城 和貴

J-GLOBALへ         更新日: 09/06/04 16:01
 
アバター
研究者氏名
城 和貴

プロフィール

1984/04-1990/12 日本DEC ソフトウェア技術者
1986/09-1990/03 ATR視聴覚機構研究所 研究員(日本DECより出向)
1991/04-1993/03 (株)クボタ 主任研究員
1996/07-1997/03 奈良先端科学技術大学院大学 助手
1997/04-1998/03 和歌山大学 講師
1998/04-1999/03 和歌山大学 助教授
1999/04- 奈良女子大学 教授

経歴

 
2009年
   
 
奈良女子大学 教授
 
2006年
   
 
奈良女子大学 理学部・人間文化研究科 教授
 
2005年
   
 
奈良女子大学 国立大学法人・理学部 教授
 
2004年
   
 
奈良女子大学・理学部 教授
 
2001年
 - 
2003年
奈良女子大学 理学部 教授
 

Misc

 
城 和貴, JOE Kazuki, 北 栄輔, KITA Eisuke
情報処理学会論文誌   48    i000年
田邊昇, 佐々木愛美, 中條拓伯, 城和貴
電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム   108(180) 43-48   2008年7月
スーパーコンピュータが生成する大容量データの可視化を、対話的に遠隔から行えるようにすることが必要とされている。我々は数十GBのボリュームデータを保持し、これを実時間で可視化すると同時に、映像をH.264のライブストリーミングで配信し、遠隔から対話的に制御できるシステムを提案する。本報告では、上記のシステムを2年後に構築することを仮定し、その実現性を検討する。単一のGPUに装備されているメモリ容量を大幅に超えるボリュームデータのサイズでは、GPUから見てローカルではなくホストインタフェースの...
鎌田 真由美, 仲嶋 なつ, 石川 千里, 高田 雅美, 城 和貴
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   70 27-30   2008年7月
一色彩, 坂本竜基, 北原格, 小暮潔, 城和貴
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   2008(65) 1-4   2008年7月
自由視点映像における背景領域の形状モデルを簡便に生成する手法を提案する.前景領域の自由視点映像は,視体積交差法などの手法により3次元形状を復元することで実現されている.一方で,背景領域の形状モデルはCADなどの3Dモデリングソフトを用いて作成されることが多い。この場合,詳細なモデルの作成には手間がかかり,また,簡易的に作成した単純な形状のモデルを使用すると映像が不自然なものとなっていた.本提案手法では,背景領域の形状を複数の平面で近似することとし,多視点画像に写り込んだ平面の頂点を対応点と...
小堀由貴, 石川千里, 高田雅美, 城和貴
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   2008(65) 5-8   2008年7月
近年,パソコンの革新的な発展に伴い,立体画像は世間の脚光を浴びている.高性能計算機によって,画像処理はもはや難しい処理ではない.このような状況において,立体動画像は特に注目を集めている.最近のパソコンはとても高性能であるためリアルタイム動画生成は十分行えるようになっている.さらに,近年ブロードバンドネットワークは様々なコンテンツのストリーミングを可能としている.特に,動画のライブストリーミングは様々な分野で活用されている.本稿では,リアルタイムでアナグリフによる3D動画像を生成し,ライブス...