毛利 透

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/20 09:40
 
アバター
研究者氏名
毛利 透
所属
京都大学

論文

 
特定秘密保護法と表現の自由
毛利 透
阪口正二郎ほか編『なぜ表現の自由か - 理論的視座と現況への問い』   193-198   2017年6月
表現の自由と民主政 萎縮効果論に着目して
毛利 透
阪口正二郎ほか編『なぜ表現の自由か - 理論的視座と現況への問い』   26-48   2017年6月
インターネット上の匿名表現の要保護性について ― 表現者特定を認める要件についてのアメリカの裁判例の分析
毛利 透
樋口陽一ほか編『憲法の尊厳 奥平憲法学の継承と展開』   187-214   2017年5月
憲法訴訟の実践と理論〔第1回〕- ヘイトデモ禁止仮処分命令事件
毛利 透
判例時報   (2321) 3-9   2017年4月
萎縮効果論と公権力による監視
毛利 透
法学セミナー   (742) 57-61   2016年11月

Misc

 
Disputes about the Legitimacy of the “New” Democratic Constitution in Postwar Japan
Democratization and Constitution in East Asia (国立ソウル大学 2017年6月9日)での報告      2017年6月
Legal Problems of Defamatory Speech on the Internet – From the Perspective of Japanese Law
The 2nd KYOTO-SWISS Symposium 2016 (京都大学 2016年10月31日―11月1日)での報告      2016年11月
Die Rolle von Verfassungsrecht
Toru Mori
1. Deutsch-Japanisches Verfassungsgespräch „Verfassungsentwicklung – Auslegung, Wandlung und Änderung der Verfassung“ (2015年9月14-15日 慶應義塾大学)での報告      2015年9月
Redistribution by Public Sectors and the Change of the Public Law in Japan
毛利 透
International Symposium on Roles of the State in the Non-Profit Transfers. Oct.8, 2014, Kyoto      2014年10月
最近の日本での憲法改正要件をめぐる議論について
毛利 透
台湾大学法律学院・京都大学法学研究科交流シンポジウム、2013年9月17日、国立台湾大学      2013年9月

書籍等出版物

 
『憲法Ⅰ 総論・統治』『憲法Ⅱ 人権』(第2版)
毛利 透ほか (担当:共著)
有斐閣   2017年5月   
トーマス・ヴェスティング『法理論の再興』
毛利 透 (共訳)
成文堂   2015年4月   
グラフィック憲法入門
毛利 透
新世社   2014年   
『統治構造の憲法論』
毛利 透
岩波書店   2014年   
『憲法Ⅱ 人権』
毛利 透・小泉良幸・浅野博宣・松本哲治 (担当:共著, 範囲:第2・6・7・11・12章を担当)
有斐閣   2013年   

講演・口頭発表等

 
憲法の前提としての国家と憲法による国家統合
毛利 透
日本政治思想学会   2014年5月24日   
統治機構を支える自律と統治機構の自律性
毛利 透
全国憲法研究会春季研究集会   2012年5月12日