龍野 智哉

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/08 02:53
 
アバター
研究者氏名
龍野 智哉
 
タツノ トモヤ
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域情報・ネットワーク工学専攻、Ⅰ類 (情報系)
職名
准教授
学位
博士(エネルギー科学)(京都大学)
科研費研究者番号
60313011

研究分野

 
 

経歴

 
1999年4月
 - 
2003年8月
東京大学 助手
 
2003年8月
 - 
2005年8月
University of Maryland Research Associate
 
2005年8月
 - 
2011年6月
University of Maryland Assistant Research Scientist
 
2011年7月
   
 
電気通信大学 准教授
 

論文

 
Freely decaying turbulence in two-dimensional electrostatic gyrokinetics
T. Tatsuno, G. G. Plunk, M. Barnes, W. Dorland, G. G. Howes and R. Numata
Physics of Plasmas   19(12) 122305   2012年12月   [査読有り]
Considering fluctuation energy as a measure of gyrokinetic turbulence
G. G. Plunk, T. Tatsuno and W. Dorland
New Journal of Physics   14(10) 103030   2012年10月
Gyrokinetic simulations of the tearing instability
R. Numata, W. Dorland, G. G. Howes, N. F. Loureiro, B. N. Rogers, and T. Tatsuno
Physics of Plasmas   18(11) 112106   2011年11月   [査読有り]
Gyrokinetic simulations of solar wind turbulence from ion to electron scales
G. G. Howes, J. M. TenBarge, W. Dorland, E. Quataert, A. A. Schekochihin, R. Numata, and T. Tatsuno
Physical Review Letters   107(3) 035004   2011年7月   [査読有り]
Energy transfer and dual cascade in kinetic magnetized plasma turbulence
G. G. Plunk and T. Tatsuno
Physical Review Letters   106(16) 165003   2011年4月   [査読有り]

Misc

 
位相空間における磁化プラズマの2次元乱流解析
龍野智哉
日本物理学会誌   67(9) 614, 640-644   2012年9月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
プラズマシミュレーションコードの自動チューニング
宮川 大和、龍野 智哉
平成27年度 NIFS 共同研究集会   2015年12月16日   
Hasegawa-Wakatani モデルの二次不安定性の線形解析
Rudolf Tretler, 龍野 智哉
平成27年度 NIFS 共同研究集会   2015年12月16日   
Towards kinetic simulation of MRI using GPU
T. Tatsuno, W. Dorland, A. Kanekar
American Physical Society, Division of Plasma Physics   2014年10月30日   
自動チューニングシステムを利用した簡約化MHD コードの高速化
宮川大和、龍野智哉
第3回 IFERC-CSC 研究会   2014年2月19日   
ジャイロ運動論コードAstroGK を用いた位相空間乱流のシミュレーション [招待有り]
龍野智哉
STE シミュレーション研究会 & 太陽地球惑星系科学シミュレーション・モデリング技法勉強会合同研究集会   2013年12月25日