杉山 陽子

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/09 03:16
 
アバター
研究者氏名
杉山 陽子
 
スギヤマ ヨウコ
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科
職名
特任准教授
学位
医学博士(岐阜大学)

プロフィール

神経因性疼痛の細胞メカニズム/神経因性疼痛モデルにおける、神経細胞、グリア細胞内のシグナル伝達機構を、電気生理学、生化学的手法をもちいて解明する/気道炎症の細胞メカニズムと麻酔薬の作用/気道上皮の炎症性サイトカイン産生、ムチン産生の細胞内シグナル伝達の分析とそれらに対する麻酔薬の影響を解明する

社会貢献活動

 
喫煙と麻酔薬,相互作用探る
【】  岐阜新聞  岐阜新聞  2014年4月15日

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
2014年
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
 
1996年5月
 - 
1996年5月
岐阜大学医学部付属病院
 
1996年6月
 - 
1997年6月
県立岐阜病院
 
1997年7月
 - 
1998年3月
岐阜大学医学部付属病院
 
1998年10月
 - 
1998年12月
岐阜大学医学部付属病院
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1996年3月
岐阜大学医学部医学科  
 
1998年4月
 - 
2004年9月
岐阜大学院医学研究科  
 

論文

 
MolecularCloning of a gene encoding phospholipase D from the pathogenic and dimorphic fungus, Candida albicans.
Kanoh H(Gifu University School of Medicine Department of Dermatology),Nakashima S(Gifu University School of Medicine Department of Biochemistry),Zhao Y(Gifu University School of Medicine Department of Biochemistry),Sugiyama Y(Gifu University School of Medicine Department of Dermatology),Kitajima Y(Gifu University School of Medicine Department of Dermatology),Nozawa Y(Gifu University School of Medicine Department of Biochemistry)
Biochim Biophys Acta   1398 359-364   1998年7月
Molecular Cloning of a Second Phospholipase B gene, caPLB2 from Candida Albicans
Sugiyama Y(Gifu university School of medicine Department of Dermatology),Nakashima S(Gifu university School of medicine Department of Biochemistory),Mirbod F(Gifu university School of medicine Department of Dermatology),Kanoh H(Gifu university School of medicine Department of Dermatology),Kitajima Y(Gifu university School of medicine Department of Dermatology),Ghannoum MA(Case Western Reserve University),Nozawa Y(Gifu university School of medicine Department of Biochemistry)
Med Mycol   37(1) 61-67   1999年2月
腹腔鏡下胆嚢摘出術中の循環動態-パルス式色素希釈法による心機能測定法を用いての検討-
大澤 陽子(岐阜市民病院麻酔科),太田 宗一朗(岐阜市民病院麻酔科),東松 豊彦(岐阜市民病院麻酔科),上田 宣夫(岐阜市民病院麻酔科),早川 洋子(岐阜市民病院麻酔科),土肥 修司(岐阜大学医学部麻酔・疼痛治療科)
25 1619-1620   2001年8月
痛みの分子生物学的分析の現状と課題
大澤 陽子(岐阜大学医学部麻酔疼痛治療科),土肥 修司(岐阜大学医学部麻酔疼痛治療科)
作業情報ジャーナル   36 1011-1014   2002年9月
Clonidine attenuates the hemodynamic responses to hypercapnia during propofol anesthesia
Uchida M(Gifu University School of Medicine Department of Anesthesiology and Pain Medicine),Iida H(Gifu University School of Medicine Department of Anesthesiology and Pain Medicine),Osawa Y(Gifu University School of Medicine Department of Anesthesiology and Pain Medicine),Tanahashi S(Gifu University School of Medicine Department of Anesthesiology and Pain Medicine),Kumazawa M(Gifu University Schoolof Medicine Department of Anesthesiology and Pain Medicine),Sumi K(Gifu University School of Medicine Department of Anesthesiology and Pain Medicine),Dohi S(Gifu University School of Medicine Department of Anesthesiology and Pain Medicine)
Can J Anaesth   51(2) 188-189   2004年2月

Misc

 
Kimito Minami, Kimito Minami, Kenji Yoshitani, Yuzuru Inatomi, Yoko Sugiyama, Hiroki Iida, Yoshihiko Ohnishi
Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia   29 937-941   2016年1月
© 2015 Elsevier Inc. Objective Postoperative respiratory complications are serious and frequently observed among patients who undergo thoracoabdominal aortic aneurysm (TAAA) repair. Paravertebral block (PVB) can provide effective analgesia for rel...
Kenji Iwata, Kumiko Tanabe, Yoko Sugiyama, Midori Tanaka, Motoyasu Takenaka, Hiroki Iida
Journal of Anesthesia   26 957-958
Hiroyuki Kanoh, Shigeru Nakashima, Yutong Zhao, Yoko Sugiyama, Yasuo Kitajima, Yoshinori Nozawa
Biochimica et Biophysica Acta - Gene Structure and Expression   1398 359-364
A phospholipase D gene (CaPLD) has been cloned from the Candida albicans genomic DNA library. The CaPLD is a member of a highly conserved gene family of PLD and has the highest homology to Saccharomyces cerevisiae PLD (SPO14) with an overall homol...
Y. Sugiyama, S. Nakashima, F. Mirbod, H. Kanoh, Y. Kitajima, M. A. Ghannoum, Y. Nozawa
Medical Mycology   37 61-67
Accumulating evidence suggests that phospholipase B, secreted by pathogenic fungi such as Candida albicans, Cryptococcus neoformans and Aspergillus fumigatus, functions as one of the virulence factors. In the present study, we have attempted to cl...

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 杉山 陽子
気道炎症の収束機転におけるGABAB受容体の役割
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 杉山 陽子
気道炎症の収束機転におけるGABAB受容体の役割
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 杉山陽子
気道炎症の収束機転におけるGABAB受容体の役割
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 杉山陽子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 杉山 陽子
ヒト気道上皮細胞株において、タバコ煙抽出液(CSE)曝露後に産生される気道ムチン(MUC5AC)は麻酔薬プロポフォールにより有意に増加した。プロポフォール刺激でp44/42MAPキナーゼのリン酸化がみられ、MEK抑制薬でプロポフォールの作用がブロックされたため、p44/42MAP活性化の関与が示唆された。これらの現象はGABAA抑制薬でブロックされず、GABAA受容体を介さない作用と考えられた。また、麻酔薬セボフルランによるMUC5AC産生量の変化はみられなかった。人工呼吸中の麻酔薬・鎮静...