河原 尊之

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/29 17:00
 
アバター
研究者氏名
河原 尊之
 
カワハラ タカユキ
URL
http://www.ee.kagu.tus.ac.jp/education/laboratory.html#kawahara
所属
東京理科大学
部署
工学部電気工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(九州大学)

プロフィール

1983 年 九州大学理学部物理学科卒。1985 年 同理学研究科物理学専攻修士課程了。1993 年 博士(工学)、九州大学(論博)。
1985 年~2014 年(株)日立製作所。主に同社中央研究所にて、低電圧・低電力回路(低リーク、電荷再利用、FD-SOI)、DRAM、フラッシュメモリ、相変化メモリ、STT-RAM などのメモリ回路、及びDNA 塩基配列検出回路の開発に従事。1997~1998 年 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)客員研究員。2014 年 東京理科大学工学部電気工学科教授、現在に至る。
科学技術分野の文部科学大臣表彰、材料科学技術振興財団山崎貞一賞、電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ賞、受賞。信学会会員。IEEE フェロー。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
 - 
現在
東京理科大学 工学部電気工学科 教授
 
2005年
 - 
2014年
日立製作所 中央研究所 主管研究員
 
1999年
 - 
2005年
日立製作所 中央研究所 ユニットリーダ
 
1998年
 - 
1999年
日立製作所 システムLSI開発センタ 主任技師
 
1997年
 - 
1998年
スイス連邦工科大学ローザンヌ校 客員研究員
 
1996年
 - 
1998年
日立製作所 中央研究所 主任研究員
 
1990年
 - 
1996年
日立製作所 中央研究所 研究員
 
1985年
 - 
1990年
日立製作所 中央研究所 企画員
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1985年3月
九州大学 理学研究科 物理学専攻
 
1979年4月
 - 
1983年3月
九州大学 理学部 物理学科
 

受賞

 
2017年4月
文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 開発部門 STT-RAM大容量化回路技術に関する先駆的研究開発
 
2015年10月
IEEE NVMTS 2015 Best Poster Award
 
2014年9月
電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ賞
 
2009年11月
材料科学技術振興財団 山崎貞一賞
 
2007年1月
IEEE IEEEフェロー
 

論文

 
Kenta Someya,Ryoto Ono,Takayuki Kawahara
14th IEEE International New Circuits and Systems Conference, NEWCAS 2016, Vancouver, BC, Canada, June 26-29, 2016   1-4   2016年   [査読有り]
Isamu Wakabayashi,Yuki Fukushima,Takayuki Kawahara
10th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies, APSITT 2015, Colombo, Sri Lanka, August 4-7, 2015   1-3   2015年   [査読有り]
Yuki Fukushima,Isamu Wakabayashi,Takayuki Kawahara
29th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications Workshops, AINA 2015 Workshops, Gwangju, South Korea, March 24-27, 2015   727-732   2015年   [査読有り]
Yoshimitsu Yanagawa,Kazuo Ono,Akira Kotabe,Riichiro Takemura,Tatsuo Nakagawa,Tomio Iwasaki,Takayuki Kawahara
2012 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, ISCAS 2012, Seoul, Korea (South), May 20-23, 2012   2299-2302   2012年   [査読有り]
Kazuo Ono,Yoshimitsu Yanagawa,Akira Kotabe,Riichiro Takemura,Tatsuo Nakagawa,Tomio Iwasaki,Takayuki Kawahara
IEICE Transactions   95-C(4) 651-660   2012年   [査読有り]

Misc

 
河原 尊之
理大科学フォーラム   33(10) 24-29   2016年10月
河原 尊之, 高橋 宏昌, 松岡 秀行
日経エレクトロニクス   (959) 97-110   2007年8月
DRAM並みの高速性を備え,書き換え回数が事実上無制限,しかも電源を切っても情報が消えない─。機器設計者の常識を塗り替える「不揮発性の主記憶」に道を開く技術を日立製作所と東北大学が共同で開発した。磁気抵抗効果を利用した不揮発性メモリMRAMに,スピン注入磁化反転と呼ぶ新たな動作原理を持ち込んだ。
河原 尊之
画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan   33(6) 943-945   2004年11月
河原 尊之
画像電子学会誌   33(6) 943-945   2004年
河原 尊之, 松岡 秀行, 阪田 健, 安 義彦
日立評論   84(10) 621-626   2002年10月

書籍等出版物

 

講演・口頭発表等

 
井上雄二郎, 染谷健太, 串原健太, 河原尊之
電子情報通信学会技術研究報告   2016年12月8日   
多木真, XU Zule, 河原尊之
電子情報通信学会技術研究報告   2016年12月8日   
小野涼斗, 染谷健太, 河原尊之
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016年9月6日   
大岩凌, 長谷川誉, 高橋徳明, 松井佐英子, 伊藤拓海, 河原尊之
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016年9月6日   
染谷健太, 小野涼斗, 河原尊之
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016年9月6日   

特許

 
河原 尊之, 竹村 理一郎, 石垣 隆士, 伊藤 清男
柳川 善光, 横井 崇秀, 板橋 直志, 河原 尊之, 右高 園子, 吉田 真希子, 村松 高道
河原 尊之, 竹村 理一郎, 小埜 和夫, 小日向 宣昭
柳川 善光, 横井 崇秀, 板橋 直志, 河原 尊之, 右高 園子, 吉田 真希子, 村松 高道
河原 尊之, 竹村 理一郎, 曽根原 剛志, 長坂 晃朗

その他

 
2017年3月   来たるべき「AI on Things」社会に向けて ~高性能な超低電力AIチップの実現~
NEC WISDOM記事
https://wisdom.nec.com/ja/technology/2017032101/index.html
「今後、AIチップの開発競争は激化すると予想されている中で、「AI on Things」という斬新なアプローチで研究開発に挑む東京理科大学 工学部 電気工学科 教授の河原尊之氏にお話をお聞きしました。」