井上 雅彦

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/29 02:57
 
アバター
研究者氏名
井上 雅彦
 
イノウエ マサヒコ
所属
立命館大学
部署
教職研究科
職名
教授
学位
博士(文学)(安田女子大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1984年4月
 - 
1988年3月
兵庫県加古川市立平岡南中学校教諭
 
1988年4月
 - 
1996年3月
兵庫県立神戸北高等学校教諭
 
1996年4月
 - 
2006年3月
兵庫県立小野高等学校教諭
 
2006年4月
 - 
2010年3月
安田女子大学文学部日本文学科専任助教授(2007年4月より「准教授」)
 
2010年4月
 - 
2012年3月
兵庫教育大学大学院学校教育研究科教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年3月
兵庫教育大学大学院 学校教育研究科 教科・領域教育専攻 言語系コース
 

委員歴

 
2011年5月
 - 
2012年3月
兵庫県立東灘高等学校  兵庫県立東灘高校学校評議委員
 
2008年1月
 - 
2011年1月
尾道市  尾道市中学生論文コンクール審査委員
 
2011年10月
   
 
明石市  明石市スーパーバイザー
 
2013年11月
 - 
2014年3月
平成25年度「先導的大学改革推進委託事業」(テーマ:今後の教職大学院におけるカリキュラムイメージに関する調査研究)  ワーキンググループ委員
 
2015年11月
   
 
宇治黄檗学園  「英語教育強化地域拠点事業」運営指導委員会委員
 

論文

 
新しい学習指導要領に向けて準備は進んでいますか?
井上雅彦
あかしの教育   (187) 2-3   2017年3月
〔書評〕安直哉著『国語教育における形象理論の生成と展開』
井上雅彦
「論究日本文學」   (第104号)    2016年5月
京都連合教職大学院におけるカリキュラム改革の成果と課題-授業力高度化コースを中心にして-
井上雅彦、杉本和彦、浅井和行、内海成治、小川比呂志、児玉祥一、佐々木真理、徳永俊太、橋本京子
京都教育大学大学院連合教職実践研究科年報   (第5)    2016年3月
「話し合い」の学習指導と教師発話の役割
井上雅彦
東書Eネット      2015年7月
新人教員養成のための教職大学院のカリキュラムの理論と課題
井上雅彦
京都教育大学大学院連合教職実践研究科年報   (第3号) 11-25   2014年3月

書籍等出版物

 
中学校・高等学校「書くこと」の学習指導
浜本純逸監修、田中宏幸編、金子泰子、坂口京子、三浦和尚、藤井知弘、高山実佐、五十井美知子、児玉忠、武藤清吾、伊木洋
渓水社   2016年3月   
「新しい国語」小学校1年生~6年生
東京書籍   2015年4月   
高校国語実践の省察と展望
中洌正堯・国語論究の会
三省堂   2014年8月   
教員養成と研修の高度化-教師教育モデルカリキュラムの開発にむけて-
名須川知子、渡邊隆信、他24名
ジーアス教育新社   2014年6月   
国語教育総合事典
日本国語教育学会
朝倉書店   2011年12月   ISBN:9784254510393

講演・口頭発表等

 
国語科における国際的「学力」への対応と課題
実践報告フォーラム   2016年2月14日   
国語教育のこれから―次期学習指導要領への動向―
国語教育ゼミナール冬季大会   2016年1月23日   
京都連合教職大学院におけるカリキュラム改革の成果と課題(2)-カリキュラム改革の評価(中間報告)-
日本教育大学協会研究集会   2015年10月10日   
教職大学院の今後の拡充に向けたカリキュラム改革への提案-学部新卒院生の学びの進化を促すカリキュラム編成-
日本教育大学協会研究集会   2013年10月5日   
「専門職基準」を基軸とした教職大学院のカリキュラム改革の構想と方途-「大学院知」と「フォローアップ・FD活動」を手がかりとして-
日本教育大学協会研究集会   2012年10月6日