野口 真人

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:40
 
アバター
研究者氏名
野口 真人
 
ノグチ マサト
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/d1ff6adfde3b15c13a9fb92e972047b7.html
所属
東北大学
部署
大学院工学研究科 バイオ工学専攻 生体分子化学講座 機能高分子化学分野
職名
助教
学位
博士(東北大学), 修士(東北大学), 学士(東北大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2005年
東北大学 工学研究科 材料化学専攻
 
 
 - 
2002年
東北大学 工学研究科 材料化学専攻
 
 
 - 
2000年
東北大学 工学部 分子化学工学科
 

受賞

 
2014年
第17回日本糖質学会奨励賞
 
2013年
B.B.B.論文賞
 
2010年
高分子研究奨励賞
 

Misc

 
Masato Noguchi, Tsukasa Fujieda, Weu Chun Huang, Masaki Ishihara, Atsushi Kobayashi, Shin-ichiro Shoda
Helvetica Chimica Acta   95(10) 1928-1936   2012年
Naoki Yoshida, Tomonari Tanaka, Masato Noguchi, Atsushi Kobayashi, Kumiko Ishikura, Tatsuya Ikenuma, Hiromu Seno, Takeshi Watanabe, Michinari Kohri, and Shin-ichiro Shoda
Chemistry Letters   41(7) 689-690   2012年
Masato Noguchi , Miwa Nakamura , Ayaka Ohno , Tomonari Tanaka , Atsushi Kobayashi , Masaki Ishihara , Masaya Fujita , Akiko Tsuchida , Mamoru Mizuno and Shin-ichiro Shoda
Chemical Communications   48(45) 5560-5562   2012年
固相合成と大腸菌の連携 均一なヒト型糖鎖構造をもつ糖タンパク質アナログの簡便合成
野口真人
月刊化学 化学同人   66(1) 64-65   2010年
Tomonari Tanaka, Masato Noguchi, Kazuhito Watanabe, Takuya Misawa, Masaki Ishihara, Atsushi Kobayashi and Shin-ichiro Shoda
Organic and Biomolecular Chemistry   8 5126-5132   2010年

書籍等出版物

 
バイオ医薬品開発における糖鎖技術
シーエムシー出版   2011年   
複合糖質の化学と最新応用技術
シーエムシー出版   2009年   
セルロース利用技術の最先端
シーエムシー出版   2008年   
NTS糖鎖の機能開発応用ハンドブック
株式会社エヌ・ティー・エス   2015年   
Glycoscience: Biology and Medicine
Springer   2015年   ISBN:978-4-431-54840-9

講演・口頭発表等

 
水溶液中における無保護糖の還元末端アノマー位選択的な一段階活性化と誘導化
第33回日本糖質学会年会   2014年   
プロピニルオキシトリアジンの環化を伴うグリコシル化反応
日本化学会第94春季年会   2014年   
遊離糖からのフッ化糖の一段階合成
第32回日本糖質学会年会   2013年   
アミノ糖の一段階活性化を用いるグリコシル化反応
日本化学会第93春季年会   2013年   
糖オキサゾリン誘導体の一段階合成を活用したワンポット配糖化反応
第31回日本糖質学会年会   2012年   

Works

 
高重合度キトオリゴ糖誘導体の実用的合成プロセスの開発
2016年 - 2017年
化学‐酵素法を活用した配糖体の保護基フリー合成
2014年 - 2015年
無保護糖からのワンポット/フロースルー配糖体合成法の開発
2013年 - 2014年
新規糖鎖固定化技術を利用した糖鎖アレイの開発
2011年 - 2012年
糖鎖チップ調製のための糖鎖固定化技術の開発
2010年 - 2011年

競争的資金等の研究課題

 
糖誘導体の簡易合成
研究期間: 2002年 - 2002年
加水分解酵素を用いるグリコシル化反応に関する研究
研究期間: 2000年 - 2000年

特許

 
配糖体及びその製造方法
2009-292790
アンヒドロ糖及びその製造方法
2009-084181
糖オキサゾリン誘導体の一段階製造方法
WO2008111526
アマドリ転位反応とそれに続く糖転移反応によって調製しうる糖鎖高分子及びその製法
2008-173033