新川 敏光

J-GLOBALへ         更新日: 14/08/07 03:04
 
アバター
研究者氏名
新川 敏光
所属
京都大学

論文

 
戦後社会保障政策の過程と構造 (特集 社会保障の政策安定の特徴と今後の課題)
新川 敏光
季刊社会保障研究   37(1) 4-16   2001年   [査読有り]
福祉国家の改革原理――生産主義から脱生産主義へ――
新川 敏光
『季刊社会保障研究』,第38巻第2号、120-128頁      2002年   [査読有り]
「カナダ福祉国家研究の地平」
新川 敏光
『大原社会問題研究所雑誌』,519号、1-17頁。      2002年   [査読有り]
グローバル化の中の福祉国家 (特集 グローバリゼーション)
新川 敏光
家計経済研究   (59) 12-20   2003年   [査読有り]
福祉国家の相対化――ガヴァンメントからガヴァナンスへの視座転換
新川 敏光
『季刊社会保障研究』,第41巻第3号、186-199頁。      2005年   [査読有り]

Misc

 
日本型福祉体制の特質と変容 (特集 介護--福祉国家のゆくえ)
新川 敏光
現代思想   28(4) 140-154   2000年3月   [査読有り]
脱福祉国家時代の社会権 (特集=社会の貧困/貧困の社会)
新川 敏光
現代思想   35(11) 118-130   2007年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
『日本型福祉の政治経済学
新川 敏光
三一書房,   1993年   
戦後日本政治と社会民主主義
新川 敏光
法律文化社,   1997年   
階級政治論の再構成
新川 敏光
『複数の近代』小川浩三編(北海道大学図書刊行会)、,339-385頁。   2000年   
日本における福祉国家の新しい政治
新川 敏光
『グローバル化と政治のイノヴェーション』高木郁郎・住沢博紀・T.マイヤー編著(ミネルヴァ書房),214-231頁。   2003年   
『日本社会党: 戦後革新の思想と行動』
新川敏光 (担当:分担執筆)
平成15 年、山口二郎・石川真澄編( 日本経済評論社、2003) 担当部分:「政党 一労組関係の変容と日本社会党の転落75-94 頁。   2003年