菊澤律子

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/23 15:35
 
アバター
研究者氏名
菊澤律子
 
キクサワ リツコ
eメール
ritsukominpaku.ac.jp
URL
http://www.r.minpaku.ac.jp/ritsuko/
所属
国立民族学博物館
部署
人類基礎理論研究部
職名
准教授
学位
Ph.D. (Linguistics)(University of Hawai'i), 文学修士(言語学)(東京大学)
その他の所属
総合研究大学院大学

経歴

 
2005年3月
 - 
現在
国立民族学博物館 研究部 准教授
 
2016年4月
 - 
現在
総合研究大学院大学 文化科学研究科 准教授
 
2012年8月
 - 
2012年12月
中央研究院(台湾) 客員研究員
 
2011年4月
 - 
2015年3月
国立国語研究所 共同研究員
 
2006年12月
 - 
2007年11月
国際アジア研究所(オランダ) 客員研究員
 
2005年4月
 - 
2015年3月
東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 共同研究員
 
2000年4月
 - 
2005年3月
東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 助教授(現准教授)
 
1997年4月
 - 
2002年3月
国立民族学博物館 共同研究員
 
2000年3月
 - 
2002年2月
オーストラリア国立大学 Research School of Pacific and Asian Studies (RSPAS) 客員研究員
 
1995年4月
 - 
2000年3月
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 助手(現助教)
 

委員歴

 
2016年1月
 - 
現在
日本歴史言語学会  副会長
 
2012年1月
 - 
現在
日本歴史言語学会  理事
 
2011年
 - 
現在
Journal of Historical Syntax  編集顧問委員
 
2010年
 - 
現在
Journal of Historical Linguistics  編集顧問委員
 
2010年
 - 
現在
Brill's Studies in Historical Linguistics  Editorial Board member
 
2011年9月
 - 
2015年12月
国際類型論学会(ALT)  評議員
 
2011年
 - 
2015年
国際オーストロネシア言語学会(ICAL)  運営委員
 
2008年
 - 
2013年
欧州リサーチ・カウンシル(ERC)  審査員
 
2005年
 - 
2013年
国際歴史言語学会(ISHL)  評議員
 
2009年
 - 
2011年
国際歴史言語学会(ISHL)  会長
 
2006年
 - 
2011年
Language Documentation and Conservation  編集顧問委員
 
2005年4月
 - 
2009年3月
日本オセアニア学会  People and Culture in Oceania 編集委員(2005-2007)編集長(2008-2009)
 
2005年4月
 - 
2009年3月
日本オセアニア学会  理事
 
2005年4月
 - 
2007年3月
日本オセアニア学会  People and Culture in Oceania 編集委員
 

学歴

 
1995年9月
 - 
2000年8月
ハワイ大学 言語学部 博士課程(言語学専攻)
 
1993年4月
 - 
1995年3月
東京大学大学院 人文科学研究科 博士課程(言語学専攻)
 
1990年4月
 - 
1993年3月
東京大学大学院 人文科学研究科 修士課程(言語学専攻)
 
1985年4月
 - 
1990年4月
東京大学 文科三類 言語学専修課程
 

受賞

 
2015年1月
[総合研究大学院大学学融合推進センター] 2013年度学融合推進センター公開研究報告会最優秀賞
 
2014年1月
[総合研究大学院大学学融合推進センター] 2013年度学融合推進センター公開研究報告会学融合推進センター賞
 
2009年7月
[Crown Prince Akihito Scholarship Foundation] The Ralph Chikato Honda Distinguished Scholar Award
 
2008年3月
[日本学術振興会] 第4回日本学術振興会賞
 
2005年3月
[日本オセアニア学会] 第4回日本オセアニア学会賞
 

書籍等出版物

 
Historical Linguistics 2011: Selected Papers from the 20th International Conference on Historical Linguistics, Osaka, 25-30 July 2011
KIKUSAWA Ritsuko and Lawrence A. Reid (担当:共編者)
Amsterdam: John Benjamins Publishing Company   2013年   ISBN:DOI: 10.1075/cilt.326
This volume of selected papers from the 20th International Conference on Historical Linguistics (Osaka, Japan, July 2011) presents a set of stimulating and ground-breaking studies on a wide range of languages and language families. As the scope of...
Objectivization and Subjectivization: A Typology of Voice Systems. Senri Ethnological Studies 77.
Nakamura, Wataru and Ritsuko Kikusawa (担当:共編者)
Osaka: National Museum of Ethnology, Japan   2012年   
Proto Central Pacific Ergativity: Its Reconstruction and Development in the Fijian, Rotuman and Polynesian Languages. Pacific Linguistics 520.
Kikusawa, Ritsuko
Canberra: Pacific Linguistics   2002年   
The main objective of this study is to determine the actancy system (ergativity or accusativity) of Proto Central Pacific, and to determine how this system developed in its daughter languages, Fijian and Rotuman, which are accusative, as well as i...
Modern Approaches to Transitivity
Sasaki, Kan and Ritsuko Kikusawa (担当:共編者)
Tokyo: Kurosio Publisher.   2000年   
『標準フィジー語入門
菊澤律子
東京:アジア・アフリカ言語文化研究所   1999年   
『フィジー語-日本語学習辞書』
菊澤律子、アポロニア・タマタ (担当:共著)
東京:アジア・アフリカ言語文化研究所   1999年   
Let’s Talk about Trees: Genetic Relationships of Languages and Their Phylogenic Representation, Senri Ethnological Studies.
KIKUSAWA Ritsuko and Lawrence A. Reid (担当:共編者)
Osaka: National Museum of Ethnology (to appear)   
Satawalese Cultural Dictionary, Senri Ethnological Research
Sabino Sauchomal, Tomoya Akimichi, Shuzo Ishimori, Ken’ichi Sudo, Hiroshi Sugita, Ritsuko Kikusawa and Lawrence A. Reid (担当:共編者)
Osaka: National Museum of Ethnology (in prep)   

論文

 
菊澤律子
An Oxford Handbook of Ergativity, ed. by Jessica Coon, Diane Massam, and Lisa Travis. Oxford: Oxford University Press.      2017年6月   [査読有り][招待有り]
The focus of this chapter is change that takes place in the case-alignment patterns found in pronominal systems in Austronesian languages. Three sets of changes that resulted in a shift from an ergative to a different alignment system are describe...
Typological generalisations and diachronic analyses: Actancy systems in Austronesian languages
菊澤律子
『歴史言語学』   (4)    2015年12月   [査読有り]
言語類型論研究(共時的なパターン分析)と歴史言語学における形態統語論的特徴の比較再建研究(通時的な言語変化に関する分析)がどのように相互に関係し、影響を与え合うのかについて、オーストロネシア諸語の項構造のパターン(能格・対格)の史的変遷課程の比較再建を例に、具体例を示しながら議論した。
The Austronesian language family
菊澤律子
The Routledge Handbook of Historical Linguistics, ed. by Claire Bowern & Bethwyn Evans, London, Routledge, Taylor & Francis Group.   657-674   2015年   [査読有り][招待有り]
KIKUSAWA Ritsuko and K. Alexander Adelaar
Oceanic Linguistics   53(2) 480-516   2014年   [査読有り]
This paper traces the history of pronouns in various regional forms of Malagasy and proposes a reconstruction of Proto-Malagasy pronouns. Four sets of pronouns are reconstructed for Proto-Malagasy: a default nominative set marked with Ø, a topical...
Standardization as language loss: Potentially endangered Malagasy languages and their linguistic features
菊澤律子
People and Culture in Oceania   (23) 23-44   2012年12月   [査読有り]
The goal of this paper is to draw attention to the loss of linguistic features found in regional varieties, a major cause of which is standardization. Data from some Malagasy languages-representing just a small portion of their linguistic features...
On the development of applicative constructions in Austronesian languages
菊澤律子
Bulletin of the National Museum of Ethnology   36(4) 1-43   2012年3月   [査読有り]
オーストロネシア語族における適用態動詞の形態,機能,関連構文の比較に基づき,その史的発達経緯について議論した。「フィリピン型」,「マレー型」,「オセアニア型」がオーストロネシア祖語の構文からどのように発達したのかを示した。フィリピン型の言語は他動詞の型の数を増やす方向に変化したこと,マレー型の言語では動詞の体系そのものが変化し,新たなパラダイムが発達したこと,オセアニア型の言語では,祖語における拡張自動詞文と他動詞文の区別が失われたと考えられることを示し、これらの変化が,...
Optional ergative marking and the emergence of passive structures in Austronesian languages
菊澤律子
Objectivization and subjectivization: A typology of voice systems, ed. by W. Nakamura and R. Kikusawa   115-155   2012年   [査読有り]
オーストロネシア諸語において、他動詞構文の動作主の表現が義務的である構文から受動態構文が発達したという仮説を提示し、検証した。多くのフィリピン型言語の他動詞文では、動作主がはっきりしないときや具体的に表現したくない場合に、三人称代名詞をダミーとして用いるという現象がみられる。これが語用論的には英語等で受動態構文が用いられる状況に対応すること、また、多くの言語において動作主を示す他の人称の代名詞が受動態を示す形態素と交替すること、さらに、受動態を示す形態素に三人称代名詞に起源をもつと考えられ...
ことばの基本構造を展示にする―「ことばスタンプ」の開発と課題―
伊東実・菊澤律子
『展示学』   48: 148-149.   2010年6月
Collaborating in the compilation of the Satawalese Cultural Dictionary: Thirty years of a dictionary project initiated by cultural anthropologists
菊澤律子
People and Culture in Oceania   26.(26) 137-147   2010年   [査読有り]
A dictionary of the Satawalese language is currently being compiled at Japan's National Museum of Ethnology. Its main data are cultural terms recorded by a team of three Japanese cultural anthropologists who stayed on Satawal, an island in Microne...
The movement of people and plants in the Pacific: Reconstructing culture-history based on linguistic data
菊澤律子
2009 International Symposium on Austronesian Studies, ed. by Masegseg Z. Gadu and Hsiu-Man Lin   77-96   2010年   [査読有り][招待有り]
In this paper, taking names of domesticated plants as examples, I will show how the result of linguistic reconstruction is applied for the understanding of the culture history of Austronesian speaking populations. Plants referred to in this paper ...
When the ‘majority rule’ does not apply: Ergative to accusative drift in Austronesian languages and how we know.
Kikusawa, Ritsuko.
Papers from the International symposium on Linguistic Substrata in the Tibeto-Burman Area. Senri Ethnological Studies 75.   169-187.   2009年10月
Historical changes in pronoun positions in Extra-Formosan languages.
Kikusawa, Ritsuko.
Current Issues in Austronesian Linguistics: Papers from the 10th ICAL. Studies in Philippine Languages and Cultures (SPLC) 17.   66-87.   2008年
Transitivity in the analysis of Betsimisaraka Malagasy.
Kikusawa, Ritsuko.
Current Issues in Austronesian Linguistics: Papers from the 10th ICAL. Studies in Philippine Languages and Cultures (SPLC) 18.   44-66.   2008年
Proto who utilised turmeric, and how?
Kikusawa, Ritsuko and Lawrence A. Reid
Language Description, History and Development: Linguistic Indulgence in Memory of Terry Crowley, ed. by Jeff Siegel, John Lynch and Diana Eades, Creole Language Library 30.   341-354.   2007年   [査読有り]
A Malagasy (Betsimisaraka) text with grammatical notes.
Kikusawa, Ritsuko.
Journal of Asian and African Studies   71: 5-37.   2006年   [査読有り]
The development of some Indonesian pronominal systems.
Historical linguistics 2001: Selected papers from the 15th International Conference on Historical Linguistics, Melbourne, 13-17 August 2001. Ed. by Barry J. Blake and Kate Burridge (with Jo Taylor). Current Issues in Linguistics Theory 237.      2003年   [査読有り]
A Talubin text with a wordlist and grammatical notes
Kikusawa, Ritsuko and Lawrence A. Reid
Journal of Asian and African Studies   (65) 89-148   2003年   [査読有り]
Did Proto-Oceanians cultivate Cyrtosperma taro?
People and Culture in Oceania   (19) 1-26   2003年   [査読有り]
The two genitive clitic pronoun positions in some Extra-Formosan languages: problems in determining their historical development
Kikusawa, Ritsuko
Papers from the Seminar Brunei Darussalam-Jepun "Kajian Brunei-Borneo," University of Brunei Darussalam   1-20   2003年   [招待有り]
A new view of the Proto Oceanic pronominal system
Kikusawa, Ritsuko
Oceanic Linguistics   42(1) 161-186   2003年   [査読有り]

Misc

 
「ことばから探る人の移動」
菊澤律子
『人類の移動誌』, pp. 264–277. 印東道子(編). 臨川書店.   264-277   2013年5月   [依頼有り]
オーストロネシア語族の諸言語の史的変遷の経緯の解明の方法と、それがどのように人の移動誌の解明に結びつくのかについて具体例をあげながら解説した。
ことばからはじまる世界、ことばで広がる宇宙
菊澤律子
『経済 Trend』   2010.10: 50-51   2010年10月
ことばが世界をつなぐ~世界の絵本によせて~
菊澤律子
『月刊みんぱく』 2010年7月号. p. 7.      2010年7月
ことばスタンプができた!
菊澤律子
『月刊みんぱく』 2010年7月号. p. 4.      2010年7月
言葉と人びと
菊澤律子
『朝倉世界地理講座—大地と人間の物語—第15巻オセアニア』, 熊谷圭知・片山一道(編). 東京:朝倉書店.   pp. 97-113.   2010年4月
オーストラリア・ニュージーランドを含む太平洋地域で話される言語とその話者に関する概説。
ことばをくらべる―言語学における比較―
菊澤律子
『人類学的比較再考』 出口顕・三尾稔(編). 国立民族学博物館調査報告   90: 319-326.   2010年4月
フィジーのタロイモ
菊澤律子
『食文化誌 vesta 』   77: 50-51.   2010年1月
言語にみる歴史
菊澤律子
『オセアニア学』, 吉岡政徳 [監修], 遠藤央・印東道子・梅崎昌裕・中澤港・窪田幸子・風間計博(編). 京都大学学術出版会.   pp. 63-79.   2009年10月
サタワル語
菊澤律子
『事典 世界のことば141』, 梶茂樹・中島由美・林徹(編).東京:大修館書店.   pp. 110-113.   2009年
フィジー語
菊澤律子
『事典 世界のことば141』, pp. 186-189. 梶茂樹・中島由美・林徹(編).東京:大修館書店.   pp. 186-189.   2009年

対談・講演書き起こし資料

 
「言語変化とそれに付随するもの」講演(2009年8月2日). 『進歩主義の後継ぎとは何か』7-2、pp. 88-108.
「博物館学・記述言語学」に関する対談(2008年11月28日). 『文化科学研究科の主要専門領域における研究の進め方に関する調査報告書』黒須正明(編)、pp. 39-66.

Works

 
Transitivity and Ergativity in Syntactic Typology
菊澤律子   その他   1997年4月 - 2000年3月

競争的資金等の研究課題

 
手話言語と音声言語の比較に基づく新しい言語観の創生
国立民族学博物館: 機関研究プロジェクトマテリアリティの人間学
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 菊澤律子
http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/project/corp/core_kikusawa13
手話言語学に関する講義の実施およびシンポジウム・セミナーの開催
日本財団: 助成金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 菊澤律子
事業ウェブサイト http://www.r.minpaku.ac.jp/shuwa/
通翻訳資料公開サイト http://www.minpaku.ac.jp/sokendai/ssll/lecture.html

本事業は、日本国内における手話言語学および学術手話通訳にかかる研究事業の推進を目的とする。関連競争的内部資金と組み合わせることで、学術手話通訳者の養成現場においては、さまざまな形での映像資料の利用を試行すると同時に、日本手話およびアメリカ手話を第一言語もしくは第二言語とする通訳者...
第3回手話言語と音声言語に関する国際シンポジウム『言語の記述・記録・保存と通言語種類型論』の開催
人間文化研究機構連携: 連携研究カテゴリーⅣ
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 菊澤律子
http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/corp/20141004-05
手話言語学を世界へつなぐ―メディア発信と e-learning 開発に向けて―
総合研究大学院大学学融合推進センター: 戦略的共同研究Ⅰ
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 菊澤律子
http://www.minpaku.ac.jp/sokendai/ssll/index.html
第2回国際シンポジウム『手話言語と音声言語の記述・記録・保存』の開催
人間文化研究機構連携: 連携研究カテゴリーⅣ
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 菊澤律子
http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/corp/20130927-29
手話言語と音声言語のシンポジウム(1)『言語の記述・記録・保存』の開催
人間文化研究機構連携: 連携研究カテゴリーⅣ
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 菊澤律子
http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/rm/20120728-29
Comparison and Reconstruction of Grammatical Features of Formosan Languages
Ministry of Foreign Affairs (MOFA) , Taiwan: Taiwan Fellowship
研究期間: 2012年8月 - 2012年12月    代表者: 菊澤律子
to conduct research on “Comparison and Reconstruction of Grammatical Features of Formosan Languages” at Academia Sinica
国際ワークショップ『手話の歴史言語学―データベースの構築と一般歴史言語学における展開を目指して― 』の開催
人間文化研究機構連携: 小型連携研究カテゴリーⅡ
研究期間: 2001年4月 - 2012年3月    代表者: 菊澤律子
http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/rm/110728
“An Examination of the Genetic Affiliation of the Malagasy Languages: Their Internal and External Relationship in the Austronesian Language Family”
Netherlands Organisation for Scientific Research Fellowship (NWO): 
研究期間: 2006年12月 - 2007年11月    代表者: 菊澤律子
to conduct research on “An Examination of the Genetic Affiliation of the Malagasy Languages: Their Internal and External Relationship in the Austronesian Language Family” at the International Institute for Asian Studies in Leiden, the Netherlands ...
オーストロネシア諸語の現地調査に基づく記述研究
その他の研究制度
研究期間: 2002年 - 2007年    代表者: 菊澤律子
オーストロネシア諸語の比較統語論的研究
その他の研究制度
研究期間: 2001年 - 2005年    代表者: 菊澤律子
先史オセアニアにおけるタロイモと食文化に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 1998年 - 2003年    代表者: 菊澤律子
Actancy Systems and Their Historical Development in Oceanic Languages
日本学術振興会: 海外特別研究員
研究期間: 2000年3月 - 2002年2月    代表者: 菊澤律子