松本靖彦

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/06 10:56
 
アバター
研究者氏名
松本靖彦
 
マツモト ヤスヒコ
所属
帝京大学
部署
医真菌研究センター
職名
講師
学位
博士(薬学)(東京大学)
科研費研究者番号
60508141

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
帝京大学 医真菌研究センター 講師
 
2012年
 - 
2016年
東京大学 薬学研究科(研究院) 助教
 
2008年
 - 
2012年
東京大学 大学院薬学系研究科 流動助教
 

学歴

 
2005年3月
 - 
2008年4月
東京大学  大学院薬学系研究科 博士後期課程
 
2003年4月
 - 
2005年3月
東京大学  大学院薬学系研究科 修士課程
 
1999年4月
 - 
2003年3月
明治薬科大学 薬学部 衛生薬学科
 

受賞

 
2017年5月
真菌症フォーラム 第23回学術集会 奨励賞
 
2014年9月
第26回微生物シンポジウム 優秀アブストラクト賞
 
2010年6月
2010 International Polyamine Conference Excellent Poster Award
 
2008年9月
Drug Discoveries and Therapeutics 2008 International Medical Communication Young Award
 
2006年9月
第5回ファーマバイオフォーラム 優秀賞
 
2005年9月
第4回感染症免疫沖縄フォーラム 優秀演題賞
 

論文

 
Ishii M, Matsumoto Y, Nakamura I, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   11(1) 1-5   2017年3月   [査読有り]
Ishii M, Matsumoto Y, Nishida S, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   11(1) 30-34   2017年3月   [査読有り]
Tabuchi F, Matsumoto Y, Ishii M, Tatsuno K, Okazaki M, Sato T, Moriya K, Sekimizu K
The Journal of antibiotics      2017年2月   [査読有り]
Matsumoto Y, Ishii M, Sekimizu K
Scientific reports   6 26354   2016年5月   [査読有り]
Ishii M, Matsumoto Y, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   10(1) 9-13   2016年2月   [査読有り]
Matsumoto Y, Yasukawa J, Ishii M, Hayashi Y, Miyazaki S, Sekimizu K
Scientific reports   6 22894   2016年3月   [査読有り]
Matsumoto Y, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   10(1) 14-18   2016年2月   [査読有り]
Inagaki Y, Matsumoto Y, Tang W, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   10(4) 195-200   2016年   [査読有り]
Ishii K, Tabuchi F, Matsuo M, Tatsuno K, Sato T, Okazaki M, Hamamoto H, Matsumoto Y, Kaito C, Aoyagi T, Hiramatsu K, Kaku M, Moriya K, Sekimizu K
Scientific reports   5 17092   2015年11月   [査読有り]
Matsumoto Y, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   10(1) 19-23   2016年   [査読有り]
Inagaki Y, Matsumoto Y, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   10(1) 40-43   2016年   [査読有り]
Ishii M, Matsumoto Y, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   9(4) 234-237   2015年8月   [査読有り]
Usui K, Nishida S, Sugita T, Ueki T, Matsumoto Y, Okumura H, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   10(1) 57-61   2016年   [査読有り]
Ishii M, Matsumoto Y, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   9(3) 178-183   2015年6月   [査読有り]
Su J, Iehara M, Yasukawa J, Matsumoto Y, Hamamoto H, Sekimizu K
The Journal of antibiotics   68(10) 646-648   2015年10月   [査読有り]
Nwibo DD, Matsumoto Y, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   9(3) 184-190   2015年6月   [査読有り]
Adachi T, Matsumoto Y, Inagaki Y, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   9(4) 282-288   2015年8月   [査読有り]
Inagaki Y, Matsumoto Y, Ishii M, Uchino K, Sezutsu H, Sekimizu K
Scientific reports   5 11180   2015年6月   [査読有り]
Matsumoto Y, Ishii M, Hayashi Y, Miyazaki S, Sugita T, Sumiya E, Sekimizu K
Scientific reports   5 10722   2015年5月   [査読有り]
Nwibo DD, Hamamoto H, Matsumoto Y, Kaito C, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   9(2) 133-135   2015年4月   [査読有り]

Misc

 
カイコを用いた創薬研究
松本靖彦, 浜本洋, 西田智, 関水和久
生体の科学   65(6) 613-620   2014年12月   [依頼有り]
高血糖カイコを用いた糖尿病の基礎研究と創薬展開
松本靖彦, 関水和久
生化学   86(5) 613-619   2014年10月   [依頼有り]
上野 圭吾, 松本 靖彦, 関水 和久, 金城 雄樹, 知花 博治
化学と生物   50(5) 320-321   2012年5月

講演・口頭発表等

 
女性研究者のステップアップについて家族として考えること [招待有り]
松本靖彦
第90回日本細菌学会総会   2017年3月   
カイコを用いた糖尿病に対する治療薬の開発と予防法の考案 [招待有り]
松本靖彦
日本薬学会東海支部支援セミナー   2016年10月   
糖尿病合併症に対する生体内ポリアミンの防御作用 [招待有り]
松本靖彦, 東恭平, 石井雅樹, 五十嵐一衛, 関水和久
BMB2015   2015年12月   
糖尿病宿主感染に必要な黄色ブドウ球菌の病原性因子の同定 [招待有り]
松本靖彦, 宮崎真也, 林陽平, 石井雅樹, 坂上徹, 垣内力, 関水和久
第23回分子寄生虫学ワークショップ/第13回分子寄生虫・マラリア研究フォーラム合同大会   2015年9月   
Staphylococcus aureus regulates toxin production via CvfB, a novel RNA binding protein, identified using a silkworm infection model. [招待有り]
Yasuhiko Matsumoto
International Conference on Antimicrobial Resistance, Novel Drug Discovery and Development: Challenges and Opportunities   2015年3月   
カイコを用いた真菌感染症研究 [招待有り]
松本靖彦, 上野圭吾, 清水公徳, 金城雄樹, 知花博治, 川本進, 関水和久
第86回日本細菌学会総会   2013年12月   
高血糖カイコの成長阻害に対するポリアミンの治療効果 [招待有り]
松本靖彦, 東恭平, 五十嵐一衛, 関水和久
第84回日本生化学会大会   2011年9月   
カイコの糖尿病モデル [招待有り]
松本靖彦
千葉大学真菌医学研究センター公開セミナー   2010年2月   
Evaluation of anti-diabetic drugs using silkworm, Bombyx mori. [招待有り]
Yasuhiko Matsumoto, Eriko Sumiya, Takuya Sugita, Kazuhisa Sekimizu
Workshop in Biotechnology Non-Resident Nepali Association Japan   2009年3月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 松本 靖彦
経口糖尿病治療薬を評価するためのin vivoスクリーニング法の開発と探索に関する研究
財団法人医科学応用研究財団: 平成27年度調査研究助成金
研究期間: 2015年       代表者: 松本靖彦
糖尿病カイコを用いた糖毒性に対するポリアミン防御機構の解明に関する研究
財団法人薬学振興会: 研究助成金
研究期間: 2014年       代表者: 松本靖彦
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 松本 靖彦
糖尿病患者はヒト常在性の細菌による感染症に罹患しやすい。これまで、ヒト常在性細菌が糖尿病患者に対して重篤な感染症を引き起こすメカニズムは不明であった。本研究で我々は、独自に開発した高血糖カイコ感染モデルを用いて、高血糖状態のカイコを殺傷するために必要な黄色ブドウ球菌の新しい病原性遺伝子を三つ同定した。本研究から、細菌が糖尿病状態の宿主に対して病原性を示すための特定のシステムを有していることが明らかになった。
血糖値を調節する新規血中タンパク質の作用機序の解明とタンパク質補充療法への応用に関する研究
公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団: 第30回持田記念研究助成金
研究期間: 2013年       代表者: 松本靖彦
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 松本 靖彦
我々は、安価で倫理的な問題が少ないカイコをモデル動物とした生活習慣病モデルの開発と、その疾患モデルを用いた創薬法の開発を目指している。本課題で、我々は、カイコを用いた糖尿病モデルの確立し、生薬であるジオウから有効成分としてガラクトースの単離に成功した。また、カイコを用いた糖尿病合併症モデルも開発した。本研究は、無脊椎動物を用いた糖尿病モデルを用いて血糖降下物質を同定した初めての研究である。(196文字)
無脊椎動物を用いた新規糖尿病合併症モデルの開発と糖尿病治療薬の探索法の確立に関する研究
財団法人医科学応用研究財団: 平成21年度調査研究助成金
研究期間: 2009年       代表者: 松本靖彦
高血糖カイコを用いた糖尿病治療薬の開発に関する研究
財団法人薬学振興会: 研究助成金
研究期間: 2008年       代表者: 松本靖彦
薬剤耐性かつ高温感受性変異株の解析に基づく抗生物質の標的分子の同定法の開発に関する研究
独立行政法人科学技術振興機構: 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)(フィージビリティスタディ(探索タイプ))
研究期間: 2011年       代表者: 松本靖彦