古山 浩子

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/09 03:16
 
アバター
研究者氏名
古山 浩子
 
コヤマ ヒロコ
所属
岐阜大学
部署
工学部 化学・生命工学科 生命化学コース
職名
助教
学位
理学博士(名古屋大学大学院理学研究科)

プロフィール

陽電子放射断層画像撮影法(PET)用プローブ合成のための高速化学反応の開発/多くの医薬品の基本分子構造をなすヘテロ芳香環上に短寿命放射性核種11Cで標識するためのパラジウム触媒系を開発している。具体的な診断薬、創薬候補化合物として、チミジン類およびRhoキナーゼ阻害剤の11C標識化に応用展開している。/超微量PETプローブの高効率高純度合成を行うための小型反応器の開発に向けた化学的研究/標識反応器の小型化に向けてこれまでに開発された11C標識化反応である高速C-メチル化反応を不均一系反応から超微量容器で実施できる均一系反応への変革を行っている。/脳腫瘍のアルキル化抗がん剤耐性タンパク活性のin vivoイメージングに向けたPETプローブの開発/脳腫瘍の治療効果の診断を目的に、抗がん剤耐性に関わるタンパク質MGMTを非侵襲的に定量するためのPETプローブの開発を行っている(名古屋大・企業との共同研究)。/難治感染症をターゲットとした高機能分子プローブおよび標識前駆体の設計と合成/pre-mRNAスプライシングを高次に制御する抗ウイルス薬の開発に向けた分子プローブの創製(京都大・理研との共同研究)。プリオンタンパク質の変異阻害分子プローブの創製(岐阜大・理研との共同研究)。新規抗インフルエンザ薬の開発に向けた合成研究(理研との共同研究)。/TIC類の大量合成に向けたグリーンプロセスの開発/リチウムエノラートとヨウ化アルキルとのアルキル化反応におけるHMPAの添加効果の分子機構的解析に基づくプロスタグランジン類の高効率的合成法の開発。

社会貢献活動

 
愛知教育大学における非常勤講師
【】  愛知教育大学  愛知教育大学  2014年10月1日 - 2015年3月31日
愛知教育大学における非常勤講師
【】  愛知教育大学  愛知教育大学  2015年10月1日 - 2016年3月31日
愛知教育大学における非常勤講師
【】  愛知教育大学  愛知教育大学  2016年10月1日 - 2017年3月31日

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
2013年
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
 
2004年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会特別研究員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
岐阜大学大学院医学研究科助手
 
2007年4月
   
 
岐阜大学大学院医学系研究科助教
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1997年3月
名古屋大学理学部化学科  
 
1997年4月
 - 
1999年3月
名古屋大学大学院理学研究科博士課程前期過程物理学専攻  
 
1999年4月
 - 
2002年3月
名古屋大学大学院理学研究科博士課程後期過程物理学専攻  
 

受賞

 
2004年2月
BCSJ賞
 

論文

 
7Li-and 31PNMR Spectra of CyclopentanoneLithium Enolate in Ethereal Solvents:Identification of the HMPA-Coordinated Aggregate Structures
鈴木 正昭(岐阜大学大学院医学系研究科),古山 浩子(岐阜大学大学院医学系研究科),野依 良治(名古屋大学大学院)
Tetrahedron   60(7) 1571-1579   2004年1月
Effects of HMPA on the Structure and Reactivity of the Lithium Enolateof Cyclopentanone : The Dimer is Responsible for Alkylation and Proton Exchange Reactions
鈴木 正昭(岐阜大学大学院医学系研究科),古山 浩子(岐阜大学大学院医学系研究科),野依 良治(名古屋大学大学院)
Bull. Chem.Soc.Jpn   77(2) 259-268   2004年1月
Pd0-Mediated Rapid Coupling between Methyl Iodide and Heteroarylstannanes: An Efficient and General Method for the Incorporation of a Positron-Emitting 11C Radionuclide into Heteroaromatic Frameworks
Chem. Eur. J.   15 12489-12495   2009年1月
An efficient method for the incorporation of a positron-emitting 11C radionuclide into various heteroaromatic frameworks by Pd(0)-mediated rapid coupling of methyl iodide with hetero-arylstannanes
J. Labelled Compd. Radiopharm.   52 S436   2009年1月
1-Benzyl-1,2,3,4-Tetrahydroisoquinoline Binds with Tublin β, A Substrate of Parkin, and Reduces its Polyubiquitination
J. Neurochem   114 1291-1301   2011年1月

Misc

 
Hiroko Koyama, Hiroko Koyama, Kenta Kiuchi, Tetsuro Konishi
Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology   76 
We study the properties of chaos in the motions of a spinning test particle in Schwarzschild spacetime. We characterize the chaos using the power spectrum of the time series of z components of the particle's position. It is found that the pattern ...
Hiroko Koyama, Kenta Kiuchi, Tetsuro Konishi
Proceedings of the 16th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan, JGRG 2006   227-230
We study the property of chaos in spinning-particle motions in Schwarzschild spacetimes. We characterize the chaos in the motions using the power spectrum. We find that the power spectrum is not only white noise but also 1/f fluctuation, depending...
Ryuki Kohta, Yaichiro Kotake, Takamitsu Hosoya, Takamitsu Hosoya, Takamitsu Hosoya, Toshiyuki Hiramatsu, Toshiyuki Hiramatsu, Yuko Otsubo, Hiroko Koyama, Yuji Hirokane, Yuichi Yokoyama, Hirofumi Ikeshoji, Ken Oofusa, Masaaki Suzuki, Masaaki Suzuki, Masaaki Suzuki, Shigeru Ohta
Journal of Neurochemistry   114 1291-1301
Substances that mimic the actions of causative gene products of familial Parkinson's disease (PD) are candidate as causative agents of idiopathic PD. 1-Benzyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline (1BnTIQ), an endogenous neurotoxin, is present at three t...
Masaaki Suzuki, Hiroko Koyama, Ryoji Noyori
Tetrahedron   60 1571-1579
The structures of cyclopentanone lithium enolate under HMPA titration in 0.04-0.8 M diethyl ether and dimethyl ether solvents have been investigated using the low-temperature 7Li, 31P, and 13C NMR. The progressive solvation by HMPA occurs for the ...
Hiroko Koyama, Akira Tomimatsu
Physical Review D   63    2001年12月
We investigate the dominant late-time tail behavior of massive scalar fields in a nearly extreme ReissnerNordström background. It is shown that the oscillatory tail of the scalar fields has the decay rate of t-5/6 at asymptotically late times. The...

書籍等出版物

 
Pd0-Mediated Rapid C-[11C]Methylation and C-[18F]Fluoromethylation: Revolutionary Advanced Methods for General Incorporation of Short-Lived Positron-Emitting 11C and 18F Radionuclides in an Organic Framework. In Positron Emission Tomography–Current Clinic
M. Suzuki, H. Koyama, M. Takashima-Hirano, H. Doi (担当:共著)
InTech   2012年1月   ISBN:978-953-307-824-3

講演・口頭発表等

 
11C標識PETプローブ合成のためのsp3炭素の高速メチル化法
古山浩子
2014年5月   
An efficient method for the incorporation of a positron-emitting 11C radionuclide into varipus heteroaromatic frameworkas by Pd(0)-mediated rapid coupling of methyliodide with hetero-arylstannanes
M. Suzuki, K. Sumi, ○H. Koyama, Siqin, T. Hosoya, M. Takashima-Hirano, H. Doi
18th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences   2009年7月   
An efficient method for the incorporation of a positron-emitting 11C radionuclideinto various heteroaromatic frameworks by Pd(0)-mediated rapid coupling of methyl iodide with hetero-arylstannanes
M. Suzuki, K. Sumi, ○H. Koyama, Siqin, T. Hosoya, M. Takashima-Hirano, H. Doi
The 11th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry   2009年11月   
Efficient synthesis of [11C]zidovudine and its analogues by Pd(0)-Cu(i) co-mediated rapid C-[C-11]methylation
Z. Zhang, T. Tahara, H. Koyama, H. Doi, H. Onoe, M. Suzuki
2013年5月   
Efficient synthesis of [methyl-11C]thymidine and its stable analog 4’-[methyl-11C]thiothymidine based on the Pd0-mediated rapid C-[11C]methylation, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
M. Suzuki, H. Koyama, Siqin, Z. Zhouen, K. Sumi, Y. Hatta, H. Nagata, H. Doi
2010年12月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 古山 浩子
本研究では,短寿命放射性核種11Cを代謝安定な位置に標識できる「高速C-メチル化反応」の中で最後に残されたsp3炭素間のクロスカップリング反応の実現に取り組み,薬剤分子構造において応用範囲が広いベンジル位およびアリル位炭素(sp3炭素)に11Cで標識できる新たなパラジウム触媒系を見いだした。具体的には,ベンジルボロン酸ピナコールエステルを反応検討のための基本基質とし,非放射性条件において([ヨウ化メチル]/[基質] = 1:40), [Pd{P(tert-C4H9)3}2]/CsF/DMF...
短寿命11C放射性核種標識のためのsp3-sp3炭素間高速C-メチル化反応の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 古山 浩子
短寿命11C放射性核種標識のためのsp3-sp3炭素間高速C-メチル化反応の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 古山 浩子
短寿命11C放射性核種標識のためのsp3-sp3炭素間高速C-メチル化反応の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 古山浩子
新たに発見したリン酸化タウ凝集阻害薬の作用分子機構の解明と脳内標的イメージングのための11C含有PETプローブの開発
岐阜大学: 活性化経費
研究期間: 2016年6月 - 2017年3月    代表者: 古山浩子

特許

 
鈴木 正昭, 伊集院 良祐, 土居 久志, 古山 浩子
桑田 一夫, 木村 力, 武藤 淳二, 古山 浩子, 鈴木 正昭, 渡辺 恭良, 土居 久志, 佐古 健生
桑田 一夫, 木村 力, 武藤 淳二, 古山 浩子, 鈴木 正昭, 渡辺 恭良, 土居 久志, 佐古 健生
特願2008-335250 : ヘテロ芳香環型アリールの高速メチル化法及びPETトレーサー調整キット
鈴木正昭,土居久志,古山浩子