/7285]   2112年3月30日   
Higher adaptation of Kihara Afghan wheat landraces (KAWLRs) to high pH.
Emdadul Haque, Yuso Kobara, Hisashi Tsujimoto and Tomohiro Ban.
「第10回ムギ類研究会」,December 11−12, Mie University, Japan, 2015.   2015年12月11日   
アフガニスタン在来小麦系統の種子形状に関する網羅的計測
近藤陽一1,3・佐藤潤一3・Alagu Manickavelu2、櫻井哲也子1、坂智広2、松井南1 (1.理研、2.横浜市立大木原生研理研、3.関東学院大学)
関東学院大学理工/建築・環境学会研究発表講演会、関東学院大学、H27.11.27   2015年11月27日   
Wheat landraces: Forgotten genetic resources and its molecular population study for plant production.
Manickavelu A, Massoud AM, Ban T.
Towards Increased plant productivity through understanding of environmental responses and epigenetic regulation, Nov 24-25, RIKEN, Yokohama, Japan, 2015.   2015年11月24日   
Wide Adaptive Responses in Kihara Afghan Wheat Landraces (KAWLR) for Resilience against Sever Osmotic Stress.
Babak Behnam, Eid Mohammad Zaheri, Hiroyuki Tsuji, Alagu Manickavelu, Tomohiro Ban,
RIKEN Symposium for Towards Increased Plant Productivity through Understanding of Environmental Responses and Epigenetic Regulation. Nov. 24-25,2015 RIKEN-CSRS, Yokohama   2015年11月24日   
KIHARA AFGHAN WHEAT LANDRACES (KAWL), A TREASURE FOR OSMOTIC STRESS TOLERANCE.
Zaheri Eid mohammad1,2, Behnam Babak1, 辻 寛之1, Manickavelu Alagu1, 坂 智広1(1. 横浜市大木原生研、2.MAIL),
日本育種学会第128回講演会、新潟大学   2015年9月12日   
アフガニスタン在来コムギのイオノーム変異とそのゲノムワイドマーカーとのアソシエーション
服部 智宏1,吉村 和紗1,Alagu Manickavelu2,近藤 陽一3,松井 南4,坂 智広2,岩田 洋佳1(1. 東大院農学生命科学,2. 横浜市立大木原生研,3. 関東学院大理工,4. 理研・環境資源科学研究センター)
日本育種学会第128回講演会、新潟大学   2015年9月11日   
Study of roor system of Afghanistan wheat local variety under mid and late drought condition.
Ahmadi Sayed1,2, Osmani Aziz Ahmad1,2, Haque Md.Emdadul1, Alagu Manickavelu1, 坂 智広1 (1.横浜市立大木原生研, 2.MAIL-ARIA)
日本育種学会第127回講演会、玉川大学   2015年3月22日   
Genome wide association studies for yield components in a collection of Afghan wheat local varieties.
Maqsodi Ahmad Massoud1,2, Alagu Manickavelu1, Tomohiro Ban1 (1.横浜市立大木原生研, 2.MAIL-ARIA),
日本育種学会第127回講演会、玉川大学   2015年3月21日   
アフガンコムギ在来種の高Ca+及び高pH条件の適応特性
Haque Md.Emdadul, Alagu Manickavelu, Tomohiro Ban (横浜市立大木原生研)
日本育種学会第127回講演会、玉川大学、2015年3月21日   2015年3月21日   
Molecular drought adaptation of Afghan Wheat landraces.
Manickavelu A, Marta L, Amin E, Ban T.
5th International Conference on Next Generation Genomics and Integrated Breeding for Crop Improvement, Feb 18-20, ICRISAT, India, 2015   2015年2月18日   
Variations in root growth response (and nutrient transportation) of Kihara Afghan wheat landraces (KAWLR) to high CaCO3 soils in two-chambered cup system.
Emdadul Haque, Kazuteru Shinozaki, Yuso Kobara, Hisashi Tsujimoto and Tomohiro Ban.
「第1回植物の栄養研究会」,August 4-5, Tokyo University, Japan, 2015.   2015年1月   
アフガニスタン在来小麦系統に含まれる元素含量の網羅的解析
近藤陽一1,3・佐藤潤一3・Alagu Manickavelu2、櫻井哲也子1、石井孝佳4、辻本壽4、坂智広2、松井南1 (1.理研、2.横浜市立大木原生研理研、3.関東学院大学、4.鳥取大学)、
関東学院大学理工/建築・環境学会研究発表講演会、関東学院大学、H26.11.18   2014年11月18日   
Genomic characterization of Afghan wheat landraces. [招待有り]
Tomohiro Ban, Alagu Manickavelu (横浜市立大木原生研)
Plant Genomics Asia, Kuala Lumpur, Malaysia, February 24-25, 2014. [http://www.globalengage.co.uk/pgcasia/PGCA_Agenda.pdf]   2014年2月24日   
コムギ生体内における赤かび病菌Fusarium graminearum毒素合成遺伝子発現プロファイリング
原田萌、坂智広
育種学研究 15 (別2) 224(日本育種学会、第124回講演会、鹿児島大学、2013年10月12日〜13日)   2013年12月   
野生オオムギHordeum bulbosum L.の球茎形成過程におけるフィトクロム遺伝子発現解析と重イオンビームによる変異体作出
小林有里奈1、風間祐介1,2、Alagu Manickavelu1、阿部知子2,3、坂智広1(1. 横浜市大・木原生研、2. 理研・イノベーションセンター、3. 理研・仁科センター)
育種学研究 15 (別2) 267(日本育種学会、第124回講演会、鹿児島大学、2013年10月12日〜13日)   2013年12月   
野生オオムギHordeum bulbosum L.の球茎形成過程におけるフィトクロム遺伝子発現解析と重イオンビームによる変異体作出
小林有里奈1・風間祐介1,2・Alagu Manickavelu1、阿部知子2、坂智広1 (1、横浜市立大木原生研、2.理研)
日本育種学会、第124回講演会、鹿児島大学、2013年10月12日〜13日   2013年10月12日   
Gene expression analysis to clarify the bulb formation mechanism in Hordeum bulbosum L. for perennial crops.
Kobayashi, Y. Furukawa, M., Sagata, E., and Ban, T. (横浜市立大木原生研)
第12回国際コムギ遺伝学シンポジウム(12th IWGS)、パシフィコ横浜、2013年9月8日〜14日   2013年9月   
Molecular pathogenicity of wheat -Fusarium graminearum interaction.
Ayumi Kosaka, Alagu Manickavelu, Daniela Kajihara, Tomohiro Ban
第12回国際コムギ遺伝学シンポジウム(12th IWGS)、パシフィコ横浜、2013年9月8日〜14日   2013年9月   
Characterization of Afghan wheat landraces for response to rusts.
A. Manickavelu1, Y. Naruoka1, A.S. Stanikzai1,2, M. Osmanzai1, K. Ayumi1, S. Herrera-Foessel3, J. Huerta-Espino3, R.P. Singh3, E. Lagudah4, T. Ban1, (1.横浜市立大木原生研, 2.MAIL-ARIA、3.CIMMYT、4.CSIRO),
BGRI Workshop, Dheli, India   2013年8月   
Development of wheat cultivar and policies of improving wheat self-sufficiency in Japan. [招待有り]
Ban T.
NICS, RDA International Symposium on Sustainable Wheat Production and Grain Quality Improvement: Challenges for Global Climate Change. April 25, 2013, Iksan, Korea.(招待講演)   2013年4月25日   
Ph(G)enomics characterization and enhancement of Afghan wheat landraces.
Alagu Manickavelu, Quahir Sohail, Minami Matsui, Youichi Kondo, Hisashi Tsujimoto, Tomohiro Ban
3rd International Symposium on Genomics of Plant Genetic Resources “A Gateway to the New Era of Global Food Security”. GPGR3 Organizing Committee, Jeju, Korea, April 19, 2013.   2013年4月19日   
Characterization of Afghan wheat landraces based on diagnostic markers of vernalization, photoperiod and grain colour.
Naruoka Y, Komatsu K, Manickavelu A, Suzuki T, Ban T.
日本育種学会、第122回講演会、京都産業大学   2012年9月15日   
Reconstruction of Wheat Breeding in Afghanistan: I. Strategy and pilot study.
Alagu Manickavelu11, Mujiburrahman Arifi1,2, Quahir Sohail1,4, Yukiko Naruoka1, Kenji Komatsu1, Youichi Kondo3, Tomohiro Ban1(1.横浜市立大木原生研, 2.MAIL-ARIA、3.理研/関東学院大、4.鳥取大乾地研)
日本育種学会、第122回講演会、京都産業大学   2012年9月15日   
野生オオムギHordeum bulbosum L. の日長変化に誘導される球茎形成とフィトクロム遺伝子の発現量解析
小林有里奈・古川真人・佐潟エリカ・浅間尚海・本島ゆか・坂智広 (横浜市立大木原生研)
日本育種学会、第122回講演会、京都産業大学、2012年9月15日   2012年9月15日   
野生オオムギHordeum bulbosum L. の特異的球茎構造、日本育種学会
浅間尚海1・小林有里奈1・本島ゆか1・澤木史江2・小林恵2・永田典子2・坂智広1 (1横浜市立大木原生研、2日本女子大学)
日本育種学会、第122回講演会、京都産業大学、2012年9月15日   2012年9月15日   
野生オオムギ Hordeum bulbosum L. の球茎形成に関わる日長と光強度の効果
本島ゆか1、唐戸俊介1、小林有里奈1、浅間尚海1、飯塚裕美子2、草野都2、坂智広1(1. 横浜市大木原生研、2. 理化学研究所 植物科学研究センター)
日本育種学会、第122回講演会、京都産業大学、2012年9月15日   2012年9月15日   
Contribution of TaMRP-D1 allele on Qfhs.kibr-2DS in wheat for FHB resistance.
Niwa S, Kikuchi R, Kubo K, Lewis J, Nitta M, Nasuda S, Handa H, Ban T
4th International Symposium on Fusarium Head Blight, Nanjing September 2012   2012年9月   
組織学的解析による野生オオムギHordeum bulbosum L. の球茎形成過程および糖蓄積過程の解明
浅間尚海1・小林有里奈1・唐戸俊介1・坂智広1・永田典子2・小林 恵2・澤木史江2(1横浜市立大木原生研、2日本女子大学)
育種学研究 第14巻 別冊1号 pp.228、日本育種学会、宇都宮大学、2012年3月   2012年3月   
多年生オオムギHordeum bulbosum L. の球茎形成過程における一次代謝産物解析
唐戸俊介1・浅間尚海1・小林有里奈1・本島ゆか1・飯塚裕美子2・草野都2・坂智広1(1横浜市立大木原生研、2理研PSC)
育種学研究 第14巻 別冊1号 pp.230、日本育種学会、宇都宮大学、2012年3月   2012年3月   
日長変化で誘導されるHordeum bulbosum L. 球茎形成過程の遺伝子発現解析
小林有里奈・浅間尚海・唐戸俊介・古川真人・佐潟エリカ・小松憲治・坂智広(横浜市立大木原生研)
育種学研究 第14巻 別冊1号 pp.231、日本育種学会、宇都宮大学、2012年3月   2012年3月   
多様な色彩を呈するトウガラシ属植物果実のクロモプラストの網羅的電子顕微鏡観察
小林恵、高橋絵理、伊藤隆、石井航平、鈴木宗典、白澤健太、坂智広、村中俊哉、永田典子
日本植物生理学会   2012年   
野生オオムギHordeum bulbosum L.の球茎形成に関わる日長と光強度の効果
本島ゆか、唐戸俊介、小林有里奈、浅間尚海、飯塚裕美子、草野都、坂智広
日本育種学会第122回講演会, 京都   2012年   
野生オオムギHordeum bulbosum L.の特異的球茎構造
浅間尚海、小林有里奈、本島ゆか、澤木史江、小林恵、永田典子、坂智広
日本育種学会第122回講演会, 京都   2012年   
野生オオムギHordeum bulbosum L.の日長変化に誘導される球形形成とフィトクロム遺伝子の発現量解析
小林有里奈、古川真人、佐潟エリカ、浅間尚海、本島ゆか、坂智広
日本育種学会第122回講演会, 京都   2012年   
コムギにおけるTaMRP-D1遺伝子発現が赤かび病毒素蓄積に及ぼす効果
杉澤幹起、菊地理絵、小川泰一、半田裕一、坂智広
日本育種学会第122回講演会, 京都   2012年   
連作平衡マーカーを用いた延岡坊主小麦におけるコムギ赤かび病抵抗性解析
安藤満里奈、菊地理絵、坂智広
日本育種学会第122回講演会, 京都   2012年   
品種育成系譜図作成ソフトウエア:EvoTreeの機能強化とその活用
竹崎あかね、坂智広、勝田真澄、奥泉久人、葉鹿牧太
日本育種学会大会   2010年   
EST-SSRマーカーおよび葉緑体遺伝子入配列によるトウガラシ族の遺伝的多様性の解析
白澤健太、石井航平、金哲広、坂智広、鈴木宗典、伊藤隆、村中俊哉、小林恵、永田典子、磯部祥子、田端哲之
日本育種学会第122回講演会, 京都   2012年   
日本のコムギ遺伝資源コレクションにおける赤かび病抵抗性の評価
丹羽紗也佳、菊地理絵、久保堅司、ルイス・ジャネット、新田みゆき、那須田周平、半田裕一、坂智広
日本育種学会第122回講演会, 京都   2012年   
Challenges for reconstruction of wheat breeding systems for sustainable crop production in Afghanistan ? JST/JICA SATREPS scheme. [招待有り]
Tomohiro Ban1, Minami Matsui2, Yoichi Kondo2, Hisashi Tsujimoto3 (1.横浜市立大木原生研, 2.理研/関東学院大、3.鳥取大乾地研)、
(気候変動下での食料保障と天然資源管理のための乾燥地科学に関する国際ワークショップ)、鳥取大学−ICARDA(国際乾燥地農業研究センター)共催、トルコ共和国・コンヤ市、2011年12月7日〜9日 [http://www.tottori-u.ac.jp/dd.aspx?itemid=7818]   2011年12月7日   
Phylogenetic analysis of Capsicum spp. using simple sequence repeat markers derived from expressed sequence tags.
Kenta Shirasawa, Kohei Ishii, Cholgwang Kim, Tomohiro Ban, Munenori Suzuki, Takashi Ito, Toshiya Muranaka, Megumi Kobayashi, Noriko Nagata, Sachiko Isobe, Satoshi Tabata
8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference. Nov.28- Dec.2, Kobe, Japan.   2011年11月28日   
Characterization and utilization of novel functional traits of Capsicum genetic resources conserved in Kihara Institute for Biological Reresearch.
Ishii Kohei, Nagata Noriko, Ito Takashi, Suzuki Munenori, Shirasawa Kenta, Nagata Noriko, Muranaka Toshiya, Ban Tomohiro
8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference. Nov.28- Dec.2, Kobe, Japan.   2011年11月28日   
アフガニスタンにおける持続的食糧生産のためのコムギ育種素材開発 [招待有り]
坂智広 (横浜市立大木原生研)
、名古屋大学農学国際教育協力研究センター第12回オープンフォーラム「途上国留学生教育の人造り・国造りへの貢献〜アフガニスタンの復興に向けて〜、名古屋大学(野依記念学術交流館)、 [http://iccae.agr.nagoya-u.ac.jp/events/201112of/12ofinfo2011.html]   2011年10月6日   
組織学的解析による野生オオムギHordeum bulbosum L.球茎形成過程の解明
浅間尚海・古川真人・佐潟エリカ・坂智広 (横浜市立大木原生研)
育種学研究 第13巻 別冊2号 pp.84、日本育種学会、福井県立大学、2011年9月   2011年9月   
トウガラシ属植物果実におけるカロテノイドプロファイルの比較解析
伊藤隆、鈴木宗典、永田典子、坂智広、村中俊哉
日本農芸化学会   2011年   
野生トウガラシ属植物82系統の完熟果実におけるカロテノイドプロファイルの比較解析
伊藤隆、鈴木宗典、石井航平、坂智広、永田典子、村中俊哉
メタボロームシンポジウム   2011年   
野生オオムギHordeum bulbosum L.の球茎構造と形成過程
浅間尚海、古川真人、佐潟エリカ、坂智広
育種学研究、13巻別冊1号、160   2011年   
Consensus map of Fusarium head blight resistance QTL in wheat.
Ban, T., Buerstnayr, H., and Anderson, J.
Breeding Research 11 (1): 188   2009年   
コムギ赤かび病抵抗性育種への遺伝子およびゲノム情報の利用
坂智広、半田裕一
日本育種学会大会   2009年   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
倍数体マルチオミクス技術開発による環境頑健性付与モデルの構築
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(環境変動に対する植物の頑健性の解明と応用に向けた基盤技術の創出)
研究期間: 2016年10月 - 2022年3月    代表者: 清水健太郎
花成ホルモン・フロリゲンを起点とする花形成の「鍵と鍵穴」相互作用の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成金 新学術領域(研究計画班)
研究期間: 2016年 - 2020年    代表者: 東山哲也
Improving food security by enhancing wheat production and its resilience to climate change through maintaining the diversity of currently grown landraces (W2B-PR-41-Turkey)
International Treaty on Plant Genetic Resource Benefit Sharing Project 
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: MOTGOUNOV Alexey
我が国を拠点とした実用作物の世界最先端ゲノム編集研究国際ネットワークの構築
日本学術振興会: 頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム
研究期間: 2016年10月 - 2018年9月    代表者: 辻寛之
フロリゲンを活用して地球温暖化に強い作物を創るための基礎研究
キャノン財団: 研究助成プログラム「理想の追求」
研究期間: 2016年6月 - 2018年5月    代表者: 辻寛之
高度の情報と信頼性を具備したコムギ遺伝資源の整備
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構: ナショナルバイオリソースプロジェクト
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 那須田周平
持続的食糧生産のためのコムギ育種素材開発
科学技術振興機構: 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 坂 智広

社会貢献活動

 
キャンパス発 この一品「クラフトビール ー 横浜市立大」麦の地産地消へ開発
【取材協力】  日本敬愛新聞社  日本経済新聞(全国版)  (http://www.nikkei.com/article/DGKKZO1845773004072017TCN000/)  2017年7月5日 - 2017年7月5日
【取材協力】  神奈川新聞  神奈川新聞 社会面  2017年6月19日 - 2017年6月19日
【取材協力】  タウンニュース  タウンニュース 中区・西区版  2017年6月15日 - 2017年6月15日
中区の三溪園で、「100年に一度」といわれる竹と笹の花が咲き、来場者の注目を集めている。

 開花したのは、開園前から同地に植栽されているタイミンチク=写真=と、三溪記念館近くに1989年に植えられたオロシマササ。どちらもイネ科で、稲穂のように小さな縦長の黄色い花をつけている。同園によると1928年に「三溪園で竹の花が咲いた」という研究者の記録が残っており、今回の開花はそれ以来。見頃の期間は不明だという。
 既に新聞などで取り上げられ、一目見ようと来園者が増加。急きょ「この周辺で見られます...
【取材協力】  神奈川新聞社  神奈川新聞  2017年6月7日 - 2017年6月7日
【取材協力】  朝日新聞社  朝日新聞  2017年6月5日 - 2017年6月5日
横浜市中区の三渓園で、竹とササの花が咲いている。竹の開花周期は100年前後ともいわれ、期間の長さから正確な記録はほとんど残っていないが、同園では1928年に竹が開花したとの記録があり、今回約90年ぶりの開花という。花が咲いているのはタイミンチクとオロシマササ。1カ所から束のように生えるのが特徴のタイミンチクの花は、中国風建築「聚星軒(じゅせいけん)」の跡地周辺で見られる。園職員の羽田雄一郎さん(41)は「なぜこれだけ長い周期なのかは分からないが、植物には神秘がたくさんある。時を超えるロマン...
無農薬麦畑からビール 横浜市立大の研究所が発案
【取材協力】  朝日新聞社  朝日新聞 神奈川県版  2017年6月1日 - 2017年6月1日
【取材協力】  タウンニュース 戸塚区版  タウンニュース 戸塚区版  2017年6月1日
横浜市立大学木原生物学研究所(舞岡町)で栽培された大麦を使用したクラフトビール「KORN(コルン)MUTTER(ムッター)麦畑の精霊」が、5月から販売されている。
 同研究所が育てた「ミカモゴールデン」という品種の大麦を使用。クラフトビール製造会社のサンクトガーレン有限会社(厚木市)で製造された。
 同研究所は、小麦の遺伝子研究の先駆者で「ゲノム」の概念などを提唱した故木原均博士が1942年に創立。その後同大学に移管された。現在も木原博士の精神を継承し、様々な種類の小麦や大麦が栽培され、研...
【取材協力】  毎日新聞社  毎日新聞  2017年5月31日 - 2017年5月31日
横浜市中区の日本庭園「三渓園」で、竹とササの花が静かに咲いている。専門家によると、数十年ぶりの一斉開花とみられ、同園の職員、羽田(はだ)雄一郎さん(41)も「一生に1度見られるかどうかの貴重な花で感動している」と語る。

 同園によると、花が咲いたのは高さ5メートル前後のタイミンチクと同数十センチのオロシマササ。園内の計約260平方メートルに生え、4月下旬ごろから咲き始めた。いずれも枝の先に黄緑や茶色のイネのような花をつけている。6月上旬ごろまで見られそうだという。

 横浜市立大の坂(ば...
【取材協力】  毎日新聞社  毎日新聞 全国版社会面  2017年5月25日 - 2017年5月25日
 世界有数の小麦研究機関で知られる横浜市立大の木原生物学研究所(横浜市戸塚区)が、オリジナルビール「KORNMUTTER(コルンムッター)麦畑の精霊」を完成させた。
 研究所の畑で学生が無農薬で育てた大麦約600キロを使い、神奈川県厚木市のクラフトビールメーカー「サンクトガーレン」に醸造・販売を委託。ラベルは麦色を基調に、品名をアルファベットであしらった。
 品名の由来は、麦畑で受粉を助ける風を生むドイツの精霊。横浜育ちの麦が巻き起こす新しい風を期待し、坂(ばん)智広教授は「学生のように爽...
SATREPSアフガニスタンプロジェクト 市民フォーラム「カラコルム」上映会
【講師, 企画, 運営参加・支援】  SATEPSアフガンコムギプロジェクト  (JICA横浜国際センター)  2015年12月19日
横浜市立大学木原生物学研究所では、JST/JICA地球規模課題対応国際科学技術協力事業(SATREPS)プロジェクト「コムギの里帰り-持続的食糧生産のためのコムギ育種開発」で、厳しい自然条件の下で内戦後復興途中にあるアフガニスタンの「自国のコムギ品種改良を支える若手研究者の育成」を進めてきました。5年間の共同研究成果を報告し、これからの国際協力について考える市民フォーラム
佐藤しのぶ 出逢いのハーモニーIII
【出演】  テレビ神奈川  テレビ神奈川・インタビュー番組  2015年10月12日
「アフガンとの懸け橋に」横浜市立大学性が卒業
【取材協力】  タウンニュース  タウンニュース(横浜市金沢区版)No.395  2015年10月
【取材協力】  読売新聞  読売新聞・科学欄  2015年7月6日
駐日大使 支援に感謝 アフガン小麦を品種改良
【取材協力】  神奈川新聞  神奈川新聞  2015年5月9日
【取材協力】  神奈川新聞  神奈川新聞  2015年2月11日
活躍OB「未来に挑め」
【取材協力】  中日新聞  中日新聞  2014年10月23日
東南アジア諸国への農業支援と食品ビジネスの展望
【講師】  リバネス  (リバネス)  2014年10月7日
アフガニスタンでのコムギ栽培復興プロジェクトから、研究成果が日本のコムギの生産に貢献する点や世界的な食糧危機を防ぐ役割について紹介
【取材協力】  読売新聞  読売新聞  2014年10月1日
【取材協力】  朝日新聞  朝日新聞・科学欄  2014年9月29日
コムギと唐辛子の多様な遺伝資源
【講師】  日本植物学会  (日本植物学会第78回大会・公開講演会(神奈川県新百合ヶ丘))  2014年9月14日
植物研究の現状を市民や学生、生徒の皆さんに知ってもらうためのの公開講演会
【パネリスト】  リバネス  AGRI GARAGE  2014年3月
【インタビュイー】  中日新聞  中日新聞  2014年2月12日
【インタビュイー】  JICA  JICA's World英語版  2014年1月
【取材協力】  読売新聞  読売新聞  2013年11月26日
MAILのAgFair(農業祭)に出展
【情報提供】  フガニスタン国・農業灌漑牧畜省  (バダンバク試験場、カブール、アフガニスタン)  2013年10月30日 - 2013年11月7日
MAIL主催でバダンバグ農業試験場にて3日間にわたり開催されたAgFairにSATREPSブースを出展
植物のサイエンスと生物の多様性、SATREPSプロジェクトを通じた日本の科学技術の国際貢献
【講師】  横浜市立サイエンスフロンティア高校  (横浜市立サイエンスフロンティア高校(YSFH)(日本))  2013年10月25日 - 2013年10月28日
YSFHでのサイエンスリテラシー(SL1)の特別授業で、植物のサイエンスと生物の多様性、SATREPSプロジェクトを通じた日本の科学技術の国際貢献について授業した
よこはま国際フェスタにプロジェクト出展
【出演, 実演】  よこはま国際フェスタ  (横浜市象の鼻パーク(日本))  2013年10月19日 - 2013年10月20日
よこはま国際フェスタにSATREPSアフガニスタンコムギプロジェクトが横浜市立大としてブースを出展。
【インタビュイー】  JICA's World 'Players'  JICA HP TOPページのNews Topics  2013年10月17日
【調査担当】  JST  JST Washington Office HP  2013年5月8日
アフガニスタン在来コムギの里帰り ―生命科学を地球の医師に―
【講師】  里見腎泌尿器科医院  (里見腎泌尿器科医院)  2013年3月9日
里見腎泌尿器科医院開院15周年記念の会にて依頼講演 「アフガニスタン在来コムギの里帰り ―生命科学を地球の医師に―」
海外遺伝資源利用に関する海外の機関との連携について
【講師】  社団法人農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)  (東京・三会堂ビル9階「石垣記念ホール」(日本))  2013年3月6日
JATAFF主催の海外遺伝資源の利用に関するセミナーにて依頼講演「海外遺伝資源利用に関する海外の機関との連携について」
坂智広 「小麦の種子はタイムカプセル」
【寄稿】  中日新聞  中日新聞夕刊  2013年1月11日
“希望の小麦”その後は
【出演】  NHK総合TV  海外ネットワーク  2012年12月22日
坂智広について紹介
【インタビュイー】  読売新聞  読売新聞「顔」欄  2012年11月24日
愛知県立熱田高等学校60周年記念行事
【講師】  愛知県立熱田高等学校  (愛知県立熱田高等学校60周年記念行事)  2012年11月8日
SATREPSプロジェクトの講演・パネルディスカッション参加「これからの時代を生きる -熱高生に期待すること-」
http://www.atsuta-h.aichi-c.ed.jp/60th.html
World Wave Tonight
【出演】  NHK BS TV  News Caf?  2012年11月6日
SATREPSアフガンコムギプロジェクトの現場インタビュー
【取材協力】  NHKラジオ  NHK World Radio放送  2012年10月25日
「アフガニスタンの大地よみがえった奇跡の小麦」放映
【出演】  NHK総合TV  海外ネットワーク  2012年10月13日
小麦、アフガンに「帰郷」(半世紀前、日本の研究者が持ち帰る 黄金色の大地 復活への希望)
【取材協力】  朝日新聞  朝日新聞  2012年9月3日
【取材協力】  東奥日報  東奥日報  2012年7月3日
CIMMYT(国際トウモロコシ小麦改良センター)国際セミナー
【司会, 運営参加・支援】  横浜市立大学木原生物学研究所  (横浜市立大学木原生物学研究所(日本))  2012年5月12日
Dr. Thomas Lumpkin所長、Dr. Hans Braun部長、Dr. Sara Boetigger理事長、Dr. 岩本睦夫理事が横浜市立大学木原生物学研究所を来訪。SATREPSプロジェクトをはじめとする研究協力のためのMOU更改と、国際教育セミナーの開催
【取材協力】  日系バイオテクONLINE  日系バイオテクONLINE  2012年3月22日
JST SATREPS写真展
【講師, 実演】  JST  (世界銀行情報センター(日本))  2012年2月20日 - 2012年3月2日
SATREPS写真展への出展展示とコーヒーアワートーク(2.23と3.1、アフガニスタン現地とSkype中継)
JST SATREPSインターンシップ報告会
【助言・指導】  東京女学館中学校  (東京女学館中学校(日本))  2012年2月17日
JST SATREPSインターンシップ報告会をプロジェクトから参観
SATREPS写真展企画会議
【助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援】  JST  (JST東京本部別館(K’s五番館)(日本))  2012年2月1日
SATREPS写真展企画会議にて、JST-SATREPSインターン生(大学生、中学生)にプロジェクト内容を紹介
【SATREPS市民フォーラム】『アフガニスタン国際復興支援に向けた人材の育成とコムギの里帰り』 を開催
【取材協力】  よこはまタウンニュース  よこはまタウンニュース  2011年12月1日
市民フォーラム公開シンポジウム
【パネリスト, 司会, 企画, 運営参加・支援】  SATREPSアフガンコムギプロジェクト  (横浜市立大学   八景キャンパス   (日本))  2011年11月23日
「アフガニスタンの復興に向けて今我々ができること」をテーマに講演、パネルディスカッションが行われた
神奈川総合高校特別授業・「プロフェッショナルトーク」講演会
【講師】  神奈川県立神奈川総合高校  (神奈川県立神奈川総合高校(日本))  2011年9月13日
特別授業・「プロフェッショナルトーク」で、植物のサイエンスと生物の多様性、SATREPSプロジェクトを通じた日本の科学技術の国際貢献について授業した。
【取材協力】  日経新聞/神奈川経済面  日経新聞/神奈川経済面  2011年6月18日
緩和急第、アフガンに帰る「木原の小麦」
【取材協力】  読売新聞  読売新聞  2010年7月9日