脇田 真清

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/02 15:23
 
アバター
研究者氏名
脇田 真清
所属
京都大学

論文

 
Wakita M
Frontiers in human neuroscience   10 656   2016年12月   [査読有り]
Koda H, Tokuda IT, Wakita M, Ito T, Nishimura T
The Journal of the Acoustical Society of America   137(6) 3068-3076   2015年6月   [査読有り]
カラーユニバーサルな学会発表
脇田真清
心理学ワールド   (68) 27-28   2015年1月
Wakita M
Frontiers in human neuroscience   7(937) 937   2014年1月   [査読有り]
サルは話をするか
脇田真清
哲學   (130) 105-126   2013年3月
Wakita M
Animal cognition   15(6) 1205-1209   2012年11月   [査読有り]
サルも絵を観るか
脇田真清
心理学ワールド   (54) 5-8   2011年7月
Wakita M, Hiraishi H
Neuroreport   22(7) 331-336   2011年5月   [査読有り]
Wakita M, Shibasaki M, Ishizuka T, Schnackenberg J, Fujiawara M, Masataka N
Frontiers in behavioral neuroscience   4(JUN) 31   2010年6月   [査読有り]
音楽研究から学ぶ行為の脳機能
脇田真清
生存科学   20(B) 15-25   2010年3月
Wakita M
Animal cognition   11(3) 535-545   2008年7月   [査読有り]
知覚的特徴と認知的特徴の統合
澤田玲子;土居裕和;脇田真清;正高信男
認知科学   15(2) 269-279   2008年6月   [査読有り]
Wakita M
Primates; journal of primatology   45(4) 267-270   2004年10月   [査読有り]
Wakita M
Neuroscience research   50(1) 45-53   2004年9月   [査読有り]
Wakita M
Behavioural processes   67(2) 263-272   2004年9月   [査読有り]
Nakamura H, Le WR, Wakita M, Mikami A, Itoh K
Experimental brain research   155(1) 102-110   2004年3月   [査読有り]
Ohshima M, Hata Y, Ichisaka S, Wakita M, Fukuda M, Kameyama K, Tsumoto T
Journal of neurophysiology   88(4) 2147-2151   2002年10月   [査読有り]
Brain-derived neurotrophic factor expands ocular dominance columns in visual cortex in monocularly deprived and non deprived kittens but does not in adult cats.
Journal of Neuroscience   20(3) RC57   2000年2月   [査読有り]
脳損傷と学習のパラドックス:脳無しラットは能無しか? (特集2 学習と脳)
脇田 真清
行動科学   37(1) 47-54   1998年12月
Compensatory plasticity following neonatal lesion of the auditory cortex
M. Wakita; S. Watanabe
Biomedical Research   18 79-89   1997年   [査読有り]
脇田 真清
78(2) 201-209   1996年8月   [査読有り]
WATANABE, S; SAKAMOTO, J; WAKITA, M
63(2) 165-174   1995年3月   [査読有り]
脇田 真清
11(1) 67-72   1993年6月   [査読有り]
脇田 真清
Behavioral Brain Research   51(2) 211-215   1992年11月   [査読有り]

Misc

 
ocal communication in non-human primates revisited: Small New World monkey, big new horizon? In contributed symposium ‘Marmoset cognition: clue for understanding cognitive evolution in social animals’
脇田 真清
The 31st International Congress of Psychology (Yokohama)      2016年7月
色覚の多様性と学会発表における色の使用. 
脇田真清
日本心理学会第78回大会(京都)      2014年9月
Auditory sequence perception in common marmosets (Callithrix jacchus )
脇田 真清
25th IPS congress (Hanoi)      2014年8月
Auditory sequence perception in common marmosets (Callithrix jacchus)
脇田 真清
日本動物心理学会第74回大会(犬山))      2014年7月
コモンマーモセット(Callithrix jacchus)の音列知覚
脇田真清
日本動物心理学会第73回大会(つくば)      2013年
ヒトとサルは何が違う?ワークショップ「進化と異種比較から見るヒトの聴覚」
脇田真清
日本心理学会第 76 回大会(2012/09/11―13, 川崎市)      2012年   [査読有り]
コモンマーモセット(Callithrix jacchus)における聴覚系列の知覚
脇田 真清
日本動物心理学会第 72 回大会 (2012/05/12-13, 西宮市)      2012年   [査読有り]
左下前頭領域は運動の時間的制御にも関わる
脇田真清
日本心理学会第75回大会 (2011/09/15-17, 東京都)      2011年   [査読有り]
コモンマーモセットにおける聴覚系列弁別
脇田真清
第34回日本神経科学大会 (2011/09/14-17, 横浜)      2011年   [査読有り]
コモンマーモセット(Callithrix jacchus)における分節の聴覚弁別
脇田真清
日本動物心理学会(第71回)(2011/09/08-11, 東京都)      2011年   [査読有り]
コモンマーモセットの聴覚弁別
脇田真清
日本動物心理学会第70回大会 2010年08月28日, 八王子市      2010年8月   [査読有り]
コモンマーモセットによる聴覚弁別
脇田真清
第74回日本心理学会 2010年09月22日, 大阪市      2010年   [査読有り]
ブローカ野は観察する行為の何に反応するのか
脇田真清
日本心理学会第72回大会 (2008/09, 札幌).      2008年   [査読有り]
バイオロジカルモーション知覚に対するオプティックフロー情報の寄与~事象関連電位(ERP)による検討の機能発達と学習メカニズムの解明
澤田玲子, 土居裕和, 脇田真清, 久保(川合)南海子, 正高信男
第3回領域内研究報告会(ポスター発表) (2006年3月, 豊中).      2006年   [査読有り]
NIRSを用いた聴取課題遂行時の前頭前野の酸素化ヘモグロビン変化量測定
平石博敏, 久保(川合)南海子, 福島美和, 脇田真清, 正高信男
第8回日本ヒト脳機能マッピング学会 (2006年3月, 岡崎).      2006年   [査読有り]
NIRSを用いた空間的注意課題における認知方略の検討-おこなっていたのは「注意の転換」か「予期」か?-
久保(川合)南海子, 平石博敏, 脇田真清, 正高信男
日本心理学会第70回大会 (2006年11月, 福岡).      2006年   [査読有り]
NIRS実験における安静時の画像呈示の効果
平石博敏, 脇田真清
第24回日本生理心理学会 (2006年5月, 広島)      2006年   [査読有り]
ニホンザルの胎生初期に高頻度で発現している遺伝子群の網羅的解析
浅岡一雄, 飯田景子, 釜中慶朗, 鈴木樹理, 西村剛, 脇田真清, 渡辺邦夫
第20回日本霊長類学会年会 (2004年7月, 犬山)      2004年   [査読有り]
サルの斜方弁別方略
脇田真清
日本動物心理学会 \n(2004年8月, 大阪)      2004年   [査読有り]
覚醒ザルにおける内因性信号を用いた光学測定
脇田真清
第21回日本生理心理学会大会 (2003年5月, つくば)      2003年   [査読有り]

書籍等出版物

 
動物たちは何を考えている?
脇田真清,日本動物心理学会(編) (担当:分担執筆, 範囲:絵はわかる?)
技術評論社   2015年5月   
新しい霊長類学
脇田真清,京都大学霊長類研究所(編) (担当:分担執筆, 範囲:サルの視力はどれくらいですか?; サルの聴力はどれくらいですか?; サルにも白目はありますか?)
講談社ブルーバックス   2009年   
霊長類進化の科学
脇田真清, 京都大学霊長類研究所(編) (担当:分担執筆, 範囲:サルの脳と行動から考えた)
京都大学学術出版会   2007年