田高 悦子

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/04 15:26
 
アバター
研究者氏名
田高 悦子
 
タダカ エツコ
URL
http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~ycu_chn/wp/
所属
横浜市立大学
部署
医学研究科地域看護学分野
職名
教授
学位
博士(保健学)(東京大学大学院医学系研究科)

プロフィール

●日本看護科学学会学術論文最優秀論文賞
Etsuko TADAKA : A randomized clinical trial of reminiscence group care for community-dwelling elderly with dementia, Japan Journal of Nursing Scholarship, 1(1), 19-25, 2004.
●日本老年看護学会研究論文最優秀論文賞
田髙 悦子,他:認知症ケア専門特化型訪問看護ステーションにおけるサービスの質の評価基準の開発, 日本老年看護学会誌, 11(2):64-73, 2008.  ほか多数

研究分野

 
 

学歴

 
 
   
 
東京大学 医学部 保健学科卒業
 
 
   
 
東京大学大学院 医学系研究科地域看護学分野 修士課程修了
 
 
   
 
東京大学大学院 医学系研究科地域看護学分野 博士課程修了
 

委員歴

 
 
   
 
日本地域看護学会,日本公衆衛生学会,日本老年医学会,日本老年看護学会,日本看護科学学会,日本公衆衛生看護学会,日本未病システム学会,Japan Journal of Nursing Science,Geriatrics & Gerontology International(Reviewer)  日本地域看護学会(理事),日本老年医学会(代議員),日本老年看護学会(理事),日本看護科学学会(代議員),日本公衆衛生学会(代議員),日本未病システム学会(理事),Japan Journal of Nursing Science(Reviewer) Geriatrics & Gerontology International(Reviewer)
 

Misc

 
都市部在住の自立高齢者の社会関連性の実態と関連要因の検討
紅林奈津美,田髙悦子,有本梓
厚生の指標   63(6) 1-7   2016年6月   [査読有り]
セーフコミュニティにむけた基礎的研究-都市在住高齢者における傷害予期不安と関連要因の検討-
田髙悦子,田口理恵,有本梓,臺有桂,今松友紀,鹿瀬島岳彦,塩田藍
厚生の指標   62(8) 22-28   2015年8月   [査読有り]
生活習慣病ハイリスク者の継続可能な生活習慣改善の習得に向けた保健師の支援方法の明確化に関する質的帰納的研究
今松友紀,田髙悦子
日本地域看護学会誌   17(3) 51-57   2015年3月   [査読有り]
健康長寿にむけた大都市在住自立高齢者における主観的健康感と関連要因の検討
鹿瀬島岳彦,田髙悦子,田口理恵,有本梓,臺有桂,今松友紀
日本地域看護学会誌   17(3) 1-6   2015年3月   [査読有り]
行政保健師の施策化能力評価尺度の開発
鈴木由里子,田髙悦子
日本公衆衛生雑誌   61(6) 275-285   2014年6月   [査読有り]
Cross-sectional study on the factors related to anxieties and problems of patients discharged from the general hospital after a years
Eriko Miyazaki, Etsuko Tadaka, Yuka Dai, Rie Taguchi, Chie kawahara
YJN   5(1) 47-54   2014年3月   [査読有り]
Epidemiological Study on the Recognition and Practice of Preventive Lifestyle for dementia in Community-dwelling Elders
Etsuko Tadaka, Katsuko Kanagawa, Yuko Kunii & Ikuko Sakai
YJN   51(1) 83-86   2014年3月   [査読有り]
The meaning of self-care in persons with cervical spinal cord injury in Japan: a qualitative study
Ayako Ide-Okochi, Etsuko Tadaka
BMC Neurology13:115, 2013   13 115   2013年3月   [査読有り]
Development of a Community Commitment Scale with Cross-sectional Survey Validation for Preventing Social Isolation in Older Japanese People
Ayumi Kono, Etsuko Tadaka, Yukiko Kanaya, Yuka Dai, Waka Itoi and Yuki Imamatsu
BMC Public Health   12 903   2012年3月   [査読有り]
Effects of Reminiscence Group on Activities of Daily Life in Elderly People with Alzheimer Disease and Vascular Dementia in a community setting
Etsuko Tadaka & Katsuko Kanagawa
Geriatrics Gerontology International   7(1) 167-173   2009年3月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
健康長寿社会に向けた地域看護学のグランドチャレンジ
田高 悦子
日本地域看護学会第19回学術集会長講演   2015年8月1日   
左右比較試験によるセラミド2含有低摩擦性褥瘡予防用皮膚保護材の臨床評価
第16回日本看護クリティカルシンキング研究会学術集会   2006年   
体圧測定におけるKINOTEXセンサの有用性検討
第8回日本褥瘡学会学術集会   2006年   
認知症ケアとしての回想法の有効性
第6回日本整形外科看護研究会学術集会教育講演   2006年   
都市部独居高齢者の抑うつ傾向とその関連要因
第9日本地域看護学会学術集会   2006年