宇都 雅輝

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/08 02:53
 
アバター
研究者氏名
宇都 雅輝
 
ウト マサキ
URL
https://sites.google.com/site/utomasaki/
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域情報・ネットワーク工学専攻、Ⅰ類 (情報系)
職名
助教
科研費研究者番号
10732571
ORCID ID
0000-0002-9330-5158

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
   
 
電気通信大学 大学院情報理工学研究科 助教
 
2015年10月
 - 
2016年3月
電気通信大学 大学院情報システム学研究科 助教
 
2014年2月
 - 
2015年9月
長岡技術科学大学 工学研究科 特任助教
 
2012年12月
 - 
2014年1月
株式会社ゴーガ エンジニア
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2013年9月
電気通信大学 情報システム学研究科 社会知能情報学専攻 博士後期課程
 
2009年4月
 - 
2011年3月
電気通信大学 情報システム学研究科 社会知能情報学専攻 博士前期課程
 
2005年4月
 - 
2009年3月
電気通信大学 電気通信学部 人間コミュニケーション学科
 
2002年4月
 - 
2005年3月
栃木県立栃木高等学校卒業  
 

受賞

 
2017年7月
人工知能学会全国大会 学生奨励賞 漸近一致性を有する大規模ベイジアンネットワーク学習
受賞者: 名取和樹・宇都雅輝・植野真臣
 
2016年12月
日本テスト学会第14回大会 日本テスト学会 大会発表賞 評価者と課題の多様な特性を考慮した項目反応モデル
受賞者: 宇都雅輝・植野真臣
 
2014年12月
日本テスト学会第 12 回大会 日本テスト学会 大会発表賞 ピアアセスメントにおける階層ベイズ項目反応モデル
受賞者: 宇都雅輝, 植野真臣
 
2014年9月
教育システム情報学会第 39 回全国大会 教育システム情報学会全国大会 大会奨励賞 ピアアセスメントの低次評価者母数を持つ階層ベイズ項目反応理論
受賞者: 宇都雅輝,植野真臣
 
2011年12月
電子情報通信学会教育工学研究会 電子情報通信学会教育工学研究会 研究奨励賞 Toulminモデルとベイジアンネットワークを用いた論証構築支援システムの開発
受賞者: 宇都雅輝,鈴木宏昭,植野真臣
 

論文

 
ピアアセスメントにおける異質評価者に頑健な項目反応理論
宇都雅輝・植野真臣
電子情報通信学会論文誌D   101(1) #-#   2018年1月   [査読有り]
Consistent Learning Bayesian Networks with Thousands of Variables
Kazuki Natori, Masaki Uto, Maomi Ueno
The 3rd Workshop on Advanced Methodologies for Bayesian Networks (AMBN)   #    2017年9月   [査読有り]
Classification of Japanese Graduate Schools: In terms of educational practices and the grown globalization competencies by the policies.
Taiyo Utsuhara, Masaki Uto, Asana Ishihara, Atsushi Yoshikawa, Maomi Ueno
International Federation of Classification Societies   CN02    2017年8月   [査読有り]
Diverse Reports Recommendation System Based on Latent Dirichlet Allocation
Masaki Uto, Sébastien Louvigné, Yoshihiro Kato, Takatoshi Ishii, Yoshimitsu Miyazawa
Behaviormetrika   44(2) 1-20   2017年7月   [査読有り]
Group optimization to maximize peer assessment accuracy using item response theory
Masaki Uto, Nguyen Duc Thien, Maomi Ueno
International Conference on Artificial Intelligence in Education   393-405   2017年6月   [査読有り]
Features of Globalization in Japanese Graduate Schools
Taiyo Utsuhara, Masaki Uto, Asana Ishihara, Koichi Ota, Ayako Hirano, Atsushi Yoshikawa, Maomi Ueno
International Conference on Education   392-1-392-10   2017年2月   [査読有り]
パフォーマンス評価のため項目反応モデルの比較と展望
宇都雅輝、植野真臣
日本テスト学会誌   12(1) 56-75   2016年6月   [査読有り]
Item Response Theory for Peer Assessment
Masaki Uto, Maomi Ueno
IEEE Transactions on Learning Technologies   9(2) 157-170   2016年6月   [査読有り]
Reliable Peer Assessment for Team-project-based Learning using Item Response Theory
Thien Nguyen, Masaki Uto, Yu Abe and Maomi Ueno
International Conference on Computers in Education (ICCE)   144-153   2015年12月   [査読有り]
Constraint-based learning Bayesian networks using Bayes factor
Kazuki Natori, Masaki Uto, Yu Nishiyama, Shuichi Kawano, Maomi Ueno
The second Workshop on Advanced Methodologies for Bayesian Networks (AMBN)   9505 15-31   2015年11月   [査読有り]
Masaki Uto, Maomi Ueno
IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies (ICALT)   385-387   2015年7月   [査読有り]
Masaki Uto, Maomi Ueno
International Conference on Artificial Intelligence in Education (AIED)   800-803   2015年6月   [査読有り]
宇都雅輝,植野真臣
電子情報通信学会論文誌D   98(1) 3-16   2015年1月   [査読有り]
宇都雅輝,鈴木宏昭,植野真臣
電子情報通信学会論文誌D   96(4) 998-1011   2013年4月   [査読有り]
Maomi Ueno, Masaki Uto
European Workshop on Probabilistic Graphical Models (PGM)   331-338   2012年9月   [査読有り]
植野真臣,宇都雅輝
日本教育工学会論文誌   35(3) 13-26   2011年12月   [査読有り]
宇都雅輝,植野真臣
電子情報通信学会論文誌D   94(12) 2069-2081   2011年12月   [査読有り]
Maomi Ueno, Masaki Uto
Web Based Communities and Social Media 2011 Conference (IADIS)   109-119   2011年7月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
A grouping method for optimizing peer assessment accuracy
Nguyen Duc Thien・Masaki Uto・Maomi Ueno
日本教育工学会第33回全国大会   2017年9月18日   
整数計画問題を用いた木構造型等質適応型テストの提案
宮澤芳光・石井隆稔・宇都雅輝・植野真臣
日本教育工学会第33回全国大会   2017年9月18日   
小論文自動評価のための論理構造推定システム
木下涼・宇都雅輝・植野真臣
日本教育工学会第33回全国大会   2017年9月16日   
傾向スコアによる日本の大学院の分析
宇都原泰洋・宇都雅輝・石原朝菜・吉川厚・植野 真臣
行動計量学会第45回大会   2017年9月1日   
異質評価者の特性を考慮した項目反応モデル
宇都雅輝・植野真臣
行動計量学会第45回大会   2017年8月31日   
ピアアセスメントの精度を最適化する自動グループ構成システム
宇都雅輝・Nguyen Duc Thien・植野真臣
教育システム情報学会第42回全国大会   2017年8月24日   
複数等質テストを用いた適応型テスト
宮澤芳光・石井隆稔・宇都雅輝・植野真臣
日本テスト学会第15回大会   2017年8月20日   
ピアアセスメントの精度を最適化するグループ構成手法
Nguyen Duc Thien・宇都雅輝・植野真臣
日本テスト学会第15回大会   2017年8月20日   
評価者特性を考慮した項目反応理論における等化手法
宇都雅輝・植野真臣
日本テスト学会第15回大会   2017年8月20日   
漸近一致性を有する大規模ベイジアンネットワーク学習
名取和樹・宇都雅輝・植野真臣
人工知能学会全国大会   2017年5月25日   
足場かけに基づくアカデミックライティング学習支援システム
木下涼・宇都雅輝・植野真臣
教育システム情報学会 学生研究発表会   2017年2月28日   
機械学習を用いた表情判定のためのAction Unit最適化
大澤愛喜・宇都雅輝・植野真臣
第19回情報論的学習理論ワークショップ   2016年11月16日   
Bayes factor を用いた大規模ベイジアンネットワークの構築
名取和樹・宇都雅輝・植野真臣
第19回情報論的学習理論ワークショップ   2016年11月16日   
パフォーマンス評価の多様なバイアスを考慮した項目反応モデル
宇都雅輝・植野真臣
日本教育工学会第32回全国大会   2016年9月19日   
Group formation for peer assessment using item response theory
Nguyen Duc Thien・Masaki Uto・Maomi Ueno
日本教育工学会第32回全国大会   2016年9月17日   
評価者と課題の多様な特性を考慮した項目反応モデル
宇都雅輝・植野真臣
日本テスト学会14回全国大会   2016年9月9日   
ピアアセスメントの精度を最適化する評価者選択手法
Nguyen Duc Thien・宇都雅輝・植野真臣
日本テスト学会14回全国大会   2016年9月9日   
Co-creating ルーブリックの自己制御学習および自己評価力への影響分析
山本美紀・宇都雅輝・西山悠・川野秀一・植野真臣
日本テスト学会14回全国大会   2016年9月9日   
項目反応理論によるルーブリックの自己評価力への影響分析-評価者特性と目標志向性,学習観,動機づけ,学習方略に着目して
山本美紀・宇都雅輝・植野真臣
日本教育工学会第31回全国大会   2015年9月22日   
ピアアセスメントのための項目反応理論を用いた評価者選択
宇都雅輝
教育システム情報学会第40回全国大会   2015年9月3日   
Learning Bayesian networks: Recursive autonomy identification algorithm incorporating a strict learning
名取和樹・宇都雅輝・西山悠・川野秀一・植野真臣
数学協働プログラム 確率的グラフィカルモデル   2015年3月19日   
信頼性の高いピアアセスメントを実現する階層ベイズ項目反応モデル
宇都雅輝・植野真臣
日本教育工学会第30回全国大会   2014年9月20日   
宇都雅輝・植野真臣
教育システム情報学会第39回全国大会   2014年9月12日   
ピアアセスメントにおける階層ベイズ項目反応モデル
宇都雅輝・植野真臣
日本テスト学会第8回発表論文抄録集   2014年8月31日   
宇都雅輝・植野真臣
行動計量学会第40回大会   2012年9月13日   
宇都雅輝・鈴木宏昭・植野真臣
電子情報通信学会教育工学研究会   2011年12月1日   
ベイジアンネットワークを用いた論証支援システム
宇都雅輝・鈴木宏昭・植野真臣
人工知能学会第83回人工知能基本問題研究会   2011年11月27日   
情報論的アプローチに基づく論文構成構築支援システム
宇都雅輝・宮澤芳光・鈴木宏明・植野真臣
日本教育工学会第26回全国大会論文集   2010年9月18日   
携帯電話を用いた適応型クイズに基づく観光ナビゲーションシステムの開発と評価
宮澤芳光・宇都雅輝・安藤雅洋・植野真臣
日本教育工学会第26回全国大会論文集   2010年9月18日   
IRTに基づく観光ナビゲーションシステムの開発と評価
宮澤芳光・宇都雅輝・安藤雅洋・植野真臣
日本テスト学会第8回発表論文抄録集   2010年8月30日   
確率的アプローチに基づく論文構成構築支援システム
宇都雅輝・宮澤芳光・鈴木宏明・植野真臣
教育システム情報学会第35回全国大会論文集   2010年8月28日   
現実的場面での評価を支援する携帯型e-テスティング
宮澤芳光・宇都雅輝・安藤雅洋・植野真臣
教育システム情報学会第35回全国大会論文集   2010年8月26日   
確率的アプローチに基づく論文構成構築支援システム
宇都雅輝・宮澤芳光・鈴木宏明・植野真臣
日本教育工学会研究会日本教育工学会研究報告集   2010年7月3日   
現実的場面での評価を支援する携帯型e-テスティング
宮澤芳光・宇都雅輝・安藤雅洋・植野真臣
日本教育工学会研究報告集   2010年7月3日   
形式手法に基づくアカデミック・ライティング支援システム
宇都雅輝・植野真臣
教育システム情報学会学生研究発表会   2010年3月8日   

委員歴

 
2015年5月
 - 
2015年9月
日本教育工学会第31回全国大会  実行委員
 
2015年10月
   
 
電子情報通信学会 ソサイエティ論文誌編集委員会  常任査読委員
 
2015年12月
 - 
2016年11月
日本テスト学会第14回大会  副実行委員長
 
2016年4月
   
 
公益社団法人 医療系大学間共用試験実施評価機構  試験信頼性向上専門部会委員
 

競争的資金等の研究課題

 
パフォーマンス評価のための項目反応理論とその運用モデルの開発
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 宇都雅輝
確率的アプローチに基づく小論文の論理性自動評価システムの開発
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 宇都雅輝
信頼性の高いピアアセスメントを実現する階層ベイズ項目反応理論
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 宇都 雅輝
大規模型eテスティングシステムとその運営モデルの開発
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 植野 真臣
確率モデルに基づく適応的ヒントを提示する足場がけシステム
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 植野 真臣