井ノ口 繭

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/01 12:45
 
アバター
研究者氏名
井ノ口 繭
所属
東洋大学
部署
生命科学部 生命科学科
職名
助教
学位
博士(農学)(東京大学)
科研費研究者番号
90778549

研究キーワード

 
 

受賞

 
2013年5月
The second meeting of the North American Society for Comparative Endocrinology Best Oral Presentation, Postdoctoral Fellow
 
2010年9月
Comparative Biochemistry and Physiology, PartA Top Cited Article 2008-2010
受賞者: 井ノ口ら
 
2008年10月
5th World Fisheries Congress Best Poster Presentation
 

論文

 
Sano K, Kawaguchi M, Katano K, Tomita K, Inokuchi M, Nagasawa T, Hiroi J, Kaneko T, Kitagawa T, Fujimoto T, Arai K, Tanaka M, Yasumasu S
Journal of experimental zoology. Part B, Molecular and developmental evolution      2017年2月   [査読有り]
Breves JP, Inokuchi M, Yamaguchi Y, Seale AP, Hunt BL, Watanabe S, Lerner DT, Kaneko T, Grau EG
The Journal of endocrinology   230(3) 325-337   2016年9月   [査読有り]
Miyanishi H, Inokuchi M, Nobata S, Kaneko T
Zoological letters   2 12   2016年6月   [査読有り]
Kawaguchi M, Nakano Y, Kawahara-Miki R, Inokuchi M, Yorifuji M, Okubo R, Nagasawa T, Hiroi J, Kono T, Kaneko T
Journal of experimental zoology. Part B, Molecular and developmental evolution      2016年3月   [査読有り]
Takabe S, Inokuchi M, Yamaguchi Y, Hyodo S
Comparative biochemistry and physiology. Part A, Molecular & integrative physiology      2016年3月   [査読有り]

Misc

 
井ノ口繭, 中村政裕, 宮西弘, 益田玲爾, 金子豊二
日本水産学会大会講演要旨集   2015 21   2015年3月
AHN Hyojin, AHN Hyojin, LEE Kyung Mi, INOKUCHI Mayu, WATANABE Soichi, OKAMURA Akihiro, TSUKAMOTO Katsumi, TSUKAMOTO Katsumi, TSUKAMOTO Katsumi, KANEKO Toyoji
Fish Sci   81(2) 283-290   2015年3月
井ノ口繭, BREVES Jason, SEALE Andre, LERNER Darren, GRAU Gordon, 渡邊壮一, 金子豊二
日本水産学会大会講演要旨集   2014 56   2014年3月

競争的資金等の研究課題

 
軟骨魚類に塩類細胞は必要なのか:広塩性オオメジロザメをモデルとした鰓の機能研究
日本学術振興会: 日本学術振興会特別研究員(PD)
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 井ノ口 繭
魚類の浸透圧調節に及ぼす水温の影響とその陸上養殖への応用
日本学術振興会: 日本学術振興会特別研究員(RPD)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 井ノ口 繭
魚類の浸透圧調節を担う塩類細胞のライフサイクル
日本学術振興会: 日本学術振興会特別研究員(DC2)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 井ノ口 繭