河原 梓水

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/07 14:46
 
アバター
研究者氏名
河原 梓水
 
カワハラ アズミ
eメール
kwhrazmgmail.com
所属
国際日本文化研究センター
職名
日本学術振興会特別研究員(PD)
学位
博士(文学)(立命館大学)

プロフィール

サドマゾヒズムをキイワードとする近現代セクシュアリティ研究と、奈良・平安時代の蝦夷、東北史、華夷思想研究をしています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2015年4月
 - 
2017年3月
立命館大学衣笠総合研究機構・専門研究員
 
2014年4月
 - 
現在
立命館大学文学部・非常勤講師
 
2012年9月
 - 
2013年12月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2011年4月
 - 
2012年8月
日本学術振興会特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2012年9月
立命館大学大学院 文学研究科 博士課程後期課程
 
2002年4月
 - 
2006年3月
立命館大学 文学部 史学科
 
2006年4月
 - 
2008年3月
立命館大学大学院 文学研究科 人文学専攻
 

委員歴

 
2017年1月
 - 
現在
『カストリ雑誌総攬』編集委員会  編集委員
 
2015年10月
 - 
現在
日本史研究会  古代史部会研究委員
 
2011年10月
 - 
現在
日本史研究会  古代史部会運営委員
 

論文

 
「吾妻新と沼正三によるズボン・スラックス論争―1950年代『奇譚クラブ』における日本的サディズムの萌芽―」
河原 梓水
年報カルチュラル・スタディーズ   (vol.4) 185-205   2016年7月   [査読有り]
律令国家の華夷秩序と蝦夷支配
河原 梓水
立命館大学   1-134   2012年9月   [査読有り]
河原梓水
『立命館文学』   (624) 53-63   2012年   [査読有り]
蝦夷・俘囚への叙位―蝦夷爵制の再検討を中心に―
河原梓水
『日本史研究』   (589) 42-59   2011年   [査読有り]

Misc

 
書評・渕原智幸著『平安前期東北史の研究』
河原梓水
『史林』   98(5)    2015年   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
「病から遊戯へ―吾妻新の新しいサディズム論―」(井上章一・三橋順子編『性欲の研究―東京のエロ地理編―』)
河原梓水 (担当:分担執筆, 範囲:262-269)
平凡社   2015年3月   

講演・口頭発表等

 
性の告白と戦後日本-変態性欲に対する2つの態度- [招待有り]
河原 梓水
日本史研究会7月例会   2017年7月1日   
「村上信彦の匿名資料の発見とその意義―1950年代の村上の活動から―」 [招待有り]
河原 梓水
「村上信彦再考―村上信彦の匿名資料の発見から―」   2017年3月15日   
“Kachiku-jin Yapoo” and Nuclear Energy: Relationship between Syozo Numa‘s Masochism and  Nuclear Testing at Bikini Atoll.
河原 梓水
2nd EAJS Conference in Japan   2016年9月25日   
村上信彦と女性のマゾヒズム ―『奇譚クラブ』における女性マゾヒストとの対話を通じて―
河原 梓水
Cultural Typhoon 2016   2016年7月3日   
古代国家の蝦夷支配と良人=王民共同体論―服属と化の間―
河原 梓水
日本史研究会古代史部会   2015年6月29日   
Integration of the Emishi as Citizens in Ancient Japan An Examination of the Issues regarding the Hereditary Title Barbarian
The 14th EAJS International Conference   2014年8月   
Emishi’s assimilation and the order of Kai under Ritsuryo kokka in the 8-9th century
The 1st EAJS Conference in Japan   2013年9月   
古代日本における夷狄の存在形態―蝦夷の調庸負担の検討から―
河原 梓水
日本史研究会古代史部会   2013年6月10日   
日本古代における夷狄の同化
日韓次世代学術フォーラム第9回国際学術大会   2012年6月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
戦後日本におけるアブノーマルなセクシュアリティと近代化/反近代化論
日本学術振興会: 科学研究費・若手(B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 河原 梓水
近代日本におけるサドマゾヒズムの歴史的・思想史的研究
日本学術振興会: 科研費・特別研究員奨励費
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 河原 梓水
国際比較に基づく古代日本における華夷思想の受容と展開の研究
立命館大学: 2016年度研究推進プログラム(科研費獲得推進型)
研究期間: 2016年6月 - 2017年3月    代表者: 河原 梓水
古代日本における華夷秩序と夷狄認識 ―蝦夷の帰化・同化を中心に―
公益財団法人 髙梨学術奨励基金: 若手研究助成
研究期間: 2014年6月 - 2015年3月    代表者: 河原 梓水
宮廷儀礼参列者の分析に基づく日本古代国家による蝦夷統制過程の研究
日本学術振興会: 科研費・特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2013年12月    代表者: 河原 梓水