西山尚典

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/10 10:24
 
アバター
研究者氏名
西山尚典
所属
国立極地研究所
部署
研究教育系 宙空圏研究グループ
職名
助教
学位
博士(理学)(東北大学)
その他の所属
総合研究大学院大学

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
国立極地研究所 助教
 
2016年11月
 - 
2017年3月
第58次南極地域観測隊 夏隊(重点研究観測部門)
 
2015年1月
 - 
2015年3月
国立極地研究所 特任助教
 
2013年4月
 - 
2015年1月
国立極地研究所 特任研究員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2010年4月
 - 
2013年3月
東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻 博士課程後期
 
2008年3月
 - 
2010年3月
東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻 博士課程前期
 
2004年4月
 - 
2008年3月
東北大学理学部物理学科
 

受賞

 
2013年3月
東北大学大学院 総長賞
 
2009年9月
地球電磁気・地球惑星圏学会 学生発表賞(オーロラメダル) れいめい衛星観測に基づくパルセーティングオーロラの降下電子ソース領域と生成メカニズム
 

競争的資金等の研究課題

 
近赤外波長領域で開拓する地上オーロラ光学観測:昼側磁気圏可視化への挑戦
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(A)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 西山尚典
衛星・地上複合観測と計算機実験によるオーロラ微細電流系の生成メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費DC2
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 西山尚典
本研究では,脈動オーロラ(以下,PA)のスケール横断特性の統計的性質を議論するために,2011年12月から2012年2月に観測された53例のイベントの解析を行った.用いたデータはアラスカ州フェアバンクス にて昨年2011年11月末から2012年4月上旬まで行った高速EMCCDカメラ(視野49×49°, 100 fps)の地上観測によるものである.解析の結果,PAの高速変調成分は1.5-3.3 Hzの周波数に分布し,先行研究である
Royrvik and Davis. [197...

論文

 
Nishiyama T., Y. Miyoshi, Y. Katoh, T. Sakanoi, R. Kataoka, and S. Okano
Journal of Geophysical Research   121 2360-2373   2016年3月   [査読有り]
Nishiyama, T., K. Sato, T. Nakamura, M. Tsutsumi, T. Sato, M. Kohma, K. Nishimura, Y. Tomikawa, M. K. Ejiri, and T. T. Tsuda
Geophysical Research Letters   42    2015年3月   [査読有り]
Nishiyama, T., T. Sakanoi, Y. Miyoshi, D. L. Hampton, Y. Katoh, R. Kataoka, and S. Okano
Journal of Geophysical Research   119    2014年4月   [査読有り]
Nishiyama, T., T. Sakanoi, Y. Miyoshi, R. Kataoka, D. Hampton, Y. Katoh, K. Asamura, and S. Okano
Journal of Geophysical Research   117    2012年10月   [査読有り]
Nishiyama, T., T. Sakanoi, Y. Miyoshi, Y. Katoh, K. Asamura, S. Okano, and M. Hirahara
Journal of Geophysical Research   116    2011年3月   [査読有り]
Kogure M., T. Nakamura, M. K. Ejiri, T. Nishiyama, Y. Tomikawa, M. Tsutsumi, H. Suzuki, T. T. Tsuda, T. D. Kawahara, and M. Abo
J. Geophys. Res. Atmos   122    2017年7月   [査読有り]
Tsuda T. T., T. Nakamura, M. K. Ejiri, T. Nishiyama, K. Hosokawa, T. Takahashi, J. Gumbel, J. Hedin
Geophysical Research Letters      2017年4月   [査読有り]
Yoko Fukuda, Ryuho Kataoka, Yoshizumi Miyoshi, Yuto Katoh, Takanori Nishiyama, Kazuo Shiokawa, Yusuke Ebihara, Donald Hampton, and Naomoto Iwagami
Polar Science   in press    2016年4月   [査読有り]
Tsuda, T., T. et al.
Geophysical Research Letters   42(21) 9190-9196   2015年11月   [査読有り]
Miyoshi, Yo, S. Saito, K. Seki, T. Nishiyama, R. Kataoka, K. Asamura, Y. Katoh, Y. Ebihara, T. Sakanoi, M. Hirahara, S. Oyama, S. Kurita, and O. Santolik
Journal of Geophysical Research   120    2015年9月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Pulsating aurora in the noon to dusk side during Summer Solstice Storm 2015 based on Syowa and Van Allen Probes observations
Nishiyama T., A. Kadokura, Y. Tanaka, Y. Miyoshi, S. Kurita, M. Okada, H. Yamagishi
The Seventh Symposium on Polar Science   2016年11月29日   
2015年6月磁気嵐中に昼 - 夕方側で観測された脈動オーロラの特性 : 昭和基地とVan Allen Probes観測に基づく事例報告
西山 尚典 , 門倉 昭 , 三好 由純 , 栗田 怜 , 田中 良昌 , 岡田 雅樹, 山岸久雄
第140回地球電磁気・地球惑星圏学会, R006-P60, 九州大学(福岡)   2016年11月20日   
Time and height variability of Fe-layer in the Mesosphere and the Lower Thermosphere region at NIPR (36°N, 140°E)
西山尚典, 江尻省, 津田卓雄, 高橋透, 津野克彦, 阿保真, 川原琢也, 小川貴代, 和田智之, 中村卓司
第140回地球電磁気・地球惑星圏学会, R005-P07, 九州大学(福岡)   2016年11月21日   
Comparison study between polar mesosphere winter echo, CNA and electron density in the mesosphere based on the PANSY radar
Nishiyama, T., K. Sato, T. Nakamura, M. Tsutsumi, T. Sato, K. Nishimura, Y. Tanaka, Y. Tomikawa, M. Kohma
International Symposium on the Whole Atmosphere (ISWA), Ito Hall, The University of Tokyo, Tokyo, Japan   2016年9月15日   
Comparison study between coherent radar echo and empirically-modeled electron density in the mesosphere based on the PANSY radar
Nishiyama, T., K. Sato, T. Nakamura, M. Tsutsumi, T. Sato, K. Nishimura, Y. Tanaka, Y. Tomikawa, M. Kohma
日本地球惑星科学連合2016年大会, PEM09-P14, 幕張メッセ(千葉)   2016年5月23日   
Time and height variability of temparature in Mesosphere and Lower Thermosphere region based on resonance scattering lidar measurement at NIPR (36°N, 140°E)
Nishiyama, T., M. K. Ejiri, T. T. Tsuda, K. Tsuno, M. Abo, T. D. Kawahara, T. Ogawa, S. Wada, T. Nakamura
日本地球惑星科学連合2016年大会, PEM03-P10, 幕張メッセ(千葉)   2016年5月22日   
Dusk 側に発生した脈動オーロラ事例報告:”Summer Solstice Storm 2015” におけるRBSP衛星と地上データ解析
西山尚典、門倉昭、田中良昌、三好由純、栗田怜
平成 27 年度 名古屋大学宇宙地球環境研究所 共同研究集会 脈動オーロラ研究集会   2016年3月2日   
Rayleigh/Raman and Resonance scattering lidar in NIPR
Takanori Nishiyama, Mitsumu K. Ejiri, Takuo T. Tsuda, Makoto Abo, Taku D. Kawahara, Hidehiko Suzuki, Katsuhiko Tsuno and Takuji Nakamura
Workshop on high-resolution simulation and observation in the MLT region   2015年11月20日   
Mesospheric response to magnetic storms as seen by the PANSY radar: Polar Mesosphere Winter Echo during two big magnetic storms in 2015
Takanori Nishiyama, Kaoru Sato, Takuji Nakamura, Masaki Tsutsumi, Toru Sato, Koji Nishimura, Yoshimasa Tanaka, Yoshihiro Tomikawa, and Masashi Kohma
The Sixth Symposium on Polar Science   2015年11月17日   
Energetic particle precipitations impacts on the mesosphere observed by the PANSY radar
T Nishiyama, T Nakamura, K Sato, M Tsutsumi, T Sato, K Nishimura, Y Tanaka, Y Tomikawa and M Kohma
SCOSTEP-WDS Workshop on Global Data Activities for the Study of Solar-Terrestrial Variability   2015年9月29日   

書籍等出版物

 
Fine-scale characteristics of black aurora and its generation process, Auroral Phenomenology and Magnetospheric Processes: Earth and Other Planets, Geophys. Monogr. Ser., vol. 197, edited by A. Keiling et al. 271-278
Sakanoi, T. Y. Obuchi, Y. Ebihara, Y. Miyoshi, K. Asamura, A. Yamazaki, Y. Kasaba, M. Hirahara, T. Nishiyama, and S. Okano (担当:共著)
AGU, Washington, D. C.   2012年1月   

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
サイエンスカフェ:「南極から宇宙を測る」
【講師】  南極・北極科学館  2017年6月2日