松下 佳世

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/17 19:05
 
アバター
研究者氏名
松下 佳世
 
マツシタ,カヨ
eメール
kayo.matsushitarikkyo.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16H02915/
所属
立教大学
部署
異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科
職名
准教授
学位
文学士(ジャーナリズム)(上智大学文学部新聞学科), 理学修士(ジャーナリズム)(米国コロンビア大学ジャーナリズム大学院), 博士(異文化コミュニケーション)(立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科), PhD (Intercultural Communication)(Graduate School of Intercultural Communication, Rikkyo University), M.S. in Journalism(Graduate School of Journalism, Columbia University), B.A. in Journalism(Department of Journalism, Faculty of Humanities, Sophia University)
その他の所属
立教大学
科研費研究者番号
90746679

プロフィール

朝日新聞記者として国内外の報道に携わったのち、会議通訳者に転身。実務で得た経験を生かし、ニュース・トランスレーションを専門に研究している。教育分野では、通訳翻訳の理論と実践を中心に、学部・大学院で講義と論文指導を行っている。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年9月
 - 
現在
立教大学 異文化コミュニケーション学部・研究科 准教授
 
2016年4月
 - 
2017年3月
立教大学 兼任講師
 
2014年9月
 - 
2017年8月
国際基督教大学 教養学部 准教授
 
2014年4月
 - 
2014年8月
駒澤大学 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
現在
サイマル・アカデミー 講師
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1997年3月
上智大学 文学部 新聞学科
 
2001年7月
 - 
2002年5月
コロンビア大学 ジャーナリズム大学院 ジャーナリズム
 
2011年4月
 - 
2016年3月
立教大学 異文化コミュニケーション研究科 通訳翻訳コミュニケーション
 
2010年4月
 - 
2011年3月
サイマル・アカデミー 同時通訳科 
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
現在
日本通訳翻訳学会  学会誌編集委員
 
2015年10月
 - 
現在
日本通訳翻訳学会  関東支部運営委員
 

受賞

 
2002年5月
Association of Alternative Newsmedia Alternative Newsweekly Awards (feature writing - 1st place) Seven days at ground zero
受賞者: Alberto Armendariz Marina Artusa Manya Brachear Jennifer Cho Matthew Cole Lisa Deaderick Josh Johnson Alexis Loinaz Kayo Masushita Kayode Ogunbunmi Andrea Quong Ian Ritter Luis Sarmiento Michael Scherer Heather Smith Nick Spangler Jessica Ullian
 

論文

 
日本のニュース・トランスレーション実践におけるリスク管理
松下 佳世
立教大学大学院異文化コミュニケション研究科   1-232   2016年1月
政治上の発言を通訳する際のリスク管理--記者会見の日英逐次通訳の考察を通じて--
松下 佳世
通訳翻訳研究   15 1-16   2015年12月   [査読有り]
Risk management as a theoretical framework for analyzing news translation strategies
MATSUSHITA, Kayo
Invitation to Translation Studies   (12) 83-96   2014年10月   [査読有り]
オバマ大統領の演説を日本の新聞はいかに報じたか:直接引用と省略をめぐる考察
松下佳世
日本メディア英語学会学会誌 “Media, English and Communication”   3(通巻第52号) 31-46   2013年8月   [査読有り]

Misc

 
通訳翻訳研究の世界ー「導管モデル」とは何か
松下 佳世
通訳翻訳ジャーナル      2017年8月   [依頼有り]
【ニュース翻訳を考える 】トランプ語が突きつけた課題 2言語併記ルール化の検討も
松下 佳世
Journalism   (325) 70-75   2017年6月   [依頼有り]
世界中いつ、どこでも学べる白熱のオンラインジャーナリズム講座
松下佳世
Journalism   (245) 50-59   2010年10月   [依頼有り]
米・転進記者たちが模索する新たなメディアの形
松下佳世
Journalism   (240) 78-83   2010年5月   [依頼有り]
米ジャーナリスト教育のキーワードは『デジタル』『起業』『コラボレーション』
松下佳世
Journalism   (238) 56-62   2010年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
よくわかるヘルス・コミュニケーション
ミネルヴァ書房   2016年9月   ISBN:9784623077861
通訳になりたい!ゼロからめざせる10の道
松下佳世
岩波書店   2016年4月   ISBN:9784005008308
Kirsten Malmkjær, Elena Zamora, Esther Torres, Lia de Luxán, Sergio Lobejón, Monique Pfau, Kayo Matsushita, Alberto Fuertes, Anthony Pym, Eiko Gyogi (担当:共著, 範囲:Chapter 6: Omission as a key strategy in Japanese news translation: A case study of President Obama's speeches (pp. 77-90))
Cambridge Scholars Publishing   2015年2月   ISBN:978-1-4438-7113-6
Translation is an undeniable part of the global society, in which the retrieval and distribution of information becomes an institutional matter, despite the rise of English as a lingua franca. Translation is, in all cases, composed by the voice of...
奔流中国 21
朝日新聞取材班 (担当:共著)
朝日新聞出版   2008年10月   
地球よ 環境元年宣言
朝日新聞取材班 (担当:共著)
朝日新聞出版   2008年6月   

講演・口頭発表等

 
「変わるメディアの生態系と多極化するニュース翻訳研究」
松下 佳世
日本通訳翻訳学会関東支部例会   2017年6月17日   
Corpus-based Research Utilizing Interpreter-mediated Press Conferences in Japan
松下 佳世
8th Annual International Translation Conference   2017年3月27日   
記者会見通訳の二言語並行コーパスの構築
山田優 (関大), 松下佳世 (ICU), 石塚浩之 (広島修道大), 歳岡冴香 (阪大), Carl Michael (CBS)
言語処理学会第23回年次大会   2017年3月16日   
Interpreter’s risk management in political settings: A case study of press conferences held in Japan
East Asian Translation Studies Conference 2   2016年7月   
政治的発言の逐次通訳におけるリスク管理 としての lengthening
日本通訳翻訳学会年次大会   2015年9月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
記者会見通訳の二言語並行コーパスの構築と応用研究
国際基督教大学: 
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 松下 佳世

社会貢献活動

 
東京地方裁判所法廷通訳人
【その他】  2016年9月 - 現在