南野 奈津子

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/04 13:57
 
アバター
研究者氏名
南野 奈津子
所属
東洋大学
部署
ライフデザイン学部生活支援学科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1998年8月
 - 
1998年12月
Southside Day Nursery Assistant social worker
 
1999年1月
 - 
2000年8月
児童養護施設 至誠学園 養護部 児童指導員
 
2000年11月
 - 
2003年3月
学校法人 滋慶学園 東京医薬専門学校 心理技術科/学生相談室 専任講師
 
2003年4月
 - 
2011年3月
学校法人 滋慶学園 東京福祉専門学校 社会福祉科 専任講師
 
2003年4月
 - 
2011年3月
日本国際社会事業団 ソーシャルワーカー
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
一般財団法人健やか親子支援協会  理事
 
2002年4月
 - 
2010年3月
NPO法人 医療・福祉英語検定協会  試験委員
 
2006年4月
 - 
2011年3月
日本社会福祉士養成校協会 関東甲信越ブロック  運営委員
 
2006年4月
 - 
現在
日本社会福祉士会 国際・滞日外国人支援委員会  委員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
千葉県社会福祉士会  代議員
 

受賞

 
2014年10月
日本保健福祉学会 日本保健福祉学会 第27回学術集会 優秀演題賞 外国籍女性が抱える多層的な福祉課題に関する研究
 

論文

 
移住外国人女性における生活構造の脆弱性に関する研究-子育ての担い手としての立場に焦点をあてて-
南野 奈津子
昭和女子大学人間社会学部紀要   (916) 61-74   2017年3月   [査読有り]
ドメスティックバイオレン ス被害を有する移住外国人 女性の複合的課題の研究
南野 奈津子
日本保健福祉学会誌   23(1) 15-23   2016年9月   [査読有り]
移住外国人女性における国 際離婚と子育てに関する研 究
南野 奈津子
法政大学大学院紀要   (76) 61-75   2016年3月   [査読有り]
近年における多文化子育て家庭の課題及び支援に関する研究動向
大学院紀要   (74) 113-122   2015年3月   [査読有り]
多文化子育て家庭は経済的脆弱性や言葉の壁、家族問題を抱えやすく、かつ労働や地域の支援環境などの影響を受ける。本研究は、今後彼らへの支援を検討するにあたり、支援に関する知見を整理することを目的として、近年の研究動向を概観している。
家庭的保育事業における個別ケアを要する乳幼児及び障害児に関する調査研究
仲本美央 横畑泰希
人間社会学部紀要   (892) 96-104   2015年2月   [査読有り]
家庭的保育事業を実施している自治体を対象として実施した、健康や発達に課題を抱える乳幼児及び障害児の家庭的保育事業の利用の実態に関する調査結果をまとめた。結果として、利用希望も含めて約4割が利用につながるケースだったが、保育士の加配や保育環境整備の困難なども理由となり、受け入れにおける課題があることが見出された。

Misc

 
高校でのスクールソーシャルワーカー活用に関する考察~通信制、定時制、単位制高校など非全日制高校での支援の重要性と高等教育機関適応
東京福祉専門学校紀要   (14) 1-15   2011年9月
少子化の一方で、通信制高校や単位制高校といわれる就学形態が柔軟な高等学校に在籍する生徒数は増加しており、これらの生徒の中には高等教育機関で適応問題を抱える学生の実情を整理した上で、文部科学省その他の調査、専門学校の相談室事例より通信制高校・単位制高校等に通学する高校生が抱える適応課題を整理した上で、スクールソーシャルワーカーがこれらの教育機関で果たしうる役割、そして今後の課題について考察を行った。
滞日外国人支援の実践におけるソーシャルワーカーの課題
原口美佐代 南野奈津子 坂間治子 坪田由紀子 冨田明裕
アジア・太平洋ソーシャルワークセミナー 電子版      2011年6月   [査読有り]
日本社会福祉士会が滞日外国人支援委員会を立ち上げ後行ってきた取り組み、調査、研修などを総括し、その中で浮上した実践機関や実践者が抱える問題、社会福祉士が感じた課題などに対する取り組みの強化の必要性を提言している。
学生相談室活動における福祉職志望学生への学業継続効果の実証的研究
滋慶教育科学研究所 滋慶イースト紀要   (第1号) 46-55   2006年4月
専門学校の福祉系学科に在籍する学生の退学者を減らすためには相談室が持つべき相談機能を明らかにするために、相談室利用者を退学群・非退学群に分け、また精神疾患を抱えつつも卒業した学生群・退学した学生群に分けて分析を行い、本人の特性及び相談室の援助と退学との相関について分析・考察を行い今後の課題を提案した。

書籍等出版物

 
保育の学びを深める子育て支援の実際
南野 奈津子 (担当:共著, 範囲:第12章 諸外国における子育て支援の現状(156-166))
大学図書出版   2017年4月   
外国人の子ども白書
南野 奈津子 (担当:共編者, 範囲:必要な多文化ソーシャルワーク(216-219頁),編集)
明石書店   2017年4月   
子育て支援員研修基本研修テキスト
榊原洋一、汐見稔幸、下泉秀夫、中川信子、藤崎春代、南野奈津子、横山文樹
赤ちゃんとママ社   2016年2月   
厚生労働省による子育て支援員研修のシラバスに準拠したテキスト。子育て世代をめぐる実情や国の取り組みについて概観した。
スクールソーシャルワーク実践技術
米川和雄編著 共著者他 南野奈津子
北大路書房   2015年12月   
滞日外国人に関わる法律と諸問題
子どもの福祉と子育て家庭支援
浅沼裕治 飯田幸恵 石村由利子 石山直樹 伊藤利明 伊藤博美 大林陽子 勝井陽子 児玉敏郎 城真衣子 関谷みのぶ 楯誠 田村禎章 橋本好広 平松喜代江 古川愛梨 南野奈津子 村田康常
みらい   2015年10月   

講演・口頭発表等

 
移住外国人女性の母国でのライフヒストリーと来日後の生活課題との関連に関する研究 ‐福祉的課題を抱えた女性へのインタビューより‐
南野 奈津子
第25回日本社会福祉士会全国大会・社会福祉士学会   2017年6月3日   
介護福祉士資格取得支援講座
外国人住民の自立に向けた包括的支援事業   Asian People's Friendship Society
介護人材受け入れにおいて、外国人住民が果たすべき役割とは
国際シンポジウム 介護人材送り出しにおける課題と外国人住民支援 ―フィリピンとインドネシアの経験に学ぶ―   2016年3月6日   特定非営利活動法人ASIAN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY(APFS)
外国籍住民の貧困の実態
外国籍県民相談等に関する研修会   2016年3月4日   神奈川県立地球市民かながわプラザ
外国人に適用される社会保障、福祉サービスの現状
2015年度 滞日外国人ソーシャルワーク研修   2016年1月30日   日本社会福祉士会

Works

 
福祉英語専門用語集
Glen Goltermann 岡本公子 小松真奈美 南野奈津子   その他   2002年4月
英語で福祉を学ぼう 福祉英語検定試験 3・4級テキスト
Glen Goltermann 斉藤早苗 加藤昌之 片岡嘉子 小野陽子 南野奈津子   その他   2002年4月
福祉・精神保健福祉分野におけるグループワーク実践マニュアル
黒木豊域 古市由希子 斉藤章佳 三浦欣五 長島明子 西村瑞絵 南野奈津子   その他   2006年4月
滞日外国人支援に携わる人材の養成に関する調査研究
冨田明裕 坂間治子 斎藤有香 原口美佐代 大島了 森恭子 南野奈津子    その他   2015年3月
自治体や職能団体等で実施されている多文化ソーシャルワーク実践者の養成研修に関する実態調査及び分析を通じて、多文化ソーシャルワークに携わる人材養成のあり方を提言した。
滞日外国人支援に携わる人材の養成に関する調査研究報告書
冨田明裕 坂間治子 斉藤有香 原口美佐代 大島了 森恭子 南野奈津子   その他   2015年3月

競争的資金等の研究課題

 
低所得者の自立支援に関する調査研究:滞日外国人の支援施策について
社会福祉振興・試験センター 社会福祉振興関係調査研究委託事業: 
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月
日本における滞日外国人の現状(人数、属性、抱える問題など)の整理と福祉関連機関で行われている支援と課題に関するヒアリング調査、そして社会福祉士の意識調査を行い、今後求められる支援に関する提言を行った。
滞日外国人支援の手引き 作成
日本社会福祉弘済会助成事業: 
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月
日本に暮らす外国人の実情、彼らが抱える悩みや問題について概観した上で、社会福祉士及びソーシャルワーカーが外国籍、または多文化背景を持つクライエントを担当する場合について、支援における法的枠組み、支援上の留意点、母子、生活保護など各分野での問題と支援のポイント、そして活用できる社会資源についてまとめ、支援者が知っておくべき基礎的情報を集約した冊子を作製した。
障害児者施設等を中心とする社会福祉士養成教育における実習「前」教育の達成課題に関する調査研究
みずほ福祉助成財団助成事業: 
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月
「社会福祉士養成教育での達成課題に到達するためには学生が実習に行く前にどのような内容をどの程度身に付けることが望ましいと考えられるか、そしてその要請は障害児者施設と他施設に違いはあるのか」を明らかにするために社会福祉施設全般における実習指導者及び障害児者の施設の実習指導者、そして養成校対象に調査・分析を行った。
多文化家族の自立に向けた包括的支援
独立行政法人福祉医療機構(WAMネット): 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 吉成勝男
滞日外国人支援に携わる人材の養成に関する調査
日本社会福祉弘済会: 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 日本社会福祉士会国際・滞日外国人支援委員会

社会貢献活動

 
千葉県我孫子市 保健福祉サービス調整委員
【】  2011年4月 - 現在
ニチイキッズ三軒茶屋保育園運営委員会委員
【】  2014年4月 - 現在
一般財団法人 健やか親子支援協会 理事
【】  2015年4月
狛江市総合戦略推進委員会 委員
【】  2015年8月 - 現在