中田 賀之

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/14 03:01
 
アバター
研究者氏名
中田 賀之
 
ナカタ ヨシユキ
所属
同志社大学
部署
グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科
職名
教授
学位
Ph.D.(Applied Linguistics)(Trinity College Dublin (Ireland)), M.A.(TESL)(Saint Michael's College (U.S.A.))

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
 - 
2015年
兵庫教育大学大学院 修士課程 言語系教育講座 准教授 (2001-2015)
 
2006年
 - 
2015年
兵庫教育大学連合大学院学校教育研究科 博士課程 言語系教育講座 准教授 (2006-2015)
 

学歴

 
 
 - 
2004年
トリニティー・カレッジ ダブリン 言語コミュニケーション研究科 応用言語学
 
 
 - 
1993年
セント・マイケル大学 英語教授法修士課程 英語教授法
 
 
 - 
1989年
関西大学 経済学部 経済学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本学術振興会 科学研究費委員会 奨励研究部会 専門委員(平成26年度, 27年度)
 
2006年
 - 
2009年
文部科学省SELHi 企画評価会議協力者(2006-2009)
 
2015年
   
 
関西英語教育学会理事(2015-)
 
2009年
 - 
2011年
全国英語教育学会(ARELE) 編集事務局補佐(2009-2011)
 
2015年
   
 
全国英語教育学会(ARELE) 編集委員(2015-)
 

受賞

 
2016年
EuroSLA Yearbook Prize
 
2015年
ベストクラス(平成25年度兵庫教育大学大学院科目「英語教育コミュニケーション論」)
 

Misc

 
“Teachers’ Readiness for Promoting Learner Autonomy: A study of Japanese EFL High School Teachers”
Yoshiyuki Nakata
Teaching and Teacher Educatoin   27(5) 900-910   2011年
"Promoting Self-regulation through Collaborative Work: Insights from a Multiple case study of Foreign Language Learners"
Yoshiyuki Nakata
EuroSLA Yearbook   16 59-84   2016年
“Insider–outsider Perspective: Revisiting the Conceptual Framework of Research Methodology in Language Teacher Education”
Yoshiyuki Nakata
International Journal of Research & Method in Education   38(2) 166-183   2015年
Yoshiyuki Nakata
Studies in Self-Access Learning Journal   5(4) 342-356   2014年
“Improving the Classroom Language Proficiency of Non-native Teachers of English: What and How?”
Yoshiyuki Nakata
RELC Journal   41(1) 76-90   2010年

書籍等出版物

 
(編著書) 『自分で学んでいける生徒を育てるー学習者オートノミーへの挑戦』
ひつじ書房   2015年   
(共著書)"Language Learning Motivation in Japan" (Chapter 18: Perspectives on L2 Motivation: Bridging the Gap between Teachers, SLA Researchers and Teacher Educators, pp. 309-325)
Multilingual Matters (Bristol, UK)   2013年   
(共編著書) 『学習者オートノミー 日本語教育と外国語教育の未来のために』(シリーズ言語学と言語教育23)(「序章 学習者オートノミー はじめての人のためのイントロダクション」(青木直子との共著 pp.1-22)、「第7章 学校文脈における英語教師の同僚性とオートノミー」(pp. 193-220)
2011年   
(単著書) "Motivation and Experience in Foreign Language Learning"
Peter Lang (Oxford, U.K.)   2004年   
(単著書)『言語学習モティベーション―理論と実践―』
リーベル出版   1999年   

講演・口頭発表等

 
Teacher autonomy: Encouraging socially shared regulation in the classroom.
A paper presented at the colloquium "Second Language Teacher Motivation, Autonomy, and Development in the Far East " (Yuzo Kimura & Yoshiyuki Nakata, Kim Tae-Young & Youngmi-Kim, Yuzin Yang & Lian Zhang, Magdalena Kubaniyova) in AAAL 2016 (Orlando, Flo・・・   2016年   
A paper presented at the colloquium "Second Language Teacher Motivation, Autonomy, and Development in the Far East " (Yuzo Kimura & Yoshiyuki Nakata, Kim Tae-Young & Youngmi-Kim, Yuzin Yang & Lian Zhang, Magdalena Kubaniyova) in AAAL 2016 (Orlando...
生徒の主体的な言語使用につながる教室環境
関西支部課題別フォーラム『「生徒の言語使用につながる英語授業」を考える』(中田賀之、池野修、興津紀子、長沼君主)全国英語教育学会42回全国大会   2016年   
教師の役割と授業を再考する—学習オートノミーの視点から—
シンポジウム『学校において学習者オートノミーを促進する授業を考える 』(中田賀之、棟安都代子、村上ひろ子、玉井健)関西英語教育学会  於:大阪教育大学   2016年   
外国語学習における動機づけ研究: これまでの成果と今後の展望
シンポジウム『動機づけ研究最前線:実践との対話を目指して』(中田賀之、新多了、竹内理)2015年度大学英語教育学会関西支部秋季大会 於:神戸学院大学   2015年   
Promoting self-regulation through collaborative work: Insights from a multiple case study of foreign language learners
A paper presented at EURO SLA 25 held at Aix-en Province.   2015年   

Works

 
(文部科学省検定教科書) 高等学校外国語科用 コミュニケーション英語I教科書 『LANDMARK 1』 啓林館 (共著者 竹内理, 中田賀之, 本田勝久, 田辺尚子, 池田真生子, 水本篤, 有元久恵, Derek Ray Eberl, James Jarrett Hult)
2012年
(文部科学省検定教科書) 高等学校外国語科用 コミュニケーション英語II教科書 『LANDMARK 2』 啓林館 (共著者 竹内理, 中田賀之, 本田勝久, 田辺尚子, 池田真生子, 水本篤, 有元久恵, Derek Ray Eberl, James Jarrett Hult)
2013年
(文部科学省検定教科書) 高等学校外国語科用 コミュニケーション英語III教科書 『LANDMARK 3』 啓林館 (共著者 竹内理, 中田賀之, 本田勝久, 田辺尚子, 池田真生子, 水本篤, 有元久恵, Derek Ray Eberl, James Jarrett Hult)
2014年
(商業誌)「自律的学習者を育てる第一歩としての動機づけ」『英語教育』第64巻第2号 pp.29-31 大修館書店
2015年
(商業誌)「学習者のための教室内英語を考える」『英語教育』 第61巻第3号 pp. 64–66 大修館書店
2012年
(商業誌)「今, なぜ教師にオートノミーが必要か」『英語教育 特集号 自律的学習者を育て るための教師の役割』 第56巻第12号 pp. 25–27 大修館書店
2008年
(商業誌)「教育心理学的アプローチで学習者のモティベーションを高める」『英語教育』 第46巻第5号 pp. 74–77 大修館書店
1998年
(教育実践)"New Ways in Teaching Culture” (News Ways in TESOL Series II: Innovating Classroom Techniques)(Fantini, A., ed) (pp. 206-207) TESOL (Virginia, U.S.A.)
1993年
(教育実践)『高等教育における英語授業の研究』 (pp. 126-127) 大学英語教育学会 授業学研究委員会 松柏社
2006年
(テキスト)『英語のリスニング・ストラテジー効果的な学び方の要点と演習:Skills to Become a Better Learner』 共著者 加賀田哲也, 片山真理, 中田賀之, 他 (金星堂)
2000年
(テキスト)『英語のリスニング・ストラテジー コミュニケーションのための実践演習』(金星堂)、平尾節子・ 河内山真理・中田賀之 他8人
2002年
(科研報告書)『教室内英語力評価尺度活用マニュアル』(科研費基盤研究C 課題番号22530699)、中田賀之・池野修・木村裕三・長沼君主
2013年

競争的資金等の研究課題

 
外国語学習における動機づけ
自己調整学習
学習者オートノミー・教師オートノミー
教室内英語