小村 賢一

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/10 15:33
 
アバター
研究者氏名
小村 賢一
 
コムラ ケンイチ
所属
岐阜大学
部署
工学部 化学・生命工学科 物質化学コース
職名
准教授
その他の所属
研究推進・社会連携機構次世代エネルギー研究センターエネルギー貯蔵・予測分野次世代エネルギーストレージ・キャリア研究開発部門工学研究科

プロフィール

多孔質無機材料を利用した不均一系触媒反応に関する研究/グリーンケミストリーを志向した触媒合成や反応の開発

研究分野

 
 

経歴

 
2009年11月
   
 
岐阜大学 工学部 准教授
 
2008年4月
   
 
岐阜大学 工学部 機能材料工学科 助教
 
2004年4月
   
 
岐阜大学 工学部 機能材料工学科 助手
 
2003年7月
 - 
2004年3月
産業技術総合研究所・メンブレン化学研究ラボ
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年6月
豊橋技術科学大学・機能材料工学専攻  
 
1996年4月
 - 
1999年3月
豊橋技術科学大学・物質工学専攻  
 
1992年4月
 - 
1996年3月
関西大学工学部応用化学科  
 

論文

 
Friedel-Crafts Benzylation of Aromatics with Bezyl Alcohols Catalyzed by Heteropoly Acids Supported on Mesoporous Silica
G Kamalakar(岐阜大学)
J. Chem. Technol. Biotechnol   81 981-988   2006年1月
The Di-t-butylation of p-Cresol with t-Butanol in Supercritical CO2 over Tungstophosphoric Acid Supported on Ordered Mesoporous Silica
G Kamalaker(Gifu university),K Komura(Gifu university),Y Sugi(Gifu university)
Catal. Lett.   108 31-35   2006年1月
Tungstophosphoric Acid Supported on MCM-41 Mesoporous Silicate: An Efficient Catalyst for the Di-tert-butylation of Cresols with tert-Butanol in Supercritical Carbon Dioxide
G Kamalakar(Gifu university),K Komura(Gifu university),Y Sugi(Gifu university)
Appl. Catal. A: General   310 155-163   2006年1月
tert-Butylation of Phenol over Ordered Solid Acid Catalysts in Supercritical Carbon Dioxide: Efficient Synthesis of 2,4-Di-tert-butylphenol and 2,4,6-Tri-tert-butylphenol
G Kamalakar(Gifu university),K Komura(Gifu university),Y Sugi(Gifu university)
Ind. Eng. Chem. Res.   45 6118-6126   2006年1月
A Novel Layered Silicate Having the Intercalated Potassium Cation: Synthesis, Characterizations, and Modification by Acid Treatment
T Ikeda(産総研),A Kawai(産総研),F Mizukami(産総研)
Chem. Lett.   1248-1249   2007年1月

Misc

 
Chithravel Venkatesan, Kiyotada Aoyama, Kenichi Komura, Yoshihiro Sugi
Studies in Surface Science and Catalysis   174 225-228
β-Zeolite (BEA) was hydrothermally synthesized in the presence of small amount of a cationic surfactant, [3-(trimethoxysilyl)propyl]octadecyldimethylammonium chloride (ODSCl) along with a molecular template, tetraethylammonium hydroxide (TEAOH) by...
Kenichi Komura, Takuji Ikeda, Akiko Kawai, Fujio Mizukami, Yoshihiro Sugi
Chemistry Letters   36 1248-1249
Synthesis and structure determination of the potassium cat-ion intercalated crystalline materials having the lower dimensional siliceous frameworks and the modification by the acid treatment were successfully investigated. The materials were chara...
Yoshihiro Sugi, Yoshihiro Sugi, Yoshihiro Sugi, Hiroshi Tamada, Akiko Kuriki, Kenichi Komura, Yoshihiro Kubota, Yoshihiro Kubota, Stalin Joseph, Anand Chokkalingam, Mohamed El Newehy, Salem S. Al-Deyab, Hoi Gu Jang, Jong Ho Kim, Gon Seo, Ajayan Vinu, Ajayan Vinu
Industrial and Engineering Chemistry Research   54 12283-12292
© 2015 American Chemical Society. Alkaline earth metal modification of H-mordenite (MOR) was examined in the isopropylation of biphenyl (BP). Of interest was the chemical and textural changes on catalytic properties as a result of the modification...
Morina Adfa, Morina Adfa, Yosuke Hattori, Tsuyoshi Yoshimura, Kenichi Komura, Mamoru Koketsu
Journal of Chemical Ecology   37 598-606   1978年
We synthesized 23 6-alkoxycoumarin derivatives, 20 of which are novel compounds. The structures of all compounds were confirmed by NMR, MS, and elemental analysis, and their antifeedant and termiticidal activities against Coptotermes formosanus Sh...
Morina Adfa, Morina Adfa, Tsuyoshi Yoshimura, Kenichi Komura, Mamoru Koketsu
Journal of Chemical Ecology   36 720-726
The antitermite (termiticidal and antifeedant) activity of Protium javanicum Burm. f. extract was investigated. The ethyl acetate fraction was active. Scopoletin (1), quercetin, and stigmasterol were isolated by bioassay-guided fractionation. Scop...

書籍等出版物

 
環境対応型セラミックスの技術と応用
小村 賢一、杉 義弘 (担当:共著, 範囲:第二章 ゼオライト)
シーエムシー出版   2007年1月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 小村 賢一
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 小村 賢一
平成25年度は、シリカビーズを用いたコアシェル型多孔質シリカ触媒の調製方法の確立を目的に検討を行った。これらの実験に先立ち、メソ多孔体の高次構造の影響や細孔の大きさの影響、表面シラノールの触媒作用について詳細な事前検討を行い、シリカという単純な材料が発現する触媒作用の解明に努めた。具体的には、触媒となるメソポーラスシリカの高次構造について、種々の高次構造体(異なる空間群を有するシリカ)を実際に作成し、パルミチン酸とヘキシルアミンとの直接的アミド化反応における触媒性能を通して確認した。また、...
低環境負荷型アミド化反応のためのコアシェル型多孔質シリカ触媒の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 小村 賢一
低環境負荷型アミド化反応のためのコアシェル型多孔質シリカ触媒の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 小村 賢一
三次元細孔構造の分子化学的仕組みを理解したグリーンな固体触媒反応の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 小村賢一