佐々木 裕

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/24 02:59
 
アバター
研究者氏名
佐々木 裕
 
ササキ ユタカ
URL
http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/gastro/
所属
熊本大学
部署
大学院生命科学研究部 熊本大学大学院生命科学研究部(臨床系)消化器内科学
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
   
 
  教授
 
2003年
 - 
2009年
  教授
 
2010年
   
 
 熊本大学大学院生命科学研究部(臨床系)消化器内科学 教授
 
2001年
 - 
2003年
 大阪大学 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
大阪大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2003年
 - 
2007年
 熊本県高齢者保健推進協議会がん検診および基本健康診査等部会
 
2004年
 - 
2006年
 日本学術振興会科学研究費委員会 専門委員(2004-2006)
 
2006年
 - 
2009年
 日本肝移植研究会
 
2006年
   
 
日本消化器内視鏡学会  九州支部評議員
 
1996年
 - 
2002年
日本消化器内視鏡学会  近畿支部評議員
 

受賞

 
1994年
DMB研究会研究助成
 
1997年
DMB研究会研究助成
 
1999年
第28回かなえ医薬振興財団助成
 
2000年
財団法人ウイルス肝炎研究財団研究奨励賞
 

Misc

 
Cyclooxygenase-2 activity altered the cell-surface carbohydrate antigens on colon cancer cells and enhances liver metastasis
Kakiuchi Y, Tsuji S, Tsujii M, KAwai N, Murata H, Yasumaru M, Kimura A, Komori M, Irie T, Miyoshi E, Sasaki Y, Hayashi N, Kawano S and Hori M
Cancer Res.   62 1567-1572   2002年
Gastrin enhances gastric mucosal integrity through cyclooxygenase-2 upregulation in rats
Komori M, Tsuij S, Sun WH, Tsujii M, Kawai N, Tasymaru M, Kakiuchi Y, Kimura A, Sasaki Y, Higashiyama S, Kawano S, and Hori M
Am J Phyiol , Gastrointest Liver Physiol   283 G1368-1378   2002年
Tumor necrosis factor stimulates invasion of Src activated intestinal cells.
Kakiuchi N, Tsuji S, Tsujii M, Ito T, Yasumaru M, Kakiuchi Y, Kimura A, Komori M, Sasaki Y, Hayashi N, Kawano S, Dubos R and Hori M
Gastroenterology   122 331-339   2002年
Critical role of MICA/B expression on interferon α-stimulated dendritic cells
Jinushi M, Takahara T, Kanto T, Tatsumi T, Groh V, Spies T, Miyagi T, Suzuki T, Sasaki Y and Hayashi N
J Immunol.   170 1249-1256   2003年
Development of colitis in signal transducers and activators of transcription 6-deficient T cell receptor α-deficient mice: A potential role of signal transducers and activators of transcription 6-independent interleukin-4 signaling for the generation ・・・
Okuda, Y., Takahashi, I., Kim, JK., Ohta, N., Iwatani, K., Iijima, H., Kai, Y., Tamagawa, H., Hiroi, T., Kweon, MN., Kawano, S., Takeda, K., Akira, S., Sasaki, Y., Hori, M. and Kiyono, H.
Am J Pathology   162 263-263   2003年
Development of colitis in signal transducers and activators of transcription 6-deficient T cell receptor α-deficient mice: A potential role of signal transducers and activators of transcription 6-independent interleukin-4 signaling for the genera...

書籍等出版物

 
特集 ウイルス性肝炎の現況と展望 肝癌とアポトーシス抵抗性 -肝発癌進展における免疫監視機構からの回避のメカニズム-
医歯薬出版、医学のあゆみ   2002年   
Hepatitis C virsu core-mediated alterration of gene expression and signal transduction in the host cell
Springer-Verlag, In: Frontiers in Hepatology, HCV/Oxidative Stress and Liver Disease   2002年   
特集 消化器癌の治療- 新しい展開- 腫瘍特異的プロモーターを用いた癌遺伝子治療の開発
医学と薬学   2003年   
特集 ウイルス性肝炎(下) -基礎・臨床研究の進歩-IV. A型肝炎ウイルス(HAV) A型肝炎の予防 ヒト免疫グロブリン(ISG)とその有用性
日本臨床社   2004年   
特集 B型肝炎update B型慢性肝炎におけるラミブジン治療の適応
日本メディカルセンター   2004年   

講演・口頭発表等

 
肝癌の遺伝子治療・現状と展望
医学の焦点   2002年   
C型肝炎治療の現状と展望
八尾医師会学術講演会   2002年   
消化器疾患治療の新たな展開
第157回熊本外科集談会講演会   2003年   
慢性肝疾患治療の現在と未来
熊本県・熊本市医師会学術講演会   2003年   
消化器癌治療のこれからの展開
第317回熊本消化器カンファランス   2003年   

Works

 
新規接着因子ninjurinの強制発現を用いたsenescence分子機構の解明
2002年 - 2004年
肝細胞癌に対する腫瘍免疫学的制御の分子機構解析
2002年 - 2004年
消化器癌治療への応用をめざした生存シグナル活性化機構の解明
2002年 - 2005年
消化管アミロイドーシスの進展抑制を目指した免疫療法の開発
2004年 - 2007年
細菌性プロテアーゼによるアポトーシスの誘導と病原性発現機序に関する研究
2005年 - 2007年
胃内への胆汁酸逆流の発生頻度と胃粘膜傷害背景因子との関連性についての検討
2006年 - 2007年
血中GPC3抗原の臨床的有用性に関する初期評価
2003年 - 2006年