高橋邦夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/29 16:02
 
アバター
研究者氏名
高橋邦夫
所属
情報・システム研究機構
部署
国立極地研究所 研究教育系生物圏研究グループ
職名
助教
学位
理学博士、2004年(総合研究大学院大学)

プロフィール

極域観測歴: (1)平成11年8月:国際共同研究North Water Polynya調査航海に参加 (2)平成13年10月:オーストラリア南極観測隊南極調査航海に参加 (3)平成14年1月:東京大学海洋研究所“白鳳丸”南極海調査航海に参加 (4)平成14年2月:第43次日本南極地域観測隊専用観測船南極海調査航海に参加 (5)平成15年1月:東京水産(現海洋)大学“海鷹丸”南極海調査に参加 (6)平成15年2月:第44次日本南極地域観測隊専用観測船南極海調査航海に参加 (7)平成18年1月:東京海洋大学“海鷹丸”南極海調査に参加 (8)平成20年1月:国際共同研究CEAMARC南極海調査に参加 (9)平成21年1月:東京海洋大学“海鷹丸”南極海調査に参加 (10)平成23年11月:第53次日本南極地域観測隊夏隊 (11)平成25年11月:第55次日本南極地域観測隊夏隊

研究分野

 
 

委員歴

 
2016年9月
 - 
現在
日本プランクトン学会  日本プランクトン学会報編集委員
 
2015年9月
 - 
2016年8月
Convener (session 28) of the 2016 SCAR Open Science Conference
 
2015年5月
 - 
2016年8月
Intarnational Scientific Organising Committee (ISOC) of the 2016 SCAR Open Science Conference, committee member
 
2014年1月
 - 
現在
Southern Ocean Continuous Plankton Recorder Survey (SO-CPR)  Director
 
2014年1月
 - 
現在
SCAR Expert Group on CPR Research  Chief Officer
 

受賞

 
2014年
第29回北方圏国際シンポジウム 青田昌秋賞・海洋生物学部門 Sea ice may be a direct food source for fish.
受賞者: Motoha Ojima, Kunio T. Takahashi, Takahiro Iida, Atsushi Tanimura, Naho Miyazaki, Masato Moteki, Tsuneo Odate
 
2010年
XXXI SCAR Open Science Conference. Best Oral Presentation. The variability of zooplankton distribution patterns between nine seasons along the 110ºE and 150ºE meridian in the Southern Ocean.
受賞者: Kunio T. Takahashi, Graham W. Hosie, Tsuneo Odate and Mitsuo Fukuchi
 

論文

 
Intra-annual seasonal variability of surface zooplankton distribution patterns along a 110°E transect of the Southern Ocean in the austral summer of 2011/12.
Kunio T. Takahashi, Graham W. Hosie and Tsuneo Odate
Polar Science   12 46-58   2017年   [査読有り]
Variability of the fauna within drifting sea ice floes in the seasonal ice zone of the Southern Ocean during the austral summer.
Motoha Ojima, Kunio T. Takahashi, Takahiro Iida, Masato Moteki, Naho Miyazaki, Atsushi Tanimura and Tsuneo Odate
Polar Science   12 19-24   2017年   [査読有り]
Ecosystem studies in the Indian Ocean sector of the Southern Ocean undertaken by the training vessel Umitaka-maru.
Masato Moteki, Tsuneo Odate, Graham W. Hosie, Kunio T. Takahashi, Kerrie Swadling, Atsushi Tanimura
Polar Science   12 1-4   2017年   [査読有り]
The vertical distribution and abundance of copepod nauplii and other micro- and mesozooplankton in the seasonal ice zone of Lützow-Holm Bay during austral summer of 2009.
Kunio T. Takahashi, Motoha Ojima, Atsushi Tanimura, Tsuneo Odate and Mitsuo Fukuchi
Polar Biology   40 79-93   2017年   [査読有り]
Interannual variability in euthecosomatous pteropods (Limacina spp.) in the Indian sector of the Southern Ocean during austral summer.
Yuko Nishizawa, Hiroshi Sasaki and Kunio T. Takahashi
Antarctic Record   60 35-48   2016年   [査読有り]

Misc

 
Plankton samplings by the training vessel Umitaka-maru in the Indian sector of the Southern Ocean in the austral summer of 2016.
Hisae Sakurai, Masato Moteki, Kaori Uchiyama, Kohei, Mizobata, Keishi Shimada, Hajime Izumida, Hiromasa Kamata, Ryosuke Makabe, Kunio T. Takahashi, Atsushi Tanimura and Tsuneo Odate
JARE Data Rep   361 (Mar. Biol. 62)    2017年
Biogeochemical properties of seawater measured from the icebreaker Shirase during the 57th Japanese Antarctic Research Expedition in the austral summer, 2015–2016.
Tomomi R. Takamura, Kunio T. Takahashi, Ryusuke Makabe, and Tsuneo Odate
JARE Data Rep   353 (Mar. Biol. 61)    2016年
Zooplankton sampling during the 57th Japanese Antarctic Research Expedition in austral summer 2015–2016.
Kunio T. Takahashi, Tomomi R. Takamura, Ryusuke Makabe and Tsuneo Odate
JARE Data Rep   352 (Mar. Biol. 60)    2016年
Zooplankton sampling during the 56th Japanese Antarctic Research Expedition in austral summer 2014–2015.
Kunio T. Takahashi, Tomomi R. Takamura, Takahiro Iida and Tsuneo Odate
JARE Data Rep   351 (Mar. Biol. 59)    2016年
Plankton samplings by the training vessel Umitaka-maru in the Indian sector of the Southern Ocean in the austral summer of 2015.
Hisae Sakurai, Kazuo Amakasu, Tetsuo Iwami, Kaori Uchiyama, Keishi Shimada, Naho Miyazaki, Masato Moteki, Takahiro Iida, Ryosuke Makabe, Atsushi Tanimura, Kunio T. Takahashi and Tsuneo Odate
JARE Data Rep   350 (Mar. Biol. 58)    2016年

書籍等出版物

 
低温環境の科学事典
高橋邦夫 (担当:共著, 範囲:4-3 南極の動物プランクトン)
朝倉書店   2016年7月   
南極海に生きる動物プランクトン -地球環境の変動を探る-
福地光男・谷村篤・高橋邦夫 (担当:共著)
成山堂書店   2014年   

講演・口頭発表等

 
南大洋インド洋区における動物プランクトンの変動
高橋邦夫、谷村篤、小達恒夫、グラハム・ホージー
日本海洋学会秋季大会   2013年9月   
Comparison of abundance and biomass of dominant copepods around Lützow-Holm Bay since 1983-2008.
Kunio T. Takahashi, Motoha Ojima, Tsuneo Odate, Atsushi Tanimura, Mitsuo Fukuchi
XIth SCAR Biology Symposium.   2013年7月   
Eugregarines parasite levels within the digestive tract of the two Antarctic eupahusiids Euphausia superba and Euphausia crystallorophias.
Kunio T. Takahashi
The 34th Symposium on Polar Biology.   2012年11月   
Comparison of eugregarine parasite levels in the two Antarctic euphausiid Euphausia superba and Euphausia crystallorophias.
Kunio T. Takahashi
The Crustacean Society Summer Meeting.   2012年6月   
JAREモニタリング観測における動物プランクトン群集の中長期的変動解析
高橋邦夫、小達恒夫、福地光男、グラハム・ホージー、谷村篤
日本海洋学会春季大会シンポジウム「南極海洋研究の進展と近未来の研究計画の立案に向けて」   2012年3月   

競争的資金等の研究課題

 
南大洋センティネル研究-日豪共同によるインド洋区生態系のベンチマーク2020-
科学研究費補助金(基盤研究(A)海外学術調査)
研究期間: 2017年 - 2021年    代表者: 小達恒夫
地域スケール及び周極全体スケールの相互比較から探る南極海動物プランクトン群集変動
科学研究費補助金(基盤研究(B)一般)
研究期間: 2016年 - 2020年    代表者: 高橋邦夫
南大洋の氷縁域におけるハダカイワシ仔魚の初期生活史と餌料環境動態
科学研究費補助金(基盤研究(B)海外学術調査)
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 茂木正人
南極海洋生態系センティネル研究-事前観測-
科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 小達恒夫
南極湖沼の動物相:温暖化にたいして極地動物は生き残れるのか
科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 斉藤裕美

社会貢献活動

 
小平西町図書館 子ども科学講演会
【講師】  2016年3月
創価中学校 環境教室
【講師】  2016年2月
南極・北極科学館サイエンスカフェ
【講師】  2016年2月
冨山房サイエンスカフェ
【講師】  2015年8月21日
神奈川県研修講座
【講師】  2010年8月