越山 和広

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/26 02:51
 
アバター
研究者氏名
越山 和広
 
コシヤマ カズヒロ
所属
龍谷大学
部署
法科大学院
職名
教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2013年
   
 
日本民事訴訟法学会  雑誌担当理事
 

論文

 
確定判決の変更の訴え
越山 和広
伊藤眞=山本和彦編『民事訴訟法の争点』   124-125   2009年3月
非訟裁判・家事審判の既判力
越山 和広
大阪市立大学法学雑誌   55巻(3・4号) 50-89   2009年3月
Beweisbeschaffung vor Klageerhebung nach japanischiem Recht
koshiyama Kazuhiro
Jehle, Lipp, Yamanaka (Hrsg.) Rezeption und Reform im japanischen und deutschen Recht 2008,Universitätsverlag Göttingen,   113-121   2008年
義務履行地、財産所在地、不法行為地の特別裁判籍
越山 和広
ジュリスト   (1386号) 37-44   2009年10月
物権・物権的請求権を訴訟物とする訴訟と既判力標準時後の承継の成立時期
越山 和広
法学研究(慶應義塾大学法学研究会)   83巻(1号) 305-329   2010年1月   [査読有り]

Misc

 
確定判決の変更の訴え
越山 和広
伊藤眞=山本和彦編『民事訴訟法の争点』   124-125   2009年3月
非訟裁判・家事審判の既判力
越山 和広
大阪市立大学法学雑誌   55巻(3・4号) 50-89   2009年3月
Beweisbeschaffung vor Klageerhebung nach japanischiem Recht
koshiyama Kazuhiro
Jehle, Lipp, Yamanaka (Hrsg.) Rezeption und Reform im japanischen und deutschen Recht 2008,Universitätsverlag Göttingen,   113-121   2008年
義務履行地、財産所在地、不法行為地の特別裁判籍
越山 和広
ジュリスト   (1386号) 37-44   2009年10月
物権・物権的請求権を訴訟物とする訴訟と既判力標準時後の承継の成立時期
越山 和広
法学研究(慶應義塾大学法学研究会)   83巻(1号) 305-329   2010年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Rechtskraftwirkungen und Urteilsanerkennung nach amerikanischem, deutschem und japanischem Recht
Koshiyama,Kazuhiro
Mohr   1996年   ISBN:146579-6
新・コンメンタール民事訴訟法(第2版)
笠井 正俊,〈U〉越山 和広〈/U〉 (担当:共著)
日本評論社   2013年3月   ISBN:978-4-535-51948-0
EUの国際民事訴訟法判例Ⅱ
石川明・石渡哲・芳賀雅顕 (担当:共著)
信山社   2013年3月   
民事訴訟の計量分析(続)
民事訴訟実態調査研究会(代表 竹下守夫)編 (担当:共著)
商事法務   2008年2月   

講演・口頭発表等

 
民事裁判の審理における基本原則の再検討
日本民事訴訟法学会代80回大会   2010年   

競争的資金等の研究課題