田中 基康

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/08 02:53
 
アバター
研究者氏名
田中 基康
 
タナカ モトヤス
eメール
mtanakauec.ac.jp
URL
https://sites.google.com/site/motoyasutanakalab/
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域機械知能システム学専攻、Ⅱ類(融合系)
職名
准教授
学位
学士(工学)(電気通信大学), 修士(工学)(電気通信大学), 博士(工学)(電気通信大学)
科研費研究者番号
50633442

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 
2009年4月
 - 
2012年3月
キヤノン株式会社
 
2012年4月
 - 
2017年3月
電気通信大学 助教
 
2017年4月
   
 
電気通信大学 准教授
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
東京都立国立高等学校  
 
2001年4月
 - 
2005年3月
電気通信大学 電気通信学部 知能機械工学科
 
2005年4月
 - 
2007年3月
電気通信大学 電気通信学研究科 知能機械工学専攻
 
2007年4月
 - 
2009年3月
電気通信大学 電気通信学研究科 知能機械工学専攻
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本ロボット学会  学会誌編集委員会
 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本ロボット学会  電子化情報小委員会
 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本ロボット学会  査読小委員会
 
2014年3月
 - 
2015年2月
日本機械学会  ロボティクス・メカトロニクス部門 技術委員会
 
2014年4月
 - 
2015年3月
日本機械学会  ロボティクス・メカトロニクス部門 広報委員会
 

受賞

 
2016年12月
計測自動制御学会 SI2016優秀講演賞 ヘビ型ロボットの複雑環境における運動設計と制御
受賞者: 竹森達也,田中基康,松野文俊
 
2015年10月
Best Poster Award at SWARM 2015: The First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics
受賞者: Motoyasu Tanaka, Kazuo Tanaka
 
2014年5月
計測自動制御学会 計測自動制御学会システムインテグレーション部門賞
受賞者: 「電通大松野研+根」(田中基康,根和幸,中島瑞)
 
クローラ型ロボットが大部分を占めるロボカップレスキューリーグにおいて,
ヘビ型ロボットによるガレキ内探索に適する新しい推進方式を導入した点,
複数・異種ロボットによる協調探査という今後のレスキューロボット開発の
方向性を示す新しい技術である点が評価された.
2013年12月
Best Paper Finalist at 2013 International Conference on Fuzzy Theory and Its Applications (iFUZZY2013)
 
2013年11月
Best Paper Award at 2013 IEEE International Conference on Control System, Computing and Engineering (ICCSCE 2013)
 

論文

 
Kazuo Tanaka, Motoyasu Tanaka, Yutoku Takahashi, and Hua O. Wang
IEEE/ASME Transactions on Mechatronics   Accepted    2017年   [査読有り]
Motoyasu Tanaka, Kazuo Tanaka, and Hua O. Wang
IEEE Transactions on Systems, Man and Cybernetics: Systems   Accepted    2017年   [査読有り]
Stability Analysis for Polynomial Fuzzy Systems Based on Line-Integral Fuzzy Lyapunov Function: A Copositive Relaxation Approach
Jairo Moreno Saenz, Motoyasu Tanaka, and Kazuo Tanaka
Joint 17th World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems   accepted   2017年   [査読有り]
Positivstellensatz Relaxation for Sum-of-Squares Stabilization Conditions of Polynomial Fuzzy Systems
Alissa Ully Ashar, Motoyasu Tanaka, and Kazuo Tanaka
Joint 17th World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems   accepted   2017年   [査読有り]
Kazuo Tanaka, Motoyasu Tanaka, Toshiya Kajiwara, and Hua O. Wang
IEEE Transactions on Cognitive and Developmental Systems   Accepted    2017年   [査読有り]

Misc

 
非ホロノミック機械システムの制御
松野文俊,田中基康
計測と制御   45(7) 626-631   2006年

書籍等出版物

 
パワーアシスト・ロボットに関する材料,電子機器,制御と実用化,その最新技術
技術情報協会   2015年4月   ISBN:978-4-86104-575-2

講演・口頭発表等

 
ImPACT TRC 太索状ロボットのシステム統合化と評価実験
松野文俊,伊藤一之,亀川哲志,田中基康,有泉亮,奥乃博,大道武生,芦澤怜史,鈴木陽介,多田隈建二郎,伊達央,藤原始史,竹森達也,坂東宜昭
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017   2017年5月   
階段昇降可能な車輪型索状ロボットの開発
田中基康,中島瑞,田中一男
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017   2017年5月   
電流値を用いたヘビ型ロボットの故障種別診断
有泉亮,渡邉孝裕,田中基康,浅井徹
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017   2017年5月   
Flying-wing型飛行ロボットのモデル構築と飛行安定化制御
尾鷲真士, 田中基康,田中一男
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017   2017年5月   
風外乱を許容するUnmanned Aerial Vehicleの3次元経路追従制御系設計
高橋佑徳,岩瀬惟真,田中基康,田中一男
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017   2017年5月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
多連結ロボットによる3次元環境の高速精密測定制御
公益財団法人精密測定技術振興財団: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 田中基康
総合科学技術・イノベーション会議 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)“タフ・ロボティクス・チャレンジ”
研究期間: 2014年10月 - 2019年3月    代表者: 田所 諭

特許

 
PCT/JP2013/053163 : Control apparatus of robot, robot, and program thereof
特願2013-250318 : ハイブリッド車両の制御システム及びハイブリッド車両の制御方法
田中一男,田中基康,田中雄蔣,安井博文,石坂宏幸
特開2014-14875 : ロボット制御装置,及びロボット制御方法
特開2013-166224 : ロボットの制御装置、ロボット及びそのプログラム