岡村 忠生

J-GLOBALへ         更新日: 14/10/07 02:51
 
アバター
研究者氏名
岡村 忠生
所属
京都大学

論文

 
「租税回避行為の規制について」税法学553号185-217頁
岡村忠生
税法学      2005年   [査読有り]
租税回避行為の規制について (〔日本税法学会〕第95回大会シンポジウム--租税回避行為をめぐる諸問題)
岡村 忠生
税法学   185-217   2005年5月   [査読有り]
「収入金額に関する一考察」法学論叢158巻5・6号192-237頁
岡村忠生
京都大学      2006年   [査読有り]
"What do we mean by corporate taxation?", Kyoto Law Journal No.3 No.2 pp31-59
岡村忠生
Kyoto Law Journal      2007年   [査読有り]
「法人課税の意味」岡村忠生編『新しい法人税法』1-59頁(再掲)
岡村忠生
有斐閣      2007年   [査読有り]

書籍等出版物

 
『租税法演習ノート』
岡村 忠生 (担当:共著)
平成17 年度(弘文堂)(佐藤英明・谷口勢津夫・増井良啓・渡辺徹也と共著)   2005年   
『法人税法講義(第2版)』
岡村忠生
成文堂   2006年   
『アルマベーシック税法』
岡村忠生・渡辺徹也・高橋祐介(共著)
有斐閣   2006年   
『租税法演習ノート(補正版)』
岡村忠生・佐藤英明・谷口勢津夫・増井良啓・渡辺徹也(共著)
弘文堂   2006年   
『法人税法講義(第3版)』
岡村忠生
成文堂   2007年   

講演・口頭発表等

 
Taxation and Trusts in the United States and Japan
Sho Sato Conference   2009年3月9日   
Japanese International Tax Policy and Corporate Taxation
Max-Planck-Institut für Geistiges Eigentum, Wettbewerbs- und Steuerrecht   2010年3月10日   
人と資産—キャピタル・ゲイン課税の可能性
第64回租税研究大会   2012年9月