横谷 謙次

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/15 03:02
 
アバター
研究者氏名
横谷 謙次
 
ヨコタニ ケンジ
eメール
yokotanin-seiryo.ac.jp
所属
新潟青陵大学
部署
福祉心理学部 臨床心理学科
職名
准教授
学位
修士(教育学)(東北大学), 博士(教育学)(東北大学)
その他の所属
新潟青陵大学
科研費研究者番号
40611611

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
新潟青陵大学 大学院 臨床心理学研究科 准教授
 
2015年4月
 - 
現在
新潟青陵大学 福祉心理学部 臨床心理学科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2011年3月
東北大学 大学院 教育学研究科 博士後期課程
 

論文

 
Yokotani K, Tamura K
Prevention science : the official journal of the Society for Prevention Research   16(8) 1169-1176   2015年11月   [査読有り]
Links between spousal impolite forms of address and intimate partner violence against women.
横谷 謙次
Journal of language and social psychology,   34(2) 213-221   2015年   [査読有り]
A Pilot Examination of Dyadic Coping Inventory among Japanese married couples
Psychologia   58 155-164   2015年   [査読有り]
Solution-focused group therapy program for repeated-drug users
International Journal of Brief therapy and family science   4(1) 28-43   2014年   [査読有り]
A reintegration program for elderly prisoners reduces reoffending
Journal of Forensic Science & Criminology   1(6) 1-7   2014年   [査読有り]
Aftereffect of Adolescences’ Experience of Cyber Bullying on Their Mental Health: A retrospective survey
4(2) 45-56   2014年   [査読有り]
Acknowledged spousal forms of address predict spousal communication patterns
横谷 謙次
Psychologia   56(1) 20-32   2013年   [査読有り]
Husbands’ forms of address for wives predict intimate partner violence against women
横谷 謙次
International Journal of Brief Therapy and Family Science   3(1) 1-13   2013年   [査読有り]
Avoidant Addresses in Japanese families reflect family conflicts
横谷 謙次
Psychology of language and communication   17(1) 65-77   2013年   [査読有り]
How young adults address their parents reflects their perception of parenting
横谷 謙次
Asian Journal of Social Psychology   15(4) 284-289   2012年   [査読有り]
Avoidant attachment style indicated job adaptation of people with high functional Autistic spectrum disorders
横谷 謙次
Education and training in developmental disabilities   46(2) 291-296   2011年   [査読有り]
Yokotani K
Psychological reports   107(1) 227-235   2010年8月   [査読有り]
The role of Japanese wives in moderating the association between striving for self-verification and marital relationships
International Journal of Brief Therapy and Family Science   in press    [査読有り]
The effect of a social reintegration (parole) program on drug-related prison inmates in Japan: A 4-year prospective study
Asian Journal of Criminology   in press    [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
喫煙者に対する心理療法のシミュレーションモデル構築とその検証
科学技術融合振興財団: 
研究期間: 2016年3月 - 2018年3月    代表者: 横谷謙次・Sugisaki Kyoko
薬事再犯者に対する施設内処遇の効果検証;認知行動療法とダルク受講者の再犯率
日工組社会安全財団: 一般研究助成
研究期間: 2014年3月 - 2015年9月    代表者: 横谷 謙次
夫婦間の呼び方からの配偶者暴力予防システムの開発
日本学術振興会: 若手研究B
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 横谷 謙次
家族内呼称の心理学
日本学術振興会: 研究成果公開促進費
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 横谷 謙次
複数の立場からの見立ての力を熟達化させる包括的方法の提案
日本臨床心理士養成大学院協議会: 平成22年度研究助成
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 横谷 謙次横谷謙次・三谷聖也・奥野雅子・佐藤宏平・長谷川啓三