戸田 貴久

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/08 02:53
 
アバター
研究者氏名
戸田 貴久
 
トダ タカヒサ
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域情報・ネットワーク工学専攻、Ⅰ類 (情報系)
職名
助教

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
2008年3月
富士通研究所 自律システム研究部 研究員
 
2012年4月
 - 
2014年2月
JST ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 博士研究員
 
2012年4月
 - 
2014年2月
北海道大学 情報科学研究科 学術研究員
 

学歴

 
2000年4月
   
 
京都大学 工学部 物理工学科
 
2004年4月
 - 
2006年3月
京都大学 人間・環境学研究科 共生人間学
 
2009年4月
 - 
2012年3月
京都大学 人間・環境学研究科 共生人間学
 
 
 - 
2004年3月
京都大学 総合人間学部 基礎科学科
 

委員歴

 
2015年6月
   
 
電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ英文論文誌編集委員会 
 
2015年12月
 - 
2016年1月
電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ 平成27年度論文賞選定委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
情報処理学会 会誌編集委員会専門委員会(基礎・理論分野/FWG)
 
2016年4月
   
 
人工知能学会 企画委員
 
2016年6月
   
 
電子情報通信学会 ED リエゾン委員
 

論文

 
Exploiting Functional Dependencies of Variables in All-Solutions SAT Solvers
Takahisa Toda, Takeru Inoue
Journal of Information Processing   -(-) ---   2017年   [査読有り]
Effective Construction of Compression-based Feature Space
Hisashi Koga, Yuji Nakajima, Takahisa Toda
Proc. of the International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA), October, 2016   -(-) 116-120   2017年2月   [査読有り]
Takahisa Toda
Annals of Mathematics and Artificial Intelligence   79(1) 229-244   2016年   [査読有り]
Implementing Efficient All Solutions SAT Solvers
Takahisa Toda, Takehide Soh
ACM Journal of Experimental Algorithmics   21(1) ---   2016年   [査読有り]
ZDDと列挙問題 - 最新の技法とプログラミングツール
戸田貴久, 斎藤寿樹, 岩下洋哲, 川原純, 湊真一
日本ソフトウェア科学会論文誌 コンピュータソフトウェア   -(-) ---   2016年   [査読有り][招待有り]

書籍等出版物

 
ERATO 湊離散構造処理系プロジェクト (担当:共著, 範囲:第2章)
森北出版   2015年4月   ISBN:978-4627852617

講演・口頭発表等

 
効率的なAllSATソルバーの実装と評価
戸田貴久, 宋剛秀
第19回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2017)   2017年3月   
命題論理式を充足する変数割当の網羅的探索手法について [招待有り]
戸田貴久
人工知能学会 第103回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)   2017年3月8日   人工知能学会
共通要素数を重視したハッシュベース集合間類似検索
板橋 大樹,古賀 久志,Gibran Fuentes Pineda GIBRAN,戸田 貴久
第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016)   2016年   
部分構造の類似性を考慮したMin-Hashベースのグラフ類似検索
宮田昂充,古賀久志,戸田貴久
電子情報通信学会総合大会   2016年   
適応的に類似度を選択する類似画像検索方式
小林 馨,古賀久志,戸田貴久
電子情報通信学会総合大会   2016年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
大規模制約充足問題の全解探索のための実用的な計算基盤の確立とその応用
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 戸田貴久
組合せ最適化の研究助成
株式会社富士通研究所: 研究助成
研究期間: 2016年10月       代表者: 戸田 貴久
決定グラフを用いた超大規模ヒッティング集合の列挙・索引化とその知識発見への応用
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 戸田貴久

特許

 
特願2016-101190 : 状態遷移評価装置、状態遷移評価方法
戸田貴久、井上武