宮岡 宏

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/08 20:57
 
アバター
研究者氏名
宮岡 宏
所属
情報・システム研究機構
部署
国立極地研究所 国際北極環境研究センター
職名
教授、副センター長
学位
博士(理学)、1982年3月(東北大学)

プロフィール

研究課題と活動状況:
(1)オーロラの微細構造に関する研究: オーロラは、地球磁気圏尾部や内部磁気圏で生起する様々なスケールのプラズマ過程の一部が磁気圏-電離圏結合系を介して極域電離層に集約的に投影・可視化されたものと捉えることができる。したがって、その空間構造や時間変動には、磁気圏内の粒子加速や散乱過程、さらには磁気圏-電離圏結合系の物理を解明する上で本質的に重要な情報を含んでいる。北極および南極域における狭視野オーロライメージャー観測で取得した高解像度のオーロラの動画像解析から、オーロラの微細構造(<1km)の動態を定量的に明らかにする。 (2)メソスケールのオーロラ動態に関する研究: 昭和基地で受信したDMSP衛星(米国の気象衛星)可視画像データを高次処理・編集し、データベースを作成する。特に、オーロラストリーマーなど特徴的なメソスケール構造をもつオーロラ現象に注目し、これらを生成する降下電子のエネルギースペクトルを同定するとともに、昭和基地の全天オーロラ画像との比較解析から、磁気圏尾部の高速プラズマ流(Bursty Bulk Flow)との対応関係に注目して解析を進めている。 (3)EISCAT レーダーによるオーロラおよび電離圏擾乱に関する研究: EISCATレーダーは、オーロラ発光高度のプラズマや電場を高精度に観測できるため、オーロラの微細構造やダイナミクス、電離圏擾乱を研究する上で理想的な観測手法の一つと言える。トロムソおよびロングイヤビンのEISCATサイトにおけるISレーダーと光学観測装置を用いてディフューズオーロラの動態や磁気嵐に伴う大規模な電離圏擾乱現象などの研究を行っている。

極域観測歴:
南極域:第28次南極地域観測隊越冬隊員(1986.11.14-1988.3.27)、第40次南極地域観測隊副隊長兼越冬隊長(1998.11.14-2000.3.27)、第48次南極地域観測隊隊長兼越冬隊長(2006.11.28-2008.3.27)、第55次南極地域観測隊隊長兼夏隊長(2013.11.22-2014.3.18)
北極域:1982年以降、スウェーデン、ノルウェー、アイスランド、グリーンランド等の観測拠点に、大気球実験、ロケット実験、オーロラ光学観測、EISCATレーダー実験などの目的で多数回出張。

研究分野

 
 

委員歴

 
2015年6月
 - 
現在
EISCAT(欧州非干渉散乱レーダー科学協会)評議会副議長
 
2014年10月
 - 
現在
SIOS(スバールバル統合観測システム) 暫定評議会委員
 
2011年
 - 
現在
EISCAT(欧州非干渉散乱レーダー科学協会)新協定案作成委員会委員
 
2008年
 - 
現在
EISCAT(欧州非干渉散乱レーダー科学協会)評議員
 
2004年
 - 
現在
非干渉散乱レーダ委員会委員および委員長
 
2011年
 - 
2012年
EISCAT(欧州非干渉散乱レーダー科学協会)評議会諮問委員会委員
 
2010年
 - 
2012年
名古屋大学太陽地球環境研究所共同利用・共同研究委員会委員
 
2009年
 - 
2010年
施設整備委員会副委員長
 
2005年
 - 
2006年
EISCAT(欧州非干渉散乱レーダー科学協会)科学諮問委員会委員
 
2003年
 - 
2004年
移転問題検討分科会委員および同分科会作業委員会幹事
 
2003年
 - 
2004年
名古屋大学太陽地球環境研究所共同観測情報センター運営委員会委員
 
2001年
 - 
2002年
日本学術会議地球電磁気研連将来計画WG委員
 

論文

 
小川泰信, 野澤悟徳, HAEGGSTROEM Ingemar, 大山伸一郎, 元場哲郎, 津田卓雄, 齋藤昭則, 宮下幸長, 田中良昌, 堀智昭, 上野玄太, 宮岡宏, 藤井良一
宇宙航空研究開発機構研究開発報告 JAXA-RR-   (11-007) 83-89   2012年3月
Feasibility study on generalized-aurora computed tomography
Tanaka, Y.-M., T. Aso, B. Gustavsson, K. Tanabe, Y. Ogawa, A. Kadokura, H. Miyaoka, T. Sergienko, U. Brandstrom, and I. Sandahl
Ann. Geophys.   29, 551-562, doi:10.-5194/angeo-29-551-2011   2011年   [査読有り]
On the statistical relation between ion upflow and naturally enhanced ion-acoustic lines observed with the EISCAT Svalbard radar
Ogawa, Y., S. C. Buchert, I. Häggström, R. Fujii, S. Nozawa, and H. Miyaoka
J. Geophys. Res.   116, A03313, doi:10.-1029/2010JA015827   2011年   [査読有り]
On the simultaneity of substorm onset between two hemispheres
Morioka, A., Y. Miyoshi, F. Tsuchiya, H. Misawa, Y. Kasaba, T. Asozu, S. Okano, A. Kadokura, N. Sato, H. Miyaoka, K. Yumoto, G. K. Parks, F. Honary, J. G. Trotigno, P. M. E. Décréau, B. W. Reinisch
J. Geophys. Res.   116, A04211, doi:10.-1029/2010JA016174   2011年   [査読有り]
Tidal waves in the polar lower thermosphere observed using the EISCAT long run data set obtained in September 2005
Nozawa, S., Y. Ogawa, S. Oyama, H. Fujiwara, T. Tsuda, A. Brekke, C. M. Hall, Y. Murayama, S. Kawamura, H. Miyaoka, and R. Fujii
J. Geophys. Res.   vol. 115, A08312, doi:10.-1029/2009JA015237   2010年   [査読有り]
Modulation of ionospheric conductance and electric field associated with pulsating aurora
Hosokawa, K., Y. Ogawa, A. Kadokura, H. Miyaoka and N. Sato
J. Geophys. Res.   vol. 115, A03201, doi:10.-1029/2009JA014683   2010年   [査読有り]
Research on the lower thermosphere and mesosphere using EISCAT radars, and other instruments
Nozawa, S., Y. Ogawa, S. Oyama, H. Miyaoka, T. Kawahara, T. Tsuda, and M. Tsutsumi
Proceeding of the CAWSES-II Kick-Off Symposium, Uji Oubaku Plaza, Kyoto University, June 16-17   115, A08312, doi:10.-1029/2009JA015237   2010年   [査読有り]
Temperature enhancements and vertical winds in the lower thermosphere associated with auroral heating during the Dynamics and Energetics of the Lower Thermosphere in Aurora (DELTA) campaign
Kurihara, J., S. Oyama, S. Nozawa, T. T. Tsuda, R. Fujii, Y. Ogawa, H. Miyaoka, N. Iwagami, T. Abe, K.-I. Oyama, M. Kosch, A. Aruliah, E. Griffin, and K. Kauristie
J. Geophys. Res.   114, A12306, 13 doi:10.-1029/2009JA014392   2009年   [査読有り]
EISCAT observational results during the DELTA campaign
Nozawa, S., Y. Ogawa, A. Brekke, T. Tsuda, C. M. Hall, H. Miyaoka, J. Kurihara, T. Abe, and R. Fujii
Earth and Planetary Science   vol. 58, p1183-1191   2006年   [査読有り]
オゾンホール下の太陽紫外放射環境
竹下 秀, 宮岡 宏, 江尻全機, 佐々木政子
南極資料   Vol 45, 1-12   2001年   [査読有り]
Global solar ultraviolet-B irradiance at Syowa Station in Antarctica
Takeshita, S., M. Sasaki, H. Miyaoka, and M. Ejiri
Photomedicine and Photobiology   22,   2000年   [査読有り]
Ebihara Yusuke, Ejiri Masaki, Miyaoka Hiroshi
Proceedings of the NIPR Symposium on Upper Atmosphere Physics   12 1-11   1998年12月
We developed a computer simulation scheme for the motion of energetic particles trapped in the Earth's magnetic field during a magnetic storm. The particles are injected into the inner magnetosphere from the near-Earth plasma sheet by a strong ind...
EBIHARA Yusuke, EJIRI Masaki, MIYAOKA Hiroshi
Earth, planets and space   50(4) 371-382   1998年4月
森岡 昭, Morioka Akira, Misawa Hiroaki, Miyaoka Hiroshi
Proceedings of the NIPR Symposium on Upper Atmosphere Physics   11 61-71   1998年1月
科研費報告書収録論文(課題番号:09440171・基盤研究(B)(1)・H9~H11/研究代表者:森岡, 昭/木星シンクロトロン放射観測による木星内部磁気圏の研究)
Onda Kunizo, Ejiri Masaki, Itikawa Yukikazu, Miyaoka Hiroshi
Proceedings of the NIPR Symposium on Upper Atmosphere Physics   11 36-54   1998年1月
The Monte Carlo method was applied to investigate electron auroras observed by the sounding rocket S-310JA-8,which was launched on April 4,1984 from Syowa Station in Antarctica of the invariant latitude 66.14°S and the geomagnetic longitude 70.98°...
Ebihara Yusuke, Ejiri Masaki, Miyaoka Hiroshi
Proceedings of the NIPR Symposium on Upper Atmosphere Physics   11 150-153   1998年1月
Periodic LF wave radiation associated with pulsating aurora
Takizawa,H., A. Morioka, H. Misawa and H. Miyaoka
Proc. NIPR Symp. Upper Atmos. Phys.   11, 61-71   1998年   [査読有り]
Auroral tomography analysis of a folded arc observed at the ALIS-Japan multi-station campaign on March 26, 1995
T. Aso, M. Ejiri, A. Urashima, H. Miyaoka, A. Steen, U. Brandstrom and B. Gustavsson
Proc. NIPR Symp. Upper Atmos. Phys.   11, 1-10   1998年   [査読有り]
Simulation on ring current formation: A case study of a storm on February 13, 1972
Ebihara, Y., M. Ejiri, and H. Miyaoka
Proc. NIPR Symp. Upper Atmos. Phys.   12, 1-11   1998年   [査読有り]
Enhancements of differential flux of energetic particles in the inner magnetosphere associated with a magnetic storm
Ebihara Y., Ejiri, M. and Miyaoka, H.
Proc. NIPR Symp. Upper Atmos. Phys.   11, 150-153   1998年   [査読有り]
Coulomb lifetime of the ring current ions with time varying plasmasphere
Ebihara Y., Ejiri, M. and Miyaoka, H.
Earth Planets and Space   50, 371-382   1998年   [査読有り]
First results of auroral tomography from ALIS-Japan multi-station observations in March, 1995
Aso, T., Urashima, A., Ejiri, M., Miyaoka, H., Steen, Å., Brändström, U. and Gustavsson, B.
Earth Planets and Space   50, 63-80   1998年   [査読有り]
Altitude profile of electron density and oxygen green line in active auroral arcs based on electron differential number flux observed by sounding rocket
Onda K., Ejiri, M., Itikawa, Y. and Miyaoka, H
Proc. NIPR Symp. Upper Atmos. Phys.   11, 36-54   1998年   [査読有り]
The size of the auroral belt during magnetic storms
Yokoyama, N., Kamide, Y. and Miyaoka, H.
Ann. Geophysicae   16, 566-573   1998年   [査読有り]
Database and data search system using 'KANSEI' words for aurora image files of DMSP satellite
Kurozumi, Y., S. Maeda, H. Tamenaga, H. Miyaoka, A. Kadokura and A.S. Yukimatsu
Proc. NIPR Symp. Upper Atmos. Phys.   10, 117-125   1997年   [査読有り]
Loss effects for energetic protons associated with a magnetic storm in the inner magnetosphere
Ebihara, Y., H. Miyaoka, F. Tohyama and M. Ejiri
Proc. NIPR Symp. Upper Atmos. Phys.   10, 16-28   1997年   [査読有り]
Simulation of auroral photoemission rate for the first negative band system of N2+ at λ427.8 nm using electron differential number flux observed by the sounding rocket
Onda, K., H. Miyaoka, Y. Itikawa and M. Ejiri
Proc. NIPR Symp. Upper Atmos. Phys.   10, 1-15   1997年   [査読有り]
An effect of charge exchange processes on the proton enhancement associated with a storm/substorm in the magnetosphere
Takamura, N., H. Miyaoka, F. Tohyama and M. Ejiri
Proc. NIPR Symp. Upper Atmos. Phys.   8, 37-48   1995年   [査読有り]
アイスランド・オーロラステレオ観測と画像のトモグラフィー解析
麻生武彦, 江尻全機, 宮岡 宏, 小野高幸, 薮 哲郎, 六車和彦, 橋本 岳, 安陪 稔
電子情報通信学会論文誌   D-II, J77-D-II, No.1, 69-78   1994年   [査読有り]
Low-latitude aurora on October 20-21, 1989: An interpretation with magnetospheric particle simulation
Miyaoka, H. and M. Ejiri
Proc. International Conference on Magnetic Storms   91-96   1994年
Syowa Station HF radar: Japanese contribution to global HF radar network, Super DARN
Yamagishi, H., A. Yukimatu, A. Kadokura, N. Sato, H. Miyaoka, M. Ejiri, T. Hirasawa, T. Ogawa, K. Igarashi, Y. Tanaka and K. B. Baker
STEP GBRSC NEWS   4, No.2, 9-11   1994年
'Low latitude aurora' on October 20-21, 1989: An interpretation with magnetospheric particle simulation
Miyaoka, H., and M. Ejiri
Eighth International Symposium on Solar Terrestrial Physics, Sendai, Japan, Abstracts   103   1994年
南極周回気球(PPB)
山上隆正, 矢島信之, 秋山弘光, 太田茂雄, 並木道義, 松坂幸彦, 岡部選司, 本田秀之, 鳥海道彦, 鶴田浩一郎, 西村 純, 平澤威男, 江尻全機, 佐藤夏雄, 山岸久雄, 宮岡 宏, 門倉 昭, 小野高幸, 小玉正弘, 福西 浩, 山中大学, 國分 征, 利根川 豊, 藤井良一
宇宙科学研究所報告   特集, 31, 47-52   1993年   [査読有り]
Auroral dynamics observed by AKEBONO visible TV camera ----Its interpretation by the high energy particle simulation in the inner magnetosphere
Ejiri, M., A. Kadokura and H. Miyaoka
EOS, Trans., AGU   74, No.43, 523   1993年
Auroral stereo observation in Iceland
Aso, T., M. Ejiri, H. Miyaoka, T. Ono, T. Hashimoto, T. Yabu and M. Abe
Proc. NIPR Symp. Upper Atmos. Phys.   6, 1-14   1993年   [査読有り]
Polar patrol balloon experiment in Antarctica
Ejiri, M., A. Kadokura, T. Hirasawa, N. Sato, R. Fujii, H. Miyaoka, J. Nishimura, N. Yajima, T. Yamagami, S. Kokubun, H. Fukunishi, M. Yamanaka and M. Kodama
Adv. Space Res.   13, No.2, 127-130   1993年   [査読有り]
Sounding rocket observation of a pulsating aurora at Andoya Rocket Range, Norway
Miyaoka, H., M. Ejiri, K. Tsuruda, A. Morioka, H. Fukunishi, E. Sagawa and F. Tohyama
J. Space Tech. Sci.   7, No.2, 1-8   1993年   [査読有り]
Rocket observation of electron fluxes over a pulsating aurora
Saito, Y., S. Machida, M. Hirahara, T. Mukai and H. Miyaoka
Planet. Space Sci.   40, 1043-1054   1992年   [査読有り]
鶴田浩一郎, 森岡昭, 早川基, 町田忍, 向井利典, 長野勇, 宮岡宏
宇宙科学研究所報告 特集   (28) 66-75   1991年3月
低緯度オーロラ出現前後の降下粒子構造
宮岡 宏, 平澤威男
STE研究会「1989年10月における低緯度オーロラ活動の総合解析」発表論文集録   163-171   1991年
低緯度オーロラの光学観測
宮岡 宏, 湯元清文, 田中義人, 平澤威男
STE研究会「1989年10月における低緯度オーロラ活動の総合解析」発表論文集録   26-39   1991年
北欧S-520-12号機によるパルセイティングオーロラの観測
鶴田浩一郎, 森岡 昭, 早川 基, 町田 忍, 向井利典, 長野 勇, 宮岡 宏
宇宙科学研究所報告   特集, 28, 67-76   1991年   [査読有り]
Polar patrol balloon system and preliminary experiment results
Ejiri, M., N. Yajima, J. Nishimura, A. Kadokura, R. Fujii, H. Miyaoka, T. Yamagami, M. Yamanaka, T. Hirasawa, N. Sato, S. Kokubun, H. Fukunishi and M. Kodama
Proc. 2nd STEP Symp.   507-515   1991年
EXOS-D data receivings and ground-based observations at Syowa Station
Ejiri, M., A. Kadokura, T. Ono, R. Fujii, H. Miyaoka and T. Hirasawa
Proc. 2nd STEP Symp.   271-274   1991年
大家寛, 森岡昭, 小林香, 飯島雅英, 小野高幸, 宮岡宏, 岡田敏美, 小原隆博
宇宙科学研究所報告 特集   (25) 19-49   1990年1月
向井利典, 賀谷信幸, 佐川永一, 平原聖文, 三宅瓦, 宮岡宏, 山岸久男, 松本治弥, 伊藤富造
宇宙科学研究所報告 特集   (25) 129-141   1990年1月
「あけぼの」によるオーロラ粒子観測
向井利典, 賀谷信幸, 佐川永一, 平原聖文, 三宅 亙, 小原隆博, 宮岡 宏, 町田 忍, 山岸久雄, 江尻全機, 松本治弥, 伊藤富造
宇宙科学研究所報告   特集, 25, 129-141   1990年   [査読有り]
プラズマ波動及び波動励起観測実験(PWS)による宇宙プラズマ波動観測 ---- あけぼの(EXOS-D)におけるPWS観測装置と初期観測結果 ----
大家 寛, 森岡 昭, 小林 香, 飯島雅英, 小野高幸, 宮岡 宏, 岡田敏美, 小原隆博
宇宙科学研究所報告   特集, 25, 19-49   1990年   [査読有り]
Polar patrol balloon experiment during 1991-1993
Hirasawa, T., M. Ejiri, N. Sato, R. Fujii, H. Miyaoka, A. Kadokura, J. Nishinura, N. Yajima, T. Yamagami, S. Kokubun, H. Fukunishi, M. Yamanaka and M. Kodama
Proc. 7th International Symp. on  Space Technology and Science   1593-1597   1990年
Generation        mechanism of broadband electrostatic bursts found by Akebono (EXOS-D) satellite in the polar magnetosphere
Miyaoka, H., H. Oya, A. Morioka, H. Fukunishi, T. Mukai and T. Obara
EOS Trans. AGU   71, 931   1990年
Low latitude auroras on October 21, 1989
Miyaoka, H., T. Hirasawa, K. Yumoto and Y. Tanaka,
EOS Trans. AGU   71, 928   1990年
Auroral substorm observed at L = 1.56 during the great magnetic storm of October 1989
Yumoto, K., Y. Tanaka, H. Miyaoka, T. Hirasawa, K. Takahashi and R. D. Belian
EOS Trans. AGU   71, 914   1990年
Rocket observation of the magnetosphere-ionosphere coupling processes in quiet and active arcs
Shiokawa, K., H. Fukunishi, H. Yamagishi, H. Miyaoka, R. Fujii and F. Tohyama
J. Geophys. Res.   95, 10679-10686   1990年   [査読有り]
Two-dimensional auroral X-ray image observation at a balloon altitude in the northern auroral zone
Yamagami, T., H. Miyaoka, A. Nakamoto, Y. Hirashima, S. Ohta, M. Namiki, H. Murakami, N. Sato, R. Fujii, K. Okudaira, J. Nishimura and M. Kodama
J. Geomag. Geoelectr.   42, 1175-1192   1990年   [査読有り]
Low latitude aurorae on October 21, 1989. I
Miyaoka, H., T. Hirasawa, K. Yumoto and Y. Tanaka
Proc. Japan Acad.   66, Ser. B, 47-51   1990年   [査読有り]
Low energy charged particle observations in the "auroral" magnetosphere: First results from the Akebono(EXOS-D) satellite
Mukai, T., N. Kaya, E. Sagawa, M. Hirahara, W. Miyake, T. Obara, H. Miyaoka, S. Machida, H. Yamagishi, M. Ejiri, H. Matsumoto and T. Itoh
J. Geomag. Geoelectr.   42, 479-496   1990年   [査読有り]
Plasma wave observation and sounder experiments (PWS) using the Akebono       (EXOS-D) satellite --- Instrumentation and initial resluts including discovery of the high altitude equatorial plasma turbulence
Oya, H., A. Morioka, K. Kobayashi, M. Iizima, T. Ono, H. Miyaoka, T. Okada and T. Obara
J. Geomag. Geoelectr.   42, 411-442   1990年   [査読有り]
15年後におけるSTP研究のフロンティアについて
小野高幸, 宮岡 宏
STE研究連絡会「太陽地球系科学 21世紀への発展」プロシーディングス   120-123   1989年
金星プラズマサウンダー観測及びプラズマ波動観測
大家 寛, 森岡 昭, 小林 香, 飯島雅英, 小野高幸, 宮岡 宏, 丸橋克英
科学衛星シンポジウムプロシーディ ングス   136-140   1989年
沿磁力線電場による局所的高エネルギー電子降下
平島 洋, 山上隆正, 宮岡 宏, 奥平清昭, 小玉正弘
宇宙科学研究所報告   特集, 24, 113-128   1989年   [査読有り]
南極周回気球(PPB)将来計画 1991-1993
藤井良一, 宮岡 宏, 門倉 昭, 小野高幸, 山岸久雄, 佐藤夏雄, 江尻全機, 平澤威男, 西村 純, 矢島信之, 山上隆正, 太田茂雄, 秋山弘光, 鶴田浩一郎, 小玉正弘, 福西 浩, 山中大学, 國分 征
南極資料   33, 320-328   1989年   [査読有り]
Wave-particle         interactions related to the broadband electrostatic emission bursts observed with PWS on board the Akebono (EXOS-D) satellite in the polar magnetosphere
Miyaoka, H., H. Oya, A. Morioka, T. Ono, T. Mukai and T. Obara
EOS Trans. AGU   70, 1290   1989年
Charged prticle precipitation and acceleration processes observed by EXOS-D
Mukai, T., T. Obara, S. Machida, M. Hirahara, H. Hayakawa, N. Kaya, E. Sagawa, M. Miyake, H. Miyaoka, H. Yamagishi and H. Fukunishi
EOS Trans. AGU   70, 1289   1989年
PPB(南極周回気球)将来計画
平澤威男, 江尻全機, 藤井良一, 宮岡 宏, 西村 純, 矢島信之, 山上隆正, 太田茂雄, 秋山弘光, 鶴田浩一郎, 小玉正弘, 福西 浩
大気球シンポジウムプロシーディングス   34-38   1988年
Wave-particle interaction in the auroral ionosphere in LF and HF range: Results from antarctic rocket observations
Morioka, A., H. Oya, H. Miyaoka, T. Ono, T. Obara, H. Yamagishi and H. Fukunishi
J. Geomag. Geoelectr.   40, 923-937   1988年   [査読有り]
Rocket observations of modulations of the auroral electron flux in a wide range of frequency
Sagawa, E., H. Yamagishi, H. Miyaoka, N. Kaya and T. Mukai
J. Geomag. Geoelectr.   40, 887-904   1988年   [査読有り]
Energy spectra and pitch angle distributions of auroral electrons observed in active and quiet auroras
Yamagishi, H., H. Miyaoka, M. Ejiri, E. Sagawa, N. Kaya, T. Mukai and H. Fukunishi
J. Geomag. Geoelectr.   40, 871-886   1988年   [査読有り]
Auroral X-ray image formings using three directional NaI(TI) telescopes at balloon altitude
Kodama, M., S. Ohta, T. Yamagami, M. Namiki, J. Nishimura, Y. Hirashima, H. Murakami, K. Okudaira, H. Suzuki, H. Miyaoka, N. Sato and R. Fujii
Proc. NIPR Symp. Upper Atmos. Phys.   1, 56-64   1988年   [査読有り]
Rocket observations of modulations of the low energy electron flux in the auroral ionosphere
Sagawa, E., H. Yamagishi, H. Miyaoka, N. Kaya and T. Mukai
Proc. NIPR Symp. Upper Atmos. Phys.   1, 37-45   1988年   [査読有り]
Preliminary results from the auroral zone ionosphere observations during the AZCO balloon campaign in 1985
Iversen, I. B., H. Miyaoka, N. Sato, S. Ullaland, and R. Fujii
Mem. Natl Inst. Polar Res.   Spec. Issue, 47, 36-43   1987年   [査読有り]
ノルウェーにおけるオー ロラX線の観測(1985年)
平島 洋, 奥平清昭, 中本 淳, 村上浩之, 鈴木裕武, 山上隆正, 西村 純, 太田茂雄, 並木道義, 宮岡 宏, 佐藤夏雄, 藤井良一, 小玉正弘
宇宙科学研究所報告   特集, 17, 115-134   1986年   [査読有り]
ノルウェー・アイスランドにおけるオーロラX線撮像観測
平島 洋, 村上浩之, 中本 淳, 奥平清昭, 鈴木裕武, 山上隆正, 太田茂雄, 並木道義, 西村 純, 宮岡 宏, 佐藤夏雄, 藤井良一, 小玉正弘
宇宙観測シンポジウムプロシーディングス   69-70   1986年
Iwasaka Yasunobu, Fukunishi Hiroshi, Fujii Ryoichi, Miyaoka Hiroshi, Hirasawa Takeo
Memoirs of National Institute of Polar Research. Special issue   39 1-9   1985年12月
The outline of lidar measurements which were made at Syowa Station (69°00'S, 39°35'E), Antarctica since March 1983 is described. Interesting topic was the enhancement of the stratospheric aerosol layer in winter. Coordinate measurements by the lid...
ノルウェーにおける気球実験
田茂雄, 山上隆正, 並木道義, 西村 純, 村上浩之, 中本 淳, 平島 洋, 奥平清昭, 小玉正弘, 宮岡 宏, 佐藤夏雄, 藤井良一
大気球シンポジウムプロシーディングス   26-30   1985年
モザイク型 Si (Li) 半導体検出器によるオーロラX線撮像観測計画
中本 淳, 村上浩之, 奥平清昭, 平島 洋, 山上隆正, 太田茂雄, 並木道義, 西村 純, 小玉正弘, 宮岡 宏, 佐藤夏雄, 藤井良一
南極資料   87, 32-45   1985年   [査読有り]
オーロラX線撮像観測装置
中本 淳, 村上浩之, 奥平清昭, 平島 洋, 山上隆正, 太田茂雄, 並木道義, 西村 純, 小玉正弘, 宮岡 宏, 佐藤夏雄, 藤井良一
宇宙観測シンポジウムプロシーディングス   77-78   1985年
南極ロケットS-310JA搭載粒子観測器によるオーロラ粒子のエネルギー分布
江尻全機, 山岸久雄, 宮岡 宏, 向井利典, 賀谷信幸
宇宙観測シンポジウムプロシーディングス   57-58   1985年
惑星探査用高集積度素子の開発報告 ---- 高周波プラズマ波動受信機中間周波段のIC化 ----
大家 寛, 森岡 昭, 小原隆博, 宮岡 宏
宇宙観則シンポジウムプロシーディングス   169-170   1984年
Spectral characteristics of VLF emissions observed by  B15-4N balloon launched from Esrange in Sweden
Ono, T., H. Miyaoka and M. Ejiri
Mem. Natl Inst. Polar Res.   Spec. Issue, 31, 156-168   1984年   [査読有り]
Balloon observations of auroral X-rays at Esrange, Sweden and related phenomena
Hirashima, Y., H. Murakami, K. Okudaira, M. Fujii, J. Nishimura, T. Yamagami, M. Ejiri, H. Miyaoka, T. Ono and M. Kodama
Mem. Natl Inst. Polar Res.   Spec. Issue, 31, 144-155   1984年   [査読有り]
Observations of MF-HF plasma wave emissions in active auroras by the sounding rocket experiments at Syowa Station
Miyaoka, H. and H. Oya
Achievements of the International Magnetospheric Study (IMS)   521-524   1984年
北極域におけるオーロラX線撮像観測
平島 洋, 村上浩之, 奥平清昭, 藤井正美, 西村 純, 山上隆正, 小玉正弘, 江尻全機, 宮岡 宏, 小野高幸
大気球シンポジウムプロシーディングス   131-134   1983年
SAMBO-82 北極域大気球実験報告
宮岡 宏, 小野高幸, 江尻全機
大気球シン ポジウムプロシーディングス   111-114   1983年
北極域におけるオーロラX線撮像観測
平島 洋, 村上浩之, 奥平清昭, 藤井正美, 西村 純, 山上隆正, 小玉正弘, 江尻全機, 宮岡 宏, 小野高幸
宇宙観則シンポジウムプロシーディングス   172-175   1983年
南極中層大気探査用レーザレーダーの仕様と試験結果
岩坂泰信, 福西 浩, 平沢威男, 宮岡 宏, 藤井良一, 藤原玄夫
MAPシンポジウムプロシーディングス   269-273   1983年
高周波プラズマ波動観測 ---- オーロラキロメートル波の観測を中心に ----
大家 寛, 森岡 昭, 小野高幸, 宮岡 宏, 宮武貞夫
磁気圏・電離圏シンポジウムプロシーディングス   23-31   1982年
EXOS-D 計画: 低エネルギー粒子観測
江尻全機, 山岸久雄, 宮岡 宏, 向井利典, 松本治弥, 賀谷信幸
科学衛星シンポジウムプロシーディングス   331-334   1982年
Wavy patterns of ionospheric electron density profiles triggered by TID --- Observation results of the electron density by TAIYO satellite
Oya, H., T. Takahashi, A. Morioka and H. Miyaoka
J. Geomag. Geoelectr.   34, 509-526   1982年   [査読有り]
EXOS-D 計画 ---- 高周波域プラズマ波動観測 ----
大家 寛, 森岡 昭, 小野高幸, 宮岡 宏, 小原隆博, 宮武貞夫
科学衛星シンポジウムプロシーディングス   217-222   1981年
Observations of MF-HF plasma wave emissions in the polar ionosphere using the antarctic rockets S-310JA-4 and S-310JA-6
Miyaoka, H., H. Oya and S. Miyatake
Mem. Natl Inst. Polar Res.   Spec. Issue, 18, 462-490   1981年   [査読有り]
じきけん(EXOS-B)で観測されたSubsidiary UHR Emissions
大家 寛, 森岡 昭, 宮岡 宏
宇宙観則シンポジウムプロシーディングス   456-458   1980年
JIKIKEN(EXOS-B)によるType III Solar Radio Burstsの観測
宮岡 宏, 大家 寛, 森岡 昭
宇宙観則シンポジウムプロシーディングス   403-416   1980年
南極ロケット S-210JA-21号機による高周波プラズマ波動スペクトルの観測
大家 寛, 宮岡 宏, 宮武貞夫
南極資料   69, 37-51   1980年   [査読有り]
Type III radio burst observed by JIKIKEN (EXOS-B)
Oya, H., H. Miyaoka and A. Morioka
Highlights of the Japanese IMS Program   370-380   1980年
Plasma wave-particle interaction in the polar ionosphere
Miyaoka, H. and H. Oya
Highlights of the Japanese IMS Program   163-179   1980年
大家 寛, 宮岡 宏, 宮武 貞夫
南極資料   64 30-41   1979年2月
南極ロケットS-310JA-1,2号機に搭載されたPWHにより,南極域電離層におけるHF帯電波スペクトルの観測が行なわれた.電子サイクロトロン周波数以下の周波数帯域およびUHR周波数近傍に狭帯域の顕著なエミッションが観測された.これらのエミッションは数keVレンジの電子フラックスとの対応がよく,このエネルギー範囲の降下電子によるビーム不安定の結果,励起された静電的電子サイクロトロン波と考えられる.1および2号機で観測されたスペクトルの違いは,それぞれの発射時におけるサフストームフェイスの相...
南極ロケットS-310JA-1, 2号機による高周波帯電波放射の観測 ---- PWHの観測結果
大家 寛, 宮岡 宏, 宮武貞夫
南極資料   69, 37-51   1979年   [査読有り]
ビームによる波の励起(線形理論)---- AKR発生機構に関 連して
宮岡 宏, 大家 寛
磁気圏シンポジウムプロシーディングス   103-113   1979年
Theory on effects of resonance scattering conversion of the planetary radio waves due to turbulent plasma
Oya, H. and H. Miyaoka
Proceedings of the planetary plasmasphere and magnetosphere symposium   1-34   1979年
Characterristics of the low latitude ionosphere observed by TAIYO --- Brief report
Oya, H., T. Takahashi, A. Morioka and H. Miyaoka
Sci. Rep. Tohoku Univ.   Ser. 5, Geophysics, 26, 21-26   1979年

Misc

 
市川隆, 小原隆博, 笠羽康正, 吉田和哉, 持田灯, 板由房, 坂野井健, 中川広務, 大風翼, 沖田博文, 小山拓也, 中井直正, 瀬田益道, 高遠徳尚, 本山秀明, 宮岡宏, 金高義, 香川博之
日本天文学会年会講演予稿集   2013 264   2013年8月
宮岡宏
日本臨床環境医学会学術集会プログラム・抄録集   22nd 9-10   2013年5月
山岸久雄, 門倉昭, 宮岡宏, 岡田雅樹, 行松彰, 小川泰信, 田中良昌
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   4th ROMBUNNO.OS,YAMAGISHIHISAO,2,V2   2013年
小川泰信, 宮岡宏, 坂野井健, 鈴木臣, 門倉昭, 田口真
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   4th ROMBUNNO.OS,OGAWAYASUNOBU,1   2013年
門倉昭, 福田陽子, 井智史, 宮岡宏, 山岸久雄, 佐藤夏雄
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   134th ROMBUNNO.R006-06   2013年
宮岡宏, 野澤悟徳, 小川泰信, 大山伸一郎, 中村卓司, 藤井良一
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   4th ROMBUNNO.OS,MIYAOKAHIROSHI,1,V2   2013年
門倉昭, 山岸久雄, 行松彰, 宮岡宏, 岡田雅樹, 小川泰信, 田中良昌, 片岡龍峰, 海老原祐輔, 元場哲郎
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   4th ROMBUNNO.S,KADOKURAAKIRA,2,V2   2013年
田中良昌, 小川泰信, 門倉昭, 山岸久雄, 宮岡宏, GUSTAVSSON Bjoern, PARTAMIES Noora, WHITER Daniel, BRAENDSTROEM Urban
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   4th ROMBUNNO.OS,TANAKAYOSHIMASA,1   2013年
門倉昭, 元場哲郎, 細川敬祐, 田口真, 宮岡宏, 佐藤夏雄
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   4th ROMBUNNO.OS,KADOKURAAKIRA,1,V2   2013年
宮岡宏, 野澤悟徳, 小川泰信, 大山伸一郎, 中村卓司, 藤井良一
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   134th ROMBUNNO.R005-P045   2013年
中井直正, 市川隆, 瀬田益道, 本山秀明, 宮岡宏
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   4th ROMBUNNO.S,NAKAINAOMASA,1   2013年
宮岡宏, 野澤悟徳, 小川泰信, 大山伸一郎, 藤井良一
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   132nd ROMBUNNO.B005-22   2012年
宮岡宏
南極資料   55(1) 1-43   2011年3月
宮岡宏, 野澤悟徳, 小川泰信, 大山伸一郎, 藤井良一, 佐藤夏雄
極域科学・宙空圏・気水圏・生物・地学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2011 ROMBUNNO.C.UA02.MIYAOKAHIROSHI   2011年
山岸久雄, 門倉昭, 宮岡宏, 行松彰, 岡田雅樹, 小川泰信, 田中良昌, 元場哲郎, 才田聡子
極域科学・宙空圏・気水圏・生物・地学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2011 ROMBUNNO.C.UA06.YAMAGISHIHISAO   2011年
第40次日本南極地域観測隊越冬報告1999-2000
宮岡 宏
南極資料   Vol.55、No1、1-43   2011年
小川泰信, 野澤悟徳, 宮岡宏, 大山伸一郎, 齊藤昭則, 元場哲郎, 藤井良一
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   128th ROMBUNNO.B010-05   2010年
宮岡宏, 野澤悟徳, 小川泰信, 大山伸一郎, 藤井良一, TURUNEN Esa
極域科学・宙空圏・気水圏・生物・地学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2010 ROMBUNNO.UO008   2010年
久保田賢, 大山伸一郎, 野澤悟徳, BREKKE Asgeir, 津田卓雄, 塩川和夫, 大塚雄一, 宮岡宏, 堤雅基, 小川泰信, LARSEN Miguel, 栗原純一, 山本真行, 森永隆稔, 藤井良一
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   128th ROMBUNNO.B005-P030   2010年
大山伸一郎, 塩川和夫, 野澤悟徳, 津田卓雄, 栗原純一, 小川泰信, 宮岡宏, 大塚雄一, 堤雅基, 栗原宜子
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   126th ROMBUNNO.B005-18   2009年
宮岡宏, 野澤悟徳, 小川泰信, 大山伸一郎, 藤井良一, 佐藤夏雄
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   126th ROMBUNNO.B005-44   2009年
小川泰信, 宮岡宏, 藤井良一, 野澤悟徳, 大山伸一郎, 平原聖文, 坂野井健, 阿部琢美, 小野高幸, 細川敬祐, 門倉昭, 行松彰
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   124th ROMBUNNO.S001-04   2008年
堤雅基, 山岸久雄, 宮岡宏, 門倉昭, 小川泰信, 行松彰, 岡田雅樹, 冨川喜弘, 佐藤薫, 佐藤亨, 齊藤昭則, 西村耕司, 山内恭, 麻生武彦, 江尻全機, 阿保真, 中村卓司, 川原琢也, 水野亮
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   124th ROMBUNNO.S001-02   2008年
第48次南極地域観測隊夏期行動報告2006-2007
小達恒夫、野元堀隆、宮岡 宏
南極資料   Vol.52, No.2, 251-290   2008年
佐藤由佳, 小野高幸, 飯島雅英, 佐藤夏雄, 門倉昭, 宮岡宏
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   122nd ROMBUNNO.B006-30   2007年
宮岡宏, 竹下秀, 海老原祐輔
地球惑星科学関連学会合同大会予稿集   1998 147   1998年5月
海老原祐輔, 江尻全機, 岡田雅樹, 宮岡宏
地球惑星科学関連学会合同大会予稿集   1998 168   1998年5月
瀧沢博和, 森岡昭, 三沢浩昭, 佐藤夏雄, 宮岡宏
地球惑星科学関連学会合同大会予稿集   1998 157   1998年5月
瀧沢博和, 森岡昭, 三沢浩昭, 高橋幸弘, 宮岡宏, 佐藤夏雄
地球惑星科学関連学会合同大会予稿集   1997 421   1997年3月
横山信博, 上出洋介, 宮岡宏, RICH F J
地球惑星科学関連学会合同大会予稿集   1997 829   1997年3月
麻生武彦, 浦島智, 藤田淳文, 橋本岳, 安陪稔, 江尻全機, 宮岡宏, STEEN A, BRAENDSTROEM U, GUSTAVSSON B
地球惑星科学関連学会合同大会予稿集   1997 417   1997年3月
麻生武彦, 浦島智, 藤田淳文, 安陪稔, 江尻全機, 宮岡宏, STEEN A, BRAENDSTROEM U, GUSTAVSSON B
電気関係学会関西支部連合大会講演論文集   1996 G309   1996年11月
麻生武彦, 安陪稔, 橋本岳, 江尻全機, 宮岡宏
立石科学技術振興財団助成研究成果集   (5) 8-13   1996年9月
瀧沢博和, 森岡昭, 宮岡宏
地球惑星科学関連学会合同大会予稿集   1996 231   1996年3月
小野高幸, 森岡昭, 大家寛, 中川朋子, 小原隆博, 岡田達明, 丸橋克英, 宮岡宏, 小林香
科学衛星・宇宙観測シンポジウム   4th 144-147   1995年12月
横山信博, 上出洋介, 宮岡宏, RICH F J, SINGER H J
地球惑星科学関連学会合同大会予稿集   1994 570   1994年3月
宮岡宏, 江尻全機
地球惑星科学関連学会合同大会予稿集   1994 545   1994年3月
Sato Natsuo, Uchida Kunio, Saka Osuke, Yamaguchi Kanji, Iguchi Sachihiko, Aoki Teruo, Miyaoka Hiroshi
JARE data reports   169 1-212   1991年3月
SATO Natsuo, UCHIDA Kunio, SAKA Osuke, YAMAGUCHI Kanzi, IGUCHI Sachihito, AOKI Teruo, MIYAOKA Hiroshi
JARE data reports. Upper atmosphere physics   8 1-212   1991年3月
Miyaoka Hiroshi, Uchida Kunio, Mukai Hiroyuki, Saito Hiroaki, Akamatsu Junpei, Shibuya Kazuo, Sakai Ryoki, Ayukawa Masaru, Sato Natsuo
JARE data reports   159 1-306   1990年3月
MIYAOKA Hiroshi, UCHIDA Kunio, MUKAI Hiroyuki, SAITO Hiroaki, AKAMATSU Junpei, SHIBUYA Kazuo, SAKAI Ryoki, AYUKAWA Masaru, SATO Natsuo
JARE data reports. Upper atmosphere physics   7 1-306   1990年3月
平島 洋, 中本 淳, 村上 浩之, 鈴木 裕武, 奥平 清昭, 山上 隆正, 太田 茂雄, 並木 道義, 西村 純, 小玉 正弘, 宮岡 宏, 佐藤 夏雄, 藤井 良一
年会講演予稿集   42(1)    1987年3月
Summary Report on International Balloon Campaign in  Sweden and Norway, 1980-1982
Fukunishi, H. and H. Miyaoka
278p   1984年
Upper Atmosphere Physics Data, Syowa and Asuka Stations, 1987
Miyaoka, H., K. Uchida, H. Mukai, H. Saito, J. Akamatsu, K. Shibuya, R. Sakai, M. Ayukawa and N. Sato
JARE Data Reports   Upper atmosphere physics 7,-1-306, 1990-03   1990年

講演・口頭発表等

 
Advancement of geospace and atmospheric sciences with EISCAT_3D
宮岡 宏、野澤 悟徳、小川 泰信、大山 伸一郎、中村 卓司、藤井 良一、クレイグ・ヘインゼルマン
日本地球惑星科学連合2014年大会 パシフィコ横浜   2014年4月30日   
EISCAT_3D(次世代欧州非干渉散乱レーダー)計画の進捗状況(2)
宮岡宏、野澤悟徳、小川泰信、大山伸一郎、中村卓司、藤井良一
地球電磁気・地球惑星圏学会2013年秋学会 高知大学   2013年11月   
EISCAT_3D計画の現状と日本が目指すサイエンス
宮岡宏、野澤悟徳、小川泰信、大山伸一郎、中村卓司、藤井良一
第7回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム、 京都大学   2013年9月13日   
EISCAT3D(次世代欧州非干渉散乱レーダー計画)
宮岡宏、野澤悟徳、小川泰信、大山伸一郎、中村卓司、藤井良一、クレイグ・ヘインゼルマン
日本地球惑星科学連合2013年大会 幕張メッセ   2013年5月   
EISCAT-Japan collaborative studies drived by EISCAT 3D radars
宮岡宏, 野澤悟徳, 小川泰信, 大山伸一郎, 中村卓司, 藤井良一, クレイグ・ヘインゼルマン
日本地球惑星科学連合2013年大会 幕張メッセ   2013年5月   
EISCAT-Japan collaborative studies drived by EISCAT/EISCAT_3D radars
宮岡 宏、野澤 悟徳、小川 泰信、大山 伸一郎、藤井 良一、クレイグ・ヘインゼルマン
第3回国際北極研究シンポジウム(ISAR-3)   2013年1月15日   
Collaboration of Japan and Norway through the studies of vertical couplings in the arctic atmosphere and to the space [招待有り]
宮岡 宏
"Polar Climate, Ecosystem and Atmospheric Research - Opportunities for Norway-Japan Collaboration”セミナー、ホテル・ニューオータニ   2012年11月2日   
EISCAT3D(次世代欧州非干渉散乱レーダー)計画の進捗状況
宮岡宏、野澤悟徳、小川泰信、大山伸一郎、藤井良一
地球電磁気・地球惑星圏学会2012年秋学会 札幌コンベンションセンター   2012年10月   
EISCAT-Japan collaborative studies in progress toward EISCAT_3D [招待有り]
Miyaoka, H.
Japan-Norway Symposium on Space Sciences in Polar Region, Univ. of Oslo, Norway   2012年6月5日   
EISCAT_3D(次世代欧州非干渉散乱レーダー計画)およびEISCATの現状と今後
宮岡 宏, 野澤 悟徳, 小川 泰信, 大山 伸一郎, 藤井 良一
日本地球惑星科学連合2012年大会、幕張メッセ   2012年5月23日   
次世代欧州非干渉散乱レーダー計画(EISCAT_3D)による大気科学の新展開
宮岡宏、野澤悟徳、小川泰信、大山伸一郎、藤井良一、佐藤夏雄、Esa Turunen
第26回 大気圏シンポジウム、JAXA 宇宙科学研究所、3月2日   2012年   
EISCAT_3D計画の現状
宮岡 宏
EISCAT研究集会, 成蹊大学, 3月23日   2012年   
次世代欧州非干渉散乱レーダー計画(EISCAT_3D)の現況
宮岡宏、野澤悟徳、小川泰信、大山伸一郎 、藤井良一、佐藤夏雄
第2回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所,11月15日    2011年   
国立極地研究所における北極研究活動の概要
宮岡 宏
「北極環境研究の課題と展望」研究集会、国立極地研究所、1月19日   2011年   
EISCAT_3D(次世代欧州非干渉散乱レーダー計画)の現状と今後
宮岡 宏、野澤悟徳、小川泰信、大山伸一郎、 藤井良一、佐藤夏雄
日本地球惑星科学連合2011年大会、幕張メッセ、5月26日   2011年   
EISCAT_3D 計画の現状(Preparatory Phase やロードマップ等)
宮岡 宏
EISCAT研究集会、国立極地研究所、7月26日   2011年   
EISCAT レーダー及びEISCAT_3D 計画の現況とPANSY レーダーとの連携
宮岡 宏、野澤悟徳、小川泰信、大山伸一郎、 藤井良一、佐藤夏雄
南極大型大気レーダー研究集会、東京大学、8月26日   2011年   
EISCATレーダーならびに地上拠点観測に基づく北極圏超高層・中層大気の国際共同研究
宮岡 宏、小川泰信、堤 雅基、門倉 昭、中村卓司、野澤悟徳、大山伸一郎、藤井良一、ほかプロジェクト研究グループ
CAWSES-IIキックオフシンポジウム、京都大学宇治キャンパス「おうばくプラザ」、6月16-17日   2010年   
EISCAT_3D( 次世代欧州非干渉散乱レーダー計画)の現状と今後
宮岡 宏、野澤悟徳、小川泰信、大山伸一郎、 藤井良一、佐藤夏雄、Esa Turunen
第1回極域科学シンポジウム、国立極地研究所、12月2日   2010年   
International collaborative studies on the arctic upper and middle atmosphere based on the EISCAT radar and ground-based observations
Miyaoka, H., Y. Ogawa, M. Tutsumi, A. Kadokura, T. Nakamura, H. Yamagishi, N. Sato, S. Nozawa, S. Oyama, R. Fujii, and the project members
Second International Symposium on the Arctic Research (ISAR-2), Tokyo, 7-9 Dec.   2010年   
統計的モデルに基づく地球科学における逆問題解決手法
宮岡 宏
情報・システム研究機構 新領域融合研究センター 「機能と帰納:情報化時代にめざす科学的推論の形」プロジェクト最終成果報告会、2月8-9日   2010年   
EISCAT-3D計画
宮岡 宏
南極昭和基地大型大気レーダー計画(PANSY)研究集会、国立極地研究所、12月9日   2009年   
EISCAT_3D:次世代欧州非干渉散乱レーダー計画
宮岡宏, 野澤悟徳, 小川泰信, 大山伸一郎, 藤井良一, 佐藤夏雄
地球電磁気・地球惑星圏学会2009年秋学会、金沢大学、9月27日~30日   2009年   
次世代欧州非干渉散乱レーダー計画(EISCAT_3D)の概要
宮岡 宏
第33回極域宙空圏シンポジウム、国立極地研究所、11月12日-13日   2009年   
Ground-based observations in support of rocket experiements in northern Scandinavia and Svalbard conducted by National Institute of Polar Research [招待有り]
Miyaoka, H.
1st Workshop on Norway-Japan Arctic Space Research with Sounding Rockets , The Royal Norwegian Embassy, Tokyo   2009年   
昼側カスプオーロラのフルカラー撮像観測
宮岡 宏、中野 啓、門倉 昭、佐藤夏雄、新海雄一、海老原祐輔、江尻全機
第114回地球電磁気・地球惑星圏学会、富山大学、2003年10月31日~11月3日   2003年   
Micro-scale structures and dynamics of auroral arcs
Miyaoka, H. and Takeshita, S.
XXIII IUGG General Assembly Sapporo, Japan, June 30- July 11   2003年   
Micro-scale structures and dynamics of auroral arcs with a narrow-FOV high speed auroral imager
Miyaoka, H. and Takeshita, S.
地球惑星科学関連学会2003年合同大会、幕張メッセ、2003年5月26日~29日   2003年   
オーロラおよびオーロラ粒子加速域のミクロ/メソスケール構造の解明
宮岡 宏
EISCAT研究の将来に関する研究小集会、極地研、2002年12月   2002年   
オメガバンド/トーチ構造ならびにオーロラストリーマーの衛星地上同時観測
宮岡 宏、岡田雅樹、竹下 秀、佐藤夏雄
地球惑星科学関連学会2002年合同学会、オリンピックセンター、2002年5月   2002年   
オメガバンド/トーチ構造ならびにオーロラストリーマーの衛星地上同時観測
宮岡 宏、岡田雅樹、竹下 秀、佐藤夏雄
第112回地球電磁気・地球惑星圏学会、電気通信大学、2002年11月   2002年   
オメガバンド/トーチならびにオーロラストリーマーの衛星地上同時観測
宮岡 宏、岡田雅樹
第112回地球電磁気・地球惑星圏学会、電気通信大学、11月11日~14日   2002年   
オメガバンド/トーチ構造ならびにオーロラストリーマーの衛星地上同時観測
宮岡 宏、岡田雅樹、竹下 秀、佐藤夏雄
地球惑星科学関連学会2002年合同学会、オリンピックセンター、5月26日~29日   2002年   
Low-latitude aurora on October 20-21, 1989: An interpretation with magnetospheric particle simulation
Miyaoka, H. and M. Ejiri
International Conference on Magnetic Storms, Rikubetsu, Japan, October 6-8, 1994   1994年   
Wave -particle interactiosof broadband electrostatic waves and electron beams observed by Akebono (EXOS-D) in the polar magnetosphere
Miyaoka, H., H. Oya, A. Morioka, H. Fukunishi and T. Mukai
Auroral Plasma Dynamics Workshop, Univ. of Victoria, Canada, 1991.6.17.   1991年   
Low latitude aurorae on October 21, 1989. I
Miyaoka, H., T. Hirasawa, K. Yumoto and Y. Tanaka,
Japan Academy, Tokyo, Japan, March 12, 1990.   1990年   
EISCAT3D(次世代欧州非干渉散乱レーダー)計画の進捗状況
宮岡宏、野澤悟徳、小川泰信、大山伸一郎、藤井良一
札幌コンベンションセンター   

競争的資金等の研究課題

 
昭和57年度:奨励A「極域電離圏および磁気圏における高周波プラズマ波動粒子相互作用の研究」、
平成14-16年度:基盤C「オーロラの微細構造の解析とその生成機構」、
平成21-22年度:新領域融合研究センター融合研究シーズ探索

社会貢献活動

 
ノルウェー・トロムソにおけるオーロラ観測
【講師】  スカンジナビア・セミナー2014 ノルウェー王国大使館  2014年5月22日
オーロラ・シアター番組制作
【運営参加・支援, 実演】  2010年 - 2014年
南極・北極科学館オーロアシアター上映番組制作・公開15本(2010年~現在)
南極・北極からみた地球環境の変化
【講師】  日本臨床環境医学会  2013年6月9日
オーロラ -宇宙からのメッセージ-
【講師】  2013年1月13日
立川市協働企画講座・女性総合センター(2013.1.30)
オーロラものがたり
【講師】  2012年12月24日
企画展スペシャルトーク・佐賀県立宇宙科学館(2012.12.24)
北極から地球をさぐる
【講師】  2012年11月20日
ノルウェーウィーク講演会・東京工業大学(2012.11.20)
ノルウェーにおけるオーロラの観測と研究
【講師】  2012年11月1日
スカンジナビア政府観光局プレスセミナー講演・ホテルニューオータニ(2012.11.1)
悠久の光、南極光
【講師】  オーロラをアートしよう  2012年9月23日
講演・科学技術館(2012.9.23)
南極・北極観測から探る地球環境と宇宙 ─ 地球・宇宙観測のフロンティア ─
【講師】  2012年4月25日
特別講演・獨協大学経済学部(2012.4.25)
聖夜のオーロラ物語2011
【講師】  2011年12月24日
オーロラの科学と南極観測
【講師】  2011年11月21日
SSH講演・埼玉県立不動岡高校(2011.11.21)
オーロラの科学と極地での生活
【講師】  2011年2月20日
とっておきの天文講座・多摩六都科学館(2011.2.20)
聖夜のオーロラ物語
【講師】  2010年12月25日
日本の南極観測と情報通信
【講師】  2010年12月15日
ビジネス異業種交流会セミナー・マルチメディア振興センター(2010.12.15)
南極、北極から探る オーロラ発生のしくみ
【講師】  2009年11月21日
星の講演会・葛飾区郷土と天文の博物館(2009.11.21)
宇宙・地球・オーロラ
【講師】  2009年8月29日
南極・北極科学館サイエンス・カフェ(2009.8.29、2010.12.25、2011.12.24)
講演
【講師】  2008年9月3日
板橋グリーンカレッジ・極地研(2008.9.3)
講演
【講師】  2008年8月30日
蓼科高原セミナー・茅野市民館(2008.8.30)
オーロラの名所 昭和基地
【講師】  板橋区立教育科学館  2008年8月9日
板橋区立教育科学館講演会(2008.8.9)
「南極便り」(連載)
【寄稿】  誠文堂新光社  子供の科学  2007年2月 - 2008年1月
「子供の科学」南極便り(2007年2月~2008年1月)
講演
【講師, その他】  2005年3月13日
信濃町総合会館講演会(2005.3.13)
講義
【講師】  2004年8月20日
サイエンスパートナープログラム講義(2004.8.20)
講演
【講師】  2004年7月25日
越谷市科学技術体験センター科学講演会(2004.7.25)
講演
【講師】  2002年6月21日
呉高専講演会(2002.6.21)
講演
【講師】  2001年9月14日
甲府市自治会館講演会(2001.9.14)
講演
【講師, その他】  1998年8月30日
仙台市科学館講演会(1998.8.30)
他大学等での教育活動
【講師】  1995年4月 - 1997年3月
東海大学工学部航空宇宙学科非常勤講師(1995年4月-1997年3月)講義名:宇宙電磁力学、プラズマ工学

その他

 
複合系・開放系としての地球磁気圏-電離圏-熱圏結合過程の解明、特に領域間の運動量・エネルギー・物質輸送の観点から南北両極域における観測研究をベースに、理論及びモデリング・シミュレーション研究と緊密な連携を図り、結合系を駆動する物理プロセスの定量的な理解を目指す。そのために必要な北極・南極域における拠点観測設備などの観測基盤整備を積極的に推進する。
 
・北極域では、EISCAT/EISCAT3Dレーダーと地上拠点観測、ロケット・衛星共同観測により、特に高い時間・空間分解能による微視的スケールの三次元観測を実現し、磁気圏-電離圏-熱圏結合系モデルの検証と修正を目指した研究を進める。特に、極域上部電離圏は、プラズマキャビティ(オーロラ粒子加速域)と電離圏コールドプラズマの混合領域であり、多くの重要な課題が未解明のまま残されている。このうち、特に
 ①オーロラ粒子加速域の電場・プラズマ三次元構造とその形成機構
 (ミクロ~メソスケールオーロラ構造の起源を探る)
 ②オーロラ粒子加速におけるAlfven波の寄与(エネルギー、持続時間、周期性)
  に関する研究を重点的に進めたい。
このためのアプローチとしては、
 ①衛星(内部磁気圏、極域低高度)観測と連携した地上観測
 (ERG衛星、磁気天頂方向のオーロラ狭視野高解像度観測、ALISによる3Dステレオ観測、EISCATレーダー干渉法による沿磁力線高解像度プラズマ観測など)
 ②三次元構造を定量的に説明する理論・モデリング・シミュレーション研究
 (オーロラ磁力線上の3D-kineticモデルなど)
を国内外の研究者との共同研究として推進する。
・南極域では、アクセスの困難さから観測網の広域展開が容易ではないが、国際協力をベースに、昭和基地SuperDARNレーダーの視野内にあるドームふじ基地、中山基地、南極点基地の全天カメラ・イメージャとの同時観測により、カスプ・極冠域からオーロラ帯にかけて観測されるメソスケール(10km~数100km)のオーロラ現象に伴う磁気圏・電離圏結合過程の空間構造と時間発展の解明を目指す。特にSuperDARNレーダーでは幅広い空間スケールの現象を捉えることができるメリットがあり、オーロラや電離圏擾乱が示すスケール間結合についても観測的に明らかにする。
 このためのアプローチとしては、
 ①昭和基地SuperDARNレーダーのイメージングレーダー化による高解像度観測の実現
 ②ドームふじ基地での無人オーロラ観測と中山基地、南極点基地との連携観測
を第Ⅷ期後半計画として提案しており、これを着実に推進する。