researchmap
 
Featured Researcher
National Agriculture and Food Research Organization
 

正当なCSSです!

 
[ end ]yaskondo  2017/09/18 18:40:57
event title太陽系データワークショップ
event date2017/09/26
disclosure targetpublic event
contact informatione-mail:tansa-rgstcps-jp.orgTel:
contact person:林 祥介
第20回 CPS 月惑星探査研究会『太陽系データワークショップ』
日時:2017年9月26日(火) 13時30分 〜 17時30分 (予定)
場所:神戸大学大学院理学研究科惑星科学研究センター・セミナー室
   https://www.cps-jp.org/access/

太陽系データ及びアーカイブ活動にフォーカスしたワークショップを開催します.
 国内においても,はやぶさに続いて,あかつき,はやぶさ2という太陽系探査が行われており,さらに複数の太陽系ミッションが準備,提案されています.
 本ワークショップでは,太陽系のミッションにおけるデータの取り扱いやアーカイブ活動に関わる議論を通じ,ミッションの成果が,さらに飛躍的な科学的発展に結びつくための活動に繋げるとともに,太陽系科学分野における,アーカイブ活動の重要性を踏まえた体制の構築につながることを目指しています.
 本ワークショップは,継続的な開催を計画しており,シリーズの最初である今回は,太陽系データの取り扱いに関して,今後の発展に資する課題の整理を行う事を中心に議論を行う予定であり,今後開催するワークショップにおいて,それらの課題へのアプローチについての議論を深める計画です.
 本ワークショップにおいては,以下のテーマを取り扱う予定です.
 ・太陽系におけるデータのアーカイブ化に向けた課題と考え方
 ・データのキャリブレーション(*)
 ・データアーカイブに求められるもの
 ・オープンデータについて
  (*)  データのキャリブレーションに関しては,ミッションデザイン,機器開発という上流から,実際のアーカイブに関わる課題までを含めて議論する予定です.


         〜〜〜 プログラム 〜〜〜

     開催日時:9月26日(火) 13時30分〜17時30分

13:30-13:55 太陽系データのアーカイブ化に向けた課題と考え方
                        上野宗孝 (神戸大学)
13:55-14:20 宇宙科学研究所が保有するデータの取り扱い方針 
                        竹島敏明 (ISAS)
14:20-14:50 データのキャリブレーションについて 尾崎正伸 (ISAS)
14:50-15:10 休憩
15:10-15:40 データアーカイブについて      山本幸生 (ISAS)
15:40-16:10 あかつきデータアーカイブ化活動における課題  
                        村上真也 (ISAS)
16:10-16:45 オープンデータについて       近藤康久 (総合地球環境学研究所)
16:45-17:00 ARC-Spaceの活動について  出村裕英 (会津大学)
17:00-17:30 総合討論

プログラムについては,
CPS の Web site (www.cps-jp.org) において随時更新致します.

 本ワークショップで期待される議論は,太陽系分野に限らず,天文分野を含む多くの分野に共通の課題を含む予定です.幅広い分野の方の参加を,歓迎いたします.また,ネットワーク会議システムによる中継も行ないます.接続希望の方は tansa-rgst@cps-jp.org までご連絡ください.

世話人: 山本幸生,石原吉明,殿岡英顕,村上真也 (ISAS/JAXA)
     林 祥介,臼井文彦,上野宗孝 (神戸大学)

 本ワークショップは,神戸大学ーJAXA・宇宙科学研究所・大学共同利用連携拠点事業の一環として開催いたします.
promotor神戸大学大学院理学研究科惑星科学研究センター
registartion period2017/09/18 ~ 2017/09/25
registration fee無料
URLhttp://www.cps-jp.org
event location神戸大学大学院理学研究科惑星科学研究センター