橋田元

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/02 14:41
 
アバター
研究者氏名
橋田元
所属
情報・システム研究機構
部署
国立極地研究所 研究教育系気水圏研究グループ
職名
准教授
学位
博士(理学)、1995年(東北大学)
その他の所属
南極観測センター

プロフィール

研究課題と活動状況:
◎南大洋のインド洋区ならびにオーストリア区における溶存無機炭酸物質の挙動に関する研究
 「しらせ」に搭載する自動測定装置を開発し、第29次隊から大気中および表層海水中の二酸化炭素濃度(分圧)の測定を開始した。その結果として、南大洋インド洋区の表層海水中の二酸化炭素濃度は経年増加傾向を示し、その増加率は大気中の二酸化炭素濃度増加率よりもやや小さいことが分かった。「しらせ」の観測は同一時期に同一側線で測定できるメリットがある。しかし、表層海水中の二酸化炭素濃度は、物理環境や生物活動の影響を受けて、夏季を通して一定ではない。つまり、「しらせ」で取得したデータが必ずしも夏季の代表である訳ではなく、経年変化や年々変動の議論を進展させるためには、夏季の間、同一側線において複数の観測を実施する必要があった。これを実現する機会が2001/02シーズンにおける複数船時系列観測で訪れた。東経140度を測線として、12月~1月にかけて4つの航海で構成される観測計が立案され、このうち東京大学海洋研究所「白鳳丸」および第43次隊「タンガロア号」の航海に乗船して、溶存無機炭酸物質の挙動に関わる観測を行い、炭酸系の詳細な季節内変動とその要因を明らかにすることができた。
◎バレンツ海・グリーンラン海における溶存無機炭酸物質の挙動に関する研究
 この海域の年間を通した大気・海洋間の二酸化炭素交換量を定量的に評価することを目的として、夏季を中心とする観測から、溶存炭酸物質の分布や変動に関する研究が開始されていた。自ら参画する機会を得た、1996年以降、4回の観測航海に参加して、秋季~冬季~春季のデータの蓄積を図り、当該海域が春季~夏季に大きなCO2吸収源となることを明らかにした。
◎第Ⅷ期日本南極地域観測事業6か年計画重点研究観測サブテーマ2「南大洋生態系の応答を通して探る地球環境変動」
 この研究計画は、「ふじ」や「しらせ」の観測の蓄積を活用しつつ、将来起こり得る南極海の温暖化、大気中二酸化炭素濃度増加に伴う海洋酸性化などの変化が生態系に与える影響を解明することを目的とする。個別に興味を示す小規模の研究者グループが集まり議論を重ね、一つのグループを形成して計画を練り、グループ内および東京海洋大学等の関連諸機関や観測隊との連絡調整等を担当してきた。そして、第52次隊および第53次隊における観測航海においては、溶存炭酸系の観測を中心に船上観測を実施した。
◎南極観測センター
 2014年4月:プログラムコーディネーター
 2016年4月:副センター長(観測担当)
南極地域観測事業における研究計画調整や観測隊活動支援を担当している。
極域観測歴:
(1)南極域:
第39次南極地域観測隊(越冬隊)(1997-1999)
東京大学海洋研究所・白鳳丸観測航海(2003)
第43次南極地域観測隊(夏隊員、専用観測船(2003)
第44次南極地域観測隊(越冬隊)(2003-2005)
東京海洋大学・海鷹丸観測航海(2006)
第52次南極地域観測隊(夏隊・海鷹丸)(2011)
第53次南極地域観測隊(夏隊・海鷹丸)(2012)
第54次南極地域観測隊(越冬隊)(2012-2014)
(2)北極域:
バレンツ海海洋観測(1996)
グリーンランド海海洋観測(1999)
バレンツ海海洋観測(2000)
グリーンランド海海洋観測(2001)

研究分野

 
 

委員歴

 
 
   
 
地球温暖化観測推進ワーキンググループ委員・地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁(2006-08)
 

論文

 
Phytoplankton community responses to iron and CO2 enrichment in different biogeochemical regions of the Southern Ocean
Polar Biology   DOI 10.1007/s00300-017-2130-3    2017年4月   [査読有り]
Distribution in the abundance and biomass of shelled pteropods in surface waters of the Indian sector of the Antarctic Ocean in mid-summer
Polar Science      2017年2月   [査読有り]
Winter to summer evolution of pCO2 in surface water and air–sea CO2 flux in the seasonal ice zone of the Southern Ocean
D. Nomura, H. Yoshikawa-Inoue, S. Kobayashi, S. Nakaoka, K. Nakata, and G. Hashida
Biogeosciences   9th International Carbon Dio    2014年9月   [査読有り]
Phytoplankton community composition and photosynthetic physiology in the Australian sector of the Southern Ocean during the austral summer of 2010/2011
Takao Shintaro , Hirawake Toru , Hashida Gen , Sasaki Hiroshi , Hattori Hiroshi , Suzuki Koji
Polar Biology   DOI: 10.1007/s00300-014-1542-6   2014年7月   [査読有り]
Arctic and Antarctic sea ice acts as a sink for atmospheric CO2 during periods of snowmelt and surface flooding
Daiki Nomura, Mats A. Granskog, Philipp Assmy, Daisuke Simizu and Gen Hashida
J. Geophys. Res. Oceans   DOI: 10.1002/2013JC009048    2013年12月   [査読有り]
Decreasing pH trend estimated from 35-year time series of carbonate parameters in the Pacific sector of the Southern Ocean in summer
Takashi Midorikawa, Hisayuki Y. Inoue, Masao Ishii, Daisuke Sasano, Naohiro Kosugi, Gen Hashida, Shin-ichiro Nakaoka, Toru Suzuki
Deep Sea Research Part I: Oceanographic Research Papers   61 131-139   2012年3月   [査読有り]
南極海での海塩粒子 -大気中の変質過程と海氷・積雪中の組成分別課程-
原圭一郎・長田和雄・林政彦・矢吹正教・橋田元・山内恭
南極資料   Vol.54   2011年   [査読有り]
昭和基地で観測されたヘイズ現象
原圭一郎・長田和雄・矢吹正教・橋田元・山内恭・林政彦・塩原匡貴・西田千春・和田誠
南極資料   Vol.54   2011年   [査読有り]
昭和基地における地上エアロゾルモニタリング
林政彦・長田和雄・原圭一郎・矢吹正教・小林拓・猪原哲・和田誠・山内恭・橋田元・塩原匡貴
南極資料   Vol.54   2011年   [査読有り]
海洋観測専用船による南極海の大気エアロゾル観測
長田和雄・原圭一郎・矢吹正教・西田千春・小林拓・三浦和彦・上田紗也子・林政彦・橋田元・塩原匡貴・和田誠・山内恭
南極資料   Vol.54   2011年   [査読有り]
南北両半球における大気中の温室効果気体と関連気体の変動
森本真司・石戸谷重之・石島健太郎・八代尚・梅澤拓・橋田元・菅原敏・青木周司・中澤高清・山内恭
南極資料   Vol.54   2011年   [査読有り]
南大洋オーストラリア区における表層海洋中の二酸化炭素分圧の経年変化と季節変化
橋田 元・中岡慎一郎・小野 恒・中澤高清・吉川久幸・青木周司・森本真司・山内 恭・小達恒夫・福地光男
南極資料   Vol.54   2011年   [査読有り]
Haze episodes at Syowa Station, coastal Antarctica: Where did they come from?
K. Hara, K. Osada, M. Yabuki, G. Hashida, T. Yamanouchi, M. Hayashi, M. Shiobara, C. Nishita and M. Wada
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH   VOL. 115, D14205, doi:10.-1029/2009JD012582   2010年   [査読有り]
Air‐lake exchange of methane during the open water season in Syowa Oasis, East Antarctica
Masafumi Sasaki, Noboru Endoh, Satoshi Imura, Sakae Kudoh, Takashi Yamanouchi, Shinji Morimoto, and Gen Hashida
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH   VOL. 115, D16313, doi:10.-1029/2010JD013822   2010年   [査読有り]
Methane efflux from bubbles suspended in ice-covered lakes in Syowa Oasis, East Antarctica
Masafumi Sasaki, Satoshi Imura, Sakae Kudoh, Takashi Yamanouchi, Shinji Morimoto, and Gen Hashida
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH   Vol. 114, D18114, doi:10.-1029/2009JD011849   2009年   [査読有り]
Variations of oceanic pCO2 and air-sea CO2 flux in the eastern Indian sector of the Southern Ocean for the austral summer of 2001/02
Nakaoka, S., T. Nakazawa, H. Yoshikawa-Inoue, S. Aoki, G. Hashida, M. Ishii, T. Yamanouchi, T. Odate, and M. Fukuchi
Geophys. Res. Lett.   doi:10.1029/2009GL038467   2009年   [査読有り]
Longitudinally-dependent ozone increase in the Antarctic polar vortex revealed by balloon and satellite observation
Sato, K., Y. Tomikawa, G. Hashida, T. Yamanouchi, H. Nakajima, and T. Sugita
J. Atmos. Sci.   doi: 10.1175/2008JAS2904.1   2008年   [査読有り]
Temporal variations of the atmospheric nitrous oxide concentration and its δ15N and δ18O for the latter half of the 20th century reconstructed from firn air analyses
Ishijima, K., Sugawara, S., Kawamura, K., Hashida, G., Morimoto, S., Murayama, S., Aoki, S., amd Nakazawa, T.
JGR   112 (3), art. no. D03305   2007年   [査読有り]
Glaciological Data Collected by the 44th Japanese Antarctic Research Expedition during 2003-2004.
Kameda, T., Fujita, K., Sugita, O., and Hashida, G.
JARE Data report Glaciology   33   2007年   [査読有り]
Concentration variation of the atmospheric CO2 observed at Syowa Station, Antarctica from 1984 to 2000.
Morimoto, S., T. Nakazawa, S. Aoki, G. Hashida and T. Yamanouchi
Tellus   55B, 170-177   2007年   [査読有り]
Vertical profiles of the O2/N2 ratio in the stratosphere over Japan and Antarctica.
Ishidoya, S., S. Sugawara, G. Hashida, S. Morimoto, S. Aoki, T. Nakazawa and T. Yamanouchi
Geophysical Research Letters   Vol. 33, doi:10.-1029/2006GL025886   2006年   [査読有り]
Temporal and spatial variations of oceanic pCO2 and air-sea CO2 flux in the Greenland Sea and the Barents Sea.
Nakaoka, Shin-Ichiro, Shuji Aoki, Takakiyo Nakazawa, Gen Hashida, Shinji Morimoto, Takashi Yamanouchi and Hisayuki Yoshikawa-Inou
Tellus   58B, 148-161   2006年   [査読有り]
Convective mixing of air in firn at four polar sites.
Kawamura, K., J. P. Severinghaus, S. Ishidoya, S. Sugawara, G. Hashida, H. Motoyama, Y. Fujii, S. Aoki, T. Nakazawa
Earth and Planetary Science Letters   244, 672-682   2006年   [査読有り]
Variations of constituents of individual sea-salt particles at Syowa station, Antarctica
Hara, Keiichiro, Kazuo Osada, Mizuka Kido, Katsuji Matsunaga, Yasunobu Iwasaka, Gen Hashida and Takashi Yamanouchi
Tellus   57B, no.3, 230-246   2005年   [査読有り]
Temporal and latitudinal distributions of stratospheric N2O isotopomers
Toyoda, S., N. Yoshida, T. Urabe, Y. Nakayama, T. Suzuki, K. Tsuji, K.
Journal of Geophysical Research   109, D08308 , doi:10.-1029/2003JD004316   2004年   [査読有り]
Chemistry of sea-salt particles and inorganic halogen species in Antarctic regions: Compositional differences between coastal and inland stations.
Hara, K., K. Osada, M. Kido, M. Hayashi, K. Matsunaga, Y. Iwasaka, T. Yamanouchi, G. Hashida and T. Fukatsu
Journal of Geophysical Research   Doi: 10.1029/2004JD004713   2004年   [査読有り]
Reconstruction of past variations of d13C in atmospheric CO2 from its vertical distribution observed in the firn at Dome Fuji, Antarctica.
Sugawara, S., K. Kawamura, S. Aoki, T. Nakazawa and G. Hashida
Tellus   55B, 159-169   2003年   [査読有り]
Reconstruction of past atmospheric CH4 concentration from the firn air data at Dome Fuji.
Sugawara,S., K. Kawamura, S. Aoki, T. Nakazawa and G. Hashida
Mem. Natl Inst. Polar Res   Spec. Issue, 57, 31,-153-160.   2003年   [査読有り]
Carbon dioxide variations in the stratosphere over Japan, Scandinavia and Antarctica.
Aoki, S., T. Nakazawa, T. Machida, S. Sugawara, S. Morimoto, G. Hashida, T. Yamanouchi, K. Kawamura and H. Honda
Tellus,   55B, 178-186   2003年   [査読有り]
Variations of stratospheric trace gases measured using a balloon-borne cryogenic sampler
Nakazawa, T., S. Aoki, K. Kawamura, T. Saeki, S. Sugawara, H. Honda, G. Hashida, S. Morimoto, N. Yoshida, S. Toyoda, Y. makide and T. Shirai
Adv. Space Res   30, 1349-1357   2002年   [査読有り]
Annual-layer determinations and 167 year records of past climate of H72 ice core in east Dronning Maud Land, Antarctica.
Nishio, F., Furukawa, T., Hashida, G., Igarashi, M., Kameda, T., Kohno, M., Motoyama, H., Naoki, K., Satow, K., Suzuki, K., Takata, M., Toyama, Y., Yamada, T. and Watanabe, O
Annals of Glaciology   35, 471-479   2002年   [査読有り]
Sulfate depletion in snow over sea ice near Syowa station, Antarctica, in relation to the origin of sulfate depleted sea salt aerosol particles in winter.
Osada, K., K. Hara, M. Kido, H. Kai, T. Yamanouchi, G. Hashida, K. Matsunaga and Y. Iwasaka
Polar Meteorology and Glaciology   15, 21-31   2001年   [査読有り]
Balloon operation for stratospheric air sampling at Antarctica
Honda, H., N. Yajima, T. Yamagami, S. Aoki, G. Hashida, T. Machida and S. Morimoto
Adv. Space Res.   26, 1369-1372   2000年   [査読有り]
Improved scientific ballooning applied to the cryo-sampling experiment at Syowa Station.
Yajima, N., Honda, H., Aoki,S., Hashida, G., Morimoto, S., Machida, T. and Okano, S.
Adv. Pol. Upper Atmos. Res.   13, 167-175.   1999年
南極観測船「しらせ」による大気および表層海洋中のCO2分圧観測
橋田元,中澤高清,青木周司,村山昌平,山内恭,田中正之,清水明,林政彦,岩井邦中
南極資料   Vol.41, No1   1997年   [査読有り]
A small stratospheric grab-sampler and its ground support system for Antarctic experiments (abstract)
Honda, H., Akiyama, H., Yajima, N., Morimoto, S., Hashida, G., Yamanouchi, T., Aoki, S. and Nakazawa, T.
Proc. NIPR Symp. Polar Meteorol. Glaciol.   11, 264.   1997年
Aerosol optical properties in the Iranian Region obtained by ground-based solar radiation measurements in the summer of 1991.
Nakajima, T., T. Hayasaka, A. Higurashi, G. Hashida, N. Moharram-Nejad, Y. Najafi and H. Valavi
J. Appl. Meteorol.   35, 1265-1278   1996年   [査読有り]
Measurement of the stratospheric carbon dioxide concentration over Japan using a balloon-borne cryogenic sampler.
Nakazawa, T., T. Machida, S. Sugawara, S. Murayama, S. Morimoto, G. Hashida, H. Honda and T. Itoh
Journal of Geophysical Research   22, 1229-1232   1995年   [査読有り]

Misc

 
石戸谷重之, 菅原敏, 森本真司, 青木周司, 中澤高清, 豊田栄, 本田秀之, 橋田元, 村山昌平, 山内恭
宇宙航空研究開発機構研究開発報告   13 71-86   2014年3月
大気球に搭載したクライオジェニックサンプラーを用いて採取された大気試料の大気主成分濃度および安定同位体比の高精度測定により、成層圏における大気主成分の重力分離が初めて検出された。測定された各観測値の間の関係は重力分離から予測される測定対象分子の質量数に比例した関係と一致し、空気取入口の日射加熱による熱拡散等の観測上の問題から生じる関係とは明らかに異なる値を示した。 Brewer-Dobson循環の変動に伴って重力分離と成層圏空気の年齢の関係が大きく変動することが 2次元大気化学輸送モデルを...
高橋 邦夫, 飯田 高大, 橋田 元, 小達 恒夫
南極資料   56(3) 447-455   2012年11月
南極観測船「しらせ」は世界有数の砕氷能力を持つことから,通常の調査船では困難である定着氷域や流氷域での海洋観測が可能である.しかし,これまで氷海内では海氷の存在により観測測器を用いることが困難であった.第52次日本南極地域観測隊より,これまでの海洋生態系モニタリング観測をさらに氷海内においても実施することとなり,観測測器を海氷からガードするアイスフェンスを用いることで,海氷による観測機器の破損やプランクトン試料へのダメージを抑えることに成功した.本稿では,アイスフェンスの改良と現場での観測...
橋田 元, 佐々木 洋, 北出 裕二郎, 小達 恒夫
南極資料   56(1) 68-83   2012年3月
第52次日本南極地域観測隊(JARE-52)では,南極地域観測第VIII期6か年計画(平成22-27年度)の第1年次として重点研究観測及び一般研究観測の課題を実施するため,東京海洋大学練習船「海鷹丸」の南極海航海おいて海洋観測を実施した.主として,南極海の温暖化,大気中二酸化炭素濃度増加に伴う海洋酸性化などの変化が生態系に与える影響,及びプランクトン群集組成の変動と環境変動との関係の解明を目指すことが目的である.今回の観測航海は,「海鷹丸」の平成22年度遠洋航海UM-10-04のうち,フリ...
国際極年オスロ科学会議参加報告
平沢尚彦・橋田元・山内恭・本田明治・西井和晃・飯島慈裕・藤田秀二・青木茂・飯田高大
天気   Vol.58, No.4   2011年
原 圭一郎, 長田 和雄, 林 政彦, 矢吹 正教, 橋田 元, 山内 恭
南極資料   54(0) 668-696   2010年12月
昭和基地(1997-1998,2003-2006; JARE-38-39,JARE-44-47)とドームふじ基地(1997,JARE-38)で,エアロゾル成分と酸性ガスの連続観測を実施した.海塩粒子濃度の季節変化はいずれの基地でも夏季に極小を示し,冬季に濃度が高くなる変化を示した.冬季に海塩粒子濃度が高いのは,低気圧接近に伴う強風による海塩粒子の発生と長距離輸送に起因しているのだろう.昭和基地では,海塩粒子のほとんどが微小粒子域(D_p: 0.2-2.0 μm),超微小粒子域(D_p<0....
原 圭一郎, 長田 和雄, 矢吹 正教, 橋田 元, 山内 恭, 林 政彦, 塩原 匡貴, 西田 千春, 和田 誠
南極資料   54(0) 593-622   2010年12月
2004-2007年に行ったエアロゾル重点観測中に,昭和基地でヘイズ現象が観測された.ヘイズ現象時は風が比較的弱く,降雪・地吹雪は観測されず,冬〜 春にヘイズが出現していた.「南極ヘイズ」時には,バックグラウンド状態と比べてエアロゾル数濃度が1-2桁ほど増加していた.エアロゾル成分のバルク分析から,ヘイズ現象中のエアロゾル主成分は海塩成分(e.g., Na^+, Cl^->)と判明した.流跡線解析とNAAPSモデルから,南アメリカやアフリカ南部でのバイオマス燃焼の影響を受けた空気塊が,南大...
林 政彦, 長田 和雄, 原 圭一郎, 矢吹 正教, 小林 拓, 猪原 哲, 和田 誠, 山内 恭, 橋田 元, 塩原 匡貴
南極資料   54(0) 474-486   2010年12月
昭和基地において1996年2月から0.3 μm以上の大粒子の粒径分布,1997年4月から0.01 μm以上の凝結核濃度の連続観測を開始した.2008年12月までの観測結果より,凝結核濃度は夏に高濃度,大粒子は冬に高濃度となる1年周期の変動を繰り返し,経年的に濃度上昇をしている可能性が示唆された.微小粒子濃度,粗大粒子濃度は夏季に低濃度,冬季に高濃度となることに加え,冬期間中の0.3 μm以上の粒子数濃度が7月の前後で約2倍に急上昇していることが示された.
長田 和雄, 原 圭一郎, 矢吹 正教, 西田 千春, 小林 拓, 三浦 和彦, 上田 紗也子, 林 政彦, 橋田 元, 塩原 匡貴, 和田 誠, 山内 恭
南極資料   54(0) 449-464   2010年12月
南極海における大気エアロゾル粒子の粒径分布やイオン成分濃度,先駆ガス濃度の時空間分布を調べるために,「白鳳丸」や「タンガロア」,「海鷹丸」による船上観測をおこなった.海況の穏やかな南極海での観測では,直径0.1 μm以上の既存エアロゾル粒子数濃度が著しく低い条件下で,高濃度の核生成モード粒子(直径<20 nm)を観測することがあった.逆に,既存のエアロゾル粒子数濃度が高い場合には,核生成モード粒子数濃度の増加は見られなかった.2005年1月に「海鷹丸」で観測したリュツォ・ホルム湾洋上のエア...
橋田 元, 中岡 慎一郎, 小野 恒, 中澤 高清, 吉川 久幸, 青木 周司, 森本 真司, 山内 恭, 小達 恒夫, 福地 光男
南極資料   54(0) 438-448   2010年12月
全球の炭素循環を解明する上で,大気-海洋間の二酸化炭素(CO_2)交換を定量化することは最重要課題のひとつである.高緯度海域は風が強く,表層海洋中のCO_2 分圧(以下,pCO_2)が大気よりも低いために,CO_2 の吸収域として重要な海域である.特に,全海洋面積のおよそ20% を占める南大洋は,巨大なCO_2 の吸収源と考えられている.しかし,他海域に比べて観測機会が限られており,CO_2 吸収量の正確な評価に結びつくpCO_2 のデータの蓄積は十分ではない. 本報告では,「しらせ」の東...
菅原 敏, 豊田 栄, 石戸谷 重之, 森本 真司, 橋田 元, 青木 周司, 中澤 高清, 山内 恭, 本田 秀之
南極資料   54(0) 410-425   2010年12月
南極昭和基地において,気球を用いた温室効果気体の観測を実施した.2003年12月26日と2004年1月5日にそれぞれ気球が放球され,高度10 kmから30 kmにおいて,成層圏の大気サンプルを採取することに成功した.大気サンプルを日本に持ち帰った後に,温室効果気体の濃度とその同位体などの分析が行われた.その結果,二酸化炭素の濃度は,高度20 kmより上空においてほぼ一定となり,その平均濃度を1998年1月に実施した気球観測の結果と比較して,およそ9.7 ppmだけ増加していることが明らかに...
森本 真司, 石戸谷 重之, 石島 健太郎, 八代 尚, 梅澤 拓, 橋田 元, 菅原 敏, 青木 周司, 中澤 高清, 山内 恭
南極資料   54(0) 374-409   2010年12月
南北両極域における温室効果気体の変動を明らかにし,それらの放出源・吸収消滅源の変動に関する知見を得るために,南極・昭和基地および北極・スバールバル諸島ニーオルスンにおいて系統的な温室効果気体及び関連気体観測を開始し,現在も継続している.大気中のCO_2 濃度は,両極域共に明瞭な季節変化を伴いながら,化石燃料消費と森林破壊によるCO_2 の放出を反映して約1.9 ppmv yr^<-1> の割合で増加している.CH_4 濃度にも明瞭な季節変化と不規則な経年変化が見られ,両極域において1999...
2010年春季極域・寒冷域研究連絡会の報告(研究会報告)
平沢尚彦, 猪上 淳, 山内 恭, 橋田 元, 川村隆一, 本田明治
天気   Vol.57, No.11, 857-860   2010年
菅原 敏, 中澤 高清, 青木 周司, 石戸谷 重之, 森本 真司, 橋田 元, 山内 恭, 本田 秀之
大会講演予講集   93    2008年4月
長田 和雄, 林 政彦, 塩原 匡貴, 原 圭一郎, 和田 誠, 橋田 元, 森本 真司, 矢吹 正教, 山内 恭
南極資料   50(1) 86-102   2006年3月
南極大気のモニタリング観測およびプロジェクト研究観測に資するため,南極・昭和基地に19m^2の清浄大気観測室(通称エアロゾル観測小屋)を設置した.第45次日本南極地域観測隊の夏季作業で,昭和基地の主要部から約300m風上に建設し,2004年2月10日から大気エアロゾルとオゾンの連続観測を開始した.この観測室は電気暖房と外気の取り込みで室温を約20°C に保つようになっている.6m高の観測タワーとエアロゾル観測用の試料大気導入管も有している.この報告では,設置に至る背景から観測室の詳細と初年...
「ふしぎ大陸南極展」2006カタログ(第6章, 第10章)
橋田 元
朝日新聞社, pp134   2006年
佐藤 薫, 冨川 喜弘, 橋田 元, 門倉 昭, 中島 英彰, 杉田 考史
大会講演予講集   88    2005年10月
菅原 敏, 青木 周司, 中澤 高清, 石戸谷 重之, 町田 敏暢, 橋田 元, 森本 真司, 本田 秀之
大会講演予講集   88    2005年10月
宇都 正太郎, 下田 春人, 泉山 耕, 牛尾 収輝, 青木 茂, 橋田 元, 若林 裕之, 西尾 文彦
海上技術安全研究所報告   5(2)    2005年7月
菅原 敏, 橋田 元, 石戸谷 重之, 並木 道義, 飯嶋 一征, 森本 真司, 青木 周司, 本田 秀之, 井筒 直樹, 中澤 高清, 山内 恭
宇宙航空研究開発機構研究開発報告   4 77-87   2005年2月
第45次南極地域観測隊行動の一環として,南極昭和基地においてクライオジェニックサンプラー回収気球実験が実施された.実験は2回実施され,2003年12月26日と2004年1月5日にそれぞれ気球が放球され,高度10kmから30kmにおいて成層圏の大気サンプルを採取することに成功した.大気サンプルの採取が終了した後,観測器はパラシュートによって海氷上に着地し,無事にヘリコプターで回収された.日本に持帰った後にサンプル容器の内圧を計測したところ,採取された成層圏大気サンプルの量は,9〜18L(ST...
宇都 正太郎, 下田 春人, 泉山 耕, 牛尾 収輝, 青木 茂, 橋田 元, 若林 裕之, 西尾 文彦
南極資料   48(3) 165-179   2004年11月
南極観測船「しらせ」船上で取得された海氷観測結果をもとに,リュツォ・ホルム湾定着氷の夏季における氷厚及び積雪深分布について考察した.ビデオ観測結果から求めた各年の全氷厚(氷厚+積雪深)確率密度分布は薄氷型と厚氷型に分けられることがわかった.また大陸沿岸から約km圏内では全氷厚及び積雪深は沿岸に向かって漸減する傾向を示した.これは北東方向の卓越風による積雪輸送によると考えられる.電磁誘導法によって観測された全氷厚分布には不連続的な変化が認められた.NOAAAVHRR画像と比較した結果,不連続...
佐藤 薫, 橋田 元, 門倉 昭, 吉澤 宣之, 松坂 幸彦, 並木 道義, 村田 功, 堤 雅基, 山上 隆正, 岡野 章一, 福西 浩, 麻生 武彦, 江尻 全機, 山内 恭
大会講演予講集   86    2004年10月
石島 健太郎, 村山 昌平, 菅原 敏, 橋田 元, 川村 賢二, 森本 真司, 中澤 高清, 青木 周司
大会講演予講集   84    2003年10月
石戸谷 重之, 川村 賢二, 菅原 敏, 青木 周司, 中澤 高清, 橋田 元, 森本 真司, 本山 秀明, 藤井 理行
大会講演予講集   84    2003年10月
矢吹 正教, 塩原 匡貴, 原 圭一郎, 小林 拓, 橋田 元, 久世 宏明, 竹内 延夫
大会講演予講集   83    2003年5月
塩原 匡貴, 原 圭一郎, 矢吹 正教, 小林 拓, 橋田 元
大会講演予講集   83    2003年5月
南極観測隊員の1年(2002年度春季大会シンポジウム「21世紀の極域科学 -今なぜ南極観測なのか- 」の報告)
橋田 元
天気   Vol. 50, No.8, 597-599   2003年
菅原 敏, 川村 賢二, 石戸谷 重之, 青木 周司, 中澤 高清, 橋田 元
大会講演予講集   82    2002年10月
長田 和雄, 原 圭一郎, 西田 千春, 三浦 和彦, 橋田 元
大会講演予講集   82    2002年10月
原 圭一郎, 長田 和雄, 木戸 瑞佳, 橋田 元, 松永 捷司, 岩坂 泰信
大会講演予講集   81    2002年5月
中岡 慎一郎, 青木 周司, 中澤 高清, 橋田 元, 森本 真司
大会講演予講集   81    2002年5月
池上 雅明, 中澤 高清, 青木 周司, 菅原 敏, 村山 昌平, 森本 真司, 橋田 元
大会講演予講集   79    2001年5月
南極で地球環境をモニタリング
橋田 元
Science & Technology Journal   Vol.10, No.9, 50-51   2001年
Oceanographic Data in Lutzow-Holm Bay from July 1998 to December 1998 (JARE-39)
S. Aoki and G. Hashida
JARE DATA REPORT (Oceanography)   22, 1-18   2001年
菅原 敏, 川村 賢二, 青木 周司, 中澤 高清, 橋田 元
大会講演予講集   78    2000年10月
川村 賢二, 青木 周司, 中澤 高清, 橋田 元, 藤井 理行, 鈴木 啓助, 山田 知充
大会講演予講集   77    2000年5月
Atmospheric CO2 concentartion observed at Syowa Station from 1984 to 1992
S. Aoki, T. Nakazawa, S. Morimoto, G. Hashida, M. Shiobara, and T. Yamanouchi
JARE DATA REPORT   252 (Meteorology 36), 1-55   2000年
青木 周司, 橋田 元, 町田 敏暢, 岡野 章一, 山内 恭, 森本 真司, 本田 秀之, 並木 道義, 矢島 信之, 中澤 高清
宇宙科学研究所報告. 特集   39 87-106   1999年3月
南極域の成層圏における温室効果気体やその同位体の鉛直分布を求めるために, 昭和基地における大気球を用いたクライオジェニックエアーサンプリング実験が1992年に計画された。昭和基地における過去10年間の高層気象観測データを用いて, サンプラー回収の可能性に関する検討が行われ, 実験の実現性が高いことが明らかになった。その後, 小型ゴム気球を用いた予備実験が1995年から1997年にかけて昭和基地で実施され, グラブサンプラーなどのすべてのペイロードがヘリコプタによって回収された。また, 本実...
本田 秀之, 井筒 直樹, 森本 真司, 青木 周司, 橋田 元, 町田 敏暢, 岡野 章一, 矢島 信之, 山上 隆正, 並木 道義, 他気球グループ
宇宙科学研究所報告. 特集   39 67-86   1999年3月
1998年1月3日, 南極昭和基地においてクライオサンプリング実験が行われた。南極圏で高度30kmまでの成層圏大気の大量採取に成功したのは, 世界で初のことであった。同時に, 南極気球実験としては, 我が国初めての本格的な大型ペイロード回収実験でもあった。昭和基地に於ける気球実験は国内でのそれとは異なり, 観測器のみならず気球工学関連(テレメータ, コマンド, 荷姿, ガス充填, 放球支援システムなど)機器も用意し, かつ操作しなければならない。そのため, 従来までの経験をふまえ, 出来る...
本田 秀之, 橋田 元, 森本 真司, 青木 周司, 山内 恭, 中澤 高清
宇宙科学研究所報告. 特集   39 57-66   1999年3月
成層圏大気のクライオサンプリング実験にとって, 装置の回収は必要不可欠なことである。しかし, 従来の昭和基地における気球実験では観測器の回収が行われたことはなかった。そこで, 実験に先立ち, 装置回収の可能性について検討を行った。1988年から1996年の夏季に昭和基地で観測された上層風データに, クライオサンプリングの典型的な飛翔制御パターンを適用することにより, 装置の航跡シミュレーションを行い, 着陸地点を求めた。その結果, 各夏の時期に昭和基地から60km以内の位置に装置が着陸する...
南極昭和基地における成層圏大気のクライオジェニックサンプリング実験[Ⅱ] -打ち上げおよび回収オペレーション-
青木周司, 橋田 元, 町田敏暢, 岡野章一, 山内 恭, 森本真司, 本田秀之, 並木道義, 矢島信之, 中澤高清
宇宙科学研究所報告   特集39号, 87-106   1999年
南極昭和基地における成層圏大気のクライオジェニックサンプリング実験[Ⅰ] - 新たに開発された搭載機器および地上システム -
本田秀之, 井筒直樹, 森本真司, 青木周司, 橋田 元, 町田敏暢, 岡野章一, 矢島信之, 山上隆正, 並木道義, 他気球グループ
宇宙科学研究所報告   特集39号, 67-86   1999年
南極昭和基地の気球実験における観測機回収に関する検討
本田秀之,橋田 元, 森本真司, 青木周司, 山内 恭, 中澤高清
宇宙科学研究所報告   特集39号   1999年
青木 周司, 橋田 元, 町田 敏暢, 森本 真司, 岡野 章一, 山内 恭, 本田 秀之, 矢島 信之, 中澤 高清, 川村 賢二, 菅原 敏
大会講演予講集   74    1998年10月
極寒の南極は地球のラジエーターである
橋田 元
Newton別冊 地球大解剖   68-69   1998年
吉村 悟, 青木 周司, 中澤 高清, 森本 真司, 橋田 元, 白沢 邦男, VINGE T.
大会講演予講集   71    1997年5月
菅原 敏, 中澤 高清, 青木 周司, 町田 敏暢, 森本 真司, 村山 昌平, 橋田 元, 川村 賢二, 本田 秀之, 伊藤 富造
宇宙科学研究所報告. 特集   34 103-120   1997年3月
クライオサンプリング装置を大気球に搭載し, 1985年から1995年までの期間, 日本上空において成層圏空気の採集を実施した。得られた試料空気を分析することにより, 温室効果気体として重要なCO_2,CH_4,N_2Oの濃度およびCH_4のδ^<13>Cの鉛直分布を明らかにした。CO_2濃度は, 圏界面付近から20&acd;25km以上の等濃度層まで, 高度と共に急速に低下し, その差は4&acd;8ppmvであった。しかし, CO_2濃度が減少する層や等濃度となる高度は一定しておらず, ...
インドネシア地域における赤道大気観測に関する第6回国際シンポジウムの報告
山中大学, 余田成男, 橋田 元, 鶴田治雄
天気   Vol.44, No.1, 35-41   1997年
本田 秀乍, 森本 真司, 秋山 弘光, 橋田 元, 青木 周司, 宇井 啓高, 中澤 高清, 矢島 信乍, 山内 恭
南極資料   40(2) 156-168   1996年7月
南極上空の成層圏大気の各種微量成分やそれらの同位体比を測定するために, 簡単なグラブサンプリング装置を新たに開発した。この装置の打ち上げにはゴム気球を用い, 厳しい実験条件下でも小人数で放球作業が可能となるように設計した。大気試料の汚染防止と取り扱いの簡素化には特に配慮した。サンプリング装置の主要構成部は, 電磁弁と手動弁付きの15リットル試料容器, 試料採取の実行・装置の位置および各種動作状況データの伝送用制御装置, 電池, 送信機である。これらすべてを, 着地時の緩衝装置付きのアルミフ...

講演・口頭発表等

 
How to Minimise the Risk of Field Activities During Winter‐Over
the COMNAP Symposium 2016 Winter- O ver Challenges   2016年8月19日   
南大洋インド洋区季節海氷域における溶存炭酸物質の空間分布と時間変化
橋田元 、高村友海、野村大樹、吉川久幸
JpGU M-IS15南大洋・南極氷床が駆動する全球気候変動   2016年5月24日   
Temporal variation of dissolved carbonates in the summer of Antarctic seasonal sea ice zone
橋田元、高村友海、野村大樹、吉川 久幸
第6回極域科学シンポジウム   2015年11月17日   
南極は、人に何を伝えたいのか?
橋田元
第39回全国教育大会岩手大会記念講演   2014年9月26日   
LONG-TERM VARIATION OF OCEANIC CO2 AND POSSIBLE ACIDIFICATION IN THE INDIAN SECTOR OF THE SOUTHERN OCEAN [招待有り]
G. Hashida, S. Morimoto,T. Yamanouchi, S. Nakaoka, S. Aoki, T. Nakazawa
16th International SYmposium on Polar Science, Polar Exploration with ARAON   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
(1)基盤研究(C):南極大陸の微量気体成分・エアロゾル循環に果たす南大洋季節海氷域の役割に関する研究(2002-2003)
(2)萌芽研究:多重反射セル型赤外分析計を用いた小型気球搭載用二酸化炭素濃度自動測定装置の開発(2006-2008)
(3)基盤研究(B):南極海の二酸化炭素吸収に関する研究(研究分担者、研究代表者:北海道大学大学院地球環境科学研究院・吉川久幸教授)(2008-2010)

社会貢献活動

 
南極からみた地球環境問題
【講師】  埼玉県立不動岡高等学校  2015年10月1日
キャリアデザイン学特別授業
【講師】  盛岡大学  2015年7月22日
リアルラボ@南極観測船「しらせ」2014
【講師】  日本科学未来館  2014年10月12日
第39回全国教育大会岩手大会記念講演
【講師】  日本教育会  2014年9月27日
社会活動・貢献など
【その他】
環境学習講演会・奥州市立水沢小学校(2008.2)
社会活動・貢献など
【その他】
環境セミナー・奥州市民プラザマッセ(2008.2)
社会活動・貢献など
【その他】
地球温暖化防止対策世代間リレー講演会・盛岡市民文化ホール(2008.1)
社会活動・貢献など
【その他】
進路講演会・秋田県立横手高等学校(2007.9)
社会活動・貢献など
【その他】
えこ・あくしょん江東講演会・えこっくる江東(2007.6)
社会活動・貢献など
【その他】
総合学習講演会・盛岡第一高等学校(2006.2)
社会活動・貢献など
【その他】
理数学系講演会・不来方高校(2005.10)
社会活動・貢献など
【その他】
「南極を知ろう」講演・邑楽町(2005.2)
社会活動・貢献など
【その他】
南極展記念講演・矢巾町田園ホール(2004.11)
社会活動・貢献など
【その他】
サイエンスドーム宙特別講演会・盛岡市子供科学館(2004.10)
社会活動・貢献など
【その他】
志流祭記念講演・大宮中学校(2004.10)
社会活動・貢献など
【その他】
理数学系講演会・不来方高校(2004.10)

その他

 
(1)2002-2003シーズンに行った南大洋オーストラリアセクタ東経140-150度線上における複数船時系列観測については、表面海洋中の二酸化炭素濃度の季節変化についてとりまとめを終え、次のステップとして、その変動要因を解析中である。中深層の溶存炭酸物質の変動が直接的要因であり、生物活動、大気海洋間二酸化炭素交換、表層混合層内への次表層水の取り込みの3つの要因からの影響を定量的に評価することができた。

(2)2006年、2008年、2009年に実施したリュツォ・ホルム湾沖の氷縁域の表面海洋中の二酸化炭素濃度観測はデータの蓄積が進み、いくつかの興味深い現象が明らかになってきている。先ず、夏期ブルーミング開始前においては物理的プロセス(水温・塩分変化)が卓越する分布を示すことがあきらかとなった。これは、初夏の観測から冬季の状況を推測可能であることを示唆する。また、2009年1月には、オーロラ・オーストラリスにより、これまで不十分であった氷海域の観測を集中的に実施し、開水域に比べ氷海域において、極めて低い表面海洋中の二酸化炭素濃度が観測された。

(3)しらせ船上で観測を継続してきた表層海洋中の二酸化炭素濃度観測データは、南極域大気・海洋系の二酸化炭素の長期トレンドという観点から解析を進め、海域毎の差異がありつつも、ほぼ大気中二酸化炭素濃度と同程度の増加傾向にあることが明らかになった。これに関連し、1980年代に開始された「ふじ」および「しらせ」船上におけるpH観測資料を解析し、酸性化傾向を示すことを見いだした。