海堀 昌樹

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/01 02:46
 
アバター
研究者氏名
海堀 昌樹
 
カイボリ マサキ
所属
関西医科大学
部署
医学部
職名
准教授

研究キーワード

 
 

委員歴

 
2010年
   
 
日本消化器外科学会  評議員
 
 
   
 
日本外科代謝栄養学会  評議員
 
2012年
   
 
日本外科代謝栄養学会  教育委員会委員
 
2012年
   
 
日本外科代謝栄養学会  周術期管理ワーキンググループ委員
 
 
   
 
日本臨床外科学会  評議員
 

受賞

 
1998年
学会賞
 
2005年
学会賞
 
2006年
国内学会速報 第10回日本肝臓学会ハイライトニュース
 
2006年
ポスターセッション優秀賞
 
2008年
学会賞
 

Misc

 
Risk factors and outcome of early recurrence after resection of small hepatocellular carcinomas
Kaibori M, Ishizaki M, Saito T, Matsui K, Kwon AH, Kamiyama Y
American journal of surgery   198(1) 39-45   2009年
A review of the prognostic factors in patients with recurrence after liver resection for hepatocellular carcinoma.
Kaibori M, Saito T, Matsui Y, Uchida Y, Ishizaki M, Kamiyama Y
American journal of surgery   193(4) 431-437   2007年
Impact of fresh frozen plasma on hepatectomy for hepatocellular carcinoma.
Kaibori M, Saito T, Matsui K, Yamaoka M, Kamiyama Y
Anticancer research   28(3B) 1749-1756   2008年
Risk factors for different patterns of recurrence after resection of hepatocellular carcinoma.
Kaibori M, Matsui Y, Saito T, Kamiyama Y
Anticancer research   27(4C) 2809-2816   2007年
Influence of transcatheter arterial chemoembolization on the prognosis after hepatectomy for hepatocellular carcinoma in patients with severe liver dysfunction.
Kaibori M, Tanigawa N, Matsui Y, Saito T, Uchida Y, Ishizaki M, Tanaka H, Kamiyama Y
Anticancer research   26(5B) 3685-3692   2006年

講演・口頭発表等

 
Effect of Thiol-containing Molecule Cysteamine on the Induction of Inducible Nitric Oxide Synthase in Hepatocytes
Clinical Nutrition Week 2007 (Annual Conference of American Society for Parenteral and Enteral Nutrition)   2007年   
Effect of Sodium Hydrogen Exchanger Inhibitor on the Induction of Inducible Nitric Oxide Synthase and Nitric Oxide Production in Primary Cultured Hepatocytes
Clinical Nutrition Week 2007 (Annual Conference of American Society for Parenteral and Enteral Nutrition)   2007年   
Effect of Active Hexose Correlated Compound on the Production of Nitric Oxide in Hepatocytes
Clinical Nutrition Week 2007 (Annual Conference of American Society for Parenteral and Enteral Nutrition),   2007年   
Rebamipide, anti-gastric Ulcer drug, upregulates the induction of inducible nitric oxide synthase in interleukin-1b-stimulated hepatocytes
Clinical Nutrition Week 2007 (Annual Conference of American Society for Parenteral and Enteral Nutrition),   2007年   
Effect of Insulin-like Growth Factor-1 on Liver Injury Induced by D-Galactosamine and Lipopolysaccharide in Rats
20th World congress of International Society for Digestive Surgery   2006年   

Works

 
Hepatocyte growth factorによるエンドトキシン血症治療
199900-200100
肝硬変の肝部分切除による肝細胞増殖因子(HGF)の発現に関する研究
200100
肝硬変の肝部分切除による肝細胞増殖因子(HGF)の発現に関する研究
200200
免疫抑制剤FK506のグラフト肝保護作用の解析
200200-200400
Pirfenidoneによる障害肝保護作用の解析
200400-200600
外科侵襲や感染におけるフィブロネクチンの生体保護作用の解明
200400-200600
スタチンによる障害肝のiNOSシグナル伝達系の制御に関する研究
200500-200600
生体部分肝移植術後の血中一酸化窒素代謝物測定による急性拒絶反応の診断
200600
骨髄幹細胞を用いた肝再生療法-自己骨髄細胞を用いた肝切除後の肝再生療法の基礎的検討
200900-201000
自己骨髄細胞を用いた肝切除後肝再生療法
201000-201100
手術後創部痛の完全克服を目的とした埋め込み式持続鎮痛ゲルの開発
2011年4月
ウイルス性肝疾患患者の食事・運動療法とアウトカム評価に関する研究
2011年4月
肝切除後胆汁漏発生ゼロを目指したランダム化比較試験
2012年6月 - 2013年5月
ヒト肝細胞がんに対する増殖型遺伝子組換えウイルスを用いた新治療法の開発研究
2013年4月 - 2014年3月

競争的資金等の研究課題

 
Hepatocyte growth factorによるエンドトキシン血症治療
研究期間: 1999年 - 2001年
肝硬変の肝部分切除による肝細胞増殖因子(HGF)の発現に関する研究
研究期間: 2001年 - 2001年
肝硬変の肝部分切除による肝細胞増殖因子(HGF)の発現に関する研究
研究期間: 2002年 - 2002年
免疫抑制剤FK506のグラフト肝保護作用の解析
研究期間: 2002年 - 2004年
Pirfenidoneによる障害肝保護作用の解析
研究期間: 2004年 - 2006年