鈴木 大輔

J-GLOBALへ         更新日: 14/04/02 14:20
 
アバター
研究者氏名
鈴木 大輔
 
スズキ ダイスケ
eメール
show-youngc.riec.tohoku.ac.jp
URL
http://www.ngc.riec.tohoku.ac.jp/ja/member/suzuki.html
所属
東北大学
部署
国際集積エレクトロニクス研究開発センター 研究開発部門
職名
助教
学位
博士 (工学)(東北大学)

プロフィール

福島県郡山市生まれ。不揮発デバイスを用いた論理回路とその応用に関する研究に従事。現東北大学国際エレクトロニクス研究開発センター助教。

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
東北大学 省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター 研究支援者
 
2009年10月
 - 
2010年3月
東北大学 電気通信研究所 産学官連携研究員
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年9月
東北大学 工学研究科 電気・通信工学専攻 (博士課程後期3年の課程)
 
2004年4月
 - 
2006年3月
東北大学 工学研究科 電気・通信工学専攻 (博士課程前期2年の課程)
 
2000年4月
 - 
2004年3月
東北大学 工学部 通信工学科
 

受賞

 
2010年5月
電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ 論文賞
 

論文

 
Design and Evaluation of a 67% Area-Less 64-bit Parallel Reconfigurable 6-Input Nonvolatile Logic Element Using Domain-Wall Motion Devices
D. Suzuki, M. Natsui, A. Mochizuki, and T. Hanyu
Japanese Journal of Applied Physics   53(4S) 04EM03   2014年2月   [査読有り]
Design and Fabrication of a Perpendicular-MTJ-Based Nonvolatile Programmable Switch Achieving 40% Less Area Using Shared-Control Transistor Structure
D. Suzuki, M. Natsui, A. Mochizuki, S. Miura, H. Honjo, K. Kinoshita, H. Sato, S. Fukami, S. Ikeda, T. Endoh, H. Ohno, and T. Hanyu
Journal of Applied Physics   (in press)    2014年   [査読有り]
Fabrication of a magnetic tunnel junction-based 240-tile nonvolatile field-programmable gate array chip skipping wasted write operations for greedy power-reduced logic applications
D. Suzuki, M. Natsui, A. Mochizuki, S. Miura, H. Honjo, K. Kinoshita, H. Sato, S. Ikeda, T. Endoh, H. Ohno, T. Hanyu
IEICE Electronics Express   10(23) 20130772   2013年12月   [査読有り]
A 71%-Area-Reduced Six-Input Nonvolatile Lookup-Table Circuit Using a Three-Terminal Magnetic-Tunnel-Junction-Based Single-Ended Structure
D. Suzuki, Yuhui Lin, M. Natsui, and T. Hanyu
Japanese Journal of Applied Physics   52 04CM04   2013年3月   [査読有り]
Compact Nonvolatile Logic Element Using a Magnetic-Tunnel-Junction and Metal-Oxide-Semiconductor Hybrid Structure
D. Suzuki, M. Natsui, T. Endoh, H. Ohno, and T. Hanyu
Japanese Journal of Applied Physics   51 04DM02   2012年4月   [査読有り]

Misc

 
Optimally Self-Terminated Compact Switching Circuit Using Continuous Voltage Monitoring Achieving High Read Margin for STT MRAM and Logic
Daisuke Suzuki
2014 International Magnetics Conference (to be presented)      2014年5月   [査読有り]
Fabrication of a Perpendicular-MTJ-Based Compact Nonvolatile Programmable Switch Using Shared-Write-Control-Transistor Structure
D. Suzuki, M. Natsui, A. Mochizuki, S. Miura, H. Honjo, K. Kinoshita, H. Sato, S. Fukami, S. Ikeda, T. Endoh, H. Ohno, and T. Hanyu
Abst. 58th Annual Conf. Magnetism and Magnetic Materials   233   2013年11月   [査読有り]
Design of a Three-Terminal MTJ-Based Nonvolatile Logic Element with a 2-ns 64-Bit-Parallel Reconfiguration Capability
D. Suzuki, M. Natsui, A. Mochizuki, and T. Hanyu
Ext. Abstr. Int. Conf. Solid State Devices and Materials   386-387   2013年9月   [査読有り]
NATSUI Masanori, SUZUKI Daisuke, SAKIMURA Noboru, NEBASHI Ryusuke, TSUJI Yukihide, MORIOKA Ayuka, SUGIBAYASHI Tadahiko, MIURA Sadahiko, HONJO Hiroaki, KINOSHITA Keizo, IKEDA Shoji, ENDOH Tetsuo, OHNO Hideo, HANYU Takahiro
Dig Tech Pap IEEE Int Solid State Circuits Conf   2013 194-195,195(1)   2013年
Design of Compact Nonvolatile Lookup-Table Circuit Using Three-Terminal Magnetic-Tunnel-Junction-Based Single-Ended Structure
D. Suzuki, Y. Lin, M. Natsui, and T. Hanyu
Ext. Abstr. Int. Conf. Solid State Devices and Materials   392-393   2012年9月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
MTJ素子を用いた不揮発FPGAの電力効最適化手法
鈴木 大輔, 夏井雅典, 望月明, 羽生 貴弘
電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路   2013年11月27日   
3端子MTJ素子を用いたコンパクト不揮発LUT回路の構成
林 玉輝, 鈴木 大輔, 羽生 貴弘
多値論理とその応用研究会技術研究報告   2013年1月13日   
鈴木 大輔, 羽生 貴弘
電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路   2012年1月12日   
不揮発性デバイスの一つであるMagnetic Tunnel Junction(MTJ)素子を活用した不揮発4入力Logic Element(LE)を提案する.MTJ素子が電流によって書換え可能な可変抵抗素子であることに着目しMOSトランジスタと組み合わせることで,LEの構成要素であるLookup Table回路ならびにFlip-Flopそれぞれの機能をコンパクトに集約することが可能となる.具体的な設計例として90nm CMOSテクノロジを用いて設計・評価を行う.結果として提案回路では,従来...
超低電力化を実現する新概念VLSI:不揮発性論理回路技術の展望 [招待有り]
鈴木 大輔, 羽生 貴弘
第58 回応用物理学関係連合講演会   2011年3月   
鈴木 大輔, 夏井 雅典, 池田 正二, 長谷川 晴弘, 三浦 勝哉, 早川 純, 遠藤 哲郎, 大野 英男, 羽生 貴弘
電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路   2010年4月15日   
本稿では,磁気トンネル接合素子(MTJ:Magnetic Tunnel Junction)素子特性を活用することで, FPGA (Field-Programmable Gate Array)におけるLUT (lookup table)演算機能と不揮発性記憶機能を一体化させた回路を提案する.提案回路は電流モード論理に基づき構成され, MTJ素子の記憶に応じた電流値の変化を直接論理値として扱うことが可能である.したがって,演算結果のみを増幅して出力すればよく,結果としてコンパクトな回路を実現可...

競争的資金等の研究課題

 
システムセルフリカバリー機能を有する不揮発FPGAアーキテクチャの構築
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手B
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 鈴木 大輔