藤内 祝

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/22 16:50
 
アバター
研究者氏名
藤内 祝
 
トウナイ イワイ
URL
http://www.ycu-oms.jp/
所属
横浜市立大学
部署
医学部医学科口腔外科学 医学研究科医科学専攻
職名
教授
学位
博士(医学)(名古屋大学)

プロフィール

受賞:平成9年日本ハイパーサーミア学会(Int J Hyperthermiaの部)第6回優秀論文賞/平成18年日本頭頚部癌学会 第1回優秀論文賞/平成26年日本ハイパーサーミア学会阿部賞(学会賞)など。口腔癌を専門としており、超選択的動注化学放射線療法・ハイパーサーミアなどを導入して「切らずに治す」治療を目指している。

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1977年
明海大学 歯学部 
 

論文

 
Hayashi Y, Nakamura T, Mitsudo K, Yamaguchi H, Ono T, Azami Y, Takayama K, Suzuki M, Hatayama Y, Tsukiyama I, Hareyama M, Kikuchi Y, Fuwa N, Tohnai I
Head & neck   38(8) 1145-1151   2016年8月   [査読有り]
Okubo M, Kioi M, Nakashima H, Sugiura K, Mitsudo K, Aoki I, Taniguchi H, Tohnai I
Scientific reports   6 27548   2016年6月   [査読有り]
Implant Stability Development of Photofunctionalized Implants Placed in Regular and Complex Cases: A Case-Control Study.
Hirota M, Ozawa T, Iwai T, Ogawa T, Tohnai I
The International journal of oral & maxillofacial implants   31(3) 676-686   2016年5月   [査読有り]
Hayashi Y, Nakamura T, Mitsudo K, Kimura K, Yamaguchi H, Ono T, Azami Y, Takayama K, Hirose K, Yabuuchi T, Suzuki M, Hatayama Y, Kikuchi Y, Wada H, Fuwa N, Hareyama M, Tohnai I
Asia-Pacific journal of clinical oncology      2016年5月   [査読有り]
Sato I, Umemura M, Mitsudo K, Fukumura H, Kim JH, Hoshino Y, Nakashima H, Kioi M, Nakakaji R, Sato M, Fujita T, Yokoyama U, Okumura S, Oshiro H, Eguchi H, Tohnai I, Ishikawa Y
Scientific reports   6 24629   2016年4月   [査読有り]

Misc

 
進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法 頸部リンパ節転移に対する治療効果
光藤 健司, 小泉 敏之, 飯田 昌樹, 岩井 俊憲, 中島 英行, 小栗 千里, 廣田 誠, 來生 知, 藤内 祝
日本口腔腫瘍学会誌   28(2) 27-32   2016年6月
われわれは頸部リンパ節転移を有する進行口腔癌に対し逆行性超選択的動注化学放射線療法(以下動注CCRT)を施行し、転移リンパ節に対する治療効果につき検討したので報告する。対象は2007年2月から2010年11月までに進行口腔癌(T2-4bN1、2M0)に対し根治的動注CCRTを施行し、原発巣がCRのため原発は手術回避、頸部郭清術のみを行った20症例である。N分類はN1:5例、N2b:10例、N2c:5例であった。治療は浅側頭動脈、後頭動脈より逆行性に腫瘍の栄養動脈に動注カテーテルを留置し、動...
【適切な栄養指導につなげるため、増悪のサインを見逃さない取り組みを実践しよう 疾病治療における低栄養への対応】 栄養評価 新規入院患者に対する栄養スクリーニング法の検討 カルテ記載を用いたシミュレーション
光永 幸代, 大橋 伸英, 雁部 弘美, 横山 千紘, 土屋 佳世, 利野 靖, 寺内 康夫, 藤内 祝
ヒューマンニュートリション   8(3) 38-43   2016年5月
著者らの施設の新規入院患者176例(男性91例、女性85例、平均年齢62.9歳)を対象に、栄養スクリーニング方法を検討するため、カルテ記載をもとにシミュレーションを行った。その結果、1)新規入院患者のうち、約14%以上は高度の栄養障害リスクを有していると判断され、これらの患者に対しNSTとして栄養管理介入を行うためにはMUSTなどによる入院時栄養スクリーニングの実施が望ましいと考えられた。また、身体測定が行われていない患者に対する2次スクリーニングも必要であると示唆された。2)今後は入院時...
進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法 カテーテルを留置した血管に関する検討
小泉 敏之, 光藤 健司, 飯田 昌樹, 上田 潤, 高山 香奈子, 中島 英行, 小栗 千里, 岩井 俊憲, 廣田 誠, 來生 知, 藤内 祝
頭頸部癌   42(2) 165-165   2016年5月
口腔癌におけるセツキシマブの安全性と有効性に関する多施設共同後ろ向き観察研究
柳本 惣市, 梅田 正博, 山下 徹郎, 平塚 博義, 横尾 聡, 丹沢 秀樹, 鵜澤 成一, 柴原 孝彦, 藤内 祝, 太田 嘉英, 栗田 浩, 桐田 忠昭, 大倉 正也, 浜川 裕之, 楠川 仁悟
頭頸部癌   42(2) 194-194   2016年5月
局所進行下顎歯肉癌T4症例の検討
小栗 千里, 光藤 健司, 大橋 伸英, 柴崎 麻衣子, 飯田 昌樹, 岩井 俊憲, 中島 英行, 小泉 敏之, 廣田 誠, 來生 知, 藤内 祝
頭頸部癌   42(2) 244-244   2016年5月

書籍等出版物

 
口腔の悪性腫瘍.今日の治療指針
医学書院   2007年   
口腔腫瘍の温熱療法、ハイパーサーミア-がん温熱療法ガイドブック
毎日健康サロン(大阪)   2008年   

講演・口頭発表等

 
咀嚼筋隙に生じた静脈奇形に対するナビゲーション支援下内視鏡手術
第25回日本口腔腫瘍学会総会   2007年   
3D-CT angiographyによる頭頸部血管性病変の3次元的描出
第25回日本口腔腫瘍学会総会   2007年   
口腔癌に対する放射線化学療法における自律神経障害に関する研究(第1報)-心拍数変動周波数解析による検討-
第25回日本口腔腫瘍学会総会   2007年   
進展口腔癌に対する新しい超選択的動注法(HFT法)を用いた連日同時化学放射線療法
第40回制癌剤適応研究会   2007年   
口腔癌の進展頸部リンパ節転移に対する超選択的動注法を用いた温熱化学放射線療法
第15回間等ハイパーサーミア研究会   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
口腔癌の動注化学療法の開発および臨床研究
進展口腔癌に対して新しい超選択的動注法を用いた化学放射線療法の開発を行い、臨床的に応用している。