五十嵐淳

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/25 23:16
 
アバター
研究者氏名
五十嵐淳
 
イガラシ アツシ
eメール
igarashikuis.kyoto-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40323456
所属
京都大学
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学)

プロフィール

ソフトウェアのバグを少なくするための理論の研究を、ソフトウェアを記述するためのプログラミング言語の観点から行っています。特に、プログラム中の誤りをプログラムを実行することなく発見できる枠組みである型理論に興味があります。

研究分野

 
 

経歴

 
2012年10月
 - 
現在
京都大学 大学院情報学研究科 教授
 
2007年4月
 - 
2012年9月
京都大学 大学院情報学研究科 准教授
 
2006年4月
 - 
2007年4月
京都大学 大学院情報学研究科 助教授
 
2002年4月
 - 
2006年4月
京都大学 大学院情報学研究科 講師
 
2000年4月
 - 
2002年4月
東京大学 大学院総合文化研究科 助手
 

受賞

 
2011年7月
Association Internationale pour les Technologies Objets Dahl-Nygaard Junior Prize
 
2009年11月
マイクロソフトリサーチ日本情報学研究賞(基礎的情報学分野)
 
2009年4月
科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2006年11月
日本IBM科学賞(コンピュータサイエンス分野)
 

論文

 
On Polymorphic Gradual Typing
Yuu Igarashi, Taro Sekiyama, Atsushi Igarashi
Proceedings of the ACM on Programming Languages   1(ICFP)    2017年9月   [査読有り]
Gradual Session Types
Atsushi Igarashi, Peter Thiemann, Vasco T. Vasconcelos, Philip Wadler
Proceedings of the ACM on Programming Languages   1(ICFP)    2017年9月   [査読有り]
A Type Reconstruction Algorithm for Gradually Typed Delimited Continuations
Yusuke Miyazaki, Atsushi Igarashi
第19回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2017)論文集      2017年3月
A Hoare Logic for GPU Kernels
Kensuke Kojima and Atsushi Igarashi
ACM Transactions on Computational Logic   18(1) 3:1-3:43   2017年2月   [査読有り]
Verification of Code Generators via Higher-Order Model Checking
Takashi Suwa, Takeshi Tsukada, Naoki Kobayashi, Atsushi Igarashi
Proceedings of the ACM SIGPLAN Workshop on Partial Evaluation and Program Manipulation   59-70   2017年1月   [査読有り]
Stateful Manifest Contracts
Taro Sekiyama and Atsushi Igarashi
Proceedings of the ACM SIGPLAN-SIGACT Symposium on Principles of Programming Languages   530-544   2017年1月   [査読有り]
Polymorphic Manifest Contracts, Revised and Resolved
Taro Sekiyama, Atsushi Igarashi, Michael Greenberg
ACM Transactions on Programming Languages and Systems   39(1) 3:1-3:36   2017年1月   [査読有り]
Automated Verification of Functional Correctness of Race-Free sGPU Programs
Kensuke Kojima, Akifumi Imanishi, Atsushi Igarashi
Proceedings of the 8th Working Conference on Verified Software: Theories, Tools, and Experiments (VSTTE 2016)   90-106   2016年11月   [査読有り]
階層的グループ化に基づきAndroidアプリの安全性を向上するバイトコード書換えツール
馬谷 誠二, 藤原 康史, 五十嵐 淳
日本ソフトウェア科学会第33回大会論文集      2016年9月
An Extended Behavioral Type System for Memory-Leak Freedom
Qi Tan, Kohei Suenaga, Atsushi Igarashi
日本ソフトウェア科学会第33回大会論文集      2016年9月
SIMT のための Hoare 論理の Coq を用いた形式化と 並列 prefix-sum アルゴリズムの検証
奥村 健太郎, 小島 健介, 五十嵐 淳
第18回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2016)論文集      2016年3月   [査読有り]
A Library-Based Approach to Context-Dependent Computation with Reactive Values
Hiroaki Inoue, Atsushi Igarashi
Proceedings of The Constrained and Reactive Objects Workshop      2016年3月   [査読有り]
A Sound Type System for Layer Subtyping and Dynamically Activated First-Class Layers
Hiroaki Inoue, Atsushi Igarashi
Proceedings of Asian Symposium on Programming Languages and Systems   9458 445-464   2015年11月   [査読有り]
Shifting the Blame: A Blame Calculus with Static Delimited Control
Taro Sekiyama, Soichiro Ueda, Atsushi Igarashi
Proceedings of Asian Symposium on Programming Languages and Systems   9458 189-207   2015年11月   [査読有り]
参照を備えた多段階計算のための多相的型システム
小林 恵, 五十嵐淳
日本ソフトウェア科学会第32回大会論文集      2015年9月
Method Safety Mechanism for Asynchronous Layer Deactivation
Tetsuo Kamina, Tomoyuki Aotani, Hidehiko Masuhara, Atsushi Igarashi
International Workshop on Context-Oriented Programming, COP'15 - Co-located with the 26th European Conference on Object-Oriented Programming, ECOOP'15      2015年7月   [査読有り]
Manifest Contracts for Datatypes
Taro Sekiyama, Yuki Nishida, Atsushi Igarashi
Proceedings of ACM SIGPLAN-SIGACT Symposium on Principles of Programming Languages (POPL)   195-207   2015年1月   [査読有り]
Visibility of Context-oriented Behavior and State in L
Robert Hirschfeld, Hidehiko Masuhara, Atsushi Igarashi, Tim Felgentreff
コンピュータソフトウェア   32(3) 149-158   2015年8月   [査読有り]
Automatic Memory Management Based on Program Transformation using Ownerships
Tatsuya Sonobe, Kohei Suenaga, Atsushi Igarashi
Proceedings of Asian Symposium on Programming Languages and Systems (APLAS)   8858 58-77   2014年11月   [査読有り]
Automatic Synthesis of Combiners in the MapReduce Framework: An Approach with Right Inverse
Minoru Kinoshita, Kohei Suenaga, Atsushi Igarashi
Proceedings of International Symposium on Logic-Based Program Synthesis and Transformation (LOPSTR)      2014年9月   [査読有り]
On-Demand Layer Activation for Type-Safe Deactivation
Tetsuo Kamina, Tomoyuki Aotani, Atsushi Igarashi
International Workshop on Context-Oriented Programming, COP'14 - Co-located with the 26th European Conference on Object-Oriented Programming, ECOOP'14      2014年7月   [査読有り]
Towards Type-Safe JCop: A type system for layer inheritance and first-class layers
Hiroaki Inoue and Atsushi Igarashi and Malte Appeltauer and Robert Hirschfeldi
International Workshop on Context-Oriented Programming, COP'12 - Co-located with the 26th European Conference on Object-Oriented Programming, ECOOP'14      2014年7月   [査読有り]
On Cross-Stage Persistence in Multi-Stage Programming
Yuichiro Hanada, Atsushi Igarashi
Proceedings of International Symposium on Functional and Logic Programming   8475 103-118   2014年4月   [査読有り]
Layer Refinement in L
Robert Hirschfeld, Atsushi Igarashi, Hidehiko Masuhara
並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ (SWoPP)      2013年8月
L - Context-Oriented Programming Only with Layers
Robert Hirschfeld, Hidehiko Masuhara, and Atsushi Igarashi
Proceedings of International Workshop on Context-Oriented Programming (COP'13)      2013年7月   [査読有り]
Naoki Kobayashi,Atsushi Igarashi
Programming Languages and Systems - 22nd European Symposium on Programming, ESOP 2013, Held as Part of the European Joint Conferences on Theory and Practice of Software, ETAPS 2013, Rome, Italy, March 16-24, 2013. Proceedings   431-450   2013年   [査読有り]
Kensuke Kojima,Atsushi Igarashi
Programming Languages and Systems - 11th Asian Symposium, APLAS 2013, Melbourne, VIC, Australia, December 9-11, 2013. Proceedings   8301 58-73   2013年12月   [査読有り]
C. Saito; A. Igarashi
Science of Computer Programming   78(7) 933-952   2013年   [査読有り]
A Type System for Dynamic Layer Composition
Atsushi Igarashi, Robert Hirschfeld, and Hidehiko Masuhara
Proceedings of the International Workshop on Foundations of Object-Oriented Languages (FOOL2012)      2012年10月   [査読有り]
Preface
M. Appeltauer; S. González; R. Hirschfeld; H. Masuhara; J. Vallejos; S. Chiba; D. Clarke; M. Denker; A. Igarashi; T. Kamina; T. Rho; E. Truyen
International Workshop on Context-Oriented Programming, COP'12 - Co-located with the 26th European Conference on Object-Oriented Programming, ECOOP\\'12      2012年   [査読有り]
Kohei Suenaga,Ryota Fukuda,Atsushi Igarashi
Proceedings of the 27th Annual ACM SIGPLAN Conference on Object-Oriented Programming, Systems, Languages, and Applications, OOPSLA 2012, part of SPLASH 2012, Tucson, AZ, USA, October 21-25, 2012   1-20   2012年   [査読有り]
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics): Preface
R. Jhala; A. Igarashi
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   7705 LNCS vi   2012年   [査読有り]
K. Kojima; A. Igarashi
Information and Computation   209(12) 1491-1503   2011年12月   [査読有り]
Special track on object-oriented languages and systems
D. Ancona; S. Chiba; A. Igarashi; A. Kellens
Proceedings of the ACM Symposium on Applied Computing   1273-1274   2011年   [査読有り]
Lintaro Ina,Atsushi Igarashi
Proceedings of the 26th Annual ACM SIGPLAN Conference on Object-Oriented Programming, Systems, Languages, and Applications, OOPSLA 2011, part of SPLASH 2011, Portland, OR, USA, October 22 - 27, 2011   609-624   2011年   [査読有り]
Robert Hirschfeld,Atsushi Igarashi,Hidehiko Masuhara
Proceedings of the 10th international workshop on Foundations of aspect-oriented languages, FOAL 2011, Porto de Galinhas, Brazil, March 21-25, 2011   19-23   2011年   [査読有り]
João Filipe Belo,Michael Greenberg,Atsushi Igarashi,Benjamin C. Pierce
Programming Languages and Systems - 20th European Symposium on Programming, ESOP 2011, Held as Part of the Joint European Conferences on Theory and Practice of Software, ETAPS 2011, Saarbrücken, Germany, March 26-April 3, 2011. Proceedings   18-37   2011年   [査読有り]
S. Chiba; A. Igarashi; S. Zakirov
Proceedings of the Conference on Object-Oriented Programming Systems, Languages, and Applications, OOPSLA   539-554   2010年   [査読有り]
H. Masuhara; A. Igarashi; M. Toyama
AOSD.10 - 9th International Conference on Aspect-Oriented Software Development   121-132   2010年   [査読有り]
T. Tsukada; A. Igarashi
Logical Methods in Computer Science   6(4)    2010年   [査読有り]
Self type constructors
C. Saito; A. Igarashi
ACM SIGPLAN Notices   44(10) 263-282   2009年10月   [査読有り]
Featherweight Java のための漸進的型付け
伊奈 林太郎; 五十嵐 淳
コンピュータソフトウェア   26(2) 18-40   2009年4月   [査読有り]
Matching ThisType with Subtyping
Chieri Saito, Atsushi Igarashi
Proceedings of the 24th Annual ACM Symposium on Applied Computing (SAC2009), 1851-1858      2009年   [査読有り]
Lintaro Ina; Atsushi Igarashi
Proceedings for the 1st Workshop on Script to Program Evolution, STOP'09 in Conjunction with European Conference on Object-Oriented Programming, ECOOP'09   17-29   2009年   [査読有り]
E. Albert; A. Banerjee; S. Drossopoulou; M. Huisman; A. Igarashi; G.T. Leavens; P. Müller; T. Wrigstad
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   5475 LNCS 70-76   2009年   [査読有り]
T. Tsukada; A. Igarashi
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   5608 LNCS 341-355   2009年   [査読有り]
The Essence of Lightweight Family Polymorphism
Chieri Saito, Atsushi Igarashi
Journal of Object Technology   7(5) 67-99   2008年6月
On Constructive Linear-Time Temporal Logic
Kensuke Kojima, Atsushi Igarashi
Proceedings of the Workshop on Intuitionistil Modal Logic and Applications (IMLA'08)      2008年6月
C. Saito; A. Igarashi; M. Viroli
Journal of Functional Programming   18 285-331   2008年5月   [査読有り]
N. Shikuma; A. Igarashi
Logical Methods in Computer Science   4(3)    2008年   [査読有り]

Misc

 
日本ソフトウェア科学会第31回大会報告
五十嵐淳
コンピュータソフトウェア      2015年2月   [依頼有り]
今熱い! 快進撃のOCaml
五十嵐淳, Jacques Garrigue, 古瀬 淳
ソフトウェアデザイン      2014年1月   [依頼有り]
五十嵐 淳, 住井 英二郎
情報処理   43(2) 200-201   2002年2月
『正しい』ソフトウェアの構築法 - 型システムとその応用
五十嵐 淳
京都大学大学院情報学研究科 第5 回情報学シンポジウム 「情報社会の基盤を拓くソフトウェア研究」 平成12 年12 月10 日(火曜日)   「『正しい』ソフトウェアの構築法 - 型システムとその応用」 五十嵐 淳 氏(京都大学情報学研究科)      2000年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Programming Languages and Systems - 14th Asian Symposium, APLAS 2016, Hanoi, Vietnam, November 21-23, 2016. Proceedings
Springer-Verlag   2016年11月   
Programming Languages and Systems: Proceedings of the 10th Asian Symposium, APLAS 2012
2012年12月   
プログラミング in OCaml ~関数型プログラミングの基礎からGUI構築まで~
五十嵐 淳
技術評論社   2007年11月   ISBN:4774132640
プログラミング言語の基礎概念
五十嵐 淳
サイエンス社   2011年7月   ISBN:4781912850

講演・口頭発表等

 
トップカンファレンスに論文を通す方法
日本ソフトウェア科学会第29回大会   2012年9月   日本ソフトウェア科学会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 五十嵐淳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 佐藤雅彦
本年度は,本研究を通して目的としている自然枠組(Natural Framework, NF)の構築に向けて,NFの基礎となる「式の理論」を与えるために、抽象(abstraction)操作について考察した.
数学を形式的に記述するときに変数による抽象操作は必須となる基本的な操作である.この操作は,与えられた変数xと表現Mから,表現abs(x, M)を構成する操作であり,その結果はMのxによる抽象と呼ばれる.この操作の「逆操作」は具体化(instantiation)と呼ばれ,抽象Aを表現Nで具...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 五十嵐淳
オブジェクト指向言語においてソフトウェアの再利用性の向上を支援する型システムの研究を行い, 主に以下に挙げる成果を得た. (1)相互再帰的なクラスを継承により拡張するための言語機構およびそれに対する型システムを考案し, 型システムの安全性の厳密な証明を与えた. (2)再帰的(自己参照的)インターフェースを表現できる型システムに対して従来から指摘されてきた欠点を解決した. (3)漸進的型付けと呼ばれる、動的型付けと静的型付けをひとつの言語上で混在させるための言語機構の形式化を簡単なオブジェク...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 五十嵐淳
本研究では,ヘテロジニアスな環境におけるソフトウェア構築を容易にする環境適応型ソフトウェアを提案し,そのようなソフトウェアの意味論と,安全性向上のための型理論などの基礎理論を研究してきた.本年度の成果は以下の通り.
プログラム特化の安全性確保のための型理論構築
論理の証明体系と計算体系の間の一般的な同型対応を利用して,線形時間時相論理の証明体系からプログラム特化を行う多段階計算のための型付計算体系を構築し,その型理論による体系の安全性などを証明した.また,そのような計算体系に基づく,簡単な...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 玉井哲雄
ソフトウェアの生産性と安全性を向上させることを目的に, アスペクト指向ソフトウェア開発の技術を構築し, 言語とツールとして提供する.