中野 広輔

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/04 22:52
 
アバター
研究者氏名
中野 広輔
所属
愛媛大学
学位
博士(医学)

社会貢献活動

 
児童養護施設入所児の行動相談
【助言・指導】  2016年 - 現在
伊予市の特別支援巡回相談における同行活動
【助言・指導】  2015年 - 現在
愛媛県教員免許状認定講習講師
【講師】  2014年 - 現在
地域の長期入院児へ学生教育ボランティア派遣
【助言・指導, 企画】  2014年 - 現在
高知県教育センター 平成28年度2年経験者研修
【講師】  2016年8月1日

研究分野

 
 
  • 内科系臨床医学 / 小児科学 / 小児神経学、特別支援医学

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
愛媛大学教育学部 准教授
 
2004年11月
 - 
2014年3月
松山赤十字病院小児科
 
2001年7月
 - 
2004年10月
岡山大学小児神経科
 
2000年7月
 - 
2001年6月
松山赤十字病院小児科
 
2000年5月
 - 
2000年6月
岡山大学病院小児科
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2006年
岡山大学大学院医歯薬総合研究科発達神経病態学  
 
1994年4月
 - 
2000年3月
香川医科大学医学部医学科  
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
愛媛県  合理的配慮協力員
 
2014年
 - 
現在
愛媛県  広域特別支援連携協議会委員
 
2014年
 - 
現在
愛媛県  教育支援委員会委員
 
2014年
 - 
現在
愛媛県  専門家委員会委員
 
2014年
 - 
2016年
愛媛県  教育委員会巡回相談員
 

論文

 
フリーソフト“Web Clicker"を用いた双方向授業の経験
中野 広輔
大学教育実践ジャーナル   (15) 121-126   2017年3月   [査読有り]
インクルーシブ教育システム下において、児童生徒の健康問題へ適切に対応できる教員養成カリキュラムの開発
樫木 暢子、中野 広輔、苅田 知則、八木 良広、薬師神 裕子、堀内 史枝、吉松 靖文
大学教育実践ジャーナル   (15) 23-30   2017年3月   [査読有り]
学校における合理的配慮の提供とは? -小児科医にできることー
中野 広輔
愛媛県小児科医会会報   (69) 13-19   2016年12月   [招待有り]
神経心理学的検査による神経発達障害をともなう子どもの視覚認知処理過程の検討
加戸 陽子;真殿 温美;横山勇貴;Midory Higa Diez;諸岡輝子;中野広輔;荻野竜也;濃野 信;眞田 敏
関西大学文学論集   66(3) 173-191   2016年12月
ヒト好酸球の走化性とケモカインレセプター発現に及ぼす不純物PAAの影響
岡本威明、田頭歩佳、中野広輔、加藤匡宏、田中守
愛媛大学教育学部紀要   63 235-241   2016年10月

書籍等出版物

 
適応障害の包括的支援システムの構築
ナカニシヤ出版   2005年   

講演・口頭発表等

 
医教連携からインクルーシブ教育システムを考える
中野 広輔
平成28年度 愛媛大学教育改革促進事業・平成28年度 地(知)の拠点大学による地方再生推進事業 成果報告シンポジウム   2017年2月24日   
学校における合理的配慮の提供とは? ー 小児科医にできること ー [招待有り]
中野 広輔
第66回愛媛県小児科医会生涯教育集会   2016年9月25日   
児童生徒の多様な健康問題に対応できる教職員を 養成するためのカリキュラム開発 ~長期欠席児童生徒の学習保障を目指して~ 話題提供
中野 広輔
日本特殊教育学会 第54回大会   2016年9月19日   
招待講演「小児てんかんの症候学 ー脳波・ビデオ同時記録による診断ー」座長
中野 広輔
第35回愛媛県小児神経研究会   2016年7月23日   
『ワーキングメモリー(WM)と学習支援』 話題提供:「医学の立場から」
中野 広輔
愛媛LD研究会 発達障害の支援を考える講演会   2016年6月25日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
視線入力型端末と遠隔操作ロボットを適用した長期欠席児の遠隔学習支援システムの開発
科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 苅田 知則
ICTを活用し病気療養児の学習機会を保障できる教員を養成するカリキュラムの開発
科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 樫木 暢子
タブレット端末による記録はROCFの分析にいかなる新視点を与えるか?
科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 中野 広輔
標準的な教育制度ではドロップアウトする危険性が高い児童生徒に対する学習支援の拠点形成プロジェクト
愛媛大学COC地域志向教育研究経費
研究期間: 2016年6月 - 2017年3月    代表者: 中野 広輔
インクルーシブ教育システム化において児童生徒の健康問題に適切に対応できる教員養成カリキュラムの開発
愛媛大学教育改革促進事業(愛大GP)
研究期間: 2015年5月 - 2017年3月    代表者: 樫木 暢子