井出 和希

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/15 15:58
 
アバター
研究者氏名
井出 和希
URL
https://kyouindb.iimc.kyoto-u.ac.jp/j/jB1iG
所属
京都大学
部署
学際融合教育推進センター 政策のための科学ユニット
職名
特定助教
学位
博士(薬科学)(静岡県立大学)
その他の所属
静岡県立大学
ORCID ID
orcid.org/0000-0001-6377-1361

論文

 
Safety profile of telaprevir-based triple therapy in elderly patients: A real-world retrospective cohort study.
Akutagawa M, Ide K, Kawasaki Y, Yamanaka M, Iketani R, Yamada H, Masaki N.
Biol Pharm Bull.   in press.    2017年   [査読有り]
静岡県の病院・薬局薬剤師による腎臓病薬物療法への取り組み: 現状と課題に関するアンケート調査.
松坂昌宏, 小林豊, 萩原紫織, 望月真太郎, 高田正弘, 井出和希, 川崎洋平, 山田浩, 諏訪紀衛, 鈴木高弘, 横山美智江, 伊藤譲, 北村修, 小野孝彦, 米村克彦.
日本腎臓病薬物療法学会誌   6(1) 15-27   2017年6月   [査読有り]
自治体の持つ学校健診情報の可視化とその利用に向けての基盤構築.
井出和希、川上浩司.
SciREX Quarterly.   in press.    2017年   [招待有り]
Feasibility of Analysis Data Model conversion of national center biobank network catalog data.
Sakakibara I, Ide K, Kawasaki Y.
Jpn J Clin Pharmacol Ther.   48(3) 91-94   2017年5月   [査読有り]
Behaviors of consumers, physicians and pharmacists in response to adverse events associated with dietary supplement use.
Chiba T, Sato Y, Kobayashi E, Ide K, Yamada H, Umegaki K.
Nutr J.   16(1) 18-18   2017年3月   [査読有り]

Misc

 
評価用チェックリストAGREE 2による第1-3版ARDS診療ガイドラインの質の量的評価.
野木村茜, 青木善孝, 川崎洋平, 井出和希, 柳田京子, 森本恵理子, 上中龍, 高良麻紀子, 渥美和之, 横山順一郎.
第44回日本集中治療医学会学術集会.      2017年3月
重症心身障がい児のカルニチン欠乏の現状と課題.
渡邉誠司, 川崎洋平, 井出和希, 芥川麻衣子, 山田 浩, 鈴木恭子, 八木佳子, 小林あゆみ, 板倉美奈.
第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会.      2017年2月
健康食品摂取に伴う有害事象の新規因果関係評価法: 衛生関連製品への適用の検討.
池谷怜, 橋本潮里, 井出和希, 野口真里茄, 諸星晴香, 冨嶋勝夢, 北川 護, 川崎洋平, 梅垣敬三, 山田 浩.
第37回日本臨床薬理学会学術総会.      2016年12月
Carnitine deficiency in severely handicapped children and adolescents requiring tube feeding.
Watanabe S, Akutagawa M, Ide K, Yamada H, Kawasaki Y.
Asian Society for Pediatric Research and Faculty of Medicine Ramathibodi Hospital Joint Meeting 2016      2016年11月
HIV感染児における認知機能と臨床経過の関係.
田中瑞恵, 飯田敏晴, 川崎洋平, 井出和希, 外川正生, 塚原優己, 吉野直人, 喜多恒和, 細川真一, 山中純子, 瓜生英子, 大熊香織, 山田浩, 菊池嘉, 岡慎一, 七野浩之
第30回日本エイズ学会学術集会・総会.      2016年11月

書籍等出版物

 
Studies in Natural Products Chemistry.
Ide K, Kawasaki Y, Kawakami K, Yamada H. (担当:共著, 範囲:Effects of bioactive components of green tea on Alzheimer’s disease.)
Elsevier.   2017年   
エキスパートが教える薬の使い方×エビデンスの調べ方.
井出和希. (担当:共著, 範囲:16. てんかん.)
じほう社   2017年   
生物統計・臨床研究デザイン テキストブック.
井出和希. (担当:共著, 範囲:分散分析.)
メディカル・パブリケーションズ   2015年