島田 幸典

J-GLOBALへ         更新日: 15/11/20 15:06
 
アバター
研究者氏名
島田 幸典
 
シマダ ユキノリ
所属
京都大学
部署
大学院法学研究科
職名
教授
学位
博士(法学)(京都大学)

論文

 
「極右擡頭におけるイギリス〈例外主義〉の考察―英国国民党(BNP)をめぐって―」
島田 幸典
『法学論叢』   176(5/6) 236-265   2015年3月
【書評】「立憲的動作」の逆説―伏見岳人著『近代日本の予算政治1900-1914―桂太郎の政治指導と政党内閣の確立過程』
島田 幸典
『レヴァイアサン』   (55) 162-165   2014年10月
「超然統治と利益政治―近代ドイツ国制の構造的問題をめぐる考察―」
島田 幸典
『法学論叢』   152(5/6) 359-409   2003年3月
「敵対と合意の政治―近代英国における集産主義的傾向をめぐって」
島田 幸典
『法学論叢』   158(5/6) 342-388   2006年3月
「国家概念の危機と再生―戦後国家理論再考」
島田 幸典
『法学論叢』   160(5/6) 300-340   2007年3月
「国家形成史における「団体」の位相―利益代表・媒介制度の比較史的考察―」(一)~(三)・完
島田 幸典
『法学論叢』   147(1/2/3)    2000年
「民意・代表・公益―議会制を巡る諸観念の比較史的考察」(二)・完
島田 幸典
『法学論叢』   145(2) 28-48   1999年5月
「民意・代表・公益―議会制を巡る諸観念の比較史的考察―」(一)
島田 幸典
『法学論叢』   143(5) 55-80   1998年8月

書籍等出版物

 
『福祉レジーム』新川敏光編(担当箇所:第九章「イギリス「自由主義」レジームの変容と持続」)
島田 幸典
ミネルヴァ書房   2015年11月   ISBN:9784623073887
『民主化とナショナリズムの現地点』玉田芳史・木村幹編(担当箇所:第一章「民主的国制の歴史的規定要因-S・ロッカンの所説を基点として」)
島田幸典
ミネルヴァ書房   2006年3月   ISBN:4623045684
『ポピュリズム・民主主義・政治指導―制度的変動期の比較政治学―』島田幸典・木村幹編(担当箇所:序章「ポピュリズム・民主主義・ 政治指導」・第八章「サッチャー政治における〈ポピュリズム〉―ホールの「権威主義的ポピュリズム」論をめぐって」)
島田幸典
ミネルヴァ書房   2009年10月   ISBN:978-4-623-05542-5
『移民と政治―ナショナル・ポピュリズムの国際比較』河原祐馬・島田幸典・玉田芳史編 (担当箇所:第一章「ナショナル・ポピュリズムとリベラル・デモクラシー―比較分析と理論研究のための視角―」・あとがき)
島田幸典
昭和堂   2011年1月   ISBN:4812210666
『議会制の歴史社会学―英独両国制の比較史的考察』
島田幸典
ミネルヴァ書房   2011年9月   ISBN:978-4-623-06048-1

講演・口頭発表等

 
「再編期自由主義レジームにおける福祉国家と移民―英国を事例として」
島田 幸典
日本政治学会研究大会(早稲田大学、10月12日)「移民政策と福祉再編の政治」における報告   2014年   
「国制・議会・民主主義―英独の比較」
島田 幸典
法学会春季学術講演会   2012年4月19日   
「現代ポピュリズムの位相-その普遍性と多様性-」
島田幸典
日本比較政治学会研究大会(東京外国語大学、6 月20 日)「変動期の政治学」における報告   2010年