新岡 宏彦

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/18 16:39
 
アバター
研究者氏名
新岡 宏彦
所属
大阪大学
部署
大学院基礎工学研究科

経歴

 
2012年10月
 - 
現在
大阪大学 大学院基礎工学研究科 機能創成専攻 生体工学領域 助教
 
2009年4月
 - 
2012年9月
大阪大学 ナノサイエンスデザイン教育研究センター 特任助教
 

学歴

 
2009年3月
   
 
大阪大学 大学院生命機能研究科 五年一貫制博士課程 修了 
 
2004年3月
   
 
大阪大学 工学部 応用自然科学科 応用物理学科目 卒業
 

受賞

 
2015年2月
公益財団法人 風戸研究奨励会 平成26年度 第八回風戸研究奨励賞 光・電子相関顕微鏡法のためのプローブ開発と細胞イメージング応用
 
2013年9月
公益社団法人 応用物理学会 JSAP 第35回応用物理学会論文奨励賞 Multicolor Cathodoluminescence Microscopy for Biological Imaging with Nanophosphors
 
2013年8月
大阪大学 大阪大学総長奨励賞
 
2010年11月
公益社団法人 日本分光学会 日本分光学会年次講演会若手ポスター賞 Pt基板上自己組織化単分子膜の高感度/高分解能SHG イメージング
 

論文

 
Doan Thi Kim Dung, Shoichiro Fukushima, Taichi Furukawa, Hirohiko Niioka, Takumi Sannomiya, Kaori Kobayashi, Hiroshi Yukawa, Hiroshi Yukawa, Yoshinobu Baba, Yoshinobu Baba, Yoshinobu Baba, Mamoru Hashimoto, Jun Miyake
Nanomaterials   6    2016年9月
© 2016 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland.Comprehensive imaging of a biological individual can be achieved by utilizing the variation in spatial resolution, the scale of cathodoluminescence (CL), and near-infrared (NIR), as favored ...
S. Fukushima, T. Furukawa, H. Niioka, M. Ichimiya, M. Ichimiya, T. Sannomiya, N. Tanaka, D. Onoshima, D. Onoshima, H. Yukawa, H. Yukawa, Y. Baba, Y. Baba, Y. Baba, Y. Baba, M. Ashida, J. Miyake, T. Araki, M. Hashimoto
Scientific Reports   6    2016年5月
This paper presents a new correlative bioimaging technique using Y2O3:Tm, Yb and Y2O3:Er, Yb nanophosphors (NPs) as imaging probes that emit luminescence excited by both near-infrared (NIR) light and an electron beam. Under 980 nm NIR light irradi...
Shoichiro Fukushima, Taichi Furukawa, Hirohiko Niioka, Masayoshi Ichimiya, Masayoshi Ichimiya, Takumi Sannomiya, Jun Miyake, Masaaki Ashida, Tsutomu Araki, Mamoru Hashimoto
Optical Materials Express   6 831-843   2016年3月
© 2016 Optical Society of America.Yttrium oxide-based nanophosphors that emit both upconversion luminescence (UPL) and cathodoluminescence (CL) were synthesized by a precipitation method using excessive urea. Precursors of Y2O3 nanophosphors were ...
Hirohiko Niioka, Jumpei Yamasaki, Doan Thi Kim Dung, Jun Miyake
Chemistry Letters   45 1406-1408   2016年1月
© 2016 The Chemical Society of Japan.Bioimaging probes, which can emit near-infrared (NIR) light and are excitable with NIR light, are promising for deep tissue imaging in vivo. Lanthanide-doped phosphors, such as Y2O3:Tm,Yb; Y2O3:Ho,Yb; and Y2O3:...
Taichi Furukawa, Shoichiro Fukushima, Hirohiko Niioka, Naoki Yamamoto, Jun Miyake, Tsutomu Araki, Mamoru Hashimoto
Journal of Biomedical Optics   20    2015年5月
© 2015 Society of Photo-Optical Instrumentation Engineers.We describe rare-earth-doped nanophosphors (RE-NPs) for biological imaging using cathodoluminescence (CL) microscopy based on scanning transmission electron microscopy (STEM). We report the...

Misc

 
Mamoru Hashimoto, Hiroto Kanoh, Hirohiko Niioka, Tsutomu Araki
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   8948    2014年1月
Coherent Raman scattering provides chemical imaging by using molecular vibrational information sensitive to molecular structure. To add another information of martial symmetry, we propose using fourth order coherent Raman scattering for imaging, b...
Chikako Ninagawa, Hirohiko Niioka, Tsutomu Araki, Mamoru Hashimoto
JSAP-OSA Joint Symposia, JSAP 2014      2014年1月
Doan T. Kim Dung, Shoichiro Fukushima, Hirohiko Niioka, Masayoshi Ichimiya, Masayoshi Ichimiya, Masaaki Ashida, Tsutomu Araki, Mamoru Hashimoto, Jun Miyake
JSAP-OSA Joint Symposia, JSAP 2014      2014年1月
Shoichiro Fukushima, Hirohiko Niioka, Masayoshi Ichimiya, Masayoshi Ichimiya, Jun Miyake, Masaaki Ashida, Tsutomu Araki, Mamoru Hashimoto
JSAP-OSA Joint Symposia, JSAP 2014      2014年1月
S. Fukushima, T. Furukawa, H. Niioka, M. Ichimiya, M. Ichimiya, T. Nagata, J. Miyake, M. Ashida, T. Araki, M. Hashimoto
Optics InfoBase Conference Papers      2013年12月

競争的資金等の研究課題

 
第2近赤外窓領域を用いた生体深部1細胞イメージング技術の開発と再生医療への応用
日本学術振興会 科学研究費助成事業:: 若手研究(A)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 新岡 宏彦
深層学習を用いた統合的画像解析による細胞種および状態の識別
公益財団法人 栢森情報科学振興財団: 第21回助成事業
研究期間: 2017年1月 - 2018年12月    代表者: 新岡 宏彦
深層学習を用いた非侵襲細胞分化判別
日本学術振興会 科学研究費助成事業: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 新岡 宏彦
内部構造および力学的性状の異なる血栓はどうして形成されるのか
日本学術振興会 科学研究費助成事業: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 和田 成生
光・電子相関顕微鏡法のためのプローブ開発と細胞イメージング応用
公益財団法人 風戸研究奨励会: 平成26年度 第八回風戸研究奨励賞
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 新岡 宏彦
多層計測と非線形柔軟物モデルの協調による実時間臓器追跡に関する研究
日本学術振興会 科学研究費助成事業: 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 黒田 嘉宏
直接細胞内分子観察できる極微小探針の創製
日本学術振興会 科学研究費助成事業: 新学術領域研究 領域名称「ナノメディシン」
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 石原 一彦
高次非線形ラマン散乱顕微鏡による結晶化モニタリング
日本学術振興会 科学研究費助成事業: 基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 橋本 守
レーザーアブレーションを用いた希土類添加ナノバイオ蛍光プローブ作製
公益財団法人 天田財団: 2013年度 天田財団奨励研究助成
研究期間: 2013年12月 - 2015年3月    代表者: 新岡 宏彦
電子線励起プラズモンを用いたバイオイメーンジング技術の開発
日本学術振興会 科学研究費助成事業: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 新岡 宏彦
細胞・組織の診断と評価のための多次元顕微分子イメージングシステムの開発と応用
日本学術振興会 科学研究費助成事業: 基盤研究(A)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 荒木 勉
カソードルミネッセンス顕微鏡による細胞内蛋白質のマルチカラーナノイメージング
公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団: 平成23年度 中谷電子計測技術財団技術開発助成研究
研究期間: 2012年2月 - 2013年3月    代表者: 新岡 宏彦
カソードルミネッセンス顕微鏡による細胞中の高空間分解能蛋白質イメージング
公益財団法人 立石科学技術振興財団: 平成23年度 立石科学技術振興財団 研究助成(B)
研究期間: 2011年 - 2013年3月    代表者: 橋本 守
レーザーアブレーションに対する細胞応答のリアルタイムCARSイメージング
日本学術振興会 科学研究費助成事業: 基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 橋本 守
非線形ラマン顕微鏡の開発と膜タンパク質の選択的イメージング
日本学術振興会 科学研究費助成事業: 若手研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 新岡 宏彦
非線形ラマン効果を用いた膜タンパク質の選択的観測
大阪大学大学院基礎工学研究科: 大阪大学基礎工学研究科平成21年度未来研究ラボ 若手研究助成
研究期間: 2009年 - 2010年3月    代表者: 新岡 宏彦

その他

 
【資格】
普通自動車第一種運転免許
高圧ガス製造保安責任者(乙種化学)
衛生工学衛生管理者
PADIオープンウォーター・ダイバー