青木 一郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/28 10:20
 
アバター
研究者氏名
青木 一郎
 
アオキ イチロウ
eメール
iaokiyokohama-cu.ac.jp
URL
http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~testwp/
学位
博士(医学)(横浜市立大学)

プロフィール

1950年橫浜市立大学医学部卒業
1980年から85年まで橫浜市立大学大学院医学研究科病理学第2(医学博士)
1981年から1982年まで同大学院休学、ハーバード大学病理学教室留学
1985年横浜市立大学病院医務吏員
1992年から1993年米国国立衛生研究所(FDA/CBER)留学
1996年橫浜市立大学教授(病理学第2講座)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
横浜市立大学 医学部医学科分子病理学 医学研究科医科学専攻 教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
横浜市立大学大学院 医学研究科 病理学第2
 

委員歴

 
1988年
   
 
日本病理学会  学術評議員
 

論文

 
Suzuki K, Yamaguchi A, Yamanaka S, Kanzaki S, Kawashima M, Togo T, Katsuse O, Koumitsu N, Aoki N, Iseki E, Kosaka K, Yamaguchi K, Hashimoto M, Aoki I, Hirayasu Y
Experimental neurology   284(Pt A) 38-49   2016年10月   [査読有り]
Kato I, Yoshida A, Ikegami M, Okuma T, Tonooka A, Horiguchi S, Funata N, Kawai A, Goto T, Hishima T, Aoki I, Motoi T
Histopathology      2016年7月   [査読有り]
Okubo M, Kioi M, Nakashima H, Sugiura K, Mitsudo K, Aoki I, Taniguchi H, Tohnai I
Scientific reports   6 27548   2016年6月   [査読有り]
Murakami A, Tanaka M, Ijiri R, Kato K, Yamashita S, Kurosawa K, Arai N, Aoki I, Tanaka Y
Pathology international   66(1) 15-22   2016年1月   [査読有り]
Noguchi A, Kikuchi K, Zheng H, Takahashi H, Miyagi Y, Aoki I, Takano Y
Cancer medicine   3(6) 1553-1561   2014年12月   [査読有り]

Misc

 
Medical Molecular Morphology   1-11   2014年2月
Morphological detection of cancer cells in the rabbit VX2 allograft transplantation model is often difficult in a certain region such as serosal cavity where reactive mesothelial cells mimic cancer cells and both cells share common markers such as...
International Journal of Clinical and Experimental Pathology   7 709-715   2014年2月
Upper urinary tract urothelial carcinomas (UUTUC) are infrequent and show an occurrence of about 5-10% of all urothelial carcinomas. In this study, we investigated the HER2 status of 171 UUTUC patients with nephroureterectomy. The number of patien...
FASEB Journal   27 3437-3445   2013年9月
Atherosclerotic diseases, such as coronary artery disease and peripheral artery disease, are systemic disorders and among the leading causes of mortality and morbidity throughout the world. However, the exact pathophysiological mechanisms underlyi...
Laboratory Investigation   93 408-421   2013年4月
Thyroid transcription factor 1 (TTF1) plays crucial roles in thyroid, lung, and developing brain morphogenesis. Because TTF1-expressing neoplasms are generated from organs and tissues that normally express TTF1, such as the thyroid follicular epit...
pin1の免疫組織化学的局在は前立腺全摘後の前立腺癌の予後と相関する。
青木 一郎
202(5)    2006年

書籍等出版物

 
第6章 ルービン病理学 (第4版)
西村書店   
第1章 腎癌.2.病因・病理 (2)病理
最新医学社   2007年   
正常画像と比べてわかる病理アトラス
羊土社   2008年   
RCCの分類-変遷と現状-
メジカルレビュー社   2008年   

講演・口頭発表等

 
Composite collecting duct-derived renal cell carcinoma with chromophobe and collecting duct carcinomatous elements.
第94回日本泌尿器科学会総会   2006年   
Renal oncocytosis. A case report.
第94回日本泌尿器科学会総会   2006年   
症例における予後因子として有用である
第94回日本病理学会総会   2006年   
癌性胸水の発症における癌の肺靭帯転移の意義.
第94回日本病理学会総会   2006年   
Proryl-isomerase Pin1 facilitates the formation of α-synuclein inclusions.
第94回日本病理学会総会   2006年   

競争的資金等の研究課題

 
・Pin1の分子病理学(関節リウマチとPin1)
研究期間: 2006年   
自己抗体の網羅的解析による炎症性疾患の病態解明
共同研究
研究期間: 2006年   
無細胞生物タンパク質合成系を利用し合成した3千種類以上のヒトタンパク質に対する自己抗体を検索し、炎症性疾患の病態を明らかにする。