鹿島久嗣

J-GLOBALへ         更新日: 15/05/14 11:14
 
アバター
研究者氏名
鹿島久嗣
 
カシマ ヒサシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/80545583.ja.html
所属
京都大学

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
京都大学 大学院情報学研究科 教授
 
2009年8月
 - 
2013年3月
東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授
 

論文

 
Toshiko Matsui,Yukino Baba,Toshihiro Kamishima,Hisashi Kashima
Advances in Knowledge Discovery and Data Mining - 18th Pacific-Asia Conference, PAKDD 2014, Tainan, Taiwan, May 13-16, 2014. Proceedings, Part II   336-347   2014年   [査読有り]
Jingjing Wang,Satoshi Oyama,Masahito Kurihara,Hisashi Kashima
The 8th International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication, ICUIMC '14, Siem Reap, Cambodia - January 09 - 11, 2014   103   2014年   [査読有り]
Yukino Baba,Hisashi Kashima,Kei Kinoshita,Goushi Yamaguchi,Yosuke Akiyoshi
Expert Syst. Appl.   41(6) 2678-2687   2014年   [査読有り]
Hiroshi Kajino,Hiromi Arai,Hisashi Kashima
Data Min. Knowl. Discov.   28(5-6) 1314-1335   2014年   [査読有り]
Yoshifumi Aimoto,Hisashi Kashima
Advances in Knowledge Discovery and Data Mining, 17th Pacific-Asia Conference, PAKDD 2013, Gold Coast, Australia, April 14-17, 2013, Proceedings, Part II   521-532   2013年   [査読有り]

Misc

 
鹿島 久嗣
人工知能学会誌   28(1)    2013年1月
鹿島 久嗣, 梶野 洸
人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence   27(4) 381-388   2012年7月
鹿島 久嗣, 梶野 洸
人工知能学会誌   27(4) 381-388   2012年7月
相本 佳史, 鹿島 久嗣
電子情報通信学会技術研究報告. IBISML, 情報論的学習理論と機械学習   111(480) 109-116   2012年3月
行列やテンソルとして表現されるデータの解析には,通常これらの低ランク性を仮定した分解が利用される.しかし,データが各々の要素レベルではなく,より抽象度の高い上位のカテゴリレベルにおいても観測されうる状況においては,通常の行列分解,テンソル分解の方法をそのまま用いることはできない.そこで本研究では,上位カテゴリにおける観測データが得られる場合の行列およびテンソル分解の問題を提案し,その効率的な解法を与える.そして,実データを含むいくつかのデータを用いた要素補完問題において,提案手法が素朴な解...
林 浩平, 竹之内 高志, 冨岡 亮太, 鹿島 久嗣
人工知能学会論文誌   27(3) 103-110   2012年
Multi-task learning aims at transferring knowledge between similar tasks. The multi-task Gaussian process framework of Bonilla et al. models (incomplete) responses of C data points for R tasks (e.g., the responses are given by...