梶川 祥世

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/06 05:37
 
アバター
研究者氏名
梶川 祥世
 
カジカワ サチヨ
所属
玉川大学
部署
リベラルアーツ学部 リベラルアーツ学科
職名
教授
学位
文学士(東京大学), 学術修士(東京大学), 学術博士(東京大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2001年
東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻
 
 
 - 
1997年
東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻
 
 
 - 
1995年
東京大学 文学部 心理学専攻
 

委員歴

 
 
   
 
日本発達心理学会国内研究交流委員
 
 
   
 
日本認知科学会編集委員
 

論文

 
Use of bound morphemes (noun particles) in word segmentation by Japanese-learning infants
Haryu, E., Kajikawa.S.
Journal of Memory and Language   88 18-27   2016年6月   [査読有り]
Haryu E, Kajikawa S
Infant behavior & development   35 727-732   2012年12月   [査読有り]
Phonetic category cues in adult-directed speech: evidence from three different languages with distinct vowel characteristics
Pons, F., Biesanz, J.C., Kajikawa, S., Fais, L., Narayan, C.R., Amano, S., & Werker, J.F
Psicológica   33 175-207   2012年   [査読有り]
音楽が母親の対乳児あやし行動に及ぼす影響
黒石純子・梶川祥世
子育て研究   (創刊号) 30-39   2011年   [査読有り][招待有り]

Misc

 
 乳児における歌に含まれた語彙パターンの短期保持
梶川祥世・正高信男
認知科学   7(2) 131-138   2000年
乳幼児における韻律の知覚と産出の発達
音声研究   11(3) 48-54   2007年
現代の家庭育児における子守歌の機能 -0~35か月児に対する母親の肉声による歌いかけとオーディオ等による音楽利用の比較検討-
黒石純子・梶川祥世
小児保健研究   67(5) 714-728   2008年
乳児の語彙獲得:7ヶ月児,9ヶ月児はどのようにして日本語文中から語を切り出すのか?
佐藤久美子・兼築清恵・松本博文・梶川祥
玉川大学脳科学研究所紀要   1(1) 7-12   2008年
乳幼児の言語発達を支える学習メカニズム:音声から意味へ
梶川祥世・今井むつみ
ベビーサイエンス   5(1) 24-33   2006年

書籍等出版物

 
新・子どもたちの言語獲得
大修館書店   2008年   
キーワードで学ぶ 知の連環 -リベラルアーツ入門-
玉川大学出版部   2007年   
児童心理学の進歩2006年版
金子書房   2006年   

講演・口頭発表等

 
1歳児における音楽経験と発達の関連
日本発達心理学会第25回大会   2014年   
幼児期の音楽経験と発達
日本発達心理学会第25回大会 ラウンドテーブル(乳幼児の音楽的行動の発達環境を考えるー実践観察と調査からー)   2014年   
音楽グループレッスンにおける1~2歳児の行動の発達的変化ー歌唱と読み聞かせの比較ー
日本音楽教育学会第44回大会   2013年   
1 歳児音楽グループレッスンにおける親子の行動 -歌唱場面でのジェスチャ表出-
日本音楽教育学会第45回大会   2014年   
幼児の擬音語意味理解における音高の効果
日本心理学会第78回大会   2014年   

Works

 
ヤマハ音楽振興会共同研究
2012年