影山太郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/30 10:39
 
アバター
研究者氏名
影山太郎
所属
国立国語研究所
職名
所長
学位
1977年 Ph.D.(言語学) 南カリフォルニア大学(University of Southern California)

プロフィール

 
 多様性とグローバル化という相反する概念が行き交う今日,「国語」の研究とはどうあるべきでしょうか。それは,国語・日本語の研究を日本国内だけ,そして日本語による発信だけに閉じ込めないことです。
 理論英語学から出発した私は,20歳代から,母語である日本語の研究から世界の最先端の言語学に貢献することの重要性をいろいろな場で発言してきましたが,それは個人レベルでの話しでした。最近ようやく,個々の研究者のレベルを超えて,日本語研究の総体が世界の舞台で本格的に評価される時代になってきたと感じます。
 国語研では,言語学出版社の老舗ドイツ・De Gruyter Mouton社との協定により,日本語(及び琉球諸語,アイヌ語)の全貌を英文で提示するHANDBOOKS OF JAPANESE LANGUAGE AND LINGUISTICSシリーズ (Edited by Masayoshi Shibatani and Taro Kageyama,全12巻)を企画し,既に5巻を刊行しました(既刊5冊の書評はJournal of Japanese Linguistics 31 (2015)と32 (2016)に掲載されています)。また,Oxford Research Encyclopedia of Linguistics(Oxford University Pressがインターネット上で展開する言語学諸分野の研究展望)では,私がAdvisory Board及びSenior Editorの一人としてJapapanese linguisticsの各分野を展望する幾つかの論文を企画し,日本語言語学の国際普及を促進しています。さらに,Cambridge University Pressからは Yoko Hasegawa (ed.) The Cambridge Handbook of Japanese Linguisticsが近々出版される予定です。
 しかしこのような世界レベルでの活動は "Japanese linguistics"(理論的な日本語言語学)と呼べる分野に限られます。伝統的な国語学・日本語学の諸学会にも,より一層の世界発信と世界との学術交流を期待したいところです。

研究分野

 
 
  • 言語学 / 日本語学 / syntax, morphology, word formation, lexicon, semantics, typology

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
同志社大学 文化情報学研究科 特別客員教授
 
2009年10月
 - 
2017年9月
大学共同利用機関法人・人間文化研究機構・国立国語研究所 所長
 
2009年4月
 - 
2009年9月
大学共同利用機関法人・人間文化研究機構 教授,日本語研究機関設置準備室長 
 
2009年4月
   
 
関西学院大学 名誉教授
 
2008年2月
 - 
2008年3月
パリ第7大学 招聘教授
 
1987年4月
 - 
2009年3月
関西学院大学 文学部 教授
 
1980年10月
 - 
1987年3月
大阪大学 言語文化部 助教授
 
1978年1月
 - 
1980年9月
大阪大学 言語文化部 専任講師
 
1974年9月
 - 
1977年8月
University of Southern California Graduate School, Department of Linguistics 博士課程 修了
 
1973年4月
 - 
1974年9月
神戸学院大学 教養部 助手
 
1971年4月
 - 
1973年3月
大阪外国語大学 大学院 英語学専攻 修士課程 修了
 
1967年4月
 - 
1971年3月
大阪外国語大学 英語学科 卒業
 
1964年4月
 - 
1967年3月
兵庫県立神戸高等学校 卒業
 

受賞

 
1994年11月
金田一京助博士記念会 第22回金田一京助博士記念賞 『文法と語形成』 ひつじ書房,1993
 
1980年9月
財団法人語学教育研究所 市河賞 『日英比較 語彙の構造』松柏社, 1980
 
1973年
東京言語研究所 東京言語研究所言語学懸賞論文賞 「場所理論的見地から」(『言語の科学』5、1974)
 

担当経験のある科目

 
 
  • 集中講義(英語学特殊講義、言語学特殊講義その他) (大阪外国語大学大学院,大阪大学文学部・大学院文学研究科,筑波大学大学院文芸言語学系,静岡大学教育学部,静岡大学人文学部,京都大学文学部・大学院文学研究科,東京言語研究所,神戸大学文学部・大学院文学研究科,神戸大学国際文化学部,九州大学文学部・大学院文学研究科,愛媛大学人文学部人文学部・大学院人文学研究科,南山大学大学院人文学研究科,東北大学文学部・大学院文学研究科,東京外国語大学大学院,東京大学文学部・大学院人文社会系研究科,奈良女子大学大学院人間文化研究科)

委員歴

 
2014年9月
 - 
現在
Oxford Research Encyclopedia of Linguistics (Oxford University Press)  Advisory board / Senior editor
 
2010年1月
 - 
現在
特定非営利活動法人 言語資源協会(GSK)  理事
 
2009年10月
 - 
現在
財団法人 日本国際教育支援協会  理事
 
1988年4月
 - 
現在
日本言語学会  顧問,会長 (2009.4-2012.3),会員(1978−現在),委員[評議員](1988−2008)、常任委員(1988−1991,1997−2000),『言語研究』編集委員長(2006−2009),編集委員(1991−1996, 2003−2006),大会運営委員(2000.4−2001.8)
 
1978年
 - 
現在
関西言語学会  運営委員(1978−現在),実行委員(1990−2003),事務局長(1997−1999)
 
2000年
 - 
現在
日本語文法学会  評議員(2000−2009),大会委員会委員長(2004−2007),『日本語文法事典』編集委員(2003−2014)
 
2010年4月
 - 
2016年3月
文化庁文化審議会国語分科会  臨時委員
 
2009年4月
 - 
2015年3月
日本語学会  評議員
 
2001年
 - 
2014年
日本英語学会  理事(2001−2005, 2007–2010),評議員(1998−2014), 大会準備委員(1985−1988,2000−2002),大会準備委員長(2001−2002),English Linguistics編集委員(1989−1993, 2005−2007),編集委員会副委員長(2005−2007)
 
 
 - 
現在
海外ジャーナル査読委員  Language (アメリカ言語学会), Linguistics (De Gruyter Mouton ), Lingua (Elsevier), Journal of East Asian Linguistics (Springer), Linguistic Inquiry (MIT Press), Natural Language & Linguistic Theory (Kluwer Academic), Journal of Cognitive Science (韓国認知科学会), その他
 

書籍等出版物

 
Handbook of Japanese Contrastive Linguistics
Prashant Pardeshi and Taro Kageyama (eds.) (担当:共編者)
De Gruyter Mouton   2018年2月   
Transitivity and Valency Alternations: Studies on Japanese and Beyond
Taro Kageyama and Wesley M. Jacobsen (eds.) (担当:共編者)
De Gruyter Mouton   2016年7月   ISBN:3110475243
日本語の動詞自他交替と他動性について、統語論、形態論、意味論、音韻論、日本語史、方言、琉球語、第一言語習得、第二言語習得、言語類型論の観点から多角的に論じた、初の包括的英文論文集。
『レキシコンフォーラム No. 7』
影山太郎 (担当:編者)
ひつじ書房   2016年3月   ISBN:4894768070
《特集=日本語レキシコン入門 PART II》 影山太郎「名詞+動詞型の複合動詞」,秋田喜美「言語体系の中のオノマトペ」,小林英樹・影山太郎「形と意味のミスマッチ」,影山太郎「句につく語と形態素」,伊藤たかね・杉岡洋子「<語>は頭の中でどう処理されるのか」 《研究論文》中川秀太「接尾辞的な一字漢語と類義の二字漢語における造語機能の比較」,陳奕廷「コンストラクションとしての日本語の語彙的複合動詞」,于 一楽「中国語存現文の意味構造と項の具現化」,中村 渉「現代ドイツ語の目的語代名詞の格交替─...
Handbook of Japanese Lexicon and Word Formation
Taro Kageyama and Hideki Kishimoto (eds.) (担当:共編者)
De Gruyter Mouton   2016年1月   ISBN:1614512752
日本語のレキシコン(語彙)と語形成(形態論)に係わる種々の現象を、伝統的な国語学・日本語学の観点と現代言語学の観点を融合させて論じた、世界初の英文論文集。
Handbooks of Japanese Language and Linguistics (Series editors)
Masayoshi Shibatani and Taro Kageyama (担当:編者, 範囲:Series editor)
De Gruyter Mouton   2015年1月   
『日本語文法事典』
仁田義雄、尾上圭介、影山太郎、鈴木泰、村木新次郎、杉本武(編) (担当:共編者)
大修館書店   2014年7月   ISBN:978-4-469-01286-6
『複合動詞研究の最先端--謎の解明に向けて--』
影山太郎 (担当:編者)
ひつじ書房   2013年12月   ISBN:978-4894766914
『レキシコンフォーラム No. 6』
影山太郎 (担当:編者)
ひつじ書房   2013年1月   ISBN:978-4-89476-616-7
《特集 日本語レキシコン入門》レキシコンの基礎知識 影山太郎/語種と語形成 影山太郎・斎藤倫明/複合語と派生語 竝木崇康/動詞+動詞型の複合動詞 由本陽子/日本語の造語力としての和製漢語 朱京偉/漢語VNの語構成と意味・用法 小林英樹/標準語と方言における形容詞の多様性 八亀裕美/イディオム:レキシコンと統語の接点 岸本秀樹 《論文》生成語彙理論による助数詞の分析 眞野美穂・米澤 優/測量名詞の意味・統語的特徴に関する考察 ラウル・ブラン/日本語二重目的語動詞の所有者制約と受身化 岸本秀...
『日中理論言語学の新展望3:語彙と品詞』
影山太郎・沈力 (担当:共編者)
くろしお出版   2012年7月   ISBN:978-4-87424-553-8
『日中理論言語学の新展望2:意味と構文』
影山太郎・沈力 (担当:共編者)
くろしお出版   2012年4月   ISBN:978-4-87424-549-1
『属性叙述の世界』
影山太郎 (担当:編者)
くろしお出版   2012年3月   ISBN:4874245463
国立国語研究所の共同研究プロジェクトの成果。これまであまり取り上げられてこなかったモノの性質・特性・属性に注目。標準日本語だけでなく諸方言や外国語も視野に入れ、従来の動詞中心の言語学では見えなかった言語の側面に光を当てる。新しい言語研究の視界を拓く一冊。
『日中理論言語学の新展望1:統語構造』
影山太郎・沈 力 (担当:共編者)
くろしお出版   2011年11月   ISBN:978-4-87424-540-8
『<日英対照>名詞の意味と構文』
影山太郎(編著)
大修館書店   2011年11月   ISBN:4469245682
『レキシコンフォーラム No. 5』
影山太郎(編)
ひつじ書房   2010年6月   ISBN:978-4-89476-518-4
『<日英対照> 形容詞・副詞の意味と構文』
影山太郎(編著)
大修館書店   2009年3月   ISBN:4469245410
『レキシコンフォーラム No. 4』
影山太郎(編)
ひつじ書房   2008年9月   ISBN:4894764105
『レキシコンフォーラム No. 3』
影山太郎(編)
ひつじ書房   2007年7月   ISBN:4894763737
『レキシコンフォーラム No. 2』
影山太郎(編)
ひつじ書房   2006年6月   ISBN:4894762900
Voice and Grammatical Relations: In Honor of Masayoshi Shibatani
Tasaku Tsunoda and Taro Kageyama (eds.)
Amsterdam: John Benjamins   2006年3月   ISBN:9027229767
『レキシコンフォーラム No. 1』
影山太郎 (担当:編者)
ひつじ書房   2005年   

論文

 
Resultative constructions in Japanese from a typological perspective
Taro Kageyama and Chen Li
Prashant Pardeshi and Taro Kageyama (eds.) Handbook of Japanese Contrastive Linguistics. De Gruyter Mouton.   193-225   2018年2月   [査読有り][招待有り]
Compound and complex predicates in Japanese
影山太郎
Oxford Research Encyclopedia of Linguistics      2017年10月   [査読有り][招待有り]
複合語の小宇宙から日本語文法の大宇宙を探る
影山太郎
『ことばの科学-東京言語研究所50周年セミナー-』(西山佑司・杉岡洋子 編),開拓社   2-26   2017年9月   [査読有り][招待有り]
「対照言語学から照射した現代日本語文法―名詞抱合と言語類型―」
影山太郎
『日本語文法』   16(2) 32-47   2016年9月   [査読有り][招待有り]
Agents in anticausative and decausative compound verbs
Taro Kageyama
Taro Kageyama and Wesley M. Jacobsen (eds.) Transitivity and Valency Alternations: Studies on Japanese and Beyond. De Gruyter Mouton   89-124   2016年7月   [査読有り][招待有り]
句につく語と形態素
影山太郎
『レキシコンフォーラム No. 7』   57-73   2016年3月   [査読有り][招待有り]
形と意味のミスマッチ
影山太郎
『レキシコンフォーラム No. 7』   41-55   2016年3月   [査読有り][招待有り]
名詞+動詞型の複合動詞
影山太郎
『レキシコンフォーラム No. 7』   1-18   2016年3月   [査読有り][招待有り]
Vocabulary strata and word formation processes
Taro Kageyama and Michiaki Saito
Taro Kageyama and Hideki Kishimoto (eds.) Handbook of Japanese Lexicon and Word formation. De Gruyter Mouton.   11-50   2016年1月   [査読有り][招待有り]
Sino-Japanese words
Hideki Kobayashi, Kiyo Yamashita and Taro Kageyama
Taro Kageyama and Hideki Kishimoto (eds.) Handbook of Japanese Lexicon and Word formation. De Gruyter Mouton.   93-131   2016年1月   [査読有り][招待有り]
Word structure and headedness
Takayasu Namiki and Taro Kageyama
Taro Kageyama and Hideki Kishimoto (eds.) Handbook of Japanese Lexicon and Word formation. De Gruyter Mouton.   201-235   2016年1月   [査読有り][招待有り]
Noun-compounding and noun-incorporation
Taro Kageyama
Taro Kageyama and Hideki Kishimoto (eds.) Handbook of Japanese Lexicon and Word formation. De Gruyter Mouton.   237-272   2016年1月   [査読有り][招待有り]
Verb-compounding and verb-incorporation
Taro Kageyama
Taro Kageyama and Hideki Kishimoto (eds.) Handbook of Japanese Lexicon and Word formation. De Gruyter Mouton.   273-310   2016年1月   [査読有り][招待有り]
Lexical integrity and the morphology-syntax interface
Taro Kageyama
Taro Kageyama and Hideki Kishimoto (eds.) Handbook of Japanese Lexicon and Word formation. De Gruyter Mouton.   489-528   2016年1月   [査読有り][招待有り]
“Valency Classes in Japanese”
Hideki Kishimoto, Taro Kageyama, and Kan Sasaki
Andrej Malchukov and Bernard Comrie (eds.) Valency Classes in the World’s Languages, vol. 1. De Gruyter Mouton.   765-805   2015年9月   [査読有り][招待有り]
Introduction to the Handbooks of Japanese Language and Linguistics
Masayoshi Shibatani and Taro Kageyama
Handbook of the Ryukyuan Languages, De Gruyter Mouton   vii-xxxiii   2015年1月   [査読有り][招待有り]
Taro Kageyama
Oxford Bibliographies Online (Oxford University Press)      2014年6月   [査読有り][招待有り]
「受身」,「埋め込み」,「概念意味論」,「語彙概念構造」,「語構成」,「叙実性」,「存在文」,「難易文」,「複合動詞」
影山太郎
仁田義雄,尾上圭介,影山太郎,鈴木泰,村木新次郎,杉本武(編)『日本語文法事典』大修館書店      2014年6月   [査読有り][招待有り]
「語彙的複合動詞の新体系」
影山太郎
影山太郎(編)『複合動詞研究の最先端--謎の解明に向けて--』   3-49   2013年12月
“Post-syntactic Compounds and Semantic Head-marking in Japanese”
Taro Kageyama
Japanese/Korean Linguistics   20 363-382   2013年11月   [査読有り][招待有り]

Works

 
影山太郎・神崎享子   データベース   2014年3月 - 現在
日本語の動詞連用形+動詞タイプの複合動詞(2700語超)に漢字・かな表記、ローマ字表記、格パターン、意味、用例、語構造などの情報を付与し、種々の方法で検索できるようにしたデータベース

講演・口頭発表等

 
「複合語の小宇宙から日本語文法の大宇宙を探る」 [招待有り]
影山太郎
東京言語研究所開設50周年セミナー   2016年9月3日   
「国立国語研究所 -- 世界のグローバル化と日本語研究」
影山太郎
東京外国語大学国際シンポジウム「国際日本研究 --対話,交流,ダイナミックス」,東京外国語大学   2016年1月31日   
対照言語学から照射した現代日本語文法:名詞抱合と言語類型 [招待有り]
影山太郎
日本語文法学会第16回大会シンポジウム『関連領域から照射した現代語文法』, 学習院女子大学   2015年11月14日   
言語類型と2種類の複合動詞 [招待有り]
影山太郎
東京外国語大学国際日本研究センター『外国語と日本語との対照言語学的研究』第16回研究会   2015年7月11日   
回顧と展望 [招待有り]
影山太郎
日本言語学会第150回大会記念フォーラム「日本言語学会の回顧と展望」, 大東文化大学   2015年6月21日   
複合動詞における非対称性と日本語の膠着性 [招待有り]
影山太郎
中日理論言語学研究会第40回記念大会 国際フォーラム2015, 同志社大学   2015年1月11日   
"Noun incorporation-like phenomena in Japanese: At the crossroads of polysynthesis and agglutination"" [招待有り]
Taro Kageyama
International Symposium on Polysynthesis in the World's Languages, NINJAL   2014年2月21日   
"Mysteries of Verb-Verb complexes in Japanese" [招待有り]
Taro Kageyama
NINJAL International Symposium 2013 "Mysteries of Verb-Verb Complexes in Asian Languages"   2013年12月14日   
「複合動詞の形態構造と自他交替」
影山太郎
国語研国際シンポジウム「日本語の自他と項交替」   2012年8月5日   
複合動詞の研究は何に役立つか
影山太郎
大阪大学言語社会学会、特別講演   2012年6月28日   
「レキシコンと文法・意味:複合動詞研究のこれから」
影山太郎
関西言語学会第37回大会,シンポジウム「日本語レキシコン研究の最前線」   2012年6月2日   
英語学会にとって社会貢献とは? [招待有り]
影山太郎
日本英語学会第29回大会,公開シンポジウム「日英語比較研究の可能性--その社会的応用をめぐって--」(新潟大学)   2011年11月   
属性と事象の区別とその言語学的意義
影山太郎
日本言語学会第142回大会 公開シンポジウム「言語におけるデキゴトの世界とモノの世界」(日本大学)   2011年6月   
Valency Classes in Japanese I: Standard Language [招待有り]
Hideki KISHIMOTO and Taro KAGEYAMA
Conference on Valency Classes in the World's Languages (Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)   2011年4月   
When Ungrammatical Expressions Become Grammatical [招待有り]
Taro Kageyama
7th International Conference on Practical Linguistics of Japanese (San Francisco State University)   2011年3月   
Distorted Argument Realization in Agent Incorporation [招待有り]
Taro Kageyama
The 20th Japanese/Korean Linguistics Conference (University of Oxford)   2010年10月   
言語学と機械翻訳をつなぐ語彙意味論 [招待有り]
影山太郎
第1回産業日本語研究会・シンポジウム(東京大学)   2010年2月   
言語の構造制約と叙述機能 [招待有り]
影山太郎
日本言語学会第138回大会,会長就任講演(神田外語大学)   2009年6月   
Semantic effects of left-hand elements on right-hand head structure [招待有り]
Taro Kageyama
日本言語学会第136回大会,シンポジウム "Morphology and Its Neighboring Areas" (学習院大学)   2008年6月   
Peculiarities of Kango in Japanese Morphology: Word plus, Incorporation, and Pseudo-incorporation [招待有り]
Taro Kageyama
Colloque international de linguistique japonaise "Linguistique des kango" (パリ第7大学)   2008年3月   

Misc

 
<著書紹介> Handbooks of Japanese Language and Linguistics Series
柴谷方良・影山太郎(編)
『国語研プロジェクトレビュー』   6(2) 47-49   2015年1月   [査読有り][依頼有り]
<著書紹介>『複合動詞研究の最先端―謎の解明に向けて―』
影山太郎
『国語研プロジェクトレビュー』   5(1) 47-48   2014年6月   [依頼有り]
「日本語複合動詞の言語類型論的意義」
影山太郎
『国語研プロジェクトレビュー』   5(1) 8-18   2014年6月   [依頼有り]
「見過ごされていた外国語文献 Charles Kenneth Parker: A Dictionary of Japanese Compound Verbs (Maruzen, 1939)
影山太郎
影山太郎(編)『複合動詞研究の最先端--謎の解明に向けて--』   431-436   2013年12月
複合動詞の研究は何に役立つか
影山太郎
EX ORIENTE(大阪大学言語社会学会)   20 139-155   2013年3月   [依頼有り]
日本語学のグローバル化
影山太郎
『日本語学』   31(14) 136-136   2012年11月   [依頼有り]
<著書紹介>影山太郎編『属性叙述の世界』
影山太郎
国語研プロジェクトレビュー   3(2) 100-102   2012年10月
デキゴトの叙述とモノの叙述
影山太郎
国語研プロジェクトレビュー   6 17-25   2011年10月   [依頼有り]
日本語の将来と言語研究 ─シンポジウム「日本語の将来」に寄せて─
影山太郎
『学術の動向』(日本学術会議)   16(5) 94   2011年5月   [依頼有り]
影山太郎
人間文化研究機構Webエッセイ      2010年1月   [依頼有り]

その他

 
2012年
編集協力 Pavol Štekauer, Salvador Valera, and Livia Kortvelyessy (eds.) Word-Formation in the World's Languages: A Typological Survey. Cambridge: Cambridge University Press, 2012.
シリーズ監修
日英語対照研究シリーズ(くろしお出版)
1992.三原健一『時制解釈と統語現象』
1995. 窪薗晴夫『語形成と音韻現象』
1995. 高見健一『機能的構文論による日英比較』
1999. 田守育啓/ローレンス・スコウラップ『オノマトペ−−形態と意味−−』
1999.西垣内泰介『論理構造と文法理論』
2005. 岸本秀樹(著)『統語構造と文法関係』
2005. 小野尚之『生成語彙意味論』
シリーズ監修
Kurosio Linguistics Workshop Series (Kurosio Publishers)
1991. H. Najajima and S. Tonoike (eds.) Topics in Small Clauses
1993. N. Hasegawa (ed.) Japanese Syntax in Comparative Grammar
1996. A. Ikeya (ed.) Tough Constructions in English and Japanese
1997. T. Kageyama (ed.) Verb Semantics and Syntactic Structure
1998. S. Tonoike (ed.) Scrambling
2006. T. Ohori (ed.) Studies in Japanese Grammaticalization
2001. M. Nakayama (ed.) Issues in East Asian Language Acquisition
2008. H. Kubozono (ed.) Asymmetries in Phonology
2009. H. Hoshi (ed.) The Dynamics of the Language Faculty
1975.6. 翻訳書『ブロック日本語論考』(Roy A. Miller編 ; 林栄一監修,影山太郎ほか共訳),研究社出版
Editorial Board
1978−2005 Journal of Japanese Linguistics
2002−2005 Journal of East Asian Linguistics
External reviewer
Language (Linguistic Society of America), Linguistics (Mouton de Gruyter), Lingua (Elsevier), Journal of East Asian Linguistics (Springer), Linguistic Inquiry (MIT Press), Natural Language & Linguistic Theory (Kluwer Academic), Japanese/Korean Linguistics, Morphology (Springer),Journal of Cognitive Science (International Journal of Cognitive Science, Seoul), Journal of the Association of Teachers of Japanese, English Linguistics (English Linguistic Society of Japan), Gengo Kenkyu (Linguistic Society of Japan)

競争的資金等の研究課題

 
基盤研究(B)「統合的レキシコン理論の開発と言語学教育への応用研究」
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 影山 太郎
基盤研究 (B) (1)「形態・意味・統語を包括する統合的語彙理論の構築」
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 影山 太郎
基盤研究(C)(2)「日英語コーパスに基づく総合的レキシコン理論の開発」
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 影山 太郎