合原一幸

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/26 16:30
 
アバター
研究者氏名
合原一幸
URL
http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/index.html
所属
東京大学
部署
生産技術研究所
職名
教授
学位
工学博士(東京大学), 工学修士(東京大学)

プロフィール

東京大学生産技術研究所 教授

研究分野

 

経歴

 
2010年3月
 - 
現在
東京大学生産技術研究所 最先端数理モデル連携研究センター長
 
2003年10月
 - 
現在
東京大学生産技術研究所 教授
 
2010年3月
 - 
2014年3月
内閣府/日本学術振興会 最先端研究開発支援プログラム 「複雑系数理モデル学の基礎理論構築とその分野横断的科学技術応用」中心研究者
 
2003年11月
 - 
2009年3月
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究 「複雑数理モデル」プロジェクト 研究総括
 
1999年4月
 - 
2003年9月
東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授
 

受賞

 
2017年6月
日本応用数理学会 2016年度業績賞 前立腺癌の間欠的内分泌療法に関する数理的アプローチ
受賞者: 合原一幸,平田祥人,田中剛平,鈴木大慈,森野佳生
 
2015年10月
計測自動制御学会 2015年度 計測自動制御学会 論文賞 ルーリエ系の絶対不安定条件
受賞者: 井上正樹,鈴木雅康,加嶋健司,井村順一,合原一幸
 
2014年5月
システム制御情報学会 2014年度 システム制御情報学会論文賞
受賞者: 井上正樹,新井貴行,井村順一,加嶋健司,合原一幸
 
2013年9月
電子情報通信学会 NOLTA Best Paper Award
受賞者: 奥牧人,合原一幸
 
2013年3月
計測自動制御学会 2013年度 計測自動制御学会 制御部門大会賞 クラスタ化に基づくpositiveネットワークのH2-状態集約化と 化学マスター方程式の低次元化への応用
 
2010年12月
Daiwa Adrian Prize 2010
 
2006年9月
電子情報通信学会フェロー称号
 
2005年
AROB(Artificial Life and Robotics) Best Paper Award
 
2003年1月
AROB (Artificial Life and Robotics) Academic Achievement Award
 
2000年4月
東京テクノフォーラム21・ゴールドメダル賞
 
1997年11月
日本神経回路学会平成9年度論文賞
 
1992年11月
(財)国際AI財団・AI学術研究賞
 
1991年10月
日刊工業新聞技術・科学図書優秀賞
 
1985年5月
東京電機大学研究振興会論文賞
 
1982年5月
日本ME学会研究奨励賞
 

論文

 
Pathwise thermodynamic structure in population dynamics.
Sughiyama Y, Kobayashi TJ, Tsumura K, Aihara K
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   91(3-1) 032120   2015年3月   [査読有り]
Hiromichi Tsukada,Hiroshi Fujii,Kazuyuki Aihara,Ichiro Tsuda
Neural Networks   62 73-82   2015年2月   [査読有り]
Ryosuke Hosaka,Toshi Nakajima,Kazuyuki Aihara,Yoko Yamaguchi,Hajime Mushiake
Neural Networks   62 62-66   2015年2月   [査読有り]
Unambiguous reconstruction of network structure using avalanche dynamics.
Leleu T, Aihara K
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   91(2) 022804   2015年2月   [査読有り]
Hatano T, Hirata Y, Suzuki H, Aihara K
Journal of theoretical biology   366 33-45   2015年2月   [査読有り]
Steady state and mean recurrence time for random walks on stochastic temporal networks.
Speidel L, Lambiotte R, Aihara K, Masuda N
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   91(1) 012806   2015年1月   [査読有り]
Hirata Y, Shiro M, Takahashi N, Aihara K, Suzuki H, Mas P
Chaos (Woodbury, N.Y.)   25(1) 013114   2015年1月   [査読有り]
Takayuki Ishizaki,Henrik Sandberg,Kenji Kashima,Jun-ichi Imura,Kazuyuki Aihara
IEEE Trans. Automat. Contr.   60(4) 1023-1037   2015年   [査読有り]
Sasai T, Morino K, Tanaka G, Almendral JA, Aihara K
PloS one   10(4) e0123722   2015年   [査読有り]
Ma H, Aihara K, Chen L
Scientific reports   4 7464   2014年12月   [査読有り]
Sato YD, Aihara K
Neural computation   26(11) 2395-2418   2014年11月   [査読有り]
Sato K, Takeuchi JS, Misawa N, Izumi T, Kobayashi T, Kimura Y, Iwami S, Takaori-Kondo A, Hu WS, Aihara K, Ito M, An DS, Pathak VK, Koyanagi Y
PLoS pathogens   10(10) e1004453   2014年10月   [査読有り]
Tao Y, Guo Q, Aihara K
Journal of mathematical biology   69(4) 817-838   2014年10月   [査読有り]
Epidemic spread on interconnected metapopulation networks.
Wang B, Tanaka G, Suzuki H, Aihara K
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   90(3) 032806   2014年9月   [査読有り]
Dahlem MA, Kurths J, Ferrari MD, Aihara K, Scheffer M, May A
Cephalalgia : an international journal of headache   35(7) 627-630   2014年9月   [査読有り]
Liu B, Yuan Z, Aihara K, Chen L
Journal of the Royal Society, Interface / the Royal Society   11(97) 20140326   2014年8月   [査読有り]
Leo Speidel, Renaud Lambiotte, Kazuyuki Aihara, Naoki Masuda
Physical Review E, 91, 012806 (2015)      2014年7月
Random walks are basic diffusion processes on networks and have applications
in, for example, searching, navigation, ranking, and community detection.
Recent recognition of the importance of temporal aspects on networks spurred
studies of random w...
Online Multi-step Prediction for Wind Speeds and Solar Irradiation: Evaluation of Prediction Errors
Yoshito Hirata, Taiji Yamada, Jun Takahashi, Kazuyuki Aihara, and Hideyuki Suzuki
Renewable Energy   67 35-39   2014年7月   [査読有り]
Tanaka G, Urabe C, Aihara K
Scientific reports   4 5522   2014年7月   [査読有り]
Rui Liu,Xiangtian Yu,Xiaoping Liu,Dong Xu,Kazuyuki Aihara,Luonan Chen
Bioinformatics   30(11) 1579-1586   2014年6月   [査読有り]
Hirata Y, Azuma S, Aihara K
Methods (San Diego, Calif.)   67(3) 278-281   2014年6月   [査読有り]
Suzuki Y, Sakai D, Nomura T, Hirata Y, Aihara K
Journal of theoretical biology   350 1-16   2014年6月   [査読有り]
高橋 優斗, 鈴木 秀幸, 合原 一幸
生産研究   66(3) 309-313   2014年5月
Dynamical robustness of coupled heterogeneous oscillators.
Tanaka G, Morino K, Daido H, Aihara K
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   89(5) 052906   2014年5月   [査読有り]
Ikeda H, de Boer RJ, Sato K, Morita S, Misawa N, Koyanagi Y, Aihara K, Iwami S
Theoretical biology & medical modelling   11 22   2014年5月   [査読有り]
Kobayashi T, Koizumi Y, Takeuchi JS, Misawa N, Kimura Y, Morita S, Aihara K, Koyanagi Y, Iwami S, Sato K
Journal of virology   88(10) 5881-5887   2014年5月   [査読有り]
Liu R, Wang X, Aihara K, Chen L
Medicinal research reviews   34(3) 455-478   2014年5月   [査読有り]
Duan F, Watanabe K, Yoshimura Y, Kikuchi M, Minabe Y, Aihara K
Brain and cognition   86 10-16   2014年4月   [査読有り]
Ejima K, Aihara K, Nishiura H
Journal of theoretical biology   346 47-53   2014年4月   [査読有り]
Sasamori J, Hasegawa T, Takaya A, Watanabe Y, Tanaka M, Ogino Y, Chiba T, Aihara K
Journal of cardiovascular pharmacology   63(4) 351-359   2014年4月   [査読有り]
Sekikawa M, Inaba N, Kamiyama K, Aihara K
Chaos (Woodbury, N.Y.)   24(1) 013137   2014年3月   [査読有り]
Yokota R, Aihara K, Kanzaki R, Takahashi H
Brain topography   28(3) 401-410   2014年3月   [査読有り]
Aihara I, Mizumoto T, Otsuka T, Awano H, Nagira K, Okuno HG, Aihara K
Scientific reports   4 3891   2014年1月   [査読有り]
Leo Speidel,Renaud Lambiotte,Kazuyuki Aihara,Naoki Masuda
CoRR   abs/1407.4582    2014年   [査読有り]
Tohru Kohda,Yutaka Jitsumatsu,Kazuyuki Aihara
IEEE Wireless Communications and Networking Conference, WCNC 2014, Istanbul, Turkey, April 6-9, 2014   457-462   2014年   [査読有り]
Takashi Kohno,Kazuyuki Aihara
21st IEEE International Conference on Electronics, Circuits and Systems, ICECS 2014, Marseille, France, December 7-10, 2014   199-202   2014年   [査読有り]
Hao San,Rompei Sugawara,Masao Hotta,Tatsuji Matsuura,Kazuyuki Aihara
Proceedings of the IEEE 2014 Custom Integrated Circuits Conference, CICC 2014, San Jose, CA, USA, September 15-17, 2014   1-4   2014年   [査読有り]
Masaki Inoue,Jun-ichi Imura,Takayuki Arai,Kenji Kashima,Kazuyuki Aihara
53rd IEEE Conference on Decision and Control, CDC 2014, Los Angeles, CA, USA, December 15-17, 2014   5973-5978   2014年   [査読有り]
Md. Abdus Samad Kamal,Jun-ichi Imura,Tomohisa Hayakawa,Akira Ohata,Kazuyuki Aihara
IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems   15(2) 878-888   2014年   [査読有り]
Takayuki Ishizaki,Kenji Kashima,Jun-ichi Imura,Kazuyuki Aihara
IEEE Trans. Automat. Contr.   59(1) 48-63   2014年   [査読有り]
Kazuyuki Aihara,Mikio Hasegawa
Proceedings of the IEEE   102(3) 585   2014年   [査読有り]
Mikio Hasegawa,Hiroshi Hirai,Kiyohito Nagano,Hiroshi Harada,Kazuyuki Aihara
Proceedings of the IEEE   102(3) 574-584   2014年   [査読有り]
Huanfei Ma,Tianshou Zhou,Kazuyuki Aihara,Luonan Chen
I. J. Bifurcation and Chaos   24(12)    2014年   [査読有り]
Kyohei Kamiyama,Motomasa Komuro,Tetsuro Endo,Kazuyuki Aihara
I. J. Bifurcation and Chaos   24(12)    2014年   [査読有り]
Daisuke Ito,Tetsushi Ueta,Takuji Kousaka,Jun-ichi Imura,Kazuyuki Aihara
I. J. Bifurcation and Chaos   24(10)    2014年   [査読有り]
Rompei Sugawara,Hao San,Kazuyuki Aihara,Masao Hotta
IEICE Transactions   97-C(4) 308-315   2014年   [査読有り]
Guo Q, Lu Z, Hirata Y, Aihara K
Chaos (Woodbury, N.Y.)   23(4) 043125   2013年12月   [査読有り]
Paucar Bravo E, Aihara K, Hirata Y
Chaos (Woodbury, N.Y.)   23(4) 043104   2013年12月   [査読有り]
Leleu T, Aihara K
Neural computation   25(12) 3131-3182   2013年12月   [査読有り]
Miho Onizuka,Huu Hoang,Mitsuo Kawato,Isao T. Tokuda,Nicolas Schweighofer,Yuichi Katori,Kazuyuki Aihara,Eric J. Lang,Keisuke Toyama
Neural Networks   47 51-63   2013年11月   [査読有り]
Oku M, Makino T, Aihara K
IEEE transactions on neural networks and learning systems   24(11) 1877-1887   2013年11月   [査読有り]
Dahlem MA, Rode S, May A, Fujiwara N, Hirata Y, Aihara K, Kurths J
Translational neuroscience   4(3)    2013年9月   [査読有り]
Efficient recovery of dynamic behavior in coupled oscillator networks.
Morino K, Tanaka G, Aihara K
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   88(3) 032909   2013年9月   [査読有り]
Suzuki T, Aihara K
Mathematical biosciences   245(1) 40-48   2013年9月   [査読有り]
Nonstandard scaling law of fluctuations in finite-size systems of globally coupled oscillators.
Nishikawa I, Tanaka G, Aihara K
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   88(2) 024102   2013年8月   [査読有り]
Takashi Kohno,Kazuyuki Aihara
Biosystems   112(3) 276-283   2013年6月   [査読有り]
Estimating Optimal Partitions for Stochastic Complex Systems
Yoshito Hirata and Kazuyuki Aihara
European Physical Journal Special Topics   222(2) 303-315   2013年6月   [査読有り]
Uenohara S, Mitsui T, Hirata Y, Morie T, Horio Y, Aihara K
Chaos (Woodbury, N.Y.)   23(2) 023110   2013年6月   [査読有り]
Chaotic Boltzmann Machines,'' Scientific Reports
Hideyuki Suzuki, Jun-ichi Imura, Yoshihiko Horio, and Kazuyuki Aihara
Scientific Reports   3 1610-1-5   2013年4月   [査読有り]
Ejima K, Aihara K, Nishiura H
Theoretical biology & medical modelling   10 17   2013年3月   [査読有り]
Nakaoka S, Aihara K
Journal of mathematical biology   66(4-5) 807-835   2013年3月   [査読有り]
Fukuhara M, Iwami S, Sato K, Nishimura Y, Shimizu H, Aihara K, Koyanagi Y
Journal of virology   87(1) 701-705   2013年1月   [査読有り]
Tanaka G, Aihara K
Journal of theoretical biology   317 87-95   2013年1月   [査読有り]
Taichi Kiwaki,Takaki Makino,Kazuyuki Aihara
CoRR   abs/1312.5412    2013年   [査読有り]
Sainbayar Sukhbaatar,Takaki Makino,Kazuyuki Aihara
CoRR   abs/1301.3323    2013年   [査読有り]
Tohru Kohda,Yutaka Jitsumatsu,Kazuyuki Aihara
9th IEEE International Conference on Wireless and Mobile Computing, Networking and Communications, WiMob 2013, Lyon, France, October 7-9, 2013   645-652   2013年   [査読有り]
Tohru Kohda,Yutaka Jitsumatsu,Kazuyuki Aihara
Proceedings of the 78th IEEE Vehicular Technology Conference, VTC Fall 2013, Las Vegas, NV, USA, September 2-5, 2013   1-5   2013年   [査読有り]
Yutaka Jitsumatsu,Tohru Kohda,Kazuyuki Aihara
Multiple Access Communcations - 6th International Workshop, MACOM 2013, Vilnius, Lithuania, December 16-17, 2013. Proceedings   39-53   2013年   [査読有り]
Tohru Kohda,Yutaka Jitsumatsu,Kazuyuki Aihara
2013 IEEE Information Theory Workshop, ITW 2013, Sevilla, Spain, September 9-13, 2013   1-5   2013年   [査読有り]
Tohru Kohda,Yutaka Jitsumatsu,Kazuyuki Aihara
13th International Conference on ITS Telecommunications, ITST 2013, Tampere, Finland, November 5-7, 2013   255-260   2013年   [査読有り]
Yutaka Jitsumatsu,Tohru Kohda,Kazuyuki Aihara
ISWCS 2013, The Tenth International Symposium on Wireless Communication Systems, Ilmenau, TU Ilmenau, Germany, August 27-30, 2013   1-5   2013年   [査読有り]
Takaki Makino,Yukiko Iwata,Yutaka Jitsumatsu,Masao Hotta,Hao San,Kazuyuki Aihara
2013 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS2013), Beijing, China, May 19-23, 2013   369-372   2013年   [査読有り]
Takayuki Ishizaki,Henrik Sandberg,Kenji Kashima,Jun-ichi Imura,Kazuyuki Aihara
Proceedings of the 52nd IEEE Conference on Decision and Control, CDC 2013, December 10-13, 2013, Firenze, Italy   5540-5545   2013年   [査読有り]
Masaki Inoue,Jun-ichi Imura,Kenji Kashima,Kazuyuki Aihara
Proceedings of the 52nd IEEE Conference on Decision and Control, CDC 2013, December 10-13, 2013, Firenze, Italy   1768-1773   2013年   [査読有り]
Masayasu Suzuki,Nobuki Takatsuki,Jun-ichi Imura,Kazuyuki Aihara
Proceedings of the 52nd IEEE Conference on Decision and Control, CDC 2013, December 10-13, 2013, Firenze, Italy   1343-1348   2013年   [査読有り]
Takayuki Ishizaki,Henrik Sandberg,Karl Henrik Johansson,Kenji Kashima,Jun-ichi Imura,Kazuyuki Aihara
American Control Conference, ACC 2013, Washington, DC, USA, June 17-19, 2013   5524-5529   2013年   [査読有り]
Masaki Inoue,Jun-ichi Imura,Kenji Kashima,Kazuyuki Aihara
American Control Conference, ACC 2013, Washington, DC, USA, June 17-19, 2013   4080-4085   2013年   [査読有り]
Yang Li,Ping Zhu,Xiaoping Xie,Hongping Chen,Kazuyuki Aihara,Guoguang He
Neurocomputing   110 111-120   2013年   [査読有り]
Masaki Inoue,Jun-ichi Imura,Kenji Kashima,Kazuyuki Aihara
I. J. Bifurcation and Chaos   23(9)    2013年   [査読有り]
Rie Suzuki,Tsubasa Maruyama,Hao San,Kazuyuki Aihara,Masao Hotta
IEICE Transactions   96-C(4) 553-559   2013年   [査読有り]
Hao San,Tomonari Kato,Tsubasa Maruyama,Kazuyuki Aihara,Masao Hotta
IEICE Transactions   96-A(2) 415-421   2013年   [査読有り]
Yuichi Katori,Yosuke Otsubo,Masato Okada,Kazuyuki Aihara
Front. Comput. Neurosci.   2013 6   2013年   [査読有り]
Masayasu Suzuki,Jun-ichi Imura,Kazuyuki Aihara
Automatica   49(11) 3210-3221   2013年   [査読有り]
Sakamoto K, Katori Y, Saito N, Yoshida S, Aihara K, Mushiake H
PloS one   8(12) e80906   2013年   [査読有り]
Sato K, Misawa N, Iwami S, Satou Y, Matsuoka M, Ishizaka Y, Ito M, Aihara K, An DS, Koyanagi Y
PLoS pathogens   9(12) e1003812   2013年   [査読有り]
Duan F, Phothisonothai M, Kikuchi M, Yoshimura Y, Minabe Y, Watanabe K, Aihara K
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   2013 6039-6042   2013年   [査読有り]
Wang B, Suzuki H, Aihara K
PloS one   8(8) e70793   2013年   [査読有り]
Omi T, Ogata Y, Hirata Y, Aihara K
Scientific reports   3 2218   2013年   [査読有り]
Sasahara K, Hirata Y, Toyoda M, Kitsuregawa M, Aihara K
PloS one   8(4) e61823   2013年   [査読有り]
Suzuki H, Imura J, Horio Y, Aihara K
Scientific reports   3 1610   2013年   [査読有り]
Suzuki H, Imura J, Aihara K
Scientific reports   3 1127   2013年   [査読有り]
Kanamaru T, Fujii H, Aihara K
PloS one   8(1) e53854   2013年   [査読有り]
Rui Liu, Meiyi Li, Zhi-Ping Liu, Jiarui Wu, Luonan Chen, and Kazuyuki Aihara
Scientific Reports   2 813-1-9   2012年12月   [査読有り]
Kohda T, Horio Y, Aihara K
Chaos (Woodbury, N.Y.)   22(4) 047512   2012年12月   [査読有り]
Leleu T, Aihara K
Cognitive neurodynamics   6(6) 499-524   2012年12月   [査読有り]
Hirata Y, Oku M, Aihara K
Chaos (Woodbury, N.Y.)   22(4) 047511   2012年12月   [査読有り]
Chaotic phase synchronization in bursting-neuron models driven by a weak periodic force.
Ando H, Suetani H, Kurths J, Aihara K
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   86(1 Pt 2) 016205   2012年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
合原 一幸
ウェッジ   2015年5月   ISBN:4863101406
東京大学出版会   2013年9月   ISBN:4130629166
萱野 稔人, 宮沢 章夫, 森 達也, 細野 秀雄, 小久保 英一郎, 合原 一幸, 池内 了, 平出 隆, 東儀 秀樹, 本田 和子, 奥泉 光, 三田村 雅子, 西谷 修, 橋爪 大三郎 (担当:共著)
水曜社   2011年7月   ISBN:4880652601
黒田 達明
ディスカヴァー・トゥエンティワン   2010年11月   ISBN:4887598564
太田 光, 合原 一幸, 田中 裕二 (担当:共著)
講談社   2008年10月   ISBN:4062826224
東京大学出版会   2008年8月   ISBN:4130623044
社会を変える驚きの数学 (ウェッジ選書 32 地球学シリーズ)
ウェッジ   2008年   ISBN:978-4863100251
爆笑問題のニッポンの教養 脳を創る男 カオス工学 (爆笑問題のニッポンの教養 27)
講談社   2008年   ISBN:978-4062826228
岩波書店   2004年9月   ISBN:4000050508
Chaotic Neuro-Computer
Chaos in Circuit and Systems (ed. by G. Chen & T. Ueta), World Scientific   2002年   ISBN:978-981-02-4933-5
Chaos in a Pulse-type Hardware Neuron Model
Chaos in Circuit and Systems (ed. by G. Chen & T. Ueta), World Scientific   2002年   ISBN:978-981-02-4933-5
Chaos in Neural Systems
The Handbook of Brain Theory and Neural Networks, 2nd edition, (ed. by Michael A. Arbib), The MIT Press, Cambridge, Massachusetts   2002年   ISBN:978-0-262-01197-6
合原 一幸
放送大学教育振興会   2001年3月   ISBN:4595892012
カオス時系列解析の基礎と応用 (合原一幸編)
産業図書   2000年   ISBN:978-4782810101
第6章ニューラルネットワークにおけるカオス。in カオス・インパクト カオスは自然科学と社会科学に何をもたらしたか (C.Grebogi/J.A.Yorke編)
森北出版   1999年   ISBN:978-4-627-21321-0
哲学者クロサキと工学者アイハラの神はカオスに宿りたもう
アスキー出版   1999年   ISBN:978-4756131331
「カオス研究の最前線−非線形科学の世紀へ向けて−(合原一幸、相澤洋二編著)
臨時別冊・数理科学、サイエンス社   1999年   ISBN:4910054700992
カオスの数理と技術−カオス、そしてフラクタル、複雑系への序章−
放送大学教育振興会   1997年   ISBN:978-4595562594
複雑系がひらく世界−科学・技術・社会へのインパクト (合原一幸編)
日経サイエンス社   1997年   ISBN:978-4-532-51120-3
Chaotic behavior of the Hodgkin-Huxley equations under small random noise. in Complexity and Diversity (ed. by E. R. Nakamura)
Springer   1997年   
Chaos in Neural Networks. in The Impact of Chaos on Society (eds. J. Yorke and C. Grebogi)
United Nations University Press   1996年   ISBN:978-9280808827
カオス応用システム (合原一幸・五百旗頭正編著)
朝倉書店   1995年   ISBN:978-4254209983
Chaos in Axons. in The Handbook of Brain Theory and Neural Networks (ed. M.A. Arbib)
The MIT Press, Cambridge, Massachusetts   1995年   ISBN:978-0-262-01197-6
Laryngeal Vibrations as an Underlying Cause of Irregularities in Speech Signals of Vowel Sounds. in Nonlinear Dynamics : New Theoretical and Applied Results (ed, by Jan Awrejcewicz)
Akademie Verlag GmbH, Berlin   1995年   ISBN:9783055016424
カオスセミナー (合原一幸編著)
海文堂出版   1994年   ISBN:978-4303730208
応用カオス−カオスそして複雑系へ挑む (合原一幸編著)
サイエンス社   1994年   ISBN:978-4781907338
ニューラルシステムにおけるカオス (合原一幸編著)
東京電機大学出版局   1993年   ISBN:978-4501315405
カオス―まったく新しい創造の波
講談社   1993年   ISBN:978-4062062879
カオス応用戦略 (合原一幸・徳永隆治監修)
オーム社   1993年   ISBN:978-4274945113
Nonlinear Associative Dynamics and Pattern Representations in Chaotic Neural Networks. in Structure and Bifurcations of Dynamical Systems (ed. by S. Ushiki)
World Scientific, Singapore   1992年   ISBN:978-9810211028
ニューロ・ファジィ・カオス―新世代アナログコンピューティング入門 (合原一幸編著)
オーム社   1992年   ISBN:978-4274129179
Neural Networks and Dynamical Systems. in A New Horizon on Medical Physics and Biomedical Engineering (eds. H. Abe, K. Atsumi, T. Iinuma, M. Saito and M. Inoue)
Elsevier, Amsterdam   1991年   ISBN:978-0444814401
Chaotic Neural Networks and Associative Memory. in Artificial Neural Networks (ed. A. Prieto)
Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag, Berlin   1991年   ISBN:978-3540545378
カオス−カオス理論の基礎と応用− (合原一幸編著)
サイエンス社   1990年   ISBN:978-4781905921
Chaotic Neural Networks. in Bifurcation Phenomena in Nonlinear Systems and Theory of Dynamical Systems (ed. by H. Kawakami)
World Scientific, Singapore   1990年   ISBN:978-9810200534
ファジィ・ニューロコンピューティング (廣田薫、合原一幸監修)
トリケップス   1990年   
ニューラルネットワークス応用事例集 (岡部洋一、合原一幸監修)
トリケップス   1989年   ISBN:978-4886570987
ニューラルコンピュータ−脳と神経に学ぶ−
東京電機大学出版局   1988年   ISBN:978-4501513207
Measurement of Magnetic Field Produced by Human Body with SQUID Magnetometer. in Superconductivity Electronics (ed. K. Hara)
Prentice Hall, N. J., and Ohmsha, Tokyo,   1987年   ISBN:978-0138763015
Chaotic Oscillations and Bifurcations in Squid Giant Axons. in Chaos (ed. by A. V. Holden)
Manchester University Press, Manchester and Princeton University Press, Princeton,   1986年   ISBN:978-0719018114
Nerve Excitation and Chaos. in Dynamical Systems and Nonlinear Oscillations (ed. by G. Ikegami)
World Scientific Advanced Series in Dynamical Systems, World Scientific Publishing Co. Pte. Ltd, Singapore,   1986年   ISBN:978-9971500689

講演・口頭発表等

 
Taichi Kiwaki, Takaki Makino, Kazuyuki Aihara
2013年12月19日   
We pursue an early stopping technique that helps Gaussian Restricted
Boltzmann Machines (GRBMs) to gain good natural image representations in terms
of overcompleteness and data fitting. GRBMs are widely considered as an
unsuitable model for natura...
占部 千由, 藤原 直哉, 鈴木 真一朗, 秋田 純一, 岩山 幸治, 藤居 文行, 合原 一幸
日本物理学会講演概要集   2014年3月5日   
井上 正樹, 井村 順一, 加嶋 健司, 新井 貴行, 合原 一幸
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014年3月4日   
大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸, 吉永 哲哉
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014年3月4日   
刀根 佑輔, 麻原 寛之, 合原 一幸, 高坂 拓司
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2014年1月14日   
本稿では,(2+2)次元衝突振動系にみられる1周期解の局所的分岐点求解アルゴリズムを提案する.まず,各々が2次元系で記述される2種類の常微分方程式を定義する.次に,定義した常微分方程式が解析的に解けると仮定し,厳密解を記述する.その後,Poincare写像を構成し,1周期解の条件および局所的分岐の発生条件を示す.最後に,条件式を初期値およびパラメータについて解き,1周期解の局所的分岐点求解法を示す.また,提案手法を(2+2)次元衝突振動系へ適用し,その有効性を確認する.
刀根 佑輔, 麻原 寛之, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   2014年1月21日   
小澤 将人, 豊田 皓仁, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2014年1月14日   
二次割当問題を高速に解く同期更新指数減衰カオスタブーサーチを実装したアナログ/デジタル混成ハードウェアシステムが提案されている.しかし,同期更新アルゴリズムでは,全ニューロンに対する目的関数の改善量の同時計算が必要であり,これがハードウェア実装のボトルネックとなる.そこで,全ニューロンの一部である複数個のニューロンのみを同時に更新する並列更新アルゴリズムをハードウェアシステムに適用する.この際,より自由度の高いハードウェアシステムのために改良を加える.この改良型並列更新アルゴリズムを実現す...
大津智弘, 藤本憲市, 上田哲史, 合原一幸
電子情報通信学会技術研究報告   2014年11月26日   
近江崇宏, 尾形良彦, 汐見勝彦, 澤崎郁, 合原一幸, ENESCU Bogdan
日本地震学会秋季大会講演予稿集   2014年11月1日   
大瀧慈, 冨田哲治, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 伊森晋平, 川上秀史, 田代聡, 星正治, 合原一幸, 佐藤健一
原子爆弾後障害研究会特集号   2014年9月25日   
辻明典, 藤岡慧明, 伊藤大輔, 木本圭子, 合原一究, 関川宗久, 上田哲史, 合原一幸, 川上博
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014年9月12日   
近江崇宏, 尾形良彦, 平田祥人, 合原一幸
統計関連学会連合大会講演報告集   2014年9月   
藤原直哉, SONAWANE Abhijeet R., 岩山幸治, 合原一幸
日本物理学会講演概要集   2014年8月22日   
新井貴行, 井上正樹, 井村順一, 加嶋健司, 合原一幸
計測自動制御学会論文集   2014年5月31日   
大瀧慈, 冨田哲治, 大谷敬子, 佐藤裕哉, 原憲行, 川上秀史, 田代聡, 星正治, 合原一幸, 佐藤健一
原子爆弾後障害研究会特集号   2014年4月28日   
占部千曲, 藤原直哉, 鈴木真一朗, 秋田純一, 岩山幸治, 藤居文行, 合原一幸
日本物理学会講演概要集   2014年3月5日   
小澤 将人, 豊田 皓仁, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2013年3月7日   
並列ハードウェアシステムにより二次割当問題を高速に解くために,ニューロンの状態を同期更新させる同期更新指数減衰カオスタブーサーチが提案されている.しかし,これまでの同期更新アルゴリズムでは,アルゴリズムの並列化に重点をおいており,ハードウェア特有の制限などは考慮されていない.そこで,本論文では,ハードウェアの制限の1つであるニューロンの内部状態値の飽和について,シミュレーションによりその影響を評価する.その結果,内部状態値の飽和があってもパラメータを適切にチューニングすることにより,従来法...
前田 道孝, MALDONADO H. Frank, 松尾 貴之, 田中 秀樹, 梁 海超, 松坂 建治, 森江 隆, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2013年1月17日   
近年,スパイク発火タイミンクでアナログ情報を表現するスパイキングニューロンモデルが注目されている.我々はこれまで, STDP(Spike-Timing Dependent synaptic Plasticity)機能を有する積分発火型スパイキングニューロンモデルのCMOSアナロク回路を提案し,チップの設計および試作を行い,試作LSIの測定により, STDPを用いた学習と連想記憶処理の動作検証およひ評価を行った.本稿では,試作アナログLSIをFPGAに接続して制御し, PCと組み合わせてニュ...
上ノ原 誠二, 厚地 泰輔, 松坂 建治, 森江 隆, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2013年1月17日   
本研究では, CMOS集積回路による大規模結合非線形ダイナミカルシステム実現のために,素子ばらつきに頑健なしきい値結合アレイ回路を提案する.我々はすでに,任意の非線形ダイナミカルシステムの実現法として,外部から与えられる非線形電圧波形をパルス幅/位相変調(PWM/PPM)信号によりキャパシタにサンプリングし,任意の非線形変換を行う電圧サンプリング方式回路と,同じく非線形電流波形をPPM信号でキャパシタにサンプリングする電流サンプリンク方式回路を提案してきた.両サンプリング方式にはそれぞれ,...
前田 道孝, MALDONADO H. Frank, 松尾 貴之, 田中 秀樹, 梁 海超, 松坂 建治, 森江 隆, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2013年1月17日   
近年,スパイク発火タイミンクでアナログ情報を表現するスパイキングニューロンモデルが注目されている.我々はこれまで, STDP(Spike-Timing Dependent synaptic Plasticity)機能を有する積分発火型スパイキングニューロンモデルのCMOSアナロク回路を提案し,チップの設計および試作を行い,試作LSIの測定により, STDPを用いた学習と連想記憶処理の動作検証およひ評価を行った.本稿では,試作アナログLSIをFPGAに接続して制御し, PCと組み合わせてニュ...
上ノ原 誠二, 厚地 泰輔, 松坂 建治, 森江 隆, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2013年1月17日   
本研究では, CMOS集積回路による大規模結合非線形ダイナミカルシステム実現のために,素子ばらつきに頑健なしきい値結合アレイ回路を提案する.我々はすでに,任意の非線形ダイナミカルシステムの実現法として,外部から与えられる非線形電圧波形をパルス幅/位相変調(PWM/PPM)信号によりキャパシタにサンプリングし,任意の非線形変換を行う電圧サンプリング方式回路と,同じく非線形電流波形をPPM信号でキャパシタにサンプリングする電流サンプリンク方式回路を提案してきた.両サンプリング方式にはそれぞれ,...
豊田 皓仁, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2012年11月12日   
回路素子のばらつきや,回路パラメータの変化,ノイズなどに対してロバストな,β写像に基づくデータコンバータ(βエンコーダ)の,スイッチト・キャパシタ(SC)回路による実装法が提案されている.さらに,SPICEシミュレーションと個別部品回路実験より,提案回路のロバスト性が確認されている.しかしながら,実際の集積回路での,スケール定数sや変換基底βの変化に関する変換特性の検証は行われていない.本稿では,SCスケール付β-A/D変換器および負のスケール付β-A/D変換器の,スケール定数sや変換基底...
中村 光宏, 堀尾 喜彦, 香田 徹, 合原 一幸
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012年8月28日   
香取 勇一, 五十嵐 康彦, 岡田 真人, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2012年7月23日   
本研究では,短期的なシナプス抑圧・促進により伝達効率が変化する動的シナプスを含む確率的ニューラルネットワークの振る舞いを調べる.ネットワークの振る舞いを解析するため,確率的モデルを近似的に再現する巨視的な平均場モデルを導入し,その動力学的性質を調べる.また特に一様結合を持つネットワークを対象とし,ニューロンの応答特性としてシグモイド型関数および闘値線形関数の2種類に関して解析を行いその違いを検証する.また安定性・分岐解析の手法を用いて,動的シナプスの性質を抑圧が支配的な状態から促進が支配的...
豊田 皓仁, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2012年4月12日   
カオスニューラルネットワークにタブーサーチを実装した二次割当問題の解法が提案され,ハードウェアシステムによる実現のため全ニューロンの状態を同期更新するなどの改良が行われている.従来の同期更新アルゴリズムでは,まず同時に全てのニューロンの状態を更新する.次に,発火したニューロンの内部状態値を比較し,内部状態値の大きいニューロンの上位数個を用いて,2-opt交換の対象を一意に決定する.しかし,発火した全てのニューロンの内部状態値のソートを行う必要があるため,特に問題の規模が大きくなると,ソート...
伏木 健二, 加藤 智洋, 長谷川 幹雄, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2012年3月20日   
組合せ最適化問題の探索解法にカオスダイナミクスを用いる手法の有効性が示されている.カオスをノイズとして印加する手法においては,負の自己相関を持つカオスが非同期探索解法の性能を最も大きく改善できる.このような負の自己相関を持つカオス時系列を用いることで,それらの間の非同期相互相関か最小化となることが,非同期カオスCDMAの従来研究においては理論的に示されている.非同期相互相関か最小となるダイナミクスを,非同期探索アルゴリズムに適用することにより,理想的に複雑な探索が実現され,探索される範囲が...
福島 弘貴, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2012年3月20日   
近年,βエンコーダを基にし,黄金比φを変換の基数とするgolden-ratio-encoder(GRE)が提案された.このGREは,変換誤差の収束がビット長に対して指数関数的であり,回路素子特性の変動に対してロバストなA/D変換方式である.さらに,使用するβの値によらず,常に黄金比φを用いて復号が可能である.これらの特徴は,特に,素子特性が悪い微細化プロセスでの集積回路化において非常に有用である.我々はこれまでに,スイッチト・キャパシタ回路を用いて集積回路実装する場合を例に,オペアンプのオ...
中村 光宏, 堀尾 喜彦, 香田 徹, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2012年3月20日   
βエンコーダは,回路素子パラメータのばらつきやノイズに対してロバストである.また,βエンコーダにスケール定数を導入することで,変換基数βと閾値θとがそれぞれ独立に設定できる,スケール付βエンコーダが提案され,その回路実装手法も提案されている.さらに,スケール付β写像に基づくカオス発生回路も提案されている.ところで,β写像より得られる2値出力系列は,マルコフ連鎖近似により,負の自己相関を有することが示されている.本論文では,まず,スケール付β写像をマルコフ連鎖として近似する.そして,数値シミ...
伏木 健二, 加藤 智洋, 長谷川 幹雄, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2012年3月20日   
松井 拓己, 長谷川 幹雄, 平井 広志, 永野 清仁, 阿部 力也, 合原 一幸
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012年3月6日   
原 拓未, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012年3月6日   
福島 弘貴, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2012年1月16日   
βエンコーダは,変換誤差の収束がビット長に対して指数関数的であり,回路素子特性の変動に対してロバストなA/D変換方式である.近年,βエンコーダを基にし,黄金比φを変換の基数とするgolden-ratio-encoder (GRE)が提案された.このGREは,βエンコーダの特徴に加え,変換基数βを推定する必要が無く,常にφを用いて復号すればよい.これらの特徴は,特に,素子特性が悪い微細化プロセスでの集積回路化において非常に有用である.しかし,GREは2時刻前までの状態を記憶することが必要であ...
池田 昌功, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2011年12月8日   
近年,いわゆる非ノイマン型の情報処理様式の研究がされている.その研究の1つとして,カオスニューロンモデルを応用した,状態遷移にカオスを伴い,かつ,動的に論理関数を変更できる素子が提案されている.さらに,この論理素子はスイッチト・キャパシタカオスニューロン回路を用いた実験によりその基本動作が確認されている.しかし,提案された回路でEX-ORを構成する場合,他の論理関数を構成する場合と用いるニューロンの数が異なるため,論理関数を動的に切り替える際に,ニューロンの数を変更する必要があった.さらに...
新井 昌樹, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2011年11月2日   
Duffing方程式に付加的外力を導入した拡張Duffing方程式を内部状態として持つニューロンモデルが提案されており,このモデルの結合系により巡回セールスマン問題が良好に解けることが示されている.我々は,以前このモデルの離散時間積分器による実装手法を提案し,スイッチト・キャパシタ回路を用いて回路実装した.本論文では,以前提案した離散時間積分器を用いた回路実装手法に対して,回路規模を削減するためにOPアンプの時分割多重を用いる構成方法を提案する.さらに,個別部品による電子回路実装を行い,提...
小林 航, 河野 崇, 合原 一幸
回路とシステムワークショップ論文集 Workshop on Circuits and Systems   2011年8月1日   
石丸 憲意, 高橋 純, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2011年1月17日   
生理学実験からニューロンのカオス応答が観測されており,これを考慮したニューロンの応答にカオス応答や周期応答を含むカオスニューロンモデルが提案された.そのようなカオス応答を含むニューロンモデルを利用してカオス応答の機能性について研究がなされている.一方,カオス力学系を用いた論理素子や情報・信号処理の研究も盛んである.本研究では,従来の論理回路の動作領域を確保しつつ,遷移領域にカオスや周期解を有する動的な論理回路を提案する.静的な論理回路では,一度構成した論理回路を変更することが出来ないが,本...
石丸 憲意, 高橋 純, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2011年1月17日   
生理学実験からニューロンのカオス応答が観測されており,これを考慮したニューロンの応答にカオス応答や周期応答を含むカオスニューロンモデルが提案された.そのようなカオス応答を含むニューロンモデルを利用してカオス応答の機能性について研究がなされている.一方,カオス力学系を用いた論理素子や情報・信号処理の研究も盛んである.本研究では,従来の論理回路の動作領域を確保しつつ,遷移領域にカオスや周期解を有する動的な論理回路を提案する.静的な論理回路では,一度構成した論理回路を変更することが出来ないが,本...
堀尾 喜彦, 香田 徹, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2010年7月26日   
β写像に基づくデータコンバータ方式は,ΣΔ型コンバータのように回路特性の変動に対しロバストであり,さらに,PCM方式のようにビット長に対する変換誤差の収束が指数関数的である.近年,β写像に基づくデータコンバータの性能をされに上げるため,区間解析を用いて,変換誤差を最小とするようなデコードアルゴリズム,および,回路パラメータの設計指数が示された.これと同時に,回路実装の自由度を向上させるため,増幅回路のゲインβと量子化器の閾値の許容範囲とがそれぞれ独立に設定できる,スケール付β写像に基づくデ...
堀尾 喜彦, 香田 徹, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   2010年7月26日   
β写像に基づくデータコンバータ方式は,ΣΔ型コンバータのように回路特性の変動に対しロバストであり,さらに,PCM方式のようにビット長に対する変換誤差の収束が指数関数的である.近年,β写像に基づくデータコンバータの性能をされに上げるため,区間解析を用いて,変換誤差を最小とするようなデコードアルゴリズム,および,回路パラメータの設計指数が示された.これと同時に,回路実装の自由度を向上させるため,増幅回路のゲインβと量子化器の閾値の許容範囲とがそれぞれ独立に設定できる,スケール付β写像に基づくデ...
中村 光宏, 堀尾 喜彦, 香田 徹, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2010年6月11日   
実数基数による数の展開法であるβ展開を用いたデータ変換方式(β写像に基づく変換器)が提案されている.β写像に基づく変換器は誤差の収束が指数的で,さらに回路素子の揺らぎやノイズに対してロバストである.さらに,β写像に基づく変換器を回路化する際の設計自由度を向上させると共に,回路のダイナミックレンジの設定を容易にするため,スケール付きβ写像が提案され,これを応用したデータ変換方式(スケール付きβ写像に基づく変換器)も提案されている.本論文では,スケール付きβ写像に基づくA/D変換回路を,スイッ...
中村 光宏, 堀尾 喜彦, 香田 徹, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2010年6月11日   
実数基数による数の展開法であるβ展開を用いたデータ変換方式(β写像に基づく変換器)が提案されている.β写像に基づく変換器は誤差の収束が指数的で,さらに回路素子の揺らぎやノイズに対してロバストである.さらに,β写像に基づく変換器を回路化する際の設計自由度を向上させると共に,回路のダイナミックレンジの設定を容易にするため,スケール付きβ写像が提案され,これを応用したデータ変換方式(スケール付きβ写像に基づく変換器)も提案されている.本論文では,スケール付きβ写像に基づくA/D変換回路を,スイッ...
井福 一毅, 厚地 泰輔, 森江 隆, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2010年1月14日   
S.Sinhaによって提案されたThreshold Coupled Mapは,カオスを生成する素子をしきい値処理により複数個結合したモデルである.しきい値処理という単純な処理にもかかわらず,多様な時空間パターンを生成することができ,動的論理回路への応用も検討されている.このモデルを実現する電流サンプリング型CMOS回路を,パルス変調方式で設計した.30×30個の素子を一次元片方向・双方向および二次元的に接続可能な集積回路チップを設計・試作した.試作したLSIにおいて,単体素子回路の測定では...
永松 雄二, 河野 崇, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2009年11月4日   
Izhikevichモデルはニューロンダイナミクスを表現する2変数の微分方程式である。シンプルな数理構造を持ちながら、状態がジャンプするという非線形性を要するため、様々なスパイクパターンを表現することができる。本研究では、Izhikevichモデルが持つ数理構造を、アナログ電子回路であるトランジスタの出力特性を用いて再現することで、シンプルかつ多彩なスパイク波形を出力できるシリコンニューロン回路の設計を目指す。また大規模集積回路化に適応するために、低消費電力であるサブスレショルド領域での実...
神野 健哉, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2009年2月21日   
最適解探索を行うためのメタヒューリスティック手法の一つに粒子群探索法(Particle Swarm Optimization;PSO)と呼ばれる手法がある。PSOは従来公表されているその他のメタヒューリスティック手法に比べ、非常に高速に評価関数の最適値を探索することが可能である。各個体は位置ベクトルと速度ベクトルの二種類の状態変数を有し、状態遷移行列によって次時点の状態変数値が計算される。このとき状態遷移行列の固有値が複素固有値であることが最適解の探索能力に影響を与えていることが報告されて...
厚地 泰輔, 森江 隆, 合原 一幸
電気学会研究会資料. ECT, 電子回路研究会   2009年1月21日   
堂前 亮輔, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2009年1月15日   
TSMC 0.35μm CMOSプロセスを用いて集積回路化された完全差動ヒステリシス2P-VCCSカオス発振集積回路の諸特性の測定を行う.この回路では,外部制御電圧を調整することにより,各々の回路パラメータが変更可能である.まず,カオス回路の基本構成要素である完全差動ヒステリシスVCCS回路,および,完全差動線形VCCS回路の差動入出力特性の測定結果を示す.次に,完全差動ヒステリシス2P-VCCSカオス発振回路から観測されたクワッドスクリューアトラクタを含む様々なカオスアトラクタを示す.こ...
堂前 亮輔, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   2009年1月15日   
TSMC 0.35μm CMOSプロセスを用いて集積回路化された完全差動ヒステリシス2P-VCCSカオス発振集積回路の諸特性の測定を行う.この回路では,外部制御電圧を調整することにより,各々の回路パラメータが変更可能である.まず,カオス回路の基本構成要素である完全差動ヒステリシスVCCS回路,および,完全差動線形VCCS回路の差動入出力特性の測定結果を示す.次に,完全差動ヒステリシス2P-VCCSカオス発振回路から観測されたクワッドスクリューアトラクタを含む様々なカオスアトラクタを示す.こ...
中野 晶, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2008年6月20日   
本研究では,複雑ネットワークで用いられるスモールワールド性やスケールフリー性を示す指標を,アナログ回路に適用する.これらの指標は,頂点数が大きくなってもネットワークの性質が同じであれば一定の値にとどまる.この指標を,ある機能をもつ回路に対して、ネットワークの指標でアナログ回路の機能を評価する事ができれば専門的で多くの知識が必要とされるアナログ集積回路設計を効率化する事ができる.そこで,アナログ回路をネットワークに変換する手法を提案する.本稿では,2つの手法を用いて回路図をネットワークに変換...
宮城 靖, 岡本 剛, 森岡 隆人, 吉田 史章, 橋口 公章, 詠田 眞治, 佐々木 富男, 飛松 省三, 合原 一幸
Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery   2008年6月10日   
濱田 卓矢, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2008年3月21日   
ヒステリシス2P-VCCSカオス発振器の完全差動回路構成を提案する.完全差動回路化することにより,偶数次高調波歪みを抑制することができる等の利点がある.特に同相で混入するディジタルノイズに強いため,アナログ回路とディジタル回路を混載したミックスド・シグナル大規模集積回路に適している.また,通常ではシングルエンド構成を完全差動回路化することで回路構成が2倍程度になる.しかし,提案する完全差動回路構成では,元となるシングルエンド回路中の回路構成要素の出力部分を差動化することで回路全体の差動化を...
横田 直人, 堀尾 喜彦, 合原 一幸, 長谷川 幹雄
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2008年3月21日   
カオスニューロンモデルを用いたニューラルネットワークにタブーサーチを実装する方法が提案されており,二次割り当て問題(QAP)の解法において優れた性能を示している.我々は,これを基にサイズ10のQAPに対応した専用ハードウェアシステムを製作し,実験により高い解法能力を有していることを確認した.しかし,従来のアルゴリズムは非同期更新であるため,ハードウェアシステムの利点である並列処理を十分に活かすことができない.そこで本稿では,同時に全てのニューロンを更新する完全同期更新アルゴリズムを提案し,...
高沢 千裕, 徳田 功, 合原 一幸, シュワイグホファ ニコラス
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2008年3月5日   
脳における内部モデルの学習則として,フイードバック誤差学習が川人ら(1987, 1992)によって提唱されている.ここで,下オリーブ核は誤差信号を登上線維へ伝送する主要器官と想定されているが,下オリーブ核ニューロンは発火頻度が数Hz程度と低く,十分な情報を含んだ誤考信号を伝搬する事ができるのか長年,疑問視されてきた.Schweighoferら(2004)は生理データに基づいたコンパートメントモデルを用いて下オリーブ核のネットワークを構築し,シミュレーションを行なったところ,下オリーブ核のカ...
堀尾 喜彦, 合原 一幸
電気学会研究会資料. ECT, 電子回路研究会   2007年12月8日   
田中 秀樹, 森江 隆, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2007年11月11日   
近年,スパイク発火タイミングでアナログ情報を表現するスパイキングニューロンモデルが注目されている.また,生物学的なニューロンはSTDP(Spike-Timing Dependent synaptic Plasticity)によって自らの結合荷重を変化させていることが知られている.STDPは非同期スパイク間の位相差に応じて荷重値を変化させる学習則であり,学習機能を有するスパイキングニューロンモデルのLSI実装において有用であると考えられる.本稿では,我々が試作したSTDPを有するCMOSスパ...
廣部 兼也, 大橋 悠也, 小川 直己, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2007年4月18日   
アナログ物理カオスニューロダイナミクスを用いた,指数的カオスタブーサーチハードウェアシステムの体系的な測定・観測をおこなう.まず,ネットワークパラメータの設定がハードウェアシステムのQAP解法能力にどのような影響を与えるかを,多様な問題を用いて網羅的に調べる.これにより,システムが良好な特性を示す時のパラメータセットを導出する.次に,システムがQAPを解いているときにどのようなカオス的探索ダイナミクスを呈しているかを明らかにするため,カオスニューラルネットワーク中の全てのニューロンの内部状...
田島 雄太, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
濱田 卓矢, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
白熊 章彦, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
岡田 惇志, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
澤井 賢一, 黒木 裕介, 松井 知己, 合原 一幸
情報処理学会研究報告. [音楽情報科学]   2006年12月15日   
本稿では,フルートの運指を最適化する手法と,その最適化モデルに含まれるパラメータのチューニングについて述べる.今回提案する手法ではこの最適化問題を,対象とするパッセージから生成されるグラフの最短路問題に帰着してモデル化した.このグラフは,パッセージ中の音に対する運指の候補を頂点集合とし,隣同士の音に対する運指間に有向辺をつけたものである.頂点間距離には,二つの運指を続けて演奏する際のやりにくさを適切に定めて用いる.また,パラメータを用いて距離を定めており,パラメータの値によって出力される運...
横田 直人, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2006年12月6日   
ホップフィールド型カオスニューラルネットワーク(CNN)で二次割り当て問題(QAP)を解く場合,常には実行可能解が得られないという問題がある.そこで,各イタレーションにおいて,ネットワークの内部状態により実行可能解を合成する解構築法が考案されている.しかし,この解構築法を我々が提案したカオスニューロコンピュータに実装した場合,ノイズや回路の誤差などにより,特にサイズの大きいQAP問題においては良好な解を得るのは困難である.そこで,解構築法をハードウェア実装に適するよう改良する.サイズ12の...
大橋 悠也, 小川 直己, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2006年9月27日   
大きな問題サイズの二次割り当て問題(QAP)を並列処理アーキテクチャを用いたアナログ/ディジタル混成ハードウェアシステムで解くために,スイッチト・カレント(SI)カオスニューロン回路に改良を加え,これを集積回路化する.このSIカオスニューロン回路では,タブー効果の減衰パラメータk_rを可変にすると共に,回路の小型化,回路動作の高速化,および,非線形関数回路の改良を行う.
大橋 悠也, 小川 直己, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   2006年9月27日   
大きな問題サイズの二次割り当て問題(QAP)を並列処理アーキテクチャを用いたアナログ/ディジタル混成ハードウェアシステムで解くために,スイッチト・カレント(SI)カオスニューロン回路に改良を加え,これを集積回路化する.このSIカオスニューロン回路では,タブー効果の減衰パラメータk_rを可変にすると共に,回路の小型化,回路動作の高速化,および,非線形関数回路の改良を行う.
関川 宗久, 濱田 卓矢, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2006年6月27日   
電気回路に発生するカオス現象は古くから研究されており,近年では情報処理や暗号化などにカオスを利用する研究が活発に行われている.工学的応用にカオスを利用する際,小型化,高速化,さらには大規模化という必要性からカオス発生回路を集積回路化することが望ましい.本研究ではShinrikiとInabaによって提案された三次元自励カオス発振器をMOSIS TSMC 0.35μm CMOSプロセスを用いて集積回路化を行った.集積回路化した両回路の測定結果について報告をする.
藤原 寛太郎, 藤原 浩樹, 塚田 稔, 合原 一幸
情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学   2006年6月15日   
本研究では、ラット大脳皮質味覚野の単一神経細胞における条件づけ味覚嫌悪反応中のバースト発火活動の解析を行った。主にスパイク間隔の統計量の振る舞いに着目してそれらを数理モデルで再現した結果、味覚野におけるニューロンは細胞内において時間的演算が行われている可能性、および持続性ナトリウム電流I_<NaP>がバースト発火に大きな役割を担っていることが示唆された。
藤原 寛太郎, 藤原 浩樹, 塚田 稔, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2006年6月8日   
本研究では、ラット大脳皮質味覚野の単一神経細胞における条件づけ味覚嫌悪反応中のバースト発火活動の解析を行った。主にスパイク間隔の統計量の振る舞いに着目してそれらを数理モデルで再現した結果、味覚野におけるニューロンは細胞内において時間的演算が行われている可能性、および持続性ナトリウム電流I_<NaP>がバースト発火に大きな役割を担っていることが示唆された。
黒木 達也, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2006年3月13日   
標準的なCMOS半導体プロセスで実装可能な完全差動マルチスクロール回路を提案する.差動回路は同相成分として現れる寄生キャパシタや寄生インダクタの影響に鈍感である.一般に,差動回路はシングルエンド構成に比べ回路規模が2倍程度になってしまうが,提案する方法では,通常大きな面積を有するキャパシタの面積は半分以下に出来るため,全体としてシングルエンド構成よりも小型化できる.近年ではミックスドシグナル回路が主流になりつつあるが,差動回路はディジタルノイズに強いことから,提案回路をディジタル回路と組合...
久保田 繁, 岡本 剛, 濱口 航介, 合原 一幸, 北嶋 龍雄
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2005年5月10日   
記憶保持中に, 記憶と異なる妨害刺激を提示するワーキングメモリータスクの実験により, prefrontal cortexでは記憶刺激に対応した神経発火が妨害刺激の提示後も持続するのに対し, inferior temporal cortexでは妨害刺激により, 持続発火応答が容易に乱されることが分かっている.本研究では, prefrontal cortexとinferior temporal cortexに対応した2層神経場モデルを用いて, これらの実験結果を再現する.また, 神経場のパター...
久保田 繁, 濱口 航介, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2005年3月22日   
神経場方程式のパターン形成の解析を行う.任意の定常入力の下で, 孤立局在興奮解の存在及び安定性の条件を導出すると共に, これらの解析結果をまとめた図的解析法を提案する.この解析法を用いることで, 全ての孤立局在興奮解を見つけ, その安定性を判別することが可能である.また, 2つの入力が神経場の十分近い位置に与えられた場合に図的解析法を適用した結果, 2つの安定解と1つの不安定解が存在するbistableなパターンダイナミクスが存在することを示す.
徳田 功, 宮野 尚哉, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2005年3月18日   
有声音の持続発声で観測される, ピッチの基本周期の揺らぎは, 音声が人間的で自然な発音として知覚されるために必要不可欠であることが知られている. 音声合成を行なう際に, 原音声の品質を保持するためには, ピッチの基本周期揺らぎのどのような統計的性質を再現することが重要なのか, 慎重に検討する必要がある. これまでの研究から, 二次の相関構造を保存することが, 自然な基本周期揺らぎを実現するために重要であることが分かっているが, 三次以上の高次相関の重要性については分かっていない. 本研究で...
久保田 繁, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2004年7月9日   
神経場方程式の大域的ダイナミクスを,リアプノフ汎関数を用いて解析する.その結果,神経場の定義域が有限長の場合には,ネットワークの状態は必ず平衡点に収束すること,無限長の場合には,ネットワークがリミットサイクルを持たないことを厳密に証明する.また,このリアプノフ汎関数を,側抑制型の結合を有する神経場のパターンダイナミクスに適用することで,神経場の単一区間のみが興奮する孤立局在興奮の解のパラメータによる変化を,リアプノフ汎関数の形状の変化として統一的に理解できることを示す.
濱口 航介, 岡田 真人, 久保田 繁, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2004年6月17日   
確率共振とは微小なシグナルを受ける非線形な素子のSN比を最大化する適当な大きさのノイズが存在する現象である.神経のような興奮性システムにおける確率共振は,単一神経,アレイ,2次元格子結合などにおいて調べられているが,何らかの機能モデル(ワーキングメモリや連想記憶など)としての神経回路網における確率共振の効果はほとんどわかっていない.これまでに,神経活動の巨視的統計量(オーダーパラメータ)は独立なノイズを加えた場合には決定論的な力学しか持たないが,空間相関のあるノイズによって初めてオーダーパ...
堀尾 喜彦, 谷口 卓也, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2003年11月15日   
非同期カオススパイキングニューロンモデルをアナログ電子回路により集積回路化した.このモデルでは,入力活動電位スパイク間の時間一致性検出,スパイク間隔(ISI)の連続性,絶対および相対不応性,連続な内部状態,連続な出力関数,出力スパイク生成および相対不応性の,大きさと潜時の内部状態依存性,およびシナプス結合を考慮した.このニューロン回路は,外部電圧の調整により,入力活動電位スパイクのコインシデンスディテクタとして,あるいは時空間積分器として,あるいはそれらの中間特性を持つニューロンとして働く...
堀尾 喜彦, 谷口 卓也, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2003年11月15日   
市瀬 夏洋, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2003年10月14日   
ある遺伝子の機能が発現するためには、他の遺伝子から発現した転写因子等のタンパク質が必要である。このような遺伝子間の制御関係を解明することは、遺伝子機能の理解のために重要である。遺伝子間の制御関係を表す遺伝子ネットワークを推定するためには、遺伝子ノックアウト等の外部摂動か本来必要である。しかしながらこのような外部摂動は網羅的な実験が必要となるため、同様の摂動効果を系が必然的に有するダイナミカル・ノイズによって得ることが可能であるか検討した。
濱口 航介, 岡田 真人, 山名 美智子, 合原 一幸
日本物理学会講演概要集   2003年8月15日   
濱口 航介, 岡田 真人, 山名 美智子, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2003年6月20日   
神経細胞集団のスパイク同期による情報表現仮説が注目を集めるなか,同期発火が連鎖して伝搬するSynfire Chainと呼ばれるモデルが提案されている.このモデルでは神経結合の一様性を仮定する事で,解析的な取扱いが容易になっている.しかし大脳皮質においては局所的な相互作用が存在し,近距離の興奮性,遠距離での抑制性の結合からなる.Mexican Hat型と呼ばれる結合が確認されている.そこで我々はMcCulloch-Pitts型ニューロンモデルで構成された神経層の間の結合をメキシカンハット型の...
奥野 孝英, 小澤 弘和, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2003年5月1日   
最大で1万ニューロン・1億シナプスを有する大規模カオスニューロコンピュータシステムの階層的構成要素である,「ボード」,「ユニット」,「システム」のそれぞれの実現法を提案すると共に,それらのハードウェア実装について詳しく述べる.ボード階層は,ニューロンボートとコントロールボードから成り,さらに,最大10枚のニューロンボードと1枚のコントロールボードによりユニット階層を構成する.システムは,ユニットを最大で100台,特別に設計したバケツリレー式バスにより接続して実装する.次に,2つのユニットか...
小山 武彦, 小林 幸弘, 松井 智, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2003年3月10日   
二次割り当て問題は,NP困難な組合わせ最適化問題の中でも難しい問題の一つである.組合わせ最適化問題では,実用的な時間で近似解を求めるヒューリスティック手法が重要であり, QAPのヒューリステイック解法としてTaillardのタブーサーチをはじめ,様々な方法が提案されている.さらに,タブーサーチをニューラルネットワーク上に実装し,これをカオスダイナミクスで駆動するQAP解法が提案され良好な結果が得られている.我々は,この方法をアナログ集積回路を中心とするハードウェアで実装し,高速に二次割当て...
佐藤 慶一, 池口 徹, 長谷川 幹雄, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2003年3月10日   
我々は既に、カオスニューラルネットワーク(CNN)を用いた二次割り当て問題(QAP)の解法において,実行可能解を強制的に決定するコーディング法を提案し,良好な解が得られることを報告した.本稿では、提案したコーディング法を用いた場合のCNNの解法能力を,カオスノイズ、ランダムニューロンモデルの解法能力と比較することにより議論する.その結果、提案したコーディング法を用いたCNNが優れた解法であることを数値シミュレーションにより示す.また、問題の要素数を変化させた場合の結果も併せて報告する.
佐藤 慶一, 池口 徹, 長谷川 幹雄, 合原 一幸
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2003年3月3日   
井口 大輝, 堀尾 喜彦, 合原 一幸, Jin Kyung Ryeu
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2003年3月3日   
谷口 卓也, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2003年1月28日   
脳内の活動電位パルスによる時空間コーディングを利用した非同期パルスニューラルネットワークモデルが提案されている.このモデルでは,扱うパルスの詳細な時間情報が重要である為,連続値と連続時間が扱えるアナログ回路での実装が本質的である.本論文では,このニューロンモデルをアナログ回路で集積回路化し,実装したニューロン回路の回路構成および,その測定結果を示す.実装したニューロン回路の各パラメータは外部電圧により変化させることができる.さらに,全ての状態変数を外部から観測することができる.内部状態の減...
堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2002年11月4日   
最大で1万ニューロンを1億個のシナプスで結合する大規模なカオスニューラルネットワークを構成するためのニューロン・シナプスICチップセットを開発した。カオス力学系が持つ最大の特徴である実数の複雑さを十分に活用するため、連続値という意味で実数が扱いうるアナログ電子回路、具体的にはスイッチト・キャパシタ回路技術を用いてニューロンICを構成した。IC中には3内部状態を持ち、単極と双極の両方の出力関数をもつカオスニューロンモデルを実装した。このICではカオスニューラルネットワークモデルのほとんどのパ...
宮野 尚哉, 生内 洋平, 徳田 功, 合原 一幸
ファジィシステムシンポジウム講演論文集   2002年8月28日   
篠崎 淳平, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2002年8月27日   
活動電位が生起した詳細な時間情報を保存したまま、少ない伝送線路数での非同期通信を可能とする伝送方式および符号化法を提案する。提案方法では、活動電位が生起した時間の情報と場所の情報を、異なる線路を用いて伝送する。活動電位の生起元の情報(すなわち、どのニューロンからのパルスであるかという情報)は、パルス列を使ったパケットに符号化される。さらに、提案した符号化法による伝送の誤り率とビットレートについて検討する。これらの結果より、提案法があまり高速な伝送を必要としない、すなわち1つのニューロンの発...
藤原 徹哉, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2002年8月27日   
フローティングゲートMOSFETを用いたダブルスクロール回路を拡張し,カオスアトラクタ中に多数のスクロール構造を持つマルチスクロール回路を提案する.提案する回路では,フローティングゲートMOSFETから成る区分線形N字型非線形抵抗回路を複数並列接続することにより,高次の区分線形特性を実現している.提案回路の特性は制御電圧により調整することが可能であるため,多様なダイナミクスを得ることができる.さらに,提案回路は,標準的なCMOS半導体プロセスで集積回路化可能であり,小型化,高速化が期待でき...
篠崎 淳平, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   2002年8月27日   
活動電位が生起した詳細な時間情報を保存したまま、少ない伝送線路数での非同期通信を可能とする伝送方式および符号化法を提案する。提案方法では、活動電位が生起した時間の情報と場所の情報を、異なる線路を用いて伝送する。活動電位の生起元の情報(すなわち、どのニューロンからのパルスであるかという情報)は、パルス列を使ったパケットに符号化される。さらに、提案した符号化法による伝送の誤り率とビットレートについて検討する。これらの結果より、提案法があまり高速な伝送を必要としない、すなわち1つのニューロンの発...
藤原 徹哉, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   2002年8月27日   
フローティングゲートMOSFETを用いたダブルスクロール回路を拡張し,カオスアトラクタ中に多数のスクロール構造帝持つマルチスクロール回路を提案する.提案する回路では,フローティングゲートMOSFETから成る区分線形IV字型非線形抵抗回路を複数並列接続することにより,高次の区分線形特性を実現している.提案回路の特性は制御電圧により調整することが可能であるため,多様なダイナミクスを得ることができる.さらに,提案回路は,標準的なCM0S半導体プロセスで集積回路化可能であり,小型化,高速化が期待で...
松田 欣也, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2002年3月9日   
受動素子であるインダクタは,集積回路中で非常に広い面積を占有し,また,高いQ値が得られない等の要因により,標準的なCMOSプロセスでの集積回路化には不向きである.このような場合,受動インダクタを等価な能動インダクタへ置き換えることは非常に有効であると考えられる.我々は高いQ値を持ち,さらに,回路のパラメータを調整することで,特定の周波数範囲で負性コンダクタンスを合わせ持ったアクティブインダクタを提案した[1].本稿では,提案したアクティブインダクタとこれを用いたLC発振回路をMOSIS T...
久保田 繁, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2002年3月8日   
繰り返し手を洗う,何度も確認を行うといった固定化された行動(強迫行為)に特徴付けられる強迫性障害と呼ばれる精神病が存在する.この病気の治療に,行動療法あるいは外科手術が有効であることが分かっている.行動療法とは,患者を強迫行為をしたいという衝動を感じる状況に直面させて,なおかつ強迫行為を行わない様にする治療法である.外科手術とは,視床,眼窩皮質等の脳内の限定した部位に損傷を与える手法である.現状ではこれらの治療法のメカニズムは明らかでない.本稿では,線条体に強迫行為に関連する記憶情報が存在...
田中 健太郎, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2002年3月8日   
二次割当て問題は,NP困難な組合せ最適化問題の中でも極めて難しい問題として知られている.この二次割当て問題の近似解法として,タブーサーチを始めとした様々なヒューリスティック手法が提案さている.さらに,このタブーサーチをニューラルネットワークにより実現する方法が提案されている.この方法では,局所解へのトラップ問題を回避するために,ネットワークにカオスダイナミクスを用いる.我々は,この方法をアナログ集積回路で実装し,高速かつ並列処理による二次割当て問題の解法を試みている.その際,この方法がアナ...
佐藤 慶一, 池口 徹, 長谷川 幹雄, 合原 一幸
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2002年3月8日   
我々は既に,カオスニューラルネットワークモデル(CNN)を用いた二次割り当て問題(QAP)の解法において,実行可能解を強制的に決定する新しいコーディング法を提案し,良好な解が得られることを報告した.本論文では,CNNのパラメータを変化させることにより,CNNを用いたQAPの解法に関する性能解析を行った.その結果,CNNの発火率と問題サイズとの間に特徴的な関係が存在することが示された.

競争的資金等の研究課題

 
複雑系数理モデル学の基礎理論構築とその分野横断的科学技術応用
大型別枠研究
研究期間: 2009年 - 2013年
異種情報の時空間コーディングと統合的処理に関する非線形システム論的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2009年
複雑数理モデル
JST戦略的創造研究推進制度(総括実施型) (創造科学技術推進事業:ERATO)
研究期間: 2003年 - 2008年
風況時系列データの非線形予測とその風力発電制御への応用
新エネルギー技術研究開発費
研究期間: 2003年 - 2006年
脳の動的情報表現のモデル化とその情報処理への応用
先端技術開発研究
研究期間: 2002年 - 2005年

学歴

 
1979年4月
 - 
1982年3月
東京大学 大学院工学系研究科 電子工学専攻 博士課程
 
1977年4月
 - 
1979年3月
東京大学 大学院工学系研究科 電子工学専攻 修士課程
 
1975年4月
 - 
1977年3月
東京大学 工学部 電気工学科
 
1973年4月
 - 
1975年3月
東京大学 理科I類 
 

委員歴

 
1993年
   
 
電子情報通信学会  Associate Editor
 
1993年
   
 
日本ファジイ学会  カオス・ファジィ工学研究会委員長
 
1993年
   
 
日本神経回路学会  総務理事
 
1992年
   
 
国際神経回路学会  Editor
 

特許

 
香田 徹, 實松 豊, 合原 一幸
長谷川 幹雄, 安田 裕之, 本田 悠貴, 中尾 裕也, 堀尾 喜彦, 合原 一幸
香田 徹, 實松 豊, 平田 悠樹, 合原 一幸, 堀尾 喜彦