柴田 奈緒美

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/09 03:16
 
アバター
研究者氏名
柴田 奈緒美
所属
岐阜大学
部署
教育学部 家政教育講座
職名
助教
学位
博士(海洋科学)(東京海洋大学), 修士(東京海洋大学), 学士(東京海洋大学)

社会貢献活動

 
◎研究室から大学はいま:加熱による食材の変化解明
【】  岐阜新聞  岐阜新聞  2015年11月24日
男女共同参画,実態探る県内女性研究者が共同研究岐阜大,アピなど調査結果と課題報告
【】  岐阜新聞  岐阜新聞  2016年7月30日
野菜の芯,魚の骨で料理岐阜市でエコクッキング教室
【】  岐阜新聞  岐阜新聞  2016年8月19日
平成28年度大学連携研修(6年目研修)
【】  岐阜県教育委員会  岐阜県教育委員会  2016年8月22日 - 2016年8月22日
研究室セミナーおよび研究指導
【】  福井県立大学生物資源学部  福井県立大学生物資源学部  2016年10月17日 - 2016年10月18日

研究分野

 
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科 応用生命科学専攻
 
2009年3月
 - 
2011年3月
東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科 食機能保全学専攻
 
2005年4月
 - 
2009年3月
東京海洋大学 海洋科学部 食品生産科学科
 

受賞

 
 
日本食品工学会 日本食品工学会 第17回年次大会(2016年度) ポスター賞
 
 
日本食品工学会 日本食品工学会 2013年度 論文賞受賞
 
 
日本食品工学会 日本食品工学会 第14回年次大会(2013年度) ポスター賞
 
 
日本食品工学会 日本食品工学会 第11回年次大会(2010年度) 優秀口頭発表賞
 

論文

 
Analysis of the effects of thermal protein denaturation on the quality attributes of sous-vide cooked tuna
Llave, Y., Shibata-Ishiwatari, N., Watanabe, M., Fukuoka, M., Hamada-Sato, N., Sakai, N.
in print    2017年
岐阜市の学校給食における卵と小麦の使用頻度の実態
柴田(石渡)奈緒美,松波由奈,大場君枝
50 60-66   2017年
生おからを用いた加工食品の品質予測に基づく焼成条件の検討
柴田(石渡)奈緒美,渡邊桃子,福岡美香,酒井昇
18 79-86   2017年
生おからを主原料とした加工食品の開発
柴田(石渡)奈緒美,川口恵美,安藤祥充,稲川幹夫,星田博文
49 355-361   2016年
Analysis of the present situation of small and medium-sized companies in Gifu and Aichi area: Toweards a gender-equal society
Oyabu, C., Hayakawa, H., Okuda, M., Miwa, S., Shibata, N.
56 85-94   2016年
加熱調理過程における畜肉食品の殺菌予測
柴田(石渡)奈緒美,福岡美香,酒井昇
91 36-41   2016年
岐阜の大学生と企業における男女共同参画に対する意識調査
大藪千穂,柴田奈緒美,三輪聖子,奥田真之,早川博美
33 2-7   2016年
サバの味噌煮を対象とした調理品質の把握
柴田(石渡)奈緒美,広瀬純子
40 183-189   2016年
Changes in the viscosity of expressible water in meat during heating: description based on the denaturation kinetics of water-soluble proteins
Shibata-Ishiwatari, N., Fukuoka, M., Sakai, N.
21 525-530   2015年
加熱加工・調理食品製造の高度化-うま味・タンパク質変性・微生物殺菌挙動の加熱処理途上の変化予測-
柴田(石渡)奈緒美,福岡美香,酒井昇
56 448-453   2015年
Changes of inosine monophosphate and glutamine acid which are umami component of meat during cooking
Ishiwatari, N., Fukuoka, M., Sakai, N.
Ref. No.FEN-O 1.4   2013年
Decomposition kinetics of Umami component during meat cooking
Ishiwatari, N., Fukuoka, M., Hamada-Sato, N., Sakai
119 324-331   2013年
Effect of protein denaturation degree ontexture and water state of cooked meat
Ishiwatari, N., Fukuoka, M., Sakai, N.
117 361-369   2013年
真空調理法に基づく畜肉加熱処理時のタンパク質変性分布および微生物挙動の予測
石渡奈緒美,福岡美香,為後彰宏,酒井昇
14 19-28   2013年
食品の美味しさ・安全性を保つ調理工学
石渡奈緒美,福岡美香,酒井昇
77 87-90   2013年
殺菌価を考慮したフライパンによるハンバーグ焼成時の最適調理(第2報)反転タイミングの違いがもたらす殺菌価への影響
石渡奈緒美,堤一磨,福岡美香,渡部賢一,田口靖希,工藤和幸,渡辺至,酒井昇
45 275-284   2012年
殺菌価を考慮したフライパンによるハンバーグ焼成時の最適調理(第1報)モデル試料を用いたIHクッキングヒーターによるフライパン焼成伝熱および水分移動モデルの確立
石渡奈緒美,堤一磨,福岡美香,渡部賢一,田口靖希,工藤和幸,渡辺至,酒井昇
45 265-274   2012年
Heat transfer analysis-based prediction of protein denaturation and umami component ofmeat during cooking
Ishiwatari, N., Fukuoka, M., Hamada, N., Sakai, N.
Ref. No. AFT623   2011年

Misc

 
Naomi Shibata-Ishiwatari, Mika Fukuoka, Noboru Sakai
Food Science and Technology Research   21 525-530
Copyright © 2015, Japanese Society for Food Science and Technology. The change in viscosity of expressible water associated with mass transfer during meat cooking was described using dynamic viscoelasticity measurement of meat juice containing 78....

書籍等出版物

 
家庭科教育入門
開隆堂   2016年   
新フローチャートによる調理実習
地人書館   2016年   

競争的資金等の研究課題

 
学校給食におけるアレルギー代替食の多様化に向けた卵・小麦の代替となるつなぎの探索
科学研究費助成事業: 若手研究B課題番号:17K17782
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 柴田奈緒美
吸水促進および殺菌に及ぼすFB(ファインバブル)水の研究
株式会社田中金属製作所: 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
人参を使用した商品開発
足立産業株式会社: 
研究期間: 2016年12月 - 2019年3月
リードクッキングペーパーを用いたアク取りと落し蓋効果の検証
ライオン株式会社: 
研究期間: 2016年10月 - 2017年9月
調理におけるナノバブル水活用法の提言に関する基礎研究
株式会社田中金属製作所: 
研究期間: 2016年6月 - 2017年3月
おからを主原料とした食品の商品化に向けた検討
株式会社ライクスタカギ: 
研究期間: 2016年6月 - 2017年3月
学校給食におけるアレルギー対応食の多様化に向けた試み
科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」平成28年度 連携型共同研究助成: 
研究期間: 2016年5月 - 2017年3月    代表者: 柴田奈緒美
岐阜の大学生と企業における男女共同参画に対する意識調査
科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」平成27年度 連携型共同研究助成: 
研究期間: 2015年10月 - 2016年3月    代表者: 大藪千穂
おからを主原料とした食品開発
株式会社ライクスタカギ: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
美味しさと簡便さを目指す米飯の冷凍および解凍方法の基礎研究
一般財団法人 越山科学技術振興財団: 
研究期間: 2014年11月 - 2015年10月    代表者: 石渡奈緒美
畜肉加工食品を対象とした安全かつ高品質な食品製造を支援する品質設計ツールの構築
公益財団法人東洋食品研究所: 
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 石渡奈緒美

その他

 
2009年3月
高等学校教諭1種免許状(理科)
2016年11月
第一種衛生管理者(第60055965321号)